日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

台風が接近!明日の学校はどうなる?

      2017/11/17

台風が接近!明日の学校はどうなる?

台風シーズンになると暴風や大雨による被害が心配ですね。学生の人は台風が接近すると明日は学校が休みになるのでは…と期待する人もいるのではないでしょうか。今回は台風接近で学校が休みになる基準について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

電車のマナーが悪いのは学生だけ?電車のマナーについて

よく学生は電車でのマナーが悪いと言われますが実際はどうなので...

ポケモンで最強は誰!?初代ポケモンの場合

ポケットモンスター縮めてポケモン、といえば人気のゲームで今は...

畳の部屋にベッドを置く場合は凹みに注意!凹ませないためには

畳の部屋にベッドを置くことを考えている人もいるのではないでし...

雨で外で遊べない!子供におすすめの家遊びは?

雨の日は外で遊べなくて子供にとってはストレスが溜まりますね。...

サンダルを履いてきてしまった…!はだし運転って違反になるの?

ヒールのあるサンダルやパンプスを履いて車に乗ってしまった!そ...

新幹線で荷物はどこに置く?トイレに行く場合の荷物は?

新幹線に乗車するときに大きな荷物はどこに置けばいいのでしょう...

海外でネットをしたい!使用料金を抑えるには

海外でネットを使ってとんでもない使用料金を請求された経験があ...

自転車のタイヤの寿命はどのくらい?寿命を延ばすには

自転車のタイヤは長く乗っていると消耗品なのですり減っていき、...

タイへ旅行って危険なの? 注意することとは

タイは人気の観光地なので日本から旅行に行く人も多いですね。し...

熱中症の対策に効果的なグッズとは?保冷剤の効果について

ここ最近の日本の夏の気温は毎年のように最高気温の記録を更新し...

高校野球でコールドになる条件とは?

野球にはコールドゲームというシステムがあり、条件を満たしてい...

カブトムシの採集をしよう!効果絶大なトラップとは!?

夏には山でカブトムシの採集をしてみたいという子供の期待にはぜ...

自転車の種類別の時速とは?平均はどのくらい?

自転車を通勤通学に利用している人は多いですね。ところで自転車...

パスポートの更新をするには!?どのくらい時間はかかる?

パスポートは時期が来たら更新をしないといけません。パスポート...

イオン商品券の特徴とは?購入はどこでできる?

イオンが発行している商品券を知っていますか?大手スーパーの商...

高校の体育の先生になるためには?

公立高校の体育の先生になるには、教員免許を取得する必要があり...

玄関からの侵入を防ぐ!蚊の対策には何が効果的!?

夏になると蚊が大量に発生して対策に悩まされますね。特に玄関な...

ゆうちょ銀行で通帳は何冊まで?2冊目を作ることは可能か

ほとんどの人がゆうちょ銀行の通帳を1人1冊は持っているのでは...

電話の着信拒否は相手を特定して設定できます

今は携帯電話を持っていない人を探すのは大変なくらい1人で複数...

昭和64年の硬貨とは!?価値があるって本当?

昭和64年が存在したことを知っていますか?昭和64年はわずか...

スポンサーリンク

台風とは

台風(熱帯低気圧)の定義と発生の認定

台風とは、トロピカル・サイクロンのうち中心付近の最大風速が34ノット以上のもの、と定義されています。また中心付近の最大風速が34ノット未満のものは、熱帯低気圧と呼ばれます。両者の違いは、中心付近の最大風速が34ノットという閾値以上か以下か、という点だけです。

しかし、実際の気象現象は連続的に変化するものですから、両者を厳密に区別することはなかなか困難です。また、台風の中心付近の最大風速を常時測定することも現実にはできませんので、台風かどうかの判断をコンピュータが自動的に下すことはできません。したがって、最終的には専門家による判断に委ねられることになります。

例えば日本であれば、気象庁の専門家がさまざまな気象データを比較しながら中心付近の最大風速を推定し、それが34ノットを越えていそうだと確信を持つことができれば、台風の発生を宣言します。ところが、日本の気象庁の専門家がそう判断しても、アメリカの専門家はまた別の見方をしているかもしれません。データの読み取り方によって、最大風速が34ノット以上なのか未満なのかの判定が分かれることがあります。このように専門家の判断は各国でまちまちになる可能性がありますので、基本的に各国の気象機関は独自に台風の発生を認定しています。ただし北西太平洋地域では、日本の気象庁の判断が国際的には公式のものと定められています。

引用元-デジタル台風

台風が接近!警報はいつでる?

気になるのは、警報が発表されるかどうかですが、基準ってあまり気にしたことなかったですが、実際どうなったら警報が出るのでしょうか?

