日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

車の年式で査定額は変わる!?古い車は高く売れるのか

      2017/10/21

車の年式で査定額は変わる!?古い車は高く売れるのか

車を買い替えるときには今まで乗っていた車を下取りに出しますね。車は年式が古いほど下取り額が安くなっていくそうです。果たして古い車は高く売ることはできないのでしょうか。今回は年式の古い車について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

好きな人への告白はまず中学で仲良しになってから

同じ中学に好きな人はいますか?好きな人に告白したいと思います...

頬の毛穴が気になる!なくす方法とは?

年を重ねると女性の方は毛穴などが気になってきますね。特に気に...

カブトムシの幼虫が土から出てくる…そのワケとは

本来カブトムシの幼虫は土(=飼育マット)の中で暮らしています...

大学生のカップルで旅行に行きたい!人へ

旅行に出かけると、大学生らしきカップルをよく見かけます。大手...

オリコで車のローンが組める!?審査は厳しいか

クレジット会社であるオリコで自動車のローンを組むことができる...

バカがひくわけじゃない!夏風邪のウイルスと感染する理由

昔から「夏風邪はバカがひく」なんて言われていますが、風邪の大...

憧れのティファニー☆結婚指輪1カラットの値段って?

女性にとってティファニーと聞けば婚約・結婚指輪を連想するため...

一度は考えた…「高校の先生、春休みは暇なの?」の真相

高校の先生って、春休みや夏休みなどの長期休暇は学校にあまり来...

あなたはLINEの既読無視を許せる!?友達や恋人は違うかも?

コミニュケーションツールとして、ここ数年で当たり前の存在とな...

銀行に就職するのは勝ち組!?銀行の実態とは

銀行は就活する学生にとって人気の職業です。銀行に就職すると安...

家の内装はお好みの色でバランスを考えて!

家の内装はどのようなものがお好みでしょうか?モダンな色合いの...

コンビニの商品はどうなる?地震の場合

記憶に新しい熊本地震では生活物資の不足が問題となりました。い...

みりんと砂糖の違いって?代用はできる?意外なカロリー

みりんは砂糖と同じ甘味調味料ですが、何で出来ていて、カロリー...

中小企業診断士の試験は難しい?試験の感想

中小企業診断士という職業を知っていますか?近年注目が集まって...

ブルーレイレコーダーでDVDディスクは見れるのか?

ブルーレイレコーダーが普及した現在、DVDレコーダーの家庭で...

会社を円満に退職するには?どんな理由がいい?

会社を何らかの事情で退職したいと思ったとき、その理由を正直に...

トイレであたふた!ウォシュレットから水漏れが起こったら

水のトラブルは、起こった時に素早く対処しなければ。回りが水浸...

申込まないと損してるかも?NHK受信料の家族割引に注目!

NHKの受信料、ただNHKから言われるがままに契約して支払っ...

病院に入院するには保証人が必要!代行業者も登場

部屋を借りる時、入学時、就職時、お金を借りる時etc、様々な...

Windows10へのアップデートが進まない問題

Windows7やVistaからWindows10への無償ア...

スポンサーリンク

車の年式の確認方法

年式は車検証で確認出来る?

軽自動車に限らず、自分の車について確認したい時は車検証を見れば大体の事がわかります。
例えば、自動車保険に加入する際や車の買取をしてもらう場合は、車検証を用意しておくことでスムーズに見積もりを取る事ができます。
しかし、車の年式というのは車検証には記載されていません。
つまり、車検証を見ても年式を確認することは出来ないのです。
もし年式を調べるのであれば、ネットやパンフレットで型式で調べて確認する必要があります。

買取査定で年式を聞かれたら?

高額買取査定をしてもらうには年式や走行距離が大事だと言われています。
この時に言われる年式というのは、製造年月日ではないのです。
車検証を確認するとわかるのですが、
「初年度登録年月日」という項目が記載されていて、その項目を確認すれば良いのです。
これは、初めてその車が登録された日の事で製造年月日とは違います。
軽自動車の場合は「初年度検査年月」という項目になっています。
車の査定の際に年式を聞かれた場合は「初年度検査年月」を確認すれば大丈夫です。

引用元-損をしない軽自動車の買取査定《32秒で最高額がわかる方法とは?》

登録年式とモデル年式

登録年式とモデル年式が違う車があるけど?

欧州車などが、主に9月から翌年モデルとなるためです

これは、輸入車によくある話です。例えば初度登録は2007年11月なのにモデル年式は2008年式、といったパターンが該当します。登録年式とは車を登録した年(月)であるのに対して、モデル年式はその車がいつのモデルなのかを表しています。

では、なぜズレが生じるのか。これは欧州などでは、主に9月から翌年モデルとなるからで、例えば2007年9月に生産された輸入車は、日本で10月に登録すると、登録年式は2007年なのに、モデル年式は2008年になるというわけです。

逆に同じ2007年9月に生産された車が、長期在庫などで登録が2009年にずれ込んだとしても、モデル年式は2008年になります。極端に言えば、登録せずに保管しておいたヒストリックカーなどは、登録年式が21世紀でモデル年式は20世紀なんてこともあり得るのです。

ですから、登録年式とモデル年式は必ずしも同一ではないため、物件情報などで違いがあっても心配することはありません。

引用元-カーセンサー

中古車を買うときに年式は関係あるか

中古車選びのポイント! ~ 年式編 ~

中古車選びと年式 中古車選びで1つの目安となるのが”年式”です!
年式とはその車が製造されてから初めて登録した年月日のことで、車検証では「初度登録年月」というところに記載してあります。要は車のお誕生日です。
年式は中古車価格を決める重要な要素で、年式が新しい車ほど高く、年式が古い車ほど安く販売されます。
一般的には年式が新しい車ほど故障が少なく、年式が古い車ほど故障が多いというイメージがあるようですが、その「車の程度」を考える際には年式はあまり関係ありません。
むしろ年式が新しくても放ったらかされた中古車よりは、年式が古くてもメンテナンスが行き届いた中古車の方が買いなのです!

