日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

クローン人間を作ることにメリットはあるのか?

      2017/10/23

クローン人間を作ることにメリットはあるのか?

最近「わたしを離さないで」の題材となり、話題となったクローン人間。クローン技術の進歩により人間にもたらされるメリットとはなんなのか。技術の応用と問題点をまとめました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

電話の着信拒否は相手を特定して設定できます

今は携帯電話を持っていない人を探すのは大変なくらい1人で複数...

昭和64年の硬貨とは!?価値があるって本当?

昭和64年が存在したことを知っていますか?昭和64年はわずか...

小学校のプールは雨でもやる?プールの実施基準とは

小学校のプールの授業は少々雨が降ろうが寒かろうがしていたイメ...

公務員の年金の受給額は最高レベル

年金額が減ったり、受給年齢が上がり、年金生活者の生活にしわ寄...

異性の友達と2人で旅行をしますか?

異性の友達と友情旅行はありえますか?アンケートをとっても意見...

GEOでレンタルしたDVDやCDの返却日が過ぎてしまったらどうする!?

GEOではDVDやCDなどをレンタルすることができるので利用...

結婚式のお車代は会費制の場合は必要ですか?北海道のしきたりとは?

北海道の結婚式のしきたりは、他地域とはかなり違うようです。先...

イソジンの消毒はらんちゅうの病気予防に最適です

概要文らんちゅうなどの金魚を仕入れるときに、病気予防に有効な...

ATMで硬貨の引き出しは可能?通帳を0円にするには?

通帳に1000円以下しか残高がない場合はどうやって引き出せば...

彼女がかわいいから心配と思う人の対処法

かわいい彼女をもつと心配でたまらないと言う方もいらっしゃるの...

同居のストレスは義父や義母が原因なのです

嫁姑問題は後を絶ちません。嫁を家政婦代わりに使ったり、自分流...

あなたはアルコールを分解する酵素を持っている?

お酒が強くなりたいと思ったことはありますか?実は、お酒が弱い...

新婚で離婚する理由は性格の不一致が一番多い

結婚をして1年以内の離婚は10%あるという統計があります。そ...

生徒と教師の恋愛ってあり?

年上の高校教師が好きになる男子生徒や女子生徒は結構います。統...

学校のトイレの掃除は教育的な意義がある

学校のトイレの掃除をした記憶はありますか?トイレはなくてはな...

冷蔵庫が冷えない原因は何?

冷蔵庫が何か変という時、どうなさいますか?すぐに電気屋さんを...

猫のトイレ 臭い対策は何が良い?

見出し1 臭わない猫のトイレの組み合わせはこれ1.1 システ...

腰痛の治療はマッケンジ法で改善させましょう

マッケンジ法はニュージーランドの理学療法士 ロビンA.マッケ...

障害児の施設へ就職を希望するにはどんな資格がいるの?

障害児といっても、知的なものから身体的なものまで様々です。障...

個人事業主の会社が厚生年金に加入する方法

個人事業主は国民年金に加入しています。しかし、国民年金だと老...

スポンサーリンク

クローン人間を題材にした映画


アイランド (2005年の映画)


オブリビオン (映画)


クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!
クローンズ
クローンは故郷をめざす


劇場版 SPEC~天~


さまよう小指


シークレット・チルドレン
シックス・デイ


スーパーマンIV
スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃
スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ


月に囚われた男


ブラジルから来た少年


わたしを離さないで (映画)

引用元-ウィキペディア フリー百科事典

クローンって何?

