日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

社会保険の扶養が外れるのはどこから?フリーターの場合

      2017/11/02

社会保険の扶養が外れるのはどこから?フリーターの場合

税金がかからないように扶養内で働いているフリーターの人は多いのではないでしょうか。ところで扶養が外れるタイミングが二回あることはご存知でしょうか。それは税金と社会保険の扶養が外れる額が違うからです。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

折り返し電話の意味とは?覚えておきたいマナーとは

会社などの電話の対応で「折り返し電話をします」という言葉をよ...

結婚式に招待する友達のことで悩んでいませんか?

結婚式は二人が良ければそれで良い・・・と言いたいところですが...

野球のマジックとは?その意味と仕組み

プロ野球もシーズン終盤になるとマジック点灯といった言葉が出て...

目が痛い時はどうする?!目の奥が痛いときの原因とは

目の奥が痛いときは何が原因なのでしょうか?スマホやパソコンを...

野球のピッチャーとキャッチャーの距離はどのくらい?

野球のピッチャーは花形のポジションですね。ピッチャーをやりた...

土地の名義を夫婦共同にした場合のメリット・デメリット

結婚して夫婦になったら、次は念願のマイホーム!嬉しいこともた...

一人暮らしの男性におすすめの食事とは?節約と栄養を考えよう!

一人暮らしだとついつい外食ばかりになっていませんか?外食ばか...

会社の役員の退職金はどう決まる?

会社の役員は一般の社員とは違う契約を会社としています。そのた...

銀行と信用金庫の違いとは?どちらのサービスがお得?

金融サービスを利用しようとしたときに銀行と信用金庫があります...

指が痛い!痛みと内出血がある場合の原因とは

突き指や骨折などをすると痛みや内出血などの症状があります。し...

北海道で釣りがしたい!鮭を釣るときの注意点

北海道で釣りたい魚といえばやはり鮭ですね!北海道で鮭を釣るに...

朝にヨーグルトだけでダイエットできるの?

飽食の現代においてダイエットは永遠の話題です。様々なダイエッ...

除湿はどっちがいい?エアコンと除湿器の違いとは

洗濯ものを室内干しにするときにエアコンの除湿機能を利用する人...

あの「名門」慶應幼稚舎。一般家庭でも入学は可能?

慶應幼稚舎を知っている方、受験を考えたことがある方は、一度は...

小学校の授業についていけない!その原因と対処法とは

小学校に入学すると今までとは環境がガラッと変わるために授業に...

今、女性に人気!?トラック運転手の魅力とは

トラック運転手は男性の仕事、そんな思い込みはありませんか?私...

吉野家の牛丼の裏メニュー!?ご飯の量が少なめのアタマの特盛りとは

吉野家の牛丼には自分の好みでいろいろな注文の仕方があるようで...

ヤフーメールとは?メールの添付の容量はどのくらいまで?

ヤフーメールはYahoo!JAPANが提供している無料のメー...

なぜいつも友達止まり?彼女がいない理由とは

彼女が欲しくていつも友達で終わってしまうことってないですか?...

定年退職する父へのプレゼント!どんなものがいい?

お父さんが定年退職するときは長年働いてきた感謝をこめてプレゼ...

スポンサーリンク

税金と社会保険の扶養が外れるタイミングとは

・年間収入103万円は、税金の扶養が外れるタイミング
 年間収入103万円以内であれば、基礎控除38万円と給与所得控除65万円が収入から引かれ、税金がかかる所得はゼロになります。また扶養に入っている場合には、扶養している方の収入より扶養控除38万円も引かれます。そういった理由から、103万円ギリギリに収入を調整して働く方も多くいます。

・年間収入130万円は、社会保険の扶養が外れるタイミング
 年間収入130万円以内であれば、国民年金や健康保険料について、扶養している人の負担ですので、被扶養者は負担がありません。もちろん年間収入103万円を超えてますので、所得税等の課税対象にはなりますし、扶養している人から控除されていた扶養控除38万円もなくなります。ただし実質増える負担は数万円程度ですし、社会保険の負担も被扶養者にはないので、手取り金額としては、年間収入103万円より多くなります。年間収入130万円を超えると、税金及び社会保険の負担が必要となりますので、扶養内で働きたい方は職場に相談しながら収入を調整してみてはいかがでしょうか。
さらに以下の点に注意して頂きたいです。

引用元-ハタラクティブ

フリーターの場合で具体的に計算してみよう

1、年間103万円の場合
フリーターの税金はゼロです。
家族の扶養に入れるので、家族全体の手取りは約11万円増えます。
家族の手取りは、約614万円です。
(500万円+103万円+11万円)

2、年間105万円の場合
フリーターの税金は、3千円です。
年収103万円を超えているので、家族の扶養には入れません。
家族の手取りは、約605万円です。
(500万円+105万円-3千円)

3、年間140万円の場合
フリーターの税金は約11万円です。
年収103万円を超えているので、家族の扶養には入れません。
更に「健康保険の扶養」からも外れるため、国民健康保険料(税)が年間約15万円課税されます。
*国民健康保険料(税)は市町村によって金額が異なります。
家族の手取りは、約614万円です。
(500万円+140万円-11万円-15万円)

引用元-フロンティア総合会計事務所

フリーターで扶養に入っている場合と社会保険のメリットは

社会保険への加入が一見デメリットに感じられるかもしれませんが、傷病手当金などの給付が手厚いというメリットもあるんですよね。
社会保険は制度が入り組んでいますし、なかなか理解しづらい部分もありますが、まとめると以下が言えます。

・保険料に関しては親の扶養下の方がメリットが多い(保険料が安い)
・給付の手厚さに関しては社会保険に加入する方がメリットが多い

会社員の親の扶養に入っているなら、労働時間を週30時間未満に抑える方が保険料的にはメリットが多いかもしれませんね。個人事業の親なら、自分で社会保険に入る方が良いと思います。
詳細な情報に関しては、就職支援サービスの担当者に聞いてみて下さい。更に詳しい情報を知りたい場合は、最寄りの年金事務所へ問い合わせると良いでしょう。

引用元-フリーター就職サイト【未経験から正社員になる方法】

社会保険に入るなら

社会保険には「雇用保険」、「健康保険」、「労災保険」、「厚生年金保険」の4つがあります。

加入条件として、雇用保険は週20時間以上の労働時間が必要。またバイト先からみて、一年以上の雇用の見込みがある、というのも条件のひとつです。

この2つの条件を満たすことができれば、『短時間労働、被保険者』という資格を持っていることになるので、雇用保険に加入できます。

健康保険の場合は、1週間の労働時間と1ヶ月の労働時間が、それぞれ正社員の4分の3以上という加入条件があります。個人で加入するには「国民健康保険」というものが多いのですが、国保よりも社会保険のほうが、税金の支払いが安い場合もあるのが、メリット。フリーターでも社会保険に加入できるバイト先を探すのが、おすすめです。

労災保険については、従業員がいる場合は加入が必須となっています。
参照⇒ 労災なんでもQ&A(公益財団法人 労災保険情報センターホームページ)

厚生年金保険は1か月間の所定の労働日数が、同じ期間の一般社員のおおむね4分の3以上である場合もしくは、1日又は1週の所定労働時間が一般社員のおおむね4分の3以上である場合を基準として加入となります。自分がどちらにあてはまるのか、あるいはあてはまらないのかで加入が決まりますので、勤務先と相談、確認することをおすすめします。

引用元-マイベストジョブの種

自分で国民健康保険を払う際の手続き

健康保険資格喪失証明書と印鑑を持って、市役所に行けば手続きをすることができます。
国民健康保険の加入手続きに関しては、そこまで手間がかからずスムーズにできるはずです。

また、国民健康保険の税率や金額は市町村や世帯によって変わりますので、加入手続きのときに聞いてみるといいと思います。

親の扶養から外れ、自分自身で国民健康保険の手続きをするのは手間に感じるかもしれません。
ですが、これから自立して自分の人生を歩む上では、こういったことも多くありますので、今のうちから慣れておくようにするといいでしょう。

引用元-20代のお悩み相談所~ニイ教授の「人生設計どうするの!?」~

まとめ
いかがでしたか?保険料の安さをとるか、社会保険の手厚さをとるかはよく考えましょう。

twitterの反応

https://twitter.com/minmin_321/status/704960660430401537
https://twitter.com/723med/status/703991186470514688


https://twitter.com/wearethenight6/status/616168456749092864


https://twitter.com/Sorako_1012/status/566286659990212608


https://twitter.com/4649black/status/506483319110787072

 - 日常・生活

ページ
上部へ