日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

Beatsのイヤホンで楽しむミュージック♪音質はどう?

      2017/10/30

Beatsのイヤホンで楽しむミュージック♪音質はどう?

NO MUSIC,NO LIFE。お気に入りのイアホンやヘッドホンで、曲を聞く楽しみ。音楽を愛する人のこだわりのブランド〝Beats”。実際に使っている人などの意見をまとめました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

ピアノを弾くには指が長い方がいい?指を長くすることはできるのか

ピアニストの指は細くて長いというイメージですね。ピアノを弾く...

引っ越しで郵便物を転送するには?一時的な転送も可能?

引っ越して住所が変わった場合は郵便局に郵便物の転送をする手続...

郵便局の配達の仕組みとは?知って便利な仕組みも!

郵便局では毎日たくさんの郵便物が集められ配達されています。基...

ホテルで食事をするときの服装は?ドレスコードについて

ホテルで食事をすることになり服装で悩んだことはありませんか?...

パート主婦は必見!働き方が変わる?扶養から外れる゛壁”

夫の扶養内で働いているパート主婦の皆さんは「103万円の壁」...

彼女とうまく別れたい!水面下でやるべきことは?

男の人は彼女と別れたいと思ってもなかなか別れを切り出せない場...

庭にはどっちがいい?アスファルトとコンクリート

一軒家の庭などにはコンクリートを使用しているところが多いかと...

子供が親の財布のお金を盗む!?その時の対応とは

子供がもしも自分の財布のお金を盗んだとしたらどう対応したらい...

郵便局の窓口とポストはどっちが早い?最短で届けるには

郵便物を早く配達してもらおうと思ったら郵便局の窓口とポストで...

生徒と教師がメールアドレスの交換?生徒と教師にメールは必要?

最近はメールやラインなどのやり取りを生徒と教師の間でしている...

犬はなぜ人間の気持ちがわかるのか?

犬はもはやペットではなく家族の一員と思っている人もいるくらい...

一人暮らしの電気、ガス、水道はどのくらい?節約方法とは

一人暮らしを始めたら電気、ガス、水道の光熱費を自分で管理しな...

コバエを駆除したい!効果的な商品とは

夏場には少し生ごみを放っておくとすぐにコバエが沸いてしまいま...

トイレが詰まった!そんな時はペットボトルがあれば大丈夫?

トイレが詰まった為に水が流れなくなってしまったら大変ですね。...

エアコンの寿命が来た!?賃貸で備え付けの場合はどうする?

単身用の賃貸などにはエアコンが備え付けてある場合があります。...

アリの退治は必要!?庭にたくさんいる場合

アリは基本的には無害な虫です。庭にいる場合は退治の必要はない...

風呂の給湯器はどうする?オール電気の場合

最近はオール電化の家庭が増えてきましたね。その為お湯を沸かす...

初めての一人暮らし!まず 必要なものリストを作ってみよう

一人暮らしをするときに最低限必要なものって意外とわからないも...

気が付くとバイクの自賠責保険が期限切れ!どうする?

自賠責保険は、すべての自動車に加入が義務付けられている保険で...

猫のマーキングのあの臭い!効果的な消しかたとは

猫がマーキングをしたときの臭いって、本当にたまらないですよね...

スポンサーリンク

「b」マークのBeats

最近、まちなかで「b」マークの入ったヘッドホンをつけた若者の姿をよく見かけないだろうか。beats のヘッドホン、イヤホンは1万~4万円と高価なモデルが多いにもかかわらず、10代~20代の若者を中心に人気を集めている。理由はファッション性の高さにあるとされてきたが、ここ数年で音質も改善されたと評価する声もあがっている。もともとbeats by Dr. DREとして有名なラッパーDr. DREらによって設立されたのだが、2015年、Appleが買収したことも人気に拍車をかけたと見られる。

高価なイヤホンを身につける若者が増えた背景には、スマ-トフォンの普及がある。音楽をインターネットでダウンロードしてスマホで聴くことが一般化したことで、イヤホンを利用する機会が格段に増えたのだ。スマホを買えばイヤホンが付いてくるものの、これでは不満という人が増えてもおかしくないだろう。秋葉原などにあるイヤホン・ヘッドホン専門店では、連日3万円以上もするイヤホンを聴き比べする若者の姿が見られる。

引用元-ZUU online

[音質]イヤホン・ヘッドホンに何を求める?

よく『原音に忠実』だとか『味付けのないピュアなサウンド』などといったフレーズが飛び交う場面の多いオーディオ業界ですが、『原音に限りなく近い音』を求めるなら、ヘッドホンに拘るよりもコンサートに行った方が手っ取り早いです。
あるいは低音も高音も比較的フラットに設定されている『モニター用ヘッドホン』のみに狙いを絞ってヘッドホン選びをするべき。

というのは、音源作成には『マスタリング』という最終作業をはじめ、原音を『良く聴こえる音(アーティストの意向どおりの音)』に加工する場面が多いです。CDが発売された時点で、すでに『原音』も何も無くなっていたりします。
また、『原音に忠実』とされるヘッドホンの音が、必ずしもあなたの好みにフィットする保証もありません。「刺身に醤油をかけない方が美味しい」って人もいれば、かけた方が刺身を味わえる人もいますよね?

