日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

ノーベル賞受賞の国別ランキングを考える

      2015/12/02

ノーベル賞受賞の国別ランキングを考える

毎年、年末が近づくと話題になるのがノーベル賞です。近年、日本が受賞をする様になってから益々気になります。国別ではどんな感じなのでしょうか?ノーベル賞のことも含めて、調べて見ました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

インフルエンザの予防にいい!?効くアロマと効果とは?

インフルエンザの予防には冬になると神経質になってしまいますね...

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

スポンサーリンク

●ノーベル賞とは

ダイナマイトを発明したアルフレッド・ノーベル(1833~96)の遺志をくんで創設された、偉大な発明や取り組みをした人に贈られる賞で、1901年に始まった。当初は物理学、化学、医学生理学、文学、平和の5分野だったが、1968年、スウェーデン銀行により経済学賞が加えられた。経済学賞については、賞全体を運営するノーベル財団は「ノーベル賞と同等の価値を持つ」としているが、ノーベルの遺言には触れられていないためノーベル賞としては認められない、という意見もある。毎年10月頃に受賞者が決まり、ノーベルの命日に当たる12月10日に授賞式が行われる。
ダイナマイトの発明などで膨大な財産を築いたノーベルは、一部を除いてそれらを基金とし、物理学、化学、医学生理学、文学、平和の5分野で「人類に最大の貢献をもたらした人物に、毎年、賞金を送るものとする」とした遺言と、約3150万クローネ(日本円で約207億円)を残して亡くなった。助手であったラグナル・スールマンが中心となり、数年にわたる議論を経て、1901年、X線を発見したドイツの物理学者、ヴィルヘルム・レントゲン(物理学賞)ら6人に授与された。
受賞の条件は、受賞が発表された時点で本人が生存していることのみ(1974年以降)で、性別や人種、国籍、年齢、学歴などは問われない。しかし、授賞が決まった時点で本人が生存していれば故人に贈られるケースもある。各分野で受賞できるのは3人までだが、研究内容の細分化により科学分野では共同受賞も多い。原則として個人に与えられるが、例外として、平和賞は団体や組織の受賞も認められている。
選考の過程や基準は受賞の50年後まで公表されないが、賞によって担当する機関は異なり、それぞれ毎年数百から数千通の候補者の推薦依頼状を過去の受賞者や世界の学者、専門家、関係者らに送ると言われている。そして各機関に提出された推薦状を基に、厳密・公正な審査が行われ、最終的に選考者の多数決投票により受賞者が決まる。選考は、物理学賞、化学賞、経済学賞はスウェーデン王立科学アカデミー、医学生理学賞はカロリンスカ研究所、文学賞はスウェーデン・アカデミー、平和賞はノルウェー・ノーベル委員会が担当している。
ノーベル賞の賞金は、経済学賞以外は、ノーベル財団が基金を株式や不動産投資などで運用した利子により決める。経済学賞は、スウェーデン銀行がその金額に合わせて準備する。
日本で初めて受賞したのは1949年に物理学賞を受賞した湯川秀樹で、15年までに24人が受賞している。15年は、「ニュートリノが質量を持つことを示すニュートリノ振動の発見」で梶田隆章・東京大宇宙線研究所長が物理学賞を、「寄生虫によって引き起こされる感染症に対する新しい治療法の発見」で大村智・北里大特別栄誉教授が医学生理学賞を受賞した。
(南 文枝 ライター/2015年)

引用元-ノーベル賞(ノーベルしょう)とは – コトバンク

●ノーベル賞を受賞した国別ランキング

期間は1901年~2014年まで。
2014年版(2015年度分未集計)国別ランキング

順位 国名   受賞者数
1 アメリカ   337人  
2 イギリス   109人  
3 ドイツ    82人  
4 フランス   58人  
5 スウェーデン 31人  
6 スイス    27人 アジアで唯一トップ10入り!
7 日本★    20人  
8 ロシア    20人 (旧ソ連含む)
9 オランダ   16人  
10 イタリア   14人  
10位以下には、
・カナダ、デンマーク、オーストリア
・イスラエル、ベルギー、ノルウェー
・オーストラリア、南アフリカ
・スペイン、アイルランド
・アルゼンチン、インド
・ポーランド、エジプト
があります。
日本は大検討ですよね!アジアで日本だけです、トップ10入りしているのは。
同じアジアでも、中国は5人、韓国は先進国のイメージもあるのですが、0人と意外です。
また、日本では昨年2014年もノーベル賞受賞のニュースで日本中が沸きましたね。

2014年はノーベル物理学賞を、名城大終身教授の赤崎勇さん、名古屋大教授の天野浩さん、米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授の中村修二さんが受賞しました。そして2015年は、「ニュートリノに質量がある」と実証した東大宇宙線研究所の梶田隆章さんが受賞しましたね。

2015年はノーベル物理学賞のほかに、発見したエバーメクチンからイベルメクチンを開発して多くの人を救った北里大学特別栄誉教授の大村智さんが、ノーベル医学生理学賞を受賞されました。前回の医学生理学賞の受賞は日本ではまだたった3人目。一人目は1987年にマサチューセッツ工科大教授の利根川進さんが。二人目は2012年の京都大学教授のさんでした。

