日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

アメリカで日本人が仕事をする方法は?

      2017/10/26

アメリカで日本人が仕事をする方法は?

海外で仕事をすることに憧れる人は多いと思いますが、日本人が海外で仕事をするにはどんな手続きをしたらいいのでしょうか?まずは、アメリカでの仕事をする方法を調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

左利きでAB型の性格ってどんなですか?

血液型は性格に反映されのでしょうか?とても気になるところです...

自転車に子供を乗せられるのは何歳から?

子供が赤ちゃんのうちはベビーカーか便利です。だんだんと子供が...

精神障害2級ってどんな人が対象?精神障害者手帳を貰うには

精神障害の対象になる人は何らかの精神疾患で日常生活において長...

2016年は台風の年!?台風の進路がおかしいワケ

2016年は台風の当たり年と言われるくらい次々に台風が発生し...

犬のトイレトレーニングには「囲い」を使おう!

犬を飼う上で避けて通れないのが、トイレのしつけ。外飼い予定の...

大学の准教授ってどんな職業?年齢や年収はどのくらい?

大学の役職には准教授というものがあります。この准教授とはどの...

顔パック、安いものでも効果はある?!

数多くの顔パックがドラッグストアや化粧品売り場に並んでいます...

男性が思う結婚の条件とは?どんな女性が理想?

結婚の条件は男女ではそれぞれ少し違うところがあるようです。女...

告白の返事がかわいいと抱きしめられちゃうかも

あなたには大好きな人がいますか?告白されたい方ですか?したい...

車でデートはまだ早い!?上手な断り方とは?

車デートに誘われたとき、女性は何とも思っていない人とはあまり...

車のナンバーで所有者が分かる!?現在は難しいプライバシーの問題とは

昔は車のナンバーで所有者を知ることが簡単にできたって知ってい...

元カノが気になる?!彼氏の元カノに嫉妬しないために

彼氏の元カノは彼女としては気になってしまいますね。ついつい元...

職場で人間関係を円滑にするには?少人数の職場の場合

就職したら職場では人間関係を円滑にしたいですね。特に少人数の...

子持ち主婦には深夜の仕事がおすすめ!?パートに出る場合

子供を持つ主婦は仕事をしようとしても保育園に預けるなどしない...

子供の勉強を教えるには!?上手な教え方について

親としては子供には勉強ができてほしいと思うのは当たり前です。...

犬の散歩、雨の日はどうしてますか?

愛犬の雨の日のお散歩、みなさんはどうしていますか?日本にはど...

自転車の子供へのヘルメット着用が義務化!?ヘルメットの選び方とは

自転車に子供が乗るときはヘルメットを着用することに努めないと...

高校では成績のつけ方違うって知ってた?

成績のつけ方にはいろいろあります。相対評価、絶対評価。試験の...

蛍光灯とLED電球を比較!どっちがお得?

蛍光灯とLED電球はどちらがより電気などを節約できるのでしょ...

淡水魚を水槽で飼育するにはどうする?淡水魚の育て方

川などに生息する魚を淡水魚と言います。主な淡水魚にはコイやフ...

スポンサーリンク

アメリカで仕事がしたい!日本人の手続きは何をするの?

就労ビザの申請は、企業のサポートが必須!事前に情報収集を!

アメリカで働くには、アメリカが「ビザを発給しても欲しい人材」であることを証明する「就労ビザ」(Hビザ)が必要になります。ビザの申請には必ず就職先の企業のサポートが不可欠です。

アメリカにはたくさんの種類のビザがありますが、それぞれのビザには申請条件があります。企業側もサポートをする手前、「ビザの申請に値する人材なのか」というところを重視しています。そのため、企業へのアピールとして、自分が「このビザを取得するのに相応しい条件がそろっている」と明確に伝えることは大きなポイントになります。

ビザの取得には専門的な知識が必要となり、「移民弁護士」と呼ばれる弁護士に依頼をすることが必要です。費用はほとんどの場合自己負担ですが、企業が負担してくれる場合もあるので確認すると良いでしょう。

◆就労ビザ(Hビザ)の種類

 ・H-1B  (特殊技能職)
 ・H-2A  (季節農業労働者)
 ・H-2B ビザ(熟練・非熟練労働者)
 ・H-3   (研修生)
 ・H-4  (同行家族)

