日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

夏休みに知り合いに手紙を出してみよう!書き始めの言葉は?

      2017/10/24

夏休みに知り合いに手紙を出してみよう!書き始めの言葉は?

今は携帯やスマホの普及で手紙を書く機会があまりないかもしれません。しかし夏休みに入ったらお世話になっている人に手紙を書いてみてはいかがでしょうか?書き始めや、締めくくりの言葉を知っているといざというときに役に立つかもしれません。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

カブトムシの幼虫が土から出てくる…そのワケとは

本来カブトムシの幼虫は土(=飼育マット)の中で暮らしています...

大学生のカップルで旅行に行きたい!人へ

旅行に出かけると、大学生らしきカップルをよく見かけます。大手...

オリコで車のローンが組める!?審査は厳しいか

クレジット会社であるオリコで自動車のローンを組むことができる...

バカがひくわけじゃない!夏風邪のウイルスと感染する理由

昔から「夏風邪はバカがひく」なんて言われていますが、風邪の大...

憧れのティファニー☆結婚指輪1カラットの値段って?

女性にとってティファニーと聞けば婚約・結婚指輪を連想するため...

一度は考えた…「高校の先生、春休みは暇なの?」の真相

高校の先生って、春休みや夏休みなどの長期休暇は学校にあまり来...

あなたはLINEの既読無視を許せる!?友達や恋人は違うかも?

コミニュケーションツールとして、ここ数年で当たり前の存在とな...

銀行に就職するのは勝ち組!?銀行の実態とは

銀行は就活する学生にとって人気の職業です。銀行に就職すると安...

家の内装はお好みの色でバランスを考えて!

家の内装はどのようなものがお好みでしょうか?モダンな色合いの...

コンビニの商品はどうなる?地震の場合

記憶に新しい熊本地震では生活物資の不足が問題となりました。い...

みりんと砂糖の違いって?代用はできる?意外なカロリー

みりんは砂糖と同じ甘味調味料ですが、何で出来ていて、カロリー...

中小企業診断士の試験は難しい?試験の感想

中小企業診断士という職業を知っていますか?近年注目が集まって...

ブルーレイレコーダーでDVDディスクは見れるのか?

ブルーレイレコーダーが普及した現在、DVDレコーダーの家庭で...

会社を円満に退職するには?どんな理由がいい?

会社を何らかの事情で退職したいと思ったとき、その理由を正直に...

トイレであたふた!ウォシュレットから水漏れが起こったら

水のトラブルは、起こった時に素早く対処しなければ。回りが水浸...

申込まないと損してるかも?NHK受信料の家族割引に注目!

NHKの受信料、ただNHKから言われるがままに契約して支払っ...

病院に入院するには保証人が必要!代行業者も登場

部屋を借りる時、入学時、就職時、お金を借りる時etc、様々な...

Windows10へのアップデートが進まない問題

Windows7やVistaからWindows10への無償ア...

地球の磁場が減少しているって本当?

地球には磁場があります。方位磁石を使うと磁石が北を向くのはそ...

単位が千円、百万円の場合の読み方

会社の書類などで千円、百万円などの単位が書いてあることがあり...

スポンサーリンク

手紙の基本的な書き方

1.頭語

おなじみの「拝啓」「謹啓」をはじめ、「拝復(返信の場合)」、「前略(急ぎの場合)」など、冒頭に書く手紙固有の挨拶語です。
女性のプライベートな手紙の場合は省く方が普通です。もしくは、「ひと筆申し上げます」「前文お許しください」や「謹んでお手紙差し上げます」などを柔らかい表現を使う方がいいでしょう。

2.前文

時候の挨拶、相手の近況(安否)を尋ねる、自分の近況(安否)を知らせる、というのがいわば三大要素ですが、場合に応じて全部揃っていなくても構いません。
最近会ったばかりなのに「お元気ですか」などと書くのは違和感がある場合もあります。
「前略」「冠省」など、急ぐことを示す頭語を使う場合は、前文は省いた方がいいでしょう。

3.末文

健康を祈る、返事を求める、などを使います。
結語は頭語と対応させて「拝啓」なら「敬具」、「前略」なら「草々」などと決まっています。

4.あとづけ

日付、自署、あて名を入れます。

引用元-郵便局

季節感を表す言葉とは?

