日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

自動車運転免許を取得しよう!どのくらいの期間で取れる?

      2017/10/15

自動車運転免許を取得しよう!どのくらいの期間で取れる?

18歳になると自動車運転免許を取得することができますね。なかには忙しいので、できるだけ早くとりたいと思っている人もいるのではないでしょうか。今回は自動車運転免許を取得するのに必要な期間について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

畳の部屋にベッドを置く場合は凹みに注意!凹ませないためには

畳の部屋にベッドを置くことを考えている人もいるのではないでし...

雨で外で遊べない!子供におすすめの家遊びは?

雨の日は外で遊べなくて子供にとってはストレスが溜まりますね。...

サンダルを履いてきてしまった…!はだし運転って違反になるの?

ヒールのあるサンダルやパンプスを履いて車に乗ってしまった!そ...

新幹線で荷物はどこに置く?トイレに行く場合の荷物は?

新幹線に乗車するときに大きな荷物はどこに置けばいいのでしょう...

海外でネットをしたい!使用料金を抑えるには

海外でネットを使ってとんでもない使用料金を請求された経験があ...

自転車のタイヤの寿命はどのくらい?寿命を延ばすには

自転車のタイヤは長く乗っていると消耗品なのですり減っていき、...

タイへ旅行って危険なの? 注意することとは

タイは人気の観光地なので日本から旅行に行く人も多いですね。し...

熱中症の対策に効果的なグッズとは?保冷剤の効果について

ここ最近の日本の夏の気温は毎年のように最高気温の記録を更新し...

高校野球でコールドになる条件とは?

野球にはコールドゲームというシステムがあり、条件を満たしてい...

カブトムシの採集をしよう!効果絶大なトラップとは!?

夏には山でカブトムシの採集をしてみたいという子供の期待にはぜ...

自転車の種類別の時速とは?平均はどのくらい?

自転車を通勤通学に利用している人は多いですね。ところで自転車...

パスポートの更新をするには!?どのくらい時間はかかる?

パスポートは時期が来たら更新をしないといけません。パスポート...

イオン商品券の特徴とは?購入はどこでできる?

イオンが発行している商品券を知っていますか?大手スーパーの商...

高校の体育の先生になるためには?

公立高校の体育の先生になるには、教員免許を取得する必要があり...

玄関からの侵入を防ぐ!蚊の対策には何が効果的!?

夏になると蚊が大量に発生して対策に悩まされますね。特に玄関な...

ゆうちょ銀行で通帳は何冊まで?2冊目を作ることは可能か

ほとんどの人がゆうちょ銀行の通帳を1人1冊は持っているのでは...

電話の着信拒否は相手を特定して設定できます

今は携帯電話を持っていない人を探すのは大変なくらい1人で複数...

昭和64年の硬貨とは!?価値があるって本当?

昭和64年が存在したことを知っていますか?昭和64年はわずか...

小学校のプールは雨でもやる?プールの実施基準とは

小学校のプールの授業は少々雨が降ろうが寒かろうがしていたイメ...

公務員の年金の受給額は最高レベル

年金額が減ったり、受給年齢が上がり、年金生活者の生活にしわ寄...

スポンサーリンク

自動車運転免許を取得する指定自動車教習所とは

指定自動車教習所とは、公安委員会(警察)が決めた基準にのっとっている自動車教習所のことです。一般に「教習所」や「自動車学校」と呼ぶときは、この指定自動車教習所のことを指しています。
指定自動車教習所では、道路交通法で決められた教習カリキュラムで教習がおこなわれます。
基本的に単位制で、必要な学科・技能教習の単位をとって、仮免学科試験・仮免技能試験・学科試験・本免技能試験を受けていきます。
このうち、仮免学科、仮免技能試験、本免技能試験を自動車学校内でとることができます。特に本免技能試験をとることができるのが大きなポイントです。
指定自動車教習所で本免技能試験を合格したら、運転免許センター・試験場に最終的な学科試験と適正試験を受けに行くことになります。そして学科試験と適正試験に合格すると、晴れて運転免許を取得することができます。

引用元-運転免許相談所

自動車運転免許を教習所で取得するにはどのくらいの期間かかる?

第1段階

教習所内での技能教習があります。
オートマ車(AT)を取得するか、マニュアル車(MT)を取得するかによっても異なり、AT車12時限以上、MT車12時限以上かかります。
また、得手不得手があるので、この期間は人によって多少時間の差が出てくる部分となります。
気を付けなければいけないのは、技能講習は予約制のため、早め早めに予約を行わないと
なかなか技能教習を行えないということになる場合もあるということです。
それによっては最短で取得するのが難しくなってしまうので、注意した方がよさそうです。
学科は9時限あります。
学科の時に居眠りなどをしてしまうと単位がもらえず、より時間がかかってしまうこともありますので注意したほうがよさそうです。
技能教習と学科の1段階目を終了しますと、技能終了検定・仮免学科試験があります。
両方を合格しますと路上教習へ進めます。
仮免試験で少し時間がかかってしまう方もいますが、実際に路上に出る前にしっかりと練習を行う方が安心して路上教習へ進めます。
仮免試験に落ちてしまったとしても焦る必要はないので安心してください。

第2段階

第1段階と違い、技能教習は路上での教習となり、19時限以上あります。
路上教習は教習所内での教習よりも厳しい為、時間がかかってしまうことがあります。
学科は16時限となります。
こちらに関しましては第1段階とあまり変わりはありません。
両方を終了しますと、卒業検定があります。
落ちてしまうと補修で1時限~2時限ほど時間が延びてしまうので、注意が必要です。
試験の時間も考慮して全ての時間を合計すると最短でも60時限程度かかります。
教習所に関しましては早くて1カ月~2カ月ぐらいかかるようです。

引用元-Campus Magazine

最短で取得!どのくらいの期間?