『原音に忠実』って言葉が大正義であるかのように語られるようになって久しいですが、CDなど音源がリリースされたときにはすでに味付けされていることが多いですし、各音響メーカーが作るヘッドホンもそれぞれ個性的な音質的特徴を持っています。
ヘッドホン選びの際には『原音に忠実かどうか?』よりも、ただ単純に『自分好みの音か?』を基準に選んだ方が後悔なく音楽を楽しむ上でも得策でしょう。

引用元-音鳴りどうし.biz

Beatsの音質に合う音楽とは

beatsの音質が合う音楽と合わない音楽

前述したとおり、beatsのヘッドホンがどんなジャンルの音楽とも相性バツグンか?というと当然そうではありません。
各音楽ジャンルにもそれぞれ素材感みたいなものがありますし、各ヘッドホンメーカーにもそれぞれ違った味付けが施されていますので。

beatsのヘッドホンが合うジャンルはずばり下記のとおりです。

・ヒップホップ
・J-POPなどのポップミュージック
・ロック(とくに90年代以降)
・ラウド系、メタル系、ハードロック系
・ノイズ系、音響系、実験系

逆にbeatsのヘッドホンが合わないジャンルは下記。

・クラシック
・ジャズ
・ヒーリング系、ニューエイジ
・波の音などの自然音

要は、密閉型(音漏れしなさそうなやつ)で聴くような音楽は合うし、開放型(ちょっと音漏れしそうなやつ)で聴くような音楽は基本的に合いません。
そしてbeatsのラインナップは密閉型づくしなので必然と言えば必然です。
日ごろテレビから流れてくるような賑やかで楽しげな音楽を聴くなら、beatsヘッドホンはこの上なく頼もしいパートナーになってくれるでしょう。

引用元-音鳴りどうし.biz

Beatsのイアホンが向いている人

とにかく音質につきます。あとは、低価格でクオリティーの高い音を体験したい人にもいいですね。

ツイート:音がどこにあって、どう鳴っているかがわかるので、ミキシングやマスタリングを勉強しているひとにはいいかも。楽器も分離して聴けるのでプレイヤーも。
ツイート:よく持ち運ぶ、荷物を小さくしたい人。おとなしく座って使う人。ヘッドホンでは髪型が気になる人。

引用元-瞬間と永遠.com 自分を探し自分を知るブログ

イヤピースが合わないという意見

音楽を聴きながらランニングを日課にしたい、がんもちゃんです。
さて、先日、新しいBluetoothイヤホンを買いました。

beatsの最高にイカしたワイヤレスイヤホンなんですけど、絶賛したんですけど、最高最高なんですけど、、、
走ってると耳から外れてくるのだ!!!
形状が耳掛けになっているので幸いポロリは免れているのだけれど、耳穴からイヤピースがポロリしよる。
これは超絶ストレスなのだ。走ってる最中にイヤホンのことが気になってしまい、集中できないのだ。のだ。にだ。
これはどうにかしたいですよと、なにかいい方法ありませんかと。
ありました!ありましたよ!奥さん!
『コンプライ』っちゅう無敵のイヤピースでございます!!

引用元-がんもどき

アスリート向けのイヤホンも♪

Performance and power

LeBron James に触発されて設計された Powerbeats2 Wireless は過酷なチャレンジに立ち向かうアスリートをサポートします。新しく見直されたワイヤレスヘッドフォンドライバは軽量で、デュアルドライバ音響によりパワーアップしています。これにより、厳しいワークアウトをやり遂げるのに必要な、高品質のサウンドとパフォーマンスを提供します。

強靭な設計

汗をかいたくらいで立ち止まる必要はありません。Powerbeats2 Wireless はイヤホンから絡み防止機能付きケーブルに至るまで IPX4 耐汗・防沫で、ケーブル周囲の RemoteTalkコントロールを覆っています。これにより、ボリュームや曲を変更したり、ハンズフリー通話に切り替えたりするときも滑りません。

もっと自由に。もっとパワフルに。完璧を目指して

ストリートからコートまで、Powerbeats2 Wireless ならどこでも自由にワークアウトができます。ワイヤレス Bluetooth により、約9mの距離までの Bluetooth 対応端末を接続可能。これにより、もっと自由に動けるようになり、ワークアウトに集中できます。充電式バッテリで6時間の再生が可能。また15分間の急速充電により 1 時間の連続再生が可能です。

アスリート向け設計

設計にあたっては、アスリートが使用することを念頭に置いています。Powerbeats2 Wireless は軽量かつコンパクトで、柔軟なイヤーフックが快適で安全にフィットします。

引用元-Apple

まとめ
Beatsのようなイヤホンを一度使うと、スマホに付属した物で聞いた時に音質の差に驚く人も多いようです。※音漏れには注意!電車内のマナーは守って楽しみましょう♪

twitterの反応


https://twitter.com/a_shock_0803/status/715968482261671937


https://twitter.com/y_naoto1225/status/714391631420493824


https://twitter.com/YUMMY_631/status/716246657390673920
https://twitter.com/icecream_221/status/716431032304607232

 - 雑学

ページ
上部へ