引用元-中古車の選び方・購入ガイド!

低年式車はおすすめか

絶対にオススメ出来るか?と言うとそれは一概には言えません。
例えば上記で紹介した2つの車、もしかすると故障が頻発するのは低年式車の方かもしれないからです。
と言うのも年式が3年違うだけでも、例えば中古車として青空販売店にずっと並んでいた車の場合、ゴムの劣化やサビなど”見えないガタ”が来ている可能性もあります。
この辺は重要な見極めポイントとなりますが、素人では判断がつきにくいのが一般的です。
こういった理由から、『しっかりと保証をつけてくれるような中古車屋さん』や、『販売スタッフや経営者を信頼出来るような中古車屋さん』で、低年式、低走行車を購入するなら、その後何か有った時に親切に対応してくれるのでオススメ出来ます。

引用元-低年式 低走行 中古車

中古車購入時に重視する点

こればかりは一概に何とも言えないので、個々人がそれぞれ自分なりの判断基準を作るしかありません。ただ、年式が1年~3年程度しか違わないのでしたら、走行距離が短い自動車を選んだ方がよいケースが多いようです。たとえば、2012年式の走行距離68000kmの自動車と、2010年式の走行距離13000kmの自動車がある場合は、後者の方が基本的にはお勧めです。数年の年式の違いは大した差ではありません。それよりも走行距離が短い自動車を選ぶことが大切です。

問題は年式にかなり差がある場合です。たとえば、2012年式で走行距離68000kmの自動車と、2004年式で走行距離13000kmの自動車がある場合などは、かなり判断が難しくなります。この場合は個々人が何を重視するかで買う自動車を決める必要があります。

たとえばあなたが走行距離を何よりも重視するのでしたら、走行距離13000kmの自動車を買った方がいいでしょうし、もし年式を重視するのでしたら走行距離68000kmの自動車を買った方がいいでしょう。

結局は予算とのすり合わせが重要になります。中古車を買うということは、おそらく予算が十分にないのでしょう予算がたくさんあるのなら新車を買った方がいいですからね)。
購入後のトータルコスト(ガソリン代、修理費など)も考えた上で、年式、そして走行距離を見比べて、予算とバランスをとることが、最も重視すべきポイントと言えるでしょう。

引用元-カーオークション.jp

古い年式の車は高く売れるのか

愛車の年数が二桁になる10年落ち、11年落ち、12年落ち、13年落ち・・・となってくると、急に自分には関係のない話しにしてしまいます。
なかには9年落ち、8年落ち、7年落ちと今後10年以上も走りそうな年式のオーナーさんさえも愛車が低年式と錯覚されているような・・・

そして残念なことに、そのようなオーナーさんのほとんどが
「どうせ、売れないよ」
「下取りに出せばいいんでしょ」
「下取り以外に方法はしらない」
「タダで引取ってもらえるだけで御の字だよ」と

深く考えることもなく、買替えの時に下取りに出されていらっしゃいます。

査定をしない(下取りに出す)ということは買取先の思うツボ

そうなった時に、新車ディーラーや中古車の販売店は、下取りの車に「高額の見積り」を提示すると思いますか?
考えるまでもないですよね。

「自分の車に価値はない」と思っているオーナーに高い金額を払う必要はないのです。

そこで1社でもいいですからご自身の愛車の査定をお願いしてください。これで少なくとも下取りしようと考えていた業者も含めれば2社となります。

引用元-10年落ち低年式車を下取りに出す前に必要なこと

古い年式の車でも売れることも

古い年式の車でも、リサイクル前提だと需要がある!

そもそも年式の古い自動車が、一般的にあまり高く売れないのは、需要(=欲しいと思う人)がいないか、極端に少ないからです。

現在の日本は不景気のせいもあって、自動車の所有者人口は概ね減る一方です。中古車すら売れない時代なんです。さらに今の若者世代と呼ばれる人たちは、「車ばなれ」という現象を起こしています。お金が無くて車を所有しない若者や、そもそも所有するメリットを感じない若者が、2000年代初頭から急増しているってニュースを、見たり聞いたりしたこともあるんじゃないでしょうか。

ですが、こと年式の古い自動車が売れないというのは「自動車としては」という意味であったり、あるいは「日本では」という意味でのことです。つまり「部品や鉄材として」は、需要がまだまだあります。また、「海外では」未だに日本車の人気は高く、外国旅行に行くと、懐かしい日本車が街中を元気に走っている光景を見かけることも少なくありません。

あなたがもし、古い自動車を所有していたとして、下取りに出したとき値段がつかなかったり、処理に費用がかかるようであれば、それはおそらくその自動車のせいではなく、ただ単に、引き取る側の業者が販売ルートを持っていないだけか、その車種はその業者で在庫が余っているだけ、ということも考えられるのです。

引用元-ミスター廃車マン

まとめ
いかがでしたか?売る場合も買う場合も年式は重要のようですね。

twitterの反応


https://twitter.com/interceptor110/status/706784840104808448


https://twitter.com/audi___R8/status/706087297133875201


https://twitter.com/kutuunashoes/status/705021502555467778
https://twitter.com/Genga158/status/704936501893840896
https://twitter.com/BRKT_s47/status/702911443700547584
https://twitter.com/kunnji0926/status/702103688416927744

 - 雑学

ページ
上部へ