日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

式典のBGMに!お勧めのクラシック

      2017/10/22

式典のBGMに!お勧めのクラシック

卒業式や、結婚式などの厳かな式典にはよくクラシック音楽がBGMとして使われていますね。ところでクラシックとはいったいどのような曲の事を言うのでしょうか?今回は式典でお勧めのクラシックについて調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

結婚式のサプライズを兄弟へ・兄弟から

思い出の多い結婚式の演出で式を盛り上げたいのは新郎新婦だけで...

精神科に入院するのはどのような症状か

精神科と聞くとどのようなイメージを持っていますか?精神科に通...

銀行のキャッシュカードを2枚発行できるの?

銀行のキャッシュカードは1口座に1枚だと思いますよね。ところ...

筋トレが効果あり!?身体を鍛えて精神も鍛えよう!

筋トレは身体だけでなく精神を鍛えるのにも効果があると言われて...

文系の人が就職するのに勝ち組とされる就職先は?

大学の学部で文系、理系と分かれると思いますが、文系の人が就職...

会社の社長の職業を聞かれたら何と答える?

「あなたの職業は何ですか?」と聞かれたときに、答え方に困るこ...

入院時のパジャマはどんなものがいい?女性の場合

手術などで入院となった場合は何を用意すればいいのでしょうか。...

家の電話へ迷惑なワン切りがあるらしいです

家の電話にワン切りがかかったことはありますか?夜中が多いよう...

身内にご不幸があった方やご遺族にへかける言葉

親しい方のご不幸や親しい方の身内のご不幸があった場合、どのよ...

家のカラオケがご近所の迷惑にならない方法

カラオケ好きな人必見!家でもご近所迷惑を気にせずに思いっきり...

卵巣嚢腫で手術をすることに!麻酔はどうなる?

卵巣嚢腫とは卵巣にできる腫瘍のことですが、良性のものが多いよ...

奥歯の虫歯が悪化して抜歯することになった時のために

永久歯は大切です。
一生自分の歯で食事をしたいです...

体型で性格が診断できる?体型別の性格とは

人の性格は様々ですね。その性格をその人の体型で診断することが...

マウスピースで歯並びの矯正は失敗が多い

歯並びの矯正は目立つので嫌な人も多いです。半面、美しい歯並び...

赤ちゃんのお風呂の入れ方は何が大切?

生後1か月を過ぎると、赤ちゃんはいよいよお風呂デビューです。...

障害者の作業所で働くための資格とは?

障害者の作業所を経営するには、国家資格や体験が必要不可決です...

インターネットを開くと色々な広告が勝手に表示されるのはどうして?

インターネットはみなさんが、日々よく利用されているものだと思...

住民票に記載されている住所の表記について

住民票に表記されている住所は正規のものであり、申請書類などは...

車の営業マンに恋をしたらどうする?

自動車の販売や接客をする営業職の人には高いコミュニケーション...

文章を上手に書くには!?主語、述語、修飾語について

文章を書く上で主語と述語と修飾語は大事ですね。修飾語を使うと...

スポンサーリンク

身近なクラシック

クラシック音楽は、長い歴史の中で人々に愛され、残ってきた曲ですから、クラシック音楽さえ聴けば文化的というわけではありませんが、やはり名曲として尊重に値する音楽です。また、ヨーロッパ発祥の音楽ですが、J-POPだろうが、ロックだろうが、元はクラシック音楽を音楽の基礎にしていますし、日本人も指揮者や演奏家で多くの人が活躍しています。ただのヨーロッパの音楽にとどまらず、世界的な音楽なので、敬遠しないで是非聴いて下さい。

引用元-雑学万歳!!

クラシックの種類

「クラシック音楽」とは、元々はハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンなどの音楽家たちが作った音楽を指し、ショパンやブラームスなどの作曲家が自分達以前の音楽と自分達以降の音楽を区別するためにそう呼んだことに始まります。
今では、一般的にクラシック音楽といえば大体西暦1600年頃に活躍したバッハやヘンデルあたりの作曲家から、西洋の芸術音楽の流れを汲んだシェーンベルクやヒンデミットなどの現代音楽を指します。

そんなクラシック音楽の中にも、時代の流れに沿って様々なカテゴリがあるのですが、ホワイトでは以下の7つに分けてご説明いたします。

 1.中世西洋音楽(6世紀~15世紀)
 2.ルネサンス音楽(15世紀半ば~16世紀)
 3.バロック音楽(7世紀~18世紀半ば)
 4.古典派(18世紀~19世紀初頭)
 5.ロマン派(19世紀初頭~20世紀初頭)
 6.近代音楽(20世紀前半~第二次世界大戦あたりまで)
 7.現代音楽(1920年~)

