日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

リビングの和室には小上がりとフラットどっち?

      2017/10/28

リビングの和室には小上がりとフラットどっち?

家を建てたり、リフォームする時に一度は考えるのが小上がりの和室だと思います。リビングに小上がりの和室があるとなんだかとてもおしゃれですね。実際は小上がりにするのとフラットにするのはどちらがいいのでしょうか?

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

文系の人が就職するのに勝ち組とされる就職先は?

大学の学部で文系、理系と分かれると思いますが、文系の人が就職...

会社の社長の職業を聞かれたら何と答える?

「あなたの職業は何ですか?」と聞かれたときに、答え方に困るこ...

入院時のパジャマはどんなものがいい?女性の場合

手術などで入院となった場合は何を用意すればいいのでしょうか。...

家の電話へ迷惑なワン切りがあるらしいです

家の電話にワン切りがかかったことはありますか?夜中が多いよう...

身内にご不幸があった方やご遺族にへかける言葉

親しい方のご不幸や親しい方の身内のご不幸があった場合、どのよ...

家のカラオケがご近所の迷惑にならない方法

カラオケ好きな人必見!家でもご近所迷惑を気にせずに思いっきり...

卵巣嚢腫で手術をすることに!麻酔はどうなる?

卵巣嚢腫とは卵巣にできる腫瘍のことですが、良性のものが多いよ...

奥歯の虫歯が悪化して抜歯することになった時のために

永久歯は大切です。
一生自分の歯で食事をしたいです...

体型で性格が診断できる?体型別の性格とは

人の性格は様々ですね。その性格をその人の体型で診断することが...

マウスピースで歯並びの矯正は失敗が多い

歯並びの矯正は目立つので嫌な人も多いです。半面、美しい歯並び...

赤ちゃんのお風呂の入れ方は何が大切?

生後1か月を過ぎると、赤ちゃんはいよいよお風呂デビューです。...

障害者の作業所で働くための資格とは?

障害者の作業所を経営するには、国家資格や体験が必要不可決です...

インターネットを開くと色々な広告が勝手に表示されるのはどうして?

インターネットはみなさんが、日々よく利用されているものだと思...

住民票に記載されている住所の表記について

住民票に表記されている住所は正規のものであり、申請書類などは...

車の営業マンに恋をしたらどうする?

自動車の販売や接客をする営業職の人には高いコミュニケーション...

文章を上手に書くには!?主語、述語、修飾語について

文章を書く上で主語と述語と修飾語は大事ですね。修飾語を使うと...

自動車の車検のシールについて知ろう!!

自動車のフロントガラスによくシールが貼ってありますよね。その...

大学のテストでやる気を出すためにできること

大学とっても楽しいですよね。けど、必ずテストというものがあり...

雑誌の編集をする仕事に就職するのは大変?

雑誌の編集のお仕事。とってもかっこよくてやりがいがありそうな...

就活用のネクタイをプレゼントしたい!

就活を控えた彼氏にネクタイのプレゼントをしてみてはいかがでし...

スポンサーリンク

小上がりとは

聞いたことのない人も多い「小上がり」についてまず解説します。「小上がり」とはリビングなどの場所の一部を高くした場所のことをいいます。この小上がり、様々な用途があり、たとえば、上の画像のように、窓のそばで日光に浴びながら読書を楽しんだり、その高くなった場所を利用して簡単な和室として使う方もいます。小上がりの段差の部分は収納に使うこともできる場合もあります。

引用元-iemo

和室を小上がりにするメリット・デメリット

和室を「小上がり和室」にリフォームする方もいますね。
そこで、小上がり和室のメリットとデメリットを考えてみました。

メリット

・畳みに腰掛けて、ごろんとできる。
・高くなるので、そこに布団を敷いて寝るのが苦にならない
・小上がりなので収納部分ができる
・高齢者が腰掛けてから和室に上がれる
・足を下ろして楽に立ち上がれる
・リビングとの境界がはっきりする
・特別な空間のような気がする
・リビングにイスをおかずに腰掛ける場所にできる
・ステージのようになるので、子供の発表会や音読の宿題で使える

デメリット

・介護をする場合、小上がり和室のベッドから車椅子を使えない
・引き出し収納の場合そこに入ったホコリの掃除が手間
・小上がり和室に掃き出し窓はつけにくい(畳み焼け・人の目等)

メリットとデメリットをご家族のライフスタイルや、ライフステージから考えると答えも出やすいかもしれません。
例えば介護の時にベッドを置くのは別の部屋と考えていれば、小上がり和室のデメリットは1つ減ります。

引用元-リフォームしま専科

小さい子供がいる家庭ではおススメしない?!

