日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

皆知ってる!?高校を留年する条件

      2017/11/06

皆知ってる!?高校を留年する条件

義務教育だった中学までとは違い、高校では進級の条件を満たさない場合、留年していまいます。今回は、一般的な高校での留年の条件と、留年したらどうなるのかをまとめました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

ニットとカーディガンの重ね着はオシャレ?

ニットといっても様々です。Tシャツなどもニットの一種?薄めの...

動画編集ソフトをダウンロード!お勧めのソフト

最近は様々な動画サイトが存在し、動画を配信することで生計を立...

結婚式のプレゼントを手作りで!お勧めのプレゼントは?

友人が結婚式をあげる!となった時のプレゼントは何をしますか?...

スマホを買うならどっち?iPhoneとアンドロイドの違い

初めてスマホを買うときに迷うのがiPhoneとアンドロイドス...

部屋のドアに鍵 問題は難しい

部屋のドアに鍵を付けたいと言っても、目的は何なのかを考えてし...

海外から日本へ電話するのはどうしたらいいの?

海外から日本へ電話するのは、国内にいる時と同じではないことを...

スカイプの通話の録音で楽々

今は通話は固定電話だけの時代にさようなら。様々な便利なのもが...

楽天カードはどんなカード?審査や時間はどのくらいかかる?

楽天とはは大手通販サイトのことですが、その楽天が発行している...

コンビニの写真プリントはUSBなどがあれば、簡単楽々

コンビニのコピーサービスは素晴らしいですね。コピーだけではな...

バドミントンのラケット選び♪初心者のあなたへ☆彡

休日に、公園や家の前などで楽しそうに遊ぶ姿が見られるバドミン...

どうすればいいの!?弁護士に相談したい時の注意点

最近、CMでも見ることが多くなった弁護士事務所の「無料でご相...

妊娠中の食事はどうする?お勧めの献立

妊娠中の体重管理はとても重要ですね。つわりがおさまってくると...

ビルの屋上にある鳥居は珍しくない

意外と知られていないことは、ビルの屋上に鳥居がある事です。実...

台風が接近!明日の学校はどうなる?

台風シーズンになると暴風や大雨による被害が心配ですね。学生の...

数学の中学教師になりたい!どうすればなれる?

将来教師の道に進みたいと考えている人もいることでしょう。中学...

子供を施設に預けるための条件はあるか

皆さんは児童養護施設がどのような所か知っていますか?最近は漫...

シンガポール空港はスゴい!マーライオンに会いに行こう♪

日本から飛行機で7~8時間。東南アジアの国、シンガポール。空...

幼稚園のバスの運転手になるには?取得する免許

幼稚園の送迎バスを利用している人は多いですね。幼稚園の送迎バ...

恋愛ドラマで感動したい!泣けるドラマ

思いっきり泣いてストレス発散したい!という時ってありますよね...

家庭用電気スイッチをおしゃれに替えて、プチ模様替え

季節の変わり目には、部屋の模様替えをしたいと思いますが、大き...

スポンサーリンク

高校を留年する原因

高校生の留年の原因で多いのは、「学業成績の不振」です。高校で進級するためには、各科目で定められた単位取得条件を満たさなくてはなりません。テストなどで進級に必要な学業成績を修めることができず、留年してしまう高校生は多く見られます。

単位の取得や進級の条件は、学校によって異なります。一定の科目数で赤点を取ると留年する学校もありますし、1科目でも単位を落とすと留年してしまう学校も見られます。また、中にはテストで赤点を取ってしまったとしても、救済措置(追試など)が実施されているようなケースもあります。

また、「病気・不登校」も留年の原因として多く挙げられています。高校を卒業するためには、一定以上の出席日数が必要となります。病気・不登校などで出席日数が不足している場合には、学業成績が優秀であったとしても進級することはできません。

引用元-ハレナビ

高校って最大何年まで通えるの?

法律などで、はっきりとした決まりがあるわけではないようです。
高校の場合、全日制・定時制・通信制に大きく分かれますが、在学することができる年数(在学年限といいます)はそれぞれで違います。

全日制は、6年にしている場合が多いようです。
定時制・通信制では、学校によって特に年数を設定していない学校もありますが、6年や8年などの期限を設けている学校もあるようです。

最近では、単位制高校が増えています。
単位制は、規定の単位を修得したら卒業(3年以上)ですので、のんびり仕事をしながら10年くらいかけて卒業するなんていうケースもあるみたいです。

