日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

本の顔!表紙のイラストの相場はいくら?

      2017/11/07

本の顔!表紙のイラストの相場はいくら?

本の表紙のイラストが素敵だと思わず手が伸びてしまうことありませんか?本の表紙のイラストは本の顔であり、イラストによって内容をイメージしやすいですね。今回は本の表紙のイラストについて調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

オリコで車のローンが組める!?審査は厳しいか

クレジット会社であるオリコで自動車のローンを組むことができる...

バカがひくわけじゃない!夏風邪のウイルスと感染する理由

昔から「夏風邪はバカがひく」なんて言われていますが、風邪の大...

憧れのティファニー☆結婚指輪1カラットの値段って?

女性にとってティファニーと聞けば婚約・結婚指輪を連想するため...

一度は考えた…「高校の先生、春休みは暇なの?」の真相

高校の先生って、春休みや夏休みなどの長期休暇は学校にあまり来...

あなたはLINEの既読無視を許せる!?友達や恋人は違うかも?

コミニュケーションツールとして、ここ数年で当たり前の存在とな...

銀行に就職するのは勝ち組!?銀行の実態とは

銀行は就活する学生にとって人気の職業です。銀行に就職すると安...

家の内装はお好みの色でバランスを考えて!

家の内装はどのようなものがお好みでしょうか?モダンな色合いの...

コンビニの商品はどうなる?地震の場合

記憶に新しい熊本地震では生活物資の不足が問題となりました。い...

みりんと砂糖の違いって?代用はできる?意外なカロリー

みりんは砂糖と同じ甘味調味料ですが、何で出来ていて、カロリー...

中小企業診断士の試験は難しい?試験の感想

中小企業診断士という職業を知っていますか?近年注目が集まって...

ブルーレイレコーダーでDVDディスクは見れるのか?

ブルーレイレコーダーが普及した現在、DVDレコーダーの家庭で...

会社を円満に退職するには?どんな理由がいい?

会社を何らかの事情で退職したいと思ったとき、その理由を正直に...

トイレであたふた!ウォシュレットから水漏れが起こったら

水のトラブルは、起こった時に素早く対処しなければ。回りが水浸...

申込まないと損してるかも?NHK受信料の家族割引に注目!

NHKの受信料、ただNHKから言われるがままに契約して支払っ...

病院に入院するには保証人が必要!代行業者も登場

部屋を借りる時、入学時、就職時、お金を借りる時etc、様々な...

Windows10へのアップデートが進まない問題

Windows7やVistaからWindows10への無償ア...

地球の磁場が減少しているって本当?

地球には磁場があります。方位磁石を使うと磁石が北を向くのはそ...

単位が千円、百万円の場合の読み方

会社の書類などで千円、百万円などの単位が書いてあることがあり...

受験生のストレスとは!?その症状と対処法

中学、高校、大学と受験をした人の中にはストレスを感じた人もい...

結婚式の招待状の返信はどう書く?返信のマナー

結婚式の招待状には出席か欠席かの返信はがきが同封してあります...

スポンサーリンク

イラストが本の表紙に使われるわけ

本屋さんに行くとイラストを表紙に使用した本が、たくさん並んでいることに気づくでしょう。
雑誌、小説、新書などのほか、あらゆる分野で表紙にイラストが使用されています。

ではなぜ、イラストがそんなにブックカバーに使われるのでしょう。
それは本のイメージを伝えるのにイラストの持つインパクトがとても有効だからです。
イラストは写真よりも描き手の個性がダイレクトに見る側に伝わります。

イメージを大事にする出版物とって、イラストは最高の伝達手段なのです。

これはまた、本のイメージを壊してしまう危険性もはらんでいる事も示しますが、イメージを的確に伝えらるる手段としてイラストほど素晴らしいモノはないのです。
このようにブックカバーはイラストレーターの仕事の中で、とても重要な位置を占めています。

引用元-イラストレーターになるために

表紙のイラストを描いてみたい!イラストレーターとは

現在日本にはイラストレーターと言われる人は、自己申告も含め3000人位いると言われています。
ただ、実際にフリーとしてイラストだけで、生計を立てている人は1000人程度でしょう。
もし、あなたがフリーイラストレーターになるにはどうしたらいいのだろうと考えていて、なおかつこの仕事で安定した収入を手に入れたいと思っているのなら、イラストレーターは向いていない職業かもしれません。

逆に、あなたが才能や能力相応の生活や収入、努力した分の見返りや報酬を望んでいるのならば、フリーイラストレーターは決して間違った選択ではありません。
それどころかフリーのイラストレーターは、貴方にとって非常に魅力的な職業のはずです。

イラストレーターという職業は基本的にフリーランスです。
会社や組織に所属しないので、就職活動をする必要もありませんし、もちろん退職制度もありません。
すべてを自分で決めていかなければならないのです。

引用元-イラストレーターになるために

本の表紙のイラストの相場は?

