まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

50代の女性が職場で働くために注意する事

      2016/12/28

 - 進学・就職

50代の女性に限りませんが、職場の人間関係で悩む事は良くあります。しかも、よかれと思って言ったことが嫌みに取られたり、更年期が原因で誤解されたりします。職場で良好な人間関係を続けるために大事なことは何か調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

30歳代で中小企業に勤務していると気になる年収

30代になると将来の事を考えるようになります。そこで、気になってくるのが年収です。今もらっている収入は中小企業なら妥当なのだろうか?状況によって内容は変わってくるでしょうが、気になったので調べてみました。

大学の卒業式は欠席しても大丈夫?

いよいよ大学を卒業する事になり、卒業式の案内が来ました。でも卒業式は高校と違って、知らない人ばかりで心配。また、イレギュラーでどうしても欠席せざるを得ない状況になるかも知れません。欠席したら何か不都合は有るのでしょうか?

大学の推薦入試と合格について

大学受験のために日々勉強を頑張っていられるかと思います。入試の中には推薦という方法がありますが、推薦にも種類がありますが、推薦入試の仕組みはどういったものなのでしょうか。その他にも、合格率や合格後について詳しく調べてみました。

大学通信教育は卒業する難易度が高いってホント?

高校時代、散々遊んでいて、社会人になってから突然学業に目覚める事はありませんか?仕事をしているので、大学の通信教育を受けようと思いますが。どうやら、入学は簡単でも卒業するほうが難易度が高いらしいです。

大学の工学部へ進学したいが評判は?

大学の工学部へ進学を希望するとき、気になるのが難易度や評判です。志望した学部では何を学ぶのか、評判はどうなのか、就職の際にどの様な影響があるかなど気になるところです。

アルバイトとパートの違いってなに?

アルバイトの仕事を探しているとパートは沢山有るんだけれどなぁ、なんて事があります。アルバイトじゃダメなのかなぁ、そもそもアルバイトとパートの違いって何なんだろうと思って調べてみました。

大学生の財布の中身はいくらぐらい?大学生の金銭事情とは

大学生になるのをきっかけに親元を離れて一人暮らしをする人は多いですね。その場合は自分で生活費をやりくりしないといけません。大学生の財布の中身はいくらくらい入っているのでしょうか。今回は大学生の金銭事情を調べました。

受験する大学・学部が決まらない!

大学への進学は決めているけど、肝心の大学と学部が決まらない…。そんな悩みを持つ高校3年生が、実は結構多いのだとか。どうやって志望大学・学科を決めたらいいのか、ヒントになることをまとめてみました。

中学と高校の違いとはなんなのか

高校受験に向けて日々努力しているかと思います。中学校を卒業し高校へ入学する場合、期待や不安などがあるのではないでしょうか。中学と高校では、勉強や学校生活の違いはどのようなものなのでしょうか。詳しく調べてみました。

退職したらハローワークへはどのタイミングで行けば良いのか

退職の理由もあるでしょうが、会社を退職したらほとんどの人はハローワークへ行くと思います。どのタイミングでハローワークへ行くと良いのか調べました。

浪人で面接対策と大学受験

現役の時とは違って、浪人すると面接で何を聞かれるのかが気になります。当然、浪人していた期間の事とか、どうして浪人する事になったのかは聞かれる事でしょう。不安を払拭出来ればと思い調べました。

奨学金の返済が始まったら生活が苦しい

大学へ進学する学生の半数以上が奨学金を借りています。今問題となっているのが、卒業後の返済です。返済に耐えられる所得が有れば問題にはならないのですが、状況によっては生活が苦しくなります。

●職場で好かれる50代の女性

現在50歳前後の「アラフィフ」と呼ばれる女性は、職場において、嫌われ者とまでは言わないものの、「取扱注意」だと思われていることが多々ある。

しかし僕の周囲には、魅力的なアラフィフの女性もたくさんいる。魅力的なので、当然、男にモテる。特に若い男にモテモテのようだ。

アラフィフはバブルを謳歌した世代。いまだにバブルを引きずっているような女性は疎まれがちだが、逆に「バブルを知っている」ことは強みでもある。長く続いた不景気のせいで、バブル世代より下の人は、あまり遊びを知らない。そんな若い男に、アラフィフ女性が贅沢ゆえに魅力ある店や遊びを教えると、男は未知の世界を開いてくれたその女性にコロリと参る。20代、30代と恋愛しているアラフィフ女性は、おそらくみなさんが予想するよりはるかに多いのだ。

いきなり脱線してしまったが、彼女たちは職場でも、男女を問わず多くの人から慕われて常にモテモテだ。彼女たちと「職場の困ったオバさん」とは、いったいどこが違うのか。そして仮に嫌われ者だったとしても、どうすればみんなから好かれるようになるのか考えてみたい。

まず、好かれるアラフィフ女性とは、一言で言って「ハンサムウーマン」である。サッパリしていて、女であることを武器にしない。そして誰に対しても公正である。このような人が上司なら、たとえどんなに厳しくされてもかえって尊敬してしまう。誰に対しても平等に厳しいからだ。逆に嫌われるのが、相手やそのときの気分によって態度が豹変する人。誰に対しても常に同じ対応ができる女性は、少ないだけにキラリと光る。

引用元-職場の空気が一変!「崖っぷちアラ50女」の一発逆転法:PRESIDENT Online – プレジデント

スポンサーリンク

  人気記事

●情報不足が50代女性への誤解を増やす

働く40代50代女性は増えているのに、更年期に対する理解はまだ十分とはいえません。女性のヘルスケアとキャリアについて詳しい医学博士の有馬牧子さんは「日本企業が女性を長期雇用するようになったのは、雇用機会均等法以降です。更年期の問題への関心が出始めたのは、やっと90年代ごろからですから、企業も更年期への対応には不慣れ。でも、女性の活用には更年期の理解が不可欠です」と指摘します。

■情報不足から誤解が生まれる?

