日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

猫が嘔吐!茶色の嘔吐物は大丈夫?

      2017/11/09

猫が嘔吐!茶色の嘔吐物は大丈夫?

猫などのペットを飼っていると体調管理に気を付けないといけませんね。ある日突然茶色の嘔吐物を吐いてしまった場合はどのような病気が考えられるのでしょうか。今回は猫の嘔吐について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

ニットとカーディガンの重ね着はオシャレ?

ニットといっても様々です。Tシャツなどもニットの一種?薄めの...

動画編集ソフトをダウンロード!お勧めのソフト

最近は様々な動画サイトが存在し、動画を配信することで生計を立...

結婚式のプレゼントを手作りで!お勧めのプレゼントは?

友人が結婚式をあげる!となった時のプレゼントは何をしますか?...

スマホを買うならどっち?iPhoneとアンドロイドの違い

初めてスマホを買うときに迷うのがiPhoneとアンドロイドス...

部屋のドアに鍵 問題は難しい

部屋のドアに鍵を付けたいと言っても、目的は何なのかを考えてし...

海外から日本へ電話するのはどうしたらいいの?

海外から日本へ電話するのは、国内にいる時と同じではないことを...

スカイプの通話の録音で楽々

今は通話は固定電話だけの時代にさようなら。様々な便利なのもが...

楽天カードはどんなカード?審査や時間はどのくらいかかる?

楽天とはは大手通販サイトのことですが、その楽天が発行している...

コンビニの写真プリントはUSBなどがあれば、簡単楽々

コンビニのコピーサービスは素晴らしいですね。コピーだけではな...

バドミントンのラケット選び♪初心者のあなたへ☆彡

休日に、公園や家の前などで楽しそうに遊ぶ姿が見られるバドミン...

どうすればいいの!?弁護士に相談したい時の注意点

最近、CMでも見ることが多くなった弁護士事務所の「無料でご相...

妊娠中の食事はどうする?お勧めの献立

妊娠中の体重管理はとても重要ですね。つわりがおさまってくると...

ビルの屋上にある鳥居は珍しくない

意外と知られていないことは、ビルの屋上に鳥居がある事です。実...

台風が接近!明日の学校はどうなる?

台風シーズンになると暴風や大雨による被害が心配ですね。学生の...

数学の中学教師になりたい!どうすればなれる?

将来教師の道に進みたいと考えている人もいることでしょう。中学...

子供を施設に預けるための条件はあるか

皆さんは児童養護施設がどのような所か知っていますか?最近は漫...

シンガポール空港はスゴい!マーライオンに会いに行こう♪

日本から飛行機で7~8時間。東南アジアの国、シンガポール。空...

幼稚園のバスの運転手になるには?取得する免許

幼稚園の送迎バスを利用している人は多いですね。幼稚園の送迎バ...

恋愛ドラマで感動したい!泣けるドラマ

思いっきり泣いてストレス発散したい!という時ってありますよね...

家庭用電気スイッチをおしゃれに替えて、プチ模様替え

季節の変わり目には、部屋の模様替えをしたいと思いますが、大き...

スポンサーリンク

猫の嘔吐の種類とは

猫の突然の嘔吐には心配な嘔吐とそうでない嘔吐(吐き出し)があります。

心配な嘔吐は例えば繰り返し吐く場合…腸閉塞や腎不全・腫瘍・寄生虫・腸重積など。加えて「よだれ」が出る場合は、胃や腸が重度の炎症をおこしている可能性もあります。更に下痢を起こしていたら、食中毒の可能性もあります。吐く前に苦しそうになき声・うめき声をあげるなら強い痛みがあります。子猫では体内に寄生虫がいると嘔吐する可能性もありますので寄生虫の検査が必要です。

また、便秘が原因な嘔吐も稀にあります。事故などの外傷による横隔膜ヘルニアも腸閉塞の原因となり嘔吐につながります。

引用元-猫の病気大辞典

猫が嘔吐した場合はここをチェック

チェックリスト

・吐いたのは1回だけか、複数回か?
・吐いたときの状況は?
 (ガツガツ食べた後に吐いた、寝起きに吐いた など)
・吐いたのは食後何分(あるいは何時間)後か?
・吐いた物はなにか?
 (未消化のものか、胃液だけか、毛玉か、血液や異物の混入は?)
・吐いた後の様子は?
 (元気で食欲もある、苦しそうにうずくまっている など)
・下痢など、嘔吐以外の症状を伴っていないか
・異物や中毒性物質を口にした可能性は?

引用元-PEPPY

嘔吐しても心配ない場合

次の3つが原因で吐く場合は、病気が原因である可能性は低いです。吐いたものや状況を確認してみてくださいね。

早食い

猫は、出されたごはんを勢い良く食べたあとに吐くことがあります。食べたばかりのものがそのまま吐き出されていて、吐いたあと普段と変わらず元気であれば心配いりませんよ。
猫は通常、少量の餌を複数回食べるのですが、多頭飼いをしている場合は、餌を横取りされないために早食いをすることがあります。

猫草

猫草とは猫が食べる草の総称で、主にエン麦などイネ科の植物で、葉に細かいトゲトゲがあります。
毛玉を吐き出したい時や胸やけを起こした時に食べて、葉の刺激で胃の中の余分なものを吐き出すのです。
吐いたものの中に猫草が含まれていて、その後元気であれば心配いりません。ただ、何度も繰り返し吐く場合には病気の可能性もありますよ。

毛玉

猫は、多くの時間を毛繕いに使います。毛繕いで飲み込んだ毛は、毛玉として時々吐き出します。何らかの事情で毛玉をうまく吐き出せないと「毛球症」という病気の原因になってしまうので、毛玉を吐くのは良いことなのです。
頻度が多いようであれば、ブラッシングをこまめにしたり毛玉予防専用のフードを与えたりしてみてください。
しばらく毛玉を吐いていない時にも注意が必要ですよ。

引用元-pepy

これらの症状は要注意

繰り返し吐く

一度吐いただけで他に下痢などの症状もなく元気な場合は、半日から1日絶飲食して、その後、何もなければ大丈夫でしょう。嘔吐への対応は、絶食と絶水で様子を見ることが基本です。
しかし、繰り返し吐くようなら、消化器系の病気、異物の誤飲、毒物による中毒、ウイルス性感染症などの疑いが。慢性的な嘔吐や下痢を繰り返すものには、炎症性腸炎(IBD)と呼ばれる厄介な病気もあります。

腹痛を伴う

苦しそうに背中を丸めてうずくまっているときは、腹痛の可能性。

嘔吐物に血が混じっている

少量の血が混じっていたり、重い潰瘍や腫瘍では、出血で嘔吐物がコーヒー色になっていることもあります。

下痢、発熱、痙攣など、他の症状を伴う

下痢、発熱、ショック症状など、嘔吐以外にも激しい症状を伴う場合は、極めて緊急性大。ウイルス性感染症や中毒などの可能性も。猫はセルフグルーミングの習慣があるため、体についた除草剤や殺虫剤などの化学物質をなめ取って中毒を起こすこともあります。

引用元-PEPPY

茶色~黄色の嘔吐物は胆汁?

猫の吐瀉物で、透明なものは胃液。黄色(