一般書籍の表紙イラスト制作費の相場は6~10万円

一般書籍の表示イラスト制作にかかる金額は、大体6~10万円と言われています。電子書籍がこれからもしメインになるとすれば、この相場を覚えておくと良いかもしれません。逆に、紙から電子に移行するかもしれないというこのボーダーな時期だからこそ、フリーで仕事をされる人は、相場を覚えておいた方が良いでしょう。

電子書籍の普及でイラストの需要も拡大する!?

電子書籍の普及により、それに伴った表紙と挿絵のイラストの需要も拡大する見込みです。本が紙の時代だった昔から、表紙や挿絵のイラストで本の購買意思を左右することが多くありましたが、電子書籍が普及しても、人々のイラストへの気持ちはさほど変わりません。つまり、魅力的なイラストが購買を左右することは変わらないのです。そして、電子書籍が普及するにつれ、在庫を持たずにすむなどのメリットから、とりあえず、電子書籍という形でのみ発表される小説やエッセイなどが増える可能性が高いです。そうなれば、紙の時代よりもイラストの需要が増えることになります。

表紙のイラストは書籍の顔!それだけに単価も高額

CDのジャケ買いをするように小説の表紙のイラストを見て、購入を決めた経験は多くの人にあると思います。それだけ表紙のイラストはインパクトが強い存在で、読者にとって自分好みのイラストであれば、手に取る機会が多いものです。もともと、人気のイラストレーターが表紙を描いているからその小説を買うというファンもいるほどです。イラストの単価は、人気や知名度によって高額になり得るものです。

引用元-CrowdWorks

イラストを描く前に確認すべきこと

見積もりの返事が来て問題がなかった場合は、実際の依頼に進みます。この際に、もし見積もりが思ったよりも高くて依頼出来ない場合でも、お返事はきちんと出すようにしてください。問い合わせをしておいて断るのが申し訳ないと考える方もいるかもしれませんが、返事がわからないまま宙ぶらりんになる方がイラストレーターにとっては困る事なのです。

依頼が決定した場合は、ここでさらに詳しい内容や資料等を送ります。制作の手順については、イラストレーターさんの側から説明してくれると思います。確認しておきたい事は、報酬の支払い方法と入金のタイミング、イラストの著作権の取り扱い、リテイクの回数とタイミング等です。基本的にはイラストレーターから説明があると思いますが、特になかった場合は、後のトラブルを避けるために、先に質問しておいた方がいいと思います。

イラストの取り扱いについて、イラストレーター側から仕事履歴やサンプルに使用したいと相談がある場合もあります。依頼する側の方でも、広告に使いたいとか、同人誌にも掲載したい等、他の使い方も考えている場合は、事前に相談して取り決めておくといいと思います。

面倒かもしれませんが、気になることがあれば先に相談して取り決めておいた方が、その後の流れがスムーズになります。

引用元-ヒザキトモコのモコモコ

表紙を描いてほしい!イラストレーター

表紙イラスト、それは本の顔

いや、本を出す予定は露ほどもないんですけどね(笑)。でも書店で本を手に取るたびに、「ああ、自分が本を書いたらこの人に本の表紙絵を書いてもらいたい…!」なんて夢想します。そんな憧れのイラストレーターさん、漫画家さんをリストアップしてみました。なお漫画家さんについては、実際にコミック以外の表紙絵を手がけたことのある方を選んでいます。

佐々木マキさん

幼少の頃から絵本でお世話になっています。佐々木マキさん。村上春樹作品の表紙イラストでもおなじみです。カラフルでユーモラス、そして独特の不思議な曲線が、読者の想像をふくらませてくれます。

和田誠さん

こちらも絵本の頃から馴染みのあるイラスト、和田誠さん。谷川俊太郎さんとよくコンビを組んでおられました。星新一作品の表紙イラストでも有名ですね。シンプルな線で描かれる朴訥としたイラストが、不思議と心に残ります。

藤田新策さん

スティーブン・キング作品と言えばこの人、藤田新策さん。ダークな絵柄が読者をホラー世界の入口へと誘ってくれます。この陰鬱とした感じがたまらない。キング作品以外でも、宮部みゆき作品(「火車」など)や小野不由美氏の「屍鬼」(文庫版)で目にされた方も多いのではないでしょうか。「夜」の印象が強いですね。

引用元-ネットタイガー

まとめ
今は電子書籍の普及で表紙のイラストの需要も増えているようですね。

twitterの反応


https://twitter.com/u__0u0__u/status/714378820065701889


https://twitter.com/toktoshi/status/715855419458002944

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