引用元-Dai job.com

アメリカで働くための重要なスキル

英語力・その他語学力

海外で働くには、英語力は大きなポイントです。アメリカ人と肩を並べて働くには、何はなくともまず「ビジネスレベルの英会話力」は必須です。ビジネスレベルとは、アメリカ人の中に1人で加わって一緒に仕事ができる程度を指します。ネイティブのような英語力は必要ありませんが、意思の疎通ができる程度の会話力は必須です。目安として、TOEIC850点以上あると安心でしょう。
なお、技術職、専門職においては、英語よりも実務経験、技術を重視される傾向があります。
また、英語が得意でない方は、日本語比率の高いお仕事だったり、業界を絞ったりすることで対応をすることができます。
また、語学という意味では、最近需要が高まっているのが中国語、韓国語です。これまで日米間で行われてきたビジネスに、新たに中国や韓国が加わるケースが増えているためです。英語の他にこれらの語学の知識もある方は、就職先の幅がグッと広がります。
また日本在住の海外出身の方はこちらを参考にしてください。

引用元-アメリカで働くために必要なスキル|アメリカ就職・インターンシップ ACO

日本人の仕事探しはどうしたらいいの?

日本にいながら、アメリカで仕事を決めるのは、なかなか至難の業です。

また、アメリカにすでに住んでいる人でさえも、ビザなどの問題などから仕事を探すのは難しいものです。その中、少ない仕事探しの方法のひとつとして、インターネットで求人を掲載している会社に直接応募する方法があります。

日本からの応募でも受け付けてくれる会社や、旅行で渡米する機会にあわせて面接設定をしてくれる会社、担当者が日本へ出張する際に、ついでに会って面接してくれる会社などもあるようです。

積極的にアプローチして、まずは面接をしてもらう機会を作りましょう。

引用元-US INTERNSHIP

まずは履歴書を用意しよう

外資系企業や海外の企業に応募する場合、必ず求められるのが、Resume(英文履歴書)とCover Letter(カバーレター)です。英文履歴書はあなたのバックグランドや能力をPRするためのもので、限られたスペースの中で、あなたがいかに応募先の企業に貢献できるかを伝えなければいけません。ぜひ、素晴らしいResumeを作って、アメリカでの就職を実現させましょう!

引用元-WorkUSA

アメリカで仕事探し、応募時・採用後の注意点

– 応募時、レジュメ提出時、インタビューの時に法的に気をつけなければならない事は何ですか?
求職者にとって覚えておくべき一番重要な事は『うそをつかない事』です。学歴や経歴、資格を偽り、それが発覚した場合には雇い主はすぐに解雇する事が出来ます。
さらに重要な事は、イミグレーションのステイタスも決して偽ってはいけません。偽装書類を使う事は連邦法違反であり、犯罪です。連邦政府が監査に入り、全ての従業員に対して記録をとる事もあります。
大企業の管理職クラスの方々も日本での標準採用方法を知ると、アメリカでは違法である事が多く、驚く事が多いのも事実です。日本の常識のままだと、採用において大問題となるような点がとても多いです。例えば、配偶者の有無、子供が欲しいかどうかの質問は採用にあたり差別にあたります。法的な問題は、面接時に限らず、求人広告を掲載する時や紹介をしてもらう時、採用を決める時にも起こりえます。(書類のやりとりや正式な採用を決めた人でない場合も含みます)

引用元-転職お役立ちガイド

住まいも大事、アパート探しも知っておこう!

日本との違い

アメリカでは不動産業者に頼らず、自分でアパートを探すことが多いですが、ニューヨーク・マンハッタンでは不動産業者を通すのが一般的です。 不動産会社は紹介料を請求するところもあります。
留学生はアメリカではクレジット(信頼度)がないため高額なデポジット(敷金)を請求される事があります。留学生の通常のデポジットは家賃の2倍程度で、残高証明書が必要なことも。アパートによっては家賃の4、5倍請求してきたり、クレジットがないと貸し出してくれないこともあります。

アパートの見つけ方

アメリカのアパートは、建物が古いからと言って家賃が安くなるとは限りません。もちろん、都市による違いも顕著で、ニューヨーク州ひとつをとっても、マンハッタンを中心として東側にクイーンズ、ブルックリン、北側にブロンクス、また、西側にはニュージャージー州が位置しており、地域によって治安、家賃相場も大きく異なってきます。

ニューヨークでの家探しは時間の節約とトラブル回避のため、不動産業者を利用するのが効率的です。掲示板等を使い個人で探す方法もありますが、全体的に物件数が少ないため、見つかるまでに時間がかかります。一人暮らしの物件で不動産を通す場合には、ここに一年間の家賃の15%を相場として仲介手数料が発生します。(ルームシェアの場合の手数料は不動産エージェントによって異なります。)

引用元-アメリカ留学のラクト

まとめ
日本以外で仕事をすると言うことは、不安もありなかなか一歩を踏み出せない人も多いと思いますが、仲介業者を使用するなどサポートしている企業もあるので、チャンスを活かしてみたいですね。

twitterの反応

 - 海外・国際

ページ
上部へ