指定自動車教習所では、最短どのくらいの期間で普通免許を取得できるのでしょうか。一般的に、教習所にほぼ毎日通って、1ヶ月程度で免許の取得が可能と言われていますが、できるだけ短い期間で取得を目指すなら、合宿免許という方法があります。個人差があるので必ずというわけではありませんが、頑張ればAT限定で最短13泊、MT車では最短15泊で合格が可能です。合宿免許は入校と同時に、毎日めいいっぱい教習できるスケジュールが組まれていて、集中して教習を受けることができます。そのため通学で取得するよりも、はるかに短い期間で運転免許を取得することができるのです。しかも、合宿免許は宿泊費や食事、交通費も含まれていながら、通常の費用より安く取得できます。しかし、2週間も教習に時間を取られてしまうので、社会人には難しいかもしれません。ある程度、時間が自由な学生のうちに、合宿免許を利用して短時間で取得してしまうという方が多く参加しているようです。

引用元-合宿免許のアップルライセンス

注意!有効期限切れにならないように

■1年

一番の問題は、自動車教習所でもらうことができる卒業証明書の有効期限です。これが1年です。卒業証明書の有効期限内であれば何度でも本試験(学科試験)を受けることが出来ますが、1日でも過ぎてしまうと、本試験(学科試験)を受験することが出来なくなります。

本試験(学科試験)は平日の月曜日~金曜日までの間でしか受験することが出来ません。土日祝日は対象外なのです。そのため、自動車教習所を卒業してから本試験(学科試験)を受けるまでの間に、仕事や学校が忙しくなって運転免許試験場(運転免許センター)に行けなくなって、卒業証明書の有効期限切れをおこしてしまうということは避けたいです。

■6か月

運転免許試験場(運転免許センター)で本試験(学科試験)を受ける際には仮運転免許証(仮免許)が必要です。この仮免許には実は有効期限があるのです。その期間が6か月です。

免許証交付の際に仮免許を提出する関係で、仮免許の有効期限内でなければダメなのではないかという話をよく耳にしますが事実は異なります。実際には、有効期限内の卒業証明書があり、本試験(学科試験)に受かって、適性試験にも受かり、必要な書類がそろっていれば、有効期限が切れた仮免許を提出しても問題はありません。

しかし、仮免許の有効期限6か月を完全に無視してよいかというと、そういうわけではありません。仮免許の有効期限中は卒業検定(技能検定)に受からないとなりません。

運転免許試験場(運転免許センター)と異なり、自動車教習所は土日祝日も利用することが出来ますが、仕事や大学・アルバイトが忙しくなったり、途中で海外に留学・転勤などがあったりすると、仮免許が失効してしまいます。そうなった場合には、自動車教習所で仮免許をもう一度取るところから始めなければなりません。教習所卒業までの時間もさらにかかってしまいますし、運転免許を取りたいという気持ちも薄くなってしまいますので、運転免許を取るとなった時には、短期間で一気に取ってしまうほうがよさそうです。

いかがでしょうか。気にすべき有効期限は6か月と1年です。十分注意して、自動車教習所に申し込みをしてくださいね。

引用元-よくわかる合宿免許ナビゲーション

一日で免許を取得できる?

教習所で取得する方法以外にも、1日で免許が取得できる「一発試験」というものがあります。教習所に通わず、直接運転免許センターに出向いて試験を受けるため、費用も期間も最小限に抑えられます。受験者の多くは免許の紛失や、更新手続きを忘れた人など運転知識がある人達です。

また、一発試験は、平日のみの実施や予約制となっているケースも多いため、自分が住んでいる地域ではいつ受験できるのかをあらかじめ確認しておきましょう。なお、既に普通自動二輪や普通自動車第一種免許などを持っている場合は、学科試験が免除されて技能試験のみになります。

このように、運転免許の取得方法にはさまざまな種類があります。自分のペースでじっくりと取得を目指すなら通学、できるだけ早く取得したいなら合宿免許がおすすめです。自分のライフスタイルなどと照らし合わせながら選択しましょう。

引用元-毎日コムネットの合宿免許

まとめ
できるだけ早くとりたいのなら、合宿を利用するのがよさそうですが長期の休みが必要になりますね。自分に合ったペースで取得を目指してください。

twitterの反応

https://twitter.com/seiya_ababab/status/707572178401669120


https://twitter.com/shio_TT/status/703949848513347584


https://twitter.com/toma_kan/status/688715650739474432
https://twitter.com/usako4/status/681688737231683584

 - 雑学

ページ
上部へ