引用元-WHITE BGM

結婚式の式典BGMに!お勧めのクラシック

メンデルスゾーン:結婚行進曲
ザ・結婚式。この曲を聴いて結婚式を思い浮かべない人はいないでしょう。
老若男女、みんなが聴いて楽しめるクラシック音楽の定番曲です。
管弦楽の演奏だけでなく、ピアノ演奏、そしてポップス調にアレンジされているものまでバリエーションは無限大。

アレンジ→メンデルスゾーン/ヴォロドス編:結婚行進曲
超絶技巧の持ち主として世界的に有名なロシアのピアニスト、ヴォロドスが編曲した作品。
プロのピアニストでも弾きこなせる人は滅多にいないと言うほど難しい曲としても知られています。
誰もが知っている名曲を、これでもかと言うほど華々しくアレンジしていて、来賓も思わず驚嘆の声を漏らしてしまうかも!
CDはこちら(注意:動画とは少々異なる編曲です)

ワーグナー:歌劇「ローエングリン」より「婚礼の合唱」
結婚式に使われる行進曲といえば、メンデルスゾーンと並んで定番なのがワーグナーの「婚礼の合唱」。
こちらの曲も聴いたことのない人はいないというほど有名なので、誰もが幸せな気分に浸ることができるでしょう。
オペラ「ローエングリン」劇中の婚礼で使われる曲ですが、オペラのストーリー自体は悲劇なのでゲンを担ぐ方には注意が必要です。まあ、昨今ではあまり曲の由来まで気にする人は少なくなってきていると思いますが、念のため……。

引用元-結婚式&披露宴で使えるクラシック音楽

卒業式などの式典のBGMに!お勧めのクラシック

入場曲

入場曲は吹奏楽で取り揃えてみました。基本、スローテンポなマーチ系です。

1.矢部政男:The Simmer of the Air
航空自衛隊曲芸飛行隊「ブルーインパルス」入場曲
2.諏訪雅彦:「ウィナーズ-吹奏楽のための行進曲」
2003年度吹奏楽コンクール課題曲
3.小長谷宗一:グランド・マーチ
4.内藤淳一:式典のための行進曲「栄光をたたえて」
2001年度吹奏楽コンクール課題曲
5.ベートーベン 交響曲第7番
華々しい感じの入場が好みならば、穴です。(吹奏楽じゃないけど)

 退場曲は、ありません。なぜなら、筆者の現任校では吹奏楽委員会が選曲して演奏するからです。退場曲は、個人的には、吹奏楽部が学校の応援曲「壮行歌」を演奏する三本木高校の形式が好きです。(学校の曲で送り出したいです)

証書授与

 証書授与のBGMは、ピアノが最適だと思います。心に響く音色、そして呼名の邪魔にならない音量。音量が抑えられるという点では生演奏が最高ですが、CDでもよいでしょう。

<クラシック系>
1.パッヘルベルのカノン
ピアノ版はほとんどないが、山谷知明の「稲穂のコンサート」というのがある。
2.ショパン 練習曲第3番「別れの曲」
中盤の盛り上がりに注意。ここが静かな演奏を選ぶべき。
3.ショパン 前奏曲第25番
若干ヘビーな曲。人生の荒波を予感させる。
4.ラヴェル 亡き王女のためのパヴァーヌ
5.ベートーベン ピアノソナタ第8番ハ短調作品13『悲愴』 第2楽章
上記2曲は曲名で拒否反応の人もいるかも…
6.ブルックナー 思い出 WAB.117
7.ロンドンデリーの歌(ダニー・ボーイ)

引用元-卒業式オススメBGM集

クラシックの著作権とは

バッハやモーツァルトなど大昔の人間の作品はとっくに著作権が切れています。
こういった作品はパブリックドメインといって誰もが自由に使用できる状態になります。
ただし、その作品を元に作られた二次的著作物には、その二次的著作物の作者に新たに著作権が発生します。
またバッハの曲を演奏すれば演奏者に、CDにして発売すればレコード会社に著作隣接権が発生します。
つまりバッハの曲をロック風にアレンジしたものや、バッハの曲を収録したCDなどは勝手に使用することは出来ません。
それらの作品を自由に利用したければそれらの作品の著作権、著作隣接権が切れるまで待つ必要があります。
(もちろん権利者に許可を取れば問題はありません)
古いレコードの中には著作隣接権も消滅しているものもありますので、そういったものは自由に扱えます。
バッハが作った作品自体の著作権は消滅していますので、自分で演奏したものをネットに公開したり自分なりにアレンジすることは自由です。

引用元-これだけ知っとけ!著作権

まとめ
いかかがでしたか?一度は耳にしたことがある曲があったのではないでしょうか。

twitterの反応


https://twitter.com/mitsuki12090927/status/654634663827247104
https://twitter.com/55_nohohon_3/status/660371235587559424

 - 雑学

ページ
上部へ