クローン技術には、受精卵クローン技術と体細胞クローン技術がある。受精卵クローン技術は、16~32細胞まで分裂した受精卵から割球を分離し、除核した未受精卵と電気刺激により細胞融合させるものであり、こうして生まれたもの同士は遺伝的に同一である。一方、体細胞クローン技術は、乳腺などの体細胞の核を未受精卵に挿入するものであり、体細胞を提供したドナーと全く同一の遺伝子の組み合わせを持ったものが誕生することになる。

引用元-もっと知りたい人のためのバイオテクノロジーQ&A

1997年、体細胞クローン〝羊のドリー”誕生

ドリーは世界ではじめての哺乳類の体細胞クローンです。6歳の雌羊の乳腺細胞から「造られた」ドリーは、 この細胞提供者である羊とほとんど同じ遺伝子を持っていたのでした。 ドリーは1998年4月に子羊ボニーを出産します。これはクローンにも生殖能力があるという証明となりました。

しかしその後の研究によって、ドリーの染色体中のテロメアが短いことから、彼女が生まれつき老いている、 つまり遺伝元の羊が6歳であったため、ドリーは生まれながらにして6歳の遺伝子を持っていたのではないかと推測されました。 この推測は、ドリーが5歳の時に関節炎をおこして、異常な若さで衰弱していったことで説得力を増しました。

ドリーは2003年2月14日、ヒツジ肺腺腫という病気によってによって6歳で死亡しました。 剥製になったドリーは、エジンバラ王立博物館におさめられました。

ドリー以後、哺乳類のクローン実験が相次ぎ、多くのクローン動物が各国で生まれました。 ドリーはその衝撃的な科学的成功と、早すぎる衰弱と死という負のイメージをあわせ持つことで、 夢と可能性に満ちた科学技術であることと裏腹に、危険性と倫理的な問題を孕んでいるクローン技術にとっての象徴的な存在となりました。

引用元-遺伝革命

クローン技術が人間にもたらすメリット

遺伝的に優れた個体のコピーを作れますので、優れた個体を大量に増やすことができます。
美味しい肉質を持った牛などを増やすことができます。
しかも、遺伝的には同一な個体であるため、品質のばらつきを抑えることができます。

動物のクローンですと、まだまだ実験段階です。
しかし、植物のクローンはすでに身の回りに大量にあります。
例えば、挿し木や接木といった、昔ながらの技術ですが、これはクローンを作ることと同じです。
また、球根で増える植物も、クローンです。

商業的には、胡蝶蘭などもクローンです。
これは、タネをとるのが非常に難しく、べらぼうにコストがかかってしまいます。
クローンを使うことで、安価にきれいな胡蝶蘭を販売することができます。
(とはいえ、それでも高価なのですが・・・)

引用元-YAHOO!JAPAN 知恵袋

病気の治療にもこんなメリットが

 まず、やけどをした人の細胞から、体細胞クローン技術を使ってES細胞をつくります。そのES細胞を培養して皮膚をつくって移植するのです。この方法なら、自分の細胞からつくった皮膚なので、拒絶反応が起こる心配がないのです。
また、血友病は血液に凝固因子(※2)がないために起こる病気ですが、遺伝子組み換え技術とクローン技術を使うことによって、動物のミルクから人の血液凝固因子が出るようにすることも可能です。
この技術が確立すれば、大量に薬を生産できるようになるので、値段も安くなり、先進国だけでなく、発展途上国にも薬が行き渡りやすくなります。さらに、クローン牛をつくれば、良質の肉をつくる牛の種を絶やさないようにすることもできます。
人や動物の生命について探究し応用するのも、農学の面白さです。

※1:ES細胞(万能細胞)=受
精卵が分裂を重ね、身体のもとになる細胞の塊ができころ、一部を採取して培養したもの。これを別の胚に混ぜて出産させると、筋肉や内臓など様々な組織になる。
※2:血液凝固因子=人間がけがなどで出血した時に、血を止める(固める)ために血液中にもっているもの。

引用元-東京農業大学 知的好奇心へのアドベンチャー

クローン人間を作ることは許されるのか?

