日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

アメリカで日本人が仕事をする方法は?

      2017/10/26

アメリカで日本人が仕事をする方法は?

海外で仕事をすることに憧れる人は多いと思いますが、日本人が海外で仕事をするにはどんな手続きをしたらいいのでしょうか?まずは、アメリカでの仕事をする方法を調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

ニットとカーディガンの重ね着はオシャレ?

ニットといっても様々です。Tシャツなどもニットの一種?薄めの...

動画編集ソフトをダウンロード!お勧めのソフト

最近は様々な動画サイトが存在し、動画を配信することで生計を立...

結婚式のプレゼントを手作りで!お勧めのプレゼントは?

友人が結婚式をあげる!となった時のプレゼントは何をしますか?...

スマホを買うならどっち?iPhoneとアンドロイドの違い

初めてスマホを買うときに迷うのがiPhoneとアンドロイドス...

部屋のドアに鍵 問題は難しい

部屋のドアに鍵を付けたいと言っても、目的は何なのかを考えてし...

海外から日本へ電話するのはどうしたらいいの?

海外から日本へ電話するのは、国内にいる時と同じではないことを...

スカイプの通話の録音で楽々

今は通話は固定電話だけの時代にさようなら。様々な便利なのもが...

楽天カードはどんなカード?審査や時間はどのくらいかかる?

楽天とはは大手通販サイトのことですが、その楽天が発行している...

コンビニの写真プリントはUSBなどがあれば、簡単楽々

コンビニのコピーサービスは素晴らしいですね。コピーだけではな...

バドミントンのラケット選び♪初心者のあなたへ☆彡

休日に、公園や家の前などで楽しそうに遊ぶ姿が見られるバドミン...

どうすればいいの!?弁護士に相談したい時の注意点

最近、CMでも見ることが多くなった弁護士事務所の「無料でご相...

妊娠中の食事はどうする?お勧めの献立

妊娠中の体重管理はとても重要ですね。つわりがおさまってくると...

ビルの屋上にある鳥居は珍しくない

意外と知られていないことは、ビルの屋上に鳥居がある事です。実...

台風が接近!明日の学校はどうなる?

台風シーズンになると暴風や大雨による被害が心配ですね。学生の...

数学の中学教師になりたい!どうすればなれる?

将来教師の道に進みたいと考えている人もいることでしょう。中学...

子供を施設に預けるための条件はあるか

皆さんは児童養護施設がどのような所か知っていますか?最近は漫...

シンガポール空港はスゴい!マーライオンに会いに行こう♪

日本から飛行機で7~8時間。東南アジアの国、シンガポール。空...

幼稚園のバスの運転手になるには?取得する免許

幼稚園の送迎バスを利用している人は多いですね。幼稚園の送迎バ...

恋愛ドラマで感動したい!泣けるドラマ

思いっきり泣いてストレス発散したい!という時ってありますよね...

家庭用電気スイッチをおしゃれに替えて、プチ模様替え

季節の変わり目には、部屋の模様替えをしたいと思いますが、大き...

スポンサーリンク

アメリカで仕事がしたい!日本人の手続きは何をするの?

就労ビザの申請は、企業のサポートが必須!事前に情報収集を!

アメリカで働くには、アメリカが「ビザを発給しても欲しい人材」であることを証明する「就労ビザ」(Hビザ)が必要になります。ビザの申請には必ず就職先の企業のサポートが不可欠です。

アメリカにはたくさんの種類のビザがありますが、それぞれのビザには申請条件があります。企業側もサポートをする手前、「ビザの申請に値する人材なのか」というところを重視しています。そのため、企業へのアピールとして、自分が「このビザを取得するのに相応しい条件がそろっている」と明確に伝えることは大きなポイントになります。

ビザの取得には専門的な知識が必要となり、「移民弁護士」と呼ばれる弁護士に依頼をすることが必要です。費用はほとんどの場合自己負担ですが、企業が負担してくれる場合もあるので確認すると良いでしょう。

◆就労ビザ(Hビザ)の種類

 ・H-1B  (特殊技能職)
 ・H-2A  (季節農業労働者)
 ・H-2B ビザ(熟練・非熟練労働者)
 ・H-3   (研修生)
 ・H-4  (同行家族)