1901年から始まって、2014年までに日本人の受賞は20人しかいないのですから、どれだけすごいことかわかりますよね。

引用元-ノーベル賞 国別ランキング2015 アジアで日本健闘!韓国は0人ってマジ? | ZOOT

●ノーベル賞の受賞は過去15年間で集計すると日本は3位

このほどノーベル賞の国別ランキングを発表したのは英教育誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」。同誌は平和賞と文学賞を除く2000年以降の15年間のノーベル賞受賞者について集計し、国別で格付けを行った。

 受賞者の国籍ではなく、出生国別で集計。格付けを決める得点は、受賞者が1人なら1点だが、2人で共同受賞した場合は各0・5点、4人なら各0・25点とした。

 1位は経済学賞の受賞が多い米国が29・8点と他国を圧倒。受賞者数でも71人で、全受賞者146人のうち約半数を占めた。日本は出生国別の人数では13人となり英国の12人を上回ったが、共同受賞者が多いため4・3点で、英国の6点を下回り3位となった。

 同誌によれば、出生国別の集計のため、受賞時に米国籍だった南部陽一郎氏(08年、物理学賞)、中村修二氏(14年、物理学賞)は日本に分類され、根岸英一氏(10年、化学賞)は日本国籍だが、満州国で出生したため、日本から外し、中国で集計したという。

引用元-英誌ノーベル賞ランクで韓国大敗「わが国は劣っているのか…」 日本との実力差浮き彫り (1/2ページ) – 政治・社会 – ZAKZAK

●近年日本が国別ランキング入りをした訳を考える

日本はなぜ、ここにきて急速にノーベル賞を受賞できるようになったのでしょうか?

まず、24名を分析すると物理学賞は11名いますが、うち8名が今世紀に入ってからです。同様に科学賞は7名のうち6名、生理学・医学部門では3名のうち2名であります。それ以外は文学賞と平和賞で3名ですが20世紀に受賞されています。つまり、物理、化学、生理・医学での総受賞数21に対して16と実に76%を今世紀に入って受賞しているのです。その多くの研究は長い歳月をかけて積み上げたものであるとすれば20世紀後半以降の日本の研究が花咲いたともいえるでしょう。

日本人は世界の中でもある意味、独特な特徴があります。それは研究や物事に対するあくなき追及、没入とも言いますが、そのレベルが圧倒しているように思えます。長く海外にいるとこちらの人は時間とワークバランス感覚が素晴らしい一方でこれほどのこだわり感を日本人ほど持つ人は少ない気がします。

そして今回はノーベル賞という形で見ていますが、日本人の深堀の姿勢は民間事業から主婦の料理のレシピまで驚くべき研究力、探求力を持っています。自動車からスマホの部品まで日本の製品がないと世界が困るほど次々に新しいアイディアを生み出す能力は自画自賛してもよいと思います。

引用元-日本はなぜノーベル賞受賞者が増えるのか

●ノーベル賞のランキング入りした日本の抱える問題

近年、日本経済は長期的低迷に陥っているため、政府は学術機関の財政支出を大幅に削減し、研究者の学術経費や給与を制限し、日本の多くの大学や研究所が一流科学者の流出を防げなくなってしまった。安倍政権は2020年までに日本の大学10校を世界のトップ100に押し上げるよう求めているが、学術分野の財政支出削減はこの目標の実現を非常に困難なものにしている。限られた資金は大学の教育と研究環境を改善する能力を制限し、大学の国際社会での競争力低下という結末をもたらした。

だが、日本は2008年まで16人だったノーベル賞受賞が、その後たった6年で22人にまで増えており、平均すると毎年1人のノーベル賞学者を輩出していることになる。周知の通り、この6年間は日本にとってみれば、政治は空前の大混乱に陥り、経済大国の座から滑り落ち、中国に逆転を許した暗澹たる時期であった。この大きなギャップの背景もまた十分に探ってみる価値があるだろう。

ある研究が発表されてからノーベル賞を受賞するまで、通常数十年、あるいはそれ以上の歳月をかけ検証が行われる。日本がノーベル賞を立て続けに受賞できたのは、過去数十年の間に日本が科学研究に力を注ぎ、長期的に蓄積を続けてきた結果であろう。しかし近年、今回のノーベル物理学賞受賞者である中村修二氏を含む日本の優秀な科学者が米国に渡ったり、ノーベル賞候補のプロジェクトがスキャンダルになるなど、日本の科学研究メカニズムに不備があることもまた明らかになっている。この先20年間も、日本はノーベル賞という競争の中で前を走ることができるのだろうか。

引用元-ノーベル賞から考える日本の科学研究の利点と問題点 – ライブドアニュース

まとめ
今年も日本人の受賞が決まりました。物作りの国として、今後も受賞してもらいたいですね。

twitterの反応

 - 科学・IT

ページ
上部へ