クローン羊のドリーが誕生して、クローン人間誕生が空想物語ではなくなった。ドリー作成者の一人ウィルムットを含む社会・宗教・テクノロジープロジェクト(スコットランド教会内)は、5月23日、クローン動物作成を食糧生産用に行ってはならないこと、治療的に有用な蛋白質をミルクとして生産する目的に限ってクローン動物作成を行うこと、クローン人間の作成は絶対に行ってはならないことを世界に呼びかけることなど、明確な方針を打ち出した。

一方、サイエンス5月30日号によれば、ヒューマニズム国際アカデミー会員の内30名(「利己的な遺伝子」のR.ドーキンス、「社会生物学」「生命の多様性」のE.O.ウィルソン、ワトソンとともにDNAの二重螺旋を発見したF.クリックを含む)は、5月16日、声明を発表し、人間を含むどのような高等動物のクローン作成も過去の科学や技術に関連して直面した以上の深いモラル的問題を発生させないだろうとし、ラッダイト排斥的な研究規制に対する警戒を呼びかけた。

6月初めには、米国生命倫理諮問委員会が、クローン人間作成に関係する一切の研究に国家資金を援助しないことを大統領に勧告した。だが、私的資金による医学研究の為の研究については、子宮に移植する前(母胎外クローン胚)までは許可するよう勧告した模様である。

人間の尊厳や自然の秩序を守ることを排斥派は訴える。推進派は、クローン人間作成が一卵性双生児の誕生と異なることはないことや、「自然の秩序」が育種や農業など、これまでの技術によっても十分に乱されているものであることなどを主張して反対論を斥ける。更に、こうした曖昧模糊とした感傷を守る為に、クローン人間作成がもたらす輝かしい社会的有用性を捨てることは愚かである、と説く。

引用元-人間の尊厳とクローン人間

慎重に考えるべき問題です

●安 全 面

◆子孫への影響

現在のところ、クローン技術を用いて作り出した動物個体が、他の個体に比べて成長、能力等において異なった点がみられると報告された例はありません。また、クローンの動物個体が妊娠・出産した例もあります。しかし、クローン技術が子や孫の世代に与える影響など、分からない点がたくさんあります。

◆体内への移植による影響

遺伝子組換え技術等によって、人に移植可能な臓器を持つ動物を作り出し、そのような動物をクローン技術を用いて大量に作り出すことが考えられており、実用化に向けて研究が進められています。しかしながら、現在のところ移植を受けた人が動物の持っている未知のウィルスに感染するなどの危険性が指摘されています。

●倫 理 面

現在のところ、クローン技術により人クローン個体が生まれたことはありません。しかし、クローン技術を人に適用することは、男女両性の関与なしに子孫を生み出すことにつながります。クローンは遺伝情報の提供者とほとんど同一の遺伝的形質を持つため、クローン技術により生み出される人の容姿、能力、性格等の表現形質をある程度予測することができます。さらに、特定の表現形質を持つ人を意図的に生み出すことが可能になります。そのため、クローン技術の人への適用に関して、次のような問題点が指摘されています。

○ 特定の表現形質を持つ人を意図的に作り出すことは、人間の育種(特定の優れた形質の人を生み出す品種改良)につながる
○ 特定の目的達成のために特定の表現形質を持つ人を作り出すことは、生まれてくる人を手段、道具と見なすことにつながる
○ 人の生命の誕生に関して日本人が共有する基本的概念(両性の関与、偶然性の介在等)から逸脱する
○ クローン技術により生み出された人と男女の関与によって生み出された人との間に差別が生じる可能性がある
○ 生まれてくる人が安全に成長することが保証できない

引用元-クローンって何?

まとめ
映画やアニメなど架空の物だと思われていたクローン人間。今、技術の進歩により生み出すことができる所まできています。しかし、まだまだクローン人間が誕生までの課題は多いようです。

twitterの反応


https://twitter.com/kijima_touken/status/656848877400666114


https://twitter.com/Cloud_Moeaven/status/708625348741566464

 - 自然・科学・IT

ページ
上部へ