日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

借入金の利息額を計算してみよう

      2017/10/20

借入金の利息額を計算してみよう

銀行や消費者金融からお金を借りると当然利息が付きますね。ところで借入金の利息額を計算したことはありますか?利息額を知ることで最善の返済方法を考えることも可能のようです。今回は借入金の利息額の計算について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

地震でマンションが倒壊!?日本は大丈夫?

大きな地震が起きたときにマンションは倒壊の危険はないのでしょ...

運動の効果はいつ実感できる?

ダイエットを始めても、体重は殆ど減りません。いつ効果が表れる...

CDの音質を向上させる方法

安価なCD。安価なCDプレーヤー。パソコンで。CDを聴く方法...

年末年始はお得?テレビの購入時期について

テレビの購入を考えている場合、どの時期に買えばいいか悩みます...

既婚者の男女の友情は有り得るのか?

既婚者の男女の友情は有り得るのでしょうか?これは永遠の課題で...

コンビニひきたてコーヒーの頼み方を教えてください

今や人気沸騰のコンビニコーヒー。ひき立ての香りとお値段の安さ...

前立線の肥大する病気の症状は?

男性の特有の病気に前立腺の肥大があります。よく話題になると思...

家の掃除はどうやっている?効率的な手順とは

家の掃除を毎日するのは大変ですね。しかし掃除をしないと汚れは...

新入社員の厳しい現実!証券会社の営業とは

証券会社の仕事は厳しく離職率は7割といわれています。そんな証...

全商の検定とは?正式名称はどう書く?

全商検定を知っていますか?全国商業高等学校主催の検定で現在は...

事務の仕事を効率化したい!そのポイントは?

事務の仕事は企業によってその内容は異なるようですが、単調な作...

LINEのタイムラインは公開する人を限定できる!?マークの意味とは

LINEとはトークや通話などができる無料のアプリですがタイム...

玄関の鍵を交換したい!おすすめの鍵は?

現在玄関の鍵には様々な種類があります。古い鍵は鍵をかけていて...

社会保険と雇用保険って何?二つの保険の違いとは

求人表などに書いてある社会保険完備とはどういった意味なのでし...

家のローンに後悔!?返済に苦労しないために

家を購入した場合は住宅ローンを組む必要があります。長い年月ロ...

英語の家庭教師をしたい!教え方のコツとは

家庭教師で英語を教える場合の教え方のコツはあるのでしょうか?...

イギリスの通貨はポンド!なぜユーロでないのか

イギリスはEU加盟時も通貨はユーロではなくポンドでした。なぜ...

小学校の担任はどう決まる?担任の決め方

子供が小学校に行っている場合、担任がどの先生になるかは親にと...

ヤクルトスワローズで人気の選手は?チームの人気の秘密

ヤクルトスワローズは2015年のプロ野球セリーグの優勝チーム...

AMラジオとFMラジオの違いとは!?

ラジオにはAMラジオとFMラジオがあります。この二つのラジオ...

スポンサーリンク

借入金の借入とは?

銀行

低金利で借入することができます。
ただし、銀行からしてみると低金利で融資する訳ですので信用できる人、返済能力のある人でないと融資してくれないでしょう。
審査は厳しいです。
もちろんその分審査にも時間がかかるのですぐに融資して欲しい場合には向かないかと思われます。
銀行は個人や法人の普通預金を元手にローンなどの貸付をおこないます。
「利息」が「利益」となり、景気がよい時は普通預金の利息もローンの利息も上がります。

消費者金融

金利は高めに設定されています。
審査が早く、ほとんどの会社が即日融資も可能となっています。
スピード融資が可能のため、すぐに欲しいなど、急な場合も対応できるので活用する機会があるのでは。
それぞれに特徴があるので状況によって借入する業者を選択すると良いと思います。
どちらにしても借入するというという事は返済しなければ行けない訳なのできちんと返済計画を立てて借入する必要があります。
借入を簡単に考えてはいけません。

引用元-借入とは?

借入金にかかる利息とは?

銀行や金融公庫などの金融機関や消費者金融などから借りたお金には金利が掛かり、その借りたお金に“利息”をつけて返すことになります。ビジネスでやっているわけですから、当然のことですね。
ではこの“利息”、毎月いったいいくら払うことになるのでしょう?
その基となる金利は、貸金業者によって幅があります。それによって支払う利息にも、大きな幅が出てきます。
「数字には弱くって」「めんどうくさい」「よくわからない」…。意外とみなさん利息計算には消極的で、疑問もあるようです。難しく、面倒なことはありません。

引用元-AllAbout

利息額の計算はどうする?

お金を借りたら、借りたお金(元金)を返すだけでなく、その使用料である「利息」を支払わなければなりません。
支払う利息額は、通常は以下の計算式で計算します。

利息額=元金額×金利(利率)×借入期間

利率の表示単位には、日歩(ひぶ)、月利(げつり)、年利(ねんり)があります。

・日歩
現金100円に対する1日あたりの利息の額で、○銭○厘(あるいは○.○銭)と表します。銭は円の100分の1、厘は銭の10分の1です。

・月利
元金に対する1か月あたりの利息の割合を示したもので、%で表します。つまり、利息計算の単位を1か月として計算するものです。

・年利(年利率)
元金に対する1年間の利息の割合を示したもので、%で表します。つまり、利息計算の単位を1年として計算するものです。

利率を考える場合の基本は年利です。銀行では基本的に全ての利率を年利で表示しています。日歩や月利で表されている場合は、年利に換算しないと正確な比較ができないので、注意しましょう。

引用元-群馬銀行

月々の利息額の計算をしてみよう

例えば10万円の借り入れがあったとしましょう。
金利18.0%で返済額5,000円を支払ったとき、残高は9万5,000円になるでしょうか?
このときの残高は実は9万8,521円です。
そのからくりをみてみましょう!
返済額は満額が返済額となるわけではありません。
内訳があります。

利息支払額+元金充当額=返済額

これを覚えておきましょう!
10万円借り入れで金利が18.0%だったとき、30日分の利息は1,479円になります。
返済額が5,000円としても、内訳はこのようになります。

利息支払額 1,479円
元金充当額 3,521円

つまり、返済ができているのは3,521円だけということです。
返済額の内訳を知ることで、満額が返済できているわけではないことがわかります。

引用元-【よくわかる】借入利息の計算方法

目的に合わせて借入をしよう

基本的には、目的ローン(住宅ローン、カードローン、ブライダルローン)の場合は
目的の為だけに利用できるローンで金利が低めに設定されているため、審査も厳しくなっています。

反対に消費者金融のキャッシングであったり、最近では銀行カードローンなどの場合はフリーローンのため、お金を使う目的が決まってなくても利用できます。
ただし、金利は目的ローンと比べると高く設定されています。

金利が低い方が支払う利息も少なくなるので、一見目的ローンの方が良さそうに見えますが、利用する環境、状況によってはキャッシングなどを利用しなければいけない事もあります。
すぐにお金が必要なケースや目的に合うローンがない場合などがそうですね。
目的ローンはその目的が決まっているため、それ以外の目的の場合は使えないというデメリットもあります。
また、すぐにお金が必要なケースに向いていません。審査が厳しいなど、どうしても時間がかかってしまうからです。

引用元-借入と利息について

まとめ
借入金がある人は面倒と思わずに一度利息額の計算をしてみるといいですね。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