 有馬さんが、更年期女性の実情調査のために訪れた北欧では、男性上司が部下の女性の更年期症状に気づくと、更年期かどうかを確認し、必要であれば働き方を助言するといった対応が、ごく当たり前に行われている、といいます。「日本の学校では、月経や出産について、指導したりしますが、スウェーデンでは小学校で初潮から更年期を含め、女性の一生の体の変化を、男女一緒に学びます。こうした教育のおかげもあり、更年期がオープンに語られ、また更年期症状への治療も浸透しています」。

 いま日本女性の平均寿命は世界屈指ですが、戦前までは閉経の50歳が平均寿命でもあったのです。「母から娘へと更年期のことを伝える習慣も必要もなかったため、未だに更年期についての正確な情報が十分に行き渡っていないのです」(有馬さん)

 情報が少ないだけに、更年期症状というと、イライラや、ホットフラッシュなどのイメージに固定され、集中力の低下や、物忘れ、意欲の低下など、仕事への影響もあるほかの更年期症状について、知らない女性も多いのが現状です。

引用元-男性管理職も知っておくべき、働く女性の更年期問題と乗り越え方  :日本経済新聞

●職場でのトラブルの原因は40・50代が多い

日本法規情報が先月実施した「トラブルの多い職場の傾向」(男女678人が回答)の調査によると、約8割が「職場に何らかのトラブル」を抱えているという。内訳は、「悪口、噂がある」(32%)が最も多く、「モラハラがある」(12%)、「無視されている(人がいる)」(11%)と続く。

 興味深いのは“トラブルメーカー”が誰なのかということだ。年代別でみると、最も多いのが「40~50代(の多い職場ほど、トラブルが多い)」(24%)で「ゆとり世代」(12%)、「30代」(9%)となっている。

「まったく最近の若者は」なんて言っているサラリーマンは自分を振り返った方がよさそうだ。

 人事コンサルタントの菅野宏三氏が言う。
「職場でトラブルを起こすのは、40~50代が圧倒的です。特に50代。20代の景気のいい時代に、やりたい放題だった上司を見て育っているし、若い頃にコンプライアンスの研修を受けていない人が多い。個人情報漏洩やセクハラなど倫理問題の意識は低いのです。例えば、1度断られたことのある女性社員を食事に誘ったり、携帯アドレスを聞いて訴えられた人がいます。飲み会で女性にお酒をつがせるのはもちろん、名字にチャン付けでも相手が不快に感じればアウト。迷惑がられていることを認識しなければなりません」

引用元-日刊ゲンダイ|若手よりヒドイ 職場ひっかき回す「厄介者」は40~50代

●職場では現実を受け入れよう

会社は組織であり、それぞれの人に立場があり、組織には規則があるということ。
同じ職場で働く人を選べないということ。
つまり、自分ひとりのわがままは、通用しないということです。

次に、自分が「~であるべきだ」と考えることや、「こうあってほしい」という願望に反する出来事と出会うときに、不満は生じやすいものです。

自分の中の「正しい」という基準や願望は自分個人のものです。
つまり、自分の「正しさ」は相対的なものなのです。
この視点を、忘れないようにしたいですね。

自分の基準や願望に囚われていると、何度転職したとしても、同じような人間関係の不満に悩むことになるでしょう。

「人間関係では、意見のぶつかりあいや、思い通りにいかないことはつきものだ」という現実を認め、受け入れるだけでも、気持ちが楽になることは多いようです。

これは40代・50代を含め、全ての社会人にいえることですね。

引用元-「【40代・50代の転職】職場の人間関係で悩む前にチェック」~『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!

●50代が職場で良好な人間関係を築くコツ

【良好な人間関係を気づくコツ】

・年齢や性別へのこだわりを捨てる。
・一人一人に自己紹介をし、相手の名前や立場を把握する。
・自分から積極的に挨拶をし、話しかける。
・早めに出社したり、残業を手伝ったりして、親しくなる時間を作る。
・趣味など、共通の話題をみつける。
・積極的に相手の良い点を探し、認め、ほめる。

他にも色々ありますが、これくらいは押さえておきたいですね。
次に、注意点をご紹介します。

【良好な人間関係を気づくための注意点】

・年下の上司や同僚への言動が、横柄にならないように気をつける。
・自分のキャリアや前の会社を、自慢げに語らない。
・新しい会社と、その社員の批判をしない。
(たとえ、仲良くなった同僚と飲みに行った席でも)

などが、主なポイントになるのではないでしょうか?

引用元-「【40代・50代の転職】職場の人間関係で悩む前にチェック」~『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!

まとめ
50代は経験も豊富でつい上から目線で物を言いがちになるのは気を付けなければなりませんね。自分の経験を鼻に掛けず若い人と楽しく働きたいですね。

twitterの反応

 - 進学・就職