僕が新築を建てたときは子供がまだ8か月頃だったので、ハイハイができるぐらいの時期でした。
もし和室を小上がりにすると、子供が畳から落ちてしまうかもしれないという危険を感じて小上がりはやめました。
他には、リビングと和室の配置の問題もあったのですが、間取り的に小上がりにすると狭く感じるのでフラットのほうが解放感は感じられます。

実際に、小上がりにしたかたの声を聞くと、
・子供がよく落ちるので失敗した・・・。
・大人でもボーっとしてるとつまずくことがある。
・わざわざ昇るのがめんどくさい。
このように言っています。

特に小さいお子さんがいるかたは小上がりよりフラットのほうがいいでしょう。
現に5歳になったうちの子もリビングと和室を走り回っているので小上がりにしていなくてよかったと思います。

引用元-家好きパパの新築ブログ

リビングに小上がりの和室を作ってよかった人の話

成功ポイントは、2つ。

① 小上がりにしたこと
② 大容量の押入れ収納を設置したこと

だと考えています。

小上がりのおかげで、LDKとの区切りが出来たことが、何より良かった!!
(→ Web内覧会★和室1-小上がり和室で LDKと一体感を…)
ルンバが上がってこれないおかげで、避難場所にできるし、小上がりのおかげで、子供が寝ている姿や遊んでいる様子が、キッチンから見えやすいです。
和室に座った時と、ダイニングに座った時に目線の高さが近づくのも、小上がりのおかげ!
段差があるおかげで、リビングと違った使い方ができたんだと思います。

そして、収納力のある押入れのおかげで、多様な物を簡単に出し入れできるのが良かった!
(→ Web内覧会★和室2-快適にモノを出し入れできる「押入れ収納」)
子供が昼寝する布団も、来客時の臨時テーブルも、ここで使うものは全て、すぐそばの押入れに簡単に仕舞えます。
収納しやすい環境のおかげで、「なんにもない部屋」が保てる。→ 多様に使える。んだと思います。

小上がりにするか、そもそも和室をどの位置に設置するかまで、悩んだ時期もあったけど、今の仕様・間取りにして良かった!!

引用元-happy my life * 北欧モダンなおうち ~楽々収納とインテリアdeゆとり時間~

小上がりの高さを考える基準

①【座りやすさ・立ちやすさ】
座ったときのヒザの裏から床までの寸法を【座面高さ】といわれます。
自分に合うものは何センチなのか確認してみましょう。年齢によっても変わってくるかと思います。

『座りやすさ』というのは同時に『立ち上がりやすさ』とうものにも密接に関わっています。
一般的な椅子のサイズは40センチに設定されていますが、くつろぎやすい高さは人によって違うと思いますので上の図をご覧ください。

40センチ ~ 30センチが座る主体というラインです。 対して20センチ~10センチは深く腰掛けるといった感じになり、座るには不向きですね。

②【行き来のしやすさ】
行き来のしやすさについての検討です。
10センチについては微妙な段差になるので余りオススメできませんが、20センチくらいならリビング・畳コーナーの行き来がしやすいかと思います。

あえて区切りをつけるなら40センチといったところでしょうか。 床を高く上げた分、天井が低くなることになりますが、 低い天井は落ち着きをもたらす効果があります。この相反するところが面白いところですね。
20センチは最も行き来がしやすいです。階段一段の高さと同じという点に注目してください。

③【収納量について考えてみる】
収納の引き出しとしては40センチ・30センチのどちらかですね。
10センチ・20センチは収納は不可でしょう。 最も、収納として有利なのは40センチとなります。

引用元-こだわり過ぎた30歳で建てる2000万の家。

家具としてリビングに設置できる小上がり畳ユニット

小上がり畳ユニットは非常にシンプルな構成。造作キッチンにも使っているシナ材の共芯合板をコの字に組み、補強材で補強した上に畳を載せているだけです。別途設ける引出しは金物などは使わず、家具用の滑りシートを裏面に張ることで床の上を滑らせています。もちろん置くだけなので若干の揺れや動きはありますが、このユニットの最大の利点は動かせること。将来的な変更に柔軟に対応できますし、気分に合わせて模様替え、なんてのも簡単です。

物件によっては少し入り組んだ形状の場合など、半分は造作、半分は家具という変則的なパターンもあります。どちらにしても下部は物入れとして使用できます。

ちなみに、この畳ユニットはシングル住まいやご夫婦のみの方の家で採用されることが多く、大きなLDKにベッド代わりに、という事例も多いのですが、造作の場合のように引戸などで仕切るのが難しいです。寝る場所として使う場合は、壁や窓の断熱改修は必須項目と考えて頂くほうがいいです。寒い空間ではなかなか眠れませんので・・・

引用元-マスタープラン一級建築士事務所

まとめ
調べてみるとメリット・デメリットそれぞれありますね。モデルハウスなどで実際に見て検討してみるといいかもしれません。

twitterの反応


https://twitter.com/akamarusenpai/status/67835064553181184

 - 日常・生活

ページ
上部へ