日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

借入金の利息額を計算してみよう

      2017/10/20

借入金の利息額を計算してみよう

銀行や消費者金融からお金を借りると当然利息が付きますね。ところで借入金の利息額を計算したことはありますか?利息額を知ることで最善の返済方法を考えることも可能のようです。今回は借入金の利息額の計算について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

好きな人への告白はまず中学で仲良しになってから

同じ中学に好きな人はいますか?好きな人に告白したいと思います...

頬の毛穴が気になる!なくす方法とは?

年を重ねると女性の方は毛穴などが気になってきますね。特に気に...

カブトムシの幼虫が土から出てくる…そのワケとは

本来カブトムシの幼虫は土(=飼育マット)の中で暮らしています...

大学生のカップルで旅行に行きたい!人へ

旅行に出かけると、大学生らしきカップルをよく見かけます。大手...

オリコで車のローンが組める!?審査は厳しいか

クレジット会社であるオリコで自動車のローンを組むことができる...

バカがひくわけじゃない!夏風邪のウイルスと感染する理由

昔から「夏風邪はバカがひく」なんて言われていますが、風邪の大...

憧れのティファニー☆結婚指輪1カラットの値段って?

女性にとってティファニーと聞けば婚約・結婚指輪を連想するため...

一度は考えた…「高校の先生、春休みは暇なの?」の真相

高校の先生って、春休みや夏休みなどの長期休暇は学校にあまり来...

あなたはLINEの既読無視を許せる!?友達や恋人は違うかも?

コミニュケーションツールとして、ここ数年で当たり前の存在とな...

銀行に就職するのは勝ち組!?銀行の実態とは

銀行は就活する学生にとって人気の職業です。銀行に就職すると安...

家の内装はお好みの色でバランスを考えて!

家の内装はどのようなものがお好みでしょうか?モダンな色合いの...

コンビニの商品はどうなる?地震の場合

記憶に新しい熊本地震では生活物資の不足が問題となりました。い...

みりんと砂糖の違いって?代用はできる?意外なカロリー

みりんは砂糖と同じ甘味調味料ですが、何で出来ていて、カロリー...

中小企業診断士の試験は難しい?試験の感想

中小企業診断士という職業を知っていますか?近年注目が集まって...

ブルーレイレコーダーでDVDディスクは見れるのか?

ブルーレイレコーダーが普及した現在、DVDレコーダーの家庭で...

会社を円満に退職するには?どんな理由がいい?

会社を何らかの事情で退職したいと思ったとき、その理由を正直に...

トイレであたふた!ウォシュレットから水漏れが起こったら

水のトラブルは、起こった時に素早く対処しなければ。回りが水浸...

申込まないと損してるかも?NHK受信料の家族割引に注目!

NHKの受信料、ただNHKから言われるがままに契約して支払っ...

病院に入院するには保証人が必要!代行業者も登場

部屋を借りる時、入学時、就職時、お金を借りる時etc、様々な...

Windows10へのアップデートが進まない問題

Windows7やVistaからWindows10への無償ア...

スポンサーリンク

借入金の借入とは?

銀行

低金利で借入することができます。
ただし、銀行からしてみると低金利で融資する訳ですので信用できる人、返済能力のある人でないと融資してくれないでしょう。
審査は厳しいです。
もちろんその分審査にも時間がかかるのですぐに融資して欲しい場合には向かないかと思われます。
銀行は個人や法人の普通預金を元手にローンなどの貸付をおこないます。
「利息」が「利益」となり、景気がよい時は普通預金の利息もローンの利息も上がります。

消費者金融

金利は高めに設定されています。
審査が早く、ほとんどの会社が即日融資も可能となっています。
スピード融資が可能のため、すぐに欲しいなど、急な場合も対応できるので活用する機会があるのでは。
それぞれに特徴があるので状況によって借入する業者を選択すると良いと思います。
どちらにしても借入するというという事は返済しなければ行けない訳なのできちんと返済計画を立てて借入する必要があります。
借入を簡単に考えてはいけません。

引用元-借入とは?

借入金にかかる利息とは?

銀行や金融公庫などの金融機関や消費者金融などから借りたお金には金利が掛かり、その借りたお金に“利息”をつけて返すことになります。ビジネスでやっているわけですから、当然のことですね。
ではこの“利息”、毎月いったいいくら払うことになるのでしょう?
その基となる金利は、貸金業者によって幅があります。それによって支払う利息にも、大きな幅が出てきます。
「数字には弱くって」「めんどうくさい」「よくわからない」…。意外とみなさん利息計算には消極的で、疑問もあるようです。難しく、面倒なことはありません。

引用元-AllAbout

利息額の計算はどうする?

お金を借りたら、借りたお金(元金)を返すだけでなく、その使用料である「利息」を支払わなければなりません。
支払う利息額は、通常は以下の計算式で計算します。

利息額=元金額×金利(利率)×借入期間

利率の表示単位には、日歩(ひぶ)、月利(げつり)、年利(ねんり)があります。

・日歩
現金100円に対する1日あたりの利息の額で、○銭○厘(あるいは○.○銭)と表します。銭は円の100分の1、厘は銭の10分の1です。

・月利
元金に対する1か月あたりの利息の割合を示したもので、%で表します。つまり、利息計算の単位を1か月として計算するものです。

・年利(年利率)
元金に対する1年間の利息の割合を示したもので、%で表します。つまり、利息計算の単位を1年として計算するものです。

利率を考える場合の基本は年利です。銀行では基本的に全ての利率を年利で表示しています。日歩や月利で表されている場合は、年利に換算しないと正確な比較ができないので、注意しましょう。

引用元-群馬銀行

月々の利息額の計算をしてみよう

例えば10万円の借り入れがあったとしましょう。
金利18.0%で返済額5,000円を支払ったとき、残高は9万5,000円になるでしょうか?
このときの残高は実は9万8,521円です。
そのからくりをみてみましょう!
返済額は満額が返済額となるわけではありません。
内訳があります。

利息支払額+元金充当額=返済額

これを覚えておきましょう!
10万円借り入れで金利が18.0%だったとき、30日分の利息は1,479円になります。
返済額が5,000円としても、内訳はこのようになります。

利息支払額 1,479円
元金充当額 3,521円

つまり、返済ができているのは3,521円だけということです。
返済額の内訳を知ることで、満額が返済できているわけではないことがわかります。

引用元-【よくわかる】借入利息の計算方法

目的に合わせて借入をしよう

基本的には、目的ローン(住宅ローン、カードローン、ブライダルローン)の場合は
目的の為だけに利用できるローンで金利が低めに設定されているため、審査も厳しくなっています。

反対に消費者金融のキャッシングであったり、最近では銀行カードローンなどの場合はフリーローンのため、お金を使う目的が決まってなくても利用できます。
ただし、金利は目的ローンと比べると高く設定されています。

金利が低い方が支払う利息も少なくなるので、一見目的ローンの方が良さそうに見えますが、利用する環境、状況によってはキャッシングなどを利用しなければいけない事もあります。
すぐにお金が必要なケースや目的に合うローンがない場合などがそうですね。
目的ローンはその目的が決まっているため、それ以外の目的の場合は使えないというデメリットもあります。
また、すぐにお金が必要なケースに向いていません。審査が厳しいなど、どうしても時間がかかってしまうからです。

引用元-借入と利息について

まとめ
借入金がある人は面倒と思わずに一度利息額の計算をしてみるといいですね。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