台風が関連する警報をピックアップすると、「大雨」「暴風」「高潮」「波浪」の4つとなります。
一度は聞いたことのある言葉じゃないでしょうか?
基準を言葉にすると、例えば大雨警報の場合、台風等により「数十年に一度の降雨量となる大雨」が予想される場合となってます。
「数十年に一度って・・・」
じゃあ、先週警報でたから、次は数十年後かってわけではないですよ。

以下4つの基準で判断されます。
1)3時間降水量
2)48時間降水量
3)土壌雨量指数
4)中心気圧930hpa以下又は最大風速50m/s以上の台風の場合

1)と2)はわかりますよね。
でも、3)土壌雨量指数ってのは聞きなれない言葉です。
簡単に言うと、降った雨が地下の土壌中に貯まっている状態を表す数値です。
どれかを満たすと警報が発表されるわけです。
なんか難しいですが、大型の台風が上陸したら、かなりの確率で発表されるってことですね。

引用元-Smashop気になる話題の解説記事

明日の学校はどうなる?休校の基準は

休校の判断基準は、都道府県や市町村によってさまざま

「インフルエンザなどの感染症の場合は学校保健安全法に根拠がありますが、大雨や暴風などの警報が発表された場合の休校や下校措置については法令の根拠はありません。このため、公立の学校の場合は、各地の教育委員会があらかじめ基準やマニュアルを作っています」

このように宮島弁護士は説明する。法律で決められていないとなると、臨時休校の判断基準も教育委員会ごとに異なるということだろうか。

「はい。都道府県や市町村によってさまざまで、同じ警報でも、暴風波浪警報と大雨警報で運用を分けていることもあります。たとえば、暴風波浪警報が午前●時までに出ていたら休校、それ以外の警報は学校長が判断するといった具合です。さらに、学校ごとに独自に基準を決めていることもあります」

その結果、同じ警報が出ている地域でも、ある学校は登校しているのに隣の学校は休校ということも、現実には起こりうるということだ。基準や対応がバラバラというのは、何か問題はないのだろうか。

「天候や地形は地方ごとに違い、通学路の状況も校区ごとに異なりますので、必ずしも一律の統一的な基準が望ましいとは言えません。ただ、隣接する市町村レベルでは、基本的に同じ基準で運用する方が混乱が少なくなると思います」

子どもにとっては「臨時休校になれば、学校に行かなくていいから、ラッキー!」という感じだろうが、「臨時休校にすべきかどうか」を判断しなければいけない大人の側は大変だ。災害列島であるニッポンに住んでいる以上は仕方ないのだろうが・・・。

引用元-弁護士ドットコムNEWS

明日は学校が休み!前日に決まることも

先ほど紹介したように高校では休校に関する細かい基準があります。
しかし、校長先生がイチイチ天気予報を見たり、遠い生徒の対応がするのが面倒だったり、生徒が怪我したら責任を取らなければいけないため台風の日の前日に休校にする高校がたくさんあります。

特に私立高校は台風の前日に休校が決まることが多いです。

実際に、私の姉の高校ではいつも台風の前日にはもう休みが決まっていて次の日一滴も雨が降っていないのに休校という日が何日かありました。

引用元-ワンダートレンド

休校の対応がおくれた話

台風16号は迷走しながら7日午前、本島南部を通過し東海岸に抜けたが、今後発達しながら北寄りに進路を変え、本島北部を再び通過する恐れがある。同日午前7時21分に那覇市で最大瞬間風速34・5メートルを記録した。本島北部は7日いっぱい、中南部は宵のうちまで暴風の恐れがあり、最大風速25-30メートルが予想される。台風襲来で学校現場や海、空の便など公共交通機関に混乱が出た。沖縄本島と周辺離島の公立学校が休校したが、対応の遅れなどで関係機関に批判の声が殺到した。

学校
那覇市立金城小学校では9割の児童が暴風雨の中を登校した。同校は家族からの問い合わせの電話が約80件に上り、職員室の三つの電話は鳴りっ放しになった。
午前9時半すぎ、同校に三人の子供を迎えに来た當間初江さん(40)は「登校する時も何か飛んで来たらどうしようと思っていた。休校の決定が遅かった」と風にあおられながら話した。中にはいったん出勤した職場から子供を迎えに学校に駆けつけた母親もいた。
玉村弥堅校長は「一人で登校した児童らは一度教室に入れ、父母に連絡して迎えを待っている。もう少し暴風警報を早く出してほしかった」と話した。
那覇市の県立那覇高校周辺は午前8時30分すぎ、すでに登校した生徒が帰りのバスを待つため歩道にあふれていた。
「教育庁は風雨の様子を見て判断すべきだ。規則に縛られすぎだ」と指摘した父親。子供を迎えに行った時も「小学校周辺は車で大混雑だった」といい、校内に一台しかない公衆電話は、家族に電話するため子供たちが列をなしていたという。
県教育委員会は、7日午前7時55分に先島と大東島地方を除く公立学校の休校を決定した。県教育庁総務課によると、休校を決める判断基準は(1)暴風警報の発令(2)路線バスの運行休止-など。天候の悪化が予想される場合は、警報にかかわらず総務、義務教育、県立学校、各課の担当者の協議で休校を決めることもあるという。

引用元-琉球新報

まとめ
台風は自然災害なので完全に予測することは難しいですが、警報などで休校になる際は早めの判断をしてほしいですね。

twitterの反応


https://twitter.com/namakedansyaku/status/712989796776284161


https://twitter.com/kawakita35nine/status/710982872715235328
https://twitter.com/gooooootchi/status/709290836861673473


https://twitter.com/__toyk/status/688719799916957696
https://twitter.com/0817Kurara/status/685030403288137729

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