自分の目や肌で感じた季節感や自然の様子を言葉に

手紙の中では、「時候の挨拶」がよく使われます。言葉通り、その時々の季節感や気候の様子を表すもので、漢語調で短く簡潔に表現したものと、口語調のやわらかい表現の言い回しがあり、相手や場面に応じて使い分けます。

漢語調は、「春暖の候(砌・みぎり)」「新緑の候」「向暑の候」「清秋の候」「寒冷の候」など短く表現したもの。口語調は、「桜花爛漫の季節となりました」「風薫るさわやかな頃となりました」「むし暑い日が続いております」「寒さも一段と厳しく感じられるこの頃でございます」などの、話し言葉調のものをいいます。

ビジネス文書では、漢語調の表現が使われることが多いですが、同じビジネスであってもお礼の手紙や日常の手紙では、あまり形式ばった表現や常套句のみでなく、「御地では○○の花盛りかと想像しております」などというように、相手の住んでいる土地や気候を思いながら言葉にしたり、自分の身の回りの季節や風物詩を観察しそのまま表すことが、いきいきと書き手の心を表す手紙となるものです。また、「立夏の候や立秋とは名ばかりで」などのように、二十四節気の表現を用いることも多いですね。

引用元-AllAbout

夏に使う言葉

暑中お見舞い申し上げます

夏の手紙といえば、まず思い付くのが「暑中見舞い」。
暑中見舞いは、夏の暑さの厳しい時期に、相手の健康を気づかって送るご機嫌うかがいのハガキのことをいいます。
具体的には、7月20日から8月8日の土用の期間を「暑中」ということから、この時期に出すのが「暑中見舞い」、8月8日(立秋)を過ぎてからは「残暑見舞い」として送ります。
こうした夏の手紙のやりとりが習慣化したのは、大正時代のこと。
日本人として、とても美しく、誇らしい習慣だと思います。

引用元-手紙の書き方

夏に出す手紙の書き出しの言葉

手紙の書き出し(6月)

・じめじめとした梅雨の季節なりましたが、ご健勝にお過ごしでしょうか。
・紫陽花の花も色鮮やかな季節となりました。
・梅雨寒の日々が続いておりますが、健やかにお過ごしでしょうか。
・木々のそよぐ音にも夏の気配を感じる季節となりました。
・月日は早いもので、もう衣替えの季節となりました。
・梅雨の中休みなのでしょう。本日は久しぶりに青空が広がっております。

手紙の書き出し(7月)

・暑中お見舞い申し上げます。
・長かった梅雨も終わりを告げ、いよいよ夏本番となりました。
・夏空が一段とまぶしくなっているこの頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
・連日気温が高く寝苦しい夜が続きますが、皆様お元気にお過ごしでしょうか。
・連日海開き、山開きのニュースが流れ、本格的な夏の到来を感じております。
・青空にも入道雲が見られる季節となりました。

手紙の書き出し(8月)

・炎暑お見舞い申し上げます。
・うだるような夏の暑さが続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
・晩夏のみぎり、暑い日が続きますが、夏バテなどはなさっていらっしゃらないでしょうか。
・ようやく酷暑も過ぎ過ごしやすくなってきましたが、皆様はご健勝にお過ごしでしょうか。
・夕涼みにやっと一息つける晩夏の今日この頃です。
・皆様おそろいで楽しい夏休みをお過ごしのことと存じます。

引用元-オモシロくらしの情報源

夏の手紙の締めの言葉

手紙の締めのパターンは、「季節の言葉+相手への気遣い」とするとまとめやすいですね。決まった形に当てはめればいいだけなので簡単に作れますよ。
先ほどご紹介した、6月・7月・8月の上旬・中旬・下旬の【時候の挨拶】では、締めの例文も詳しく解説していますが、ここでは一部を抜粋して紹介します。

6月の手紙

「梅雨寒の日もございますので、お体に気をつけてお過ごしくださいね」
「雨が続いてうんざりとする毎日ですが、体調を崩さないようお気を付け下さいね」

7月の手紙

「これから猛暑が続くようですが、熱中症にならぬようお体に気をつけてお過ごしください」
「盛夏の折、お風邪など召しませぬようお気を付け下さい」
「そうめんが我が家のメニューにのぼる回数が増えて来ました。夏バテにならないよう、しっかり食べてご自愛くださいね」

8月の手紙

「寝苦しい日が続きますが、夏風邪などひかないようお気を付け下さい」
「立秋を過ぎ朝晩に涼しさを感じられる頃になりました。体調を崩さないようお気を付け下さい」

引用元-いざ!安心家族

まとめ
いかがでしたか?機会があれば参考に手紙を書いてみてはいかがでしょうか。

twitterの反応


https://twitter.com/setuna1201/status/659863398990020608
https://twitter.com/aet_asuq/status/606428963913625600


https://twitter.com/shiromiya1220/status/596270308799066113

 - 恋愛・人間関係

ページ
上部へ