引用元-Dai job.com

アメリカで働くための重要なスキル

英語力・その他語学力

海外で働くには、英語力は大きなポイントです。アメリカ人と肩を並べて働くには、何はなくともまず「ビジネスレベルの英会話力」は必須です。ビジネスレベルとは、アメリカ人の中に1人で加わって一緒に仕事ができる程度を指します。ネイティブのような英語力は必要ありませんが、意思の疎通ができる程度の会話力は必須です。目安として、TOEIC850点以上あると安心でしょう。
なお、技術職、専門職においては、英語よりも実務経験、技術を重視される傾向があります。
また、英語が得意でない方は、日本語比率の高いお仕事だったり、業界を絞ったりすることで対応をすることができます。
また、語学という意味では、最近需要が高まっているのが中国語、韓国語です。これまで日米間で行われてきたビジネスに、新たに中国や韓国が加わるケースが増えているためです。英語の他にこれらの語学の知識もある方は、就職先の幅がグッと広がります。
また日本在住の海外出身の方はこちらを参考にしてください。

引用元-アメリカで働くために必要なスキル|アメリカ就職・インターンシップ ACO

日本人の仕事探しはどうしたらいいの?

日本にいながら、アメリカで仕事を決めるのは、なかなか至難の業です。

また、アメリカにすでに住んでいる人でさえも、ビザなどの問題などから仕事を探すのは難しいものです。その中、少ない仕事探しの方法のひとつとして、インターネットで求人を掲載している会社に直接応募する方法があります。

日本からの応募でも受け付けてくれる会社や、旅行で渡米する機会にあわせて面接設定をしてくれる会社、担当者が日本へ出張する際に、ついでに会って面接してくれる会社などもあるようです。

積極的にアプローチして、まずは面接をしてもらう機会を作りましょう。

引用元-US INTERNSHIP

まずは履歴書を用意しよう

外資系企業や海外の企業に応募する場合、必ず求められるのが、Resume(英文履歴書)とCover Letter(カバーレター)です。英文履歴書はあなたのバックグランドや能力をPRするためのもので、限られたスペースの中で、あなたがいかに応募先の企業に貢献できるかを伝えなければいけません。ぜひ、素晴らしいResumeを作って、アメリカでの就職を実現させましょう!

引用元-WorkUSA

アメリカで仕事探し、応募時・採用後の注意点

– 応募時、レジュメ提出時、インタビューの時に法的に気をつけなければならない事は何ですか?
求職者にとって覚えておくべき一番重要な事は『うそをつかない事』です。学歴や経歴、資格を偽り、それが発覚した場合には雇い主はすぐに解雇する事が出来ます。
さらに重要な事は、イミグレーションのステイタスも決して偽ってはいけません。偽装書類を使う事は連邦法違反であり、犯罪です。連邦政府が監査に入り、全ての従業員に対して記録をとる事もあります。
大企業の管理職クラスの方々も日本での標準採用方法を知ると、アメリカでは違法である事が多く、驚く事が多いのも事実です。日本の常識のままだと、採用において大問題となるような点がとても多いです。例えば、配偶者の有無、子供が欲しいかどうかの質問は採用にあたり差別にあたります。法的な問題は、面接時に限らず、求人広告を掲載する時や紹介をしてもらう時、採用を決める時にも起こりえます。(書類のやりとりや正式な採用を決めた人でない場合も含みます)

引用元-転職お役立ちガイド

住まいも大事、アパート探しも知っておこう!

日本との違い

アメリカでは不動産業者に頼らず、自分でアパートを探すことが多いですが、ニューヨーク・マンハッタンでは不動産業者を通すのが一般的です。 不動産会社は紹介料を請求するところもあります。
留学生はアメリカではクレジット(信頼度)がないため高額なデポジット(敷金)を請求される事があります。留学生の通常のデポジットは家賃の2倍程度で、残高証明書が必要なことも。アパートによっては家賃の4、5倍請求してきたり、クレジットがないと貸し出してくれないこともあります。

アパートの見つけ方

アメリカのアパートは、建物が古いからと言って家賃が安くなるとは限りません。もちろん、都市による違いも顕著で、ニューヨーク州ひとつをとっても、マンハッタンを中心として東側にクイーンズ、ブルックリン、北側にブロンクス、また、西側にはニュージャージー州が位置しており、地域によって治安、家賃相場も大きく異なってきます。

ニューヨークでの家探しは時間の節約とトラブル回避のため、不動産業者を利用するのが効率的です。掲示板等を使い個人で探す方法もありますが、全体的に物件数が少ないため、見つかるまでに時間がかかります。一人暮らしの物件で不動産を通す場合には、ここに一年間の家賃の15%を相場として仲介手数料が発生します。(ルームシェアの場合の手数料は不動産エージェントによって異なります。)

引用元-アメリカ留学のラクト

まとめ
日本以外で仕事をすると言うことは、不安もありなかなか一歩を踏み出せない人も多いと思いますが、仲介業者を使用するなどサポートしている企業もあるので、チャンスを活かしてみたいですね。

twitterの反応

 - 海外・国際

ページ
上部へ