引用元-教えて!goo

一般的な高校の留年の条件

出席の基準に満たしていない科目がある

高校では、ある科目の授業を出席した「時数」がある基準に満たしていないと留年になってしまいます。
多くの高校生が学校に来た出席日数が基準に満たしていないと留年になると勘違いしていますが、学校に来た日数ではなく、ある科目の授業に出た「時数」で決まります。
ほとんどの高校では、一年間の授業の「3分の1」または、「4分の1」以上欠席すると留年になります。
また、授業の出席日数が基準に満たしている場合、「履修」が成立したと言います。
自分が基準に満たしているか知りたい時は直接、その科目の担当の先生に聞くと教えてくれます。

成績の基準を満たしていない科目がある

定期テストの点数と普段の授業態度や提出物の点数(平常点)を足した点数が基準以下の場合は留年になります。
いわゆる「赤点」と言われるのがその点数の基準となると考えてください。
高校の赤点には、30点以下や25点以下などの点数を決まる場合と平均点の半分、6割以下など平均点を基準にする高校があります。

また、どんなに成績がよくても授業に出席する基準に満たしていないと留年のため、第一条件としてその科目を「履修」している必要があります。
例え、1科目で赤点を取ってしまったとしても補習や追試を受ける救済措置で留年にならない高校がほとんどです。
また、赤点を取った科目が少ないならば進級させてくれる高校もたくさんあります。
ですので赤点の取りすぎには注意をして高校生活を送るようにしましょう。

引用元-ワンダートレンド

気になる!留年する成績の条件

成績の評価は定期テストの点数だけでなく、普段の授業態度や提出物なども平常点として加算されます。3学期制であれば各教科ごとに、1・2・3学期の成績の平均が学年末の成績となります。
一般的にはテストで欠点だった場合は救済措置として追試や補習・課題が行われ、それでも補いきれずに学年末の成績で欠点(赤点)や(5段階評価での)評定1は単位認定されません。学校によっては追試がない場合もあります。

中間テストや学期末テストで赤点であっても学年末で赤点でない場合や、テスト以外の提出物や授業態度などで加点をもらえたりすれば、単位を落とさなくて済むこともあります。

1教科、1単位でも落としたら留年の学校もありますが、落とした教科が3教科までなら仮進級など 単位認定されないことがすぐ留年となるかは学校により違います。仮進級(不認定科目を持ったまま進級)の場合は後日に追認定があります。必修科目はもちろん工業・商業高校では決められ教科の単位を規定以上修得することも進級や卒業条件だったりします。

単位を落としそうであったり、留年しそうであれば前もって呼び出されて状況の説明があります。救済措置があれば、それについての説明もあります。

引用元-YAHOO!JAPAN 知恵袋

留年した際のデメリット

高校を卒業してからの「浪人生」ならば、「今のレベルより上の大学に進学するために頑張っている」と思いますが、高校途中での「留年」ですと「何か素行不良か成績不十分だったんだな」と思います。
 
留年すれば来年度はひとつ学年が下の人たちと同級生になりますが、当然まわりから「成績不十分で進級できなかったのかな」とか「何か不良行為をして進級できなかったのかな」と思われながら同じ教室で勉強する事になります。
そのために進学をあきらめて中退してしまう方も多く見受けられます。

また実社会に出て就職する際にも履歴書の学歴には高校卒業年度を書くことになりますが中学卒業~高校卒業までに4~5年かかっていれば当然担当者から理由を聞かれます。
海外留学とか病気治療長期入院などの正当な事由がなければ、「素行不良」や「成績不十分」な高校時代だったと判断されて他の就職希望者とは一線を引かれてしまいます。
 
簡単に整理しますと「留年のデメリット」は、
・周りから白い眼でみられながら高校生活を送らなければならない可能性がある。
・実社会に出てからの就職活動に不利。

引用元-COSPLAYERS ARCHIVE

留年した人が選ぶ進路は…

留年になる決定的要素は欠席日数です。欠席日数は上限があり、それ以上欠席してしまうと留年となってしまいます。
欠席日数が不足し留年になれば進路は2つです。

・新たに通信制高校や定時制高校などに編入する
・高卒認定試験を受ける

です。もちろん留年後、就職をする人もいますが、継続しづらい、思うような仕事に付けないという事はあるようです。このような理由から1度中退して数年後に高卒資格を取得する人がいます。

引用元-高校中退から【人生やり直す】高校中退応援サイト

まとめ
せっかく高校に入学したのなら、無事に卒業できるのが一番。ですが、やむを得ない事情で、留年を選択する人たちがいるのも事実。一度は諦めても、大人になってから高校をやり直すことも可能です。どんな選択をしても、一度きりの人生ですので悔いのないようにしたいですね。

twitterの反応


https://twitter.com/mini_isle/status/694428270150885376


https://twitter.com/Fchicki/status/437153911888027650


https://twitter.com/funetail/status/29525032694710272

 - 進学・就職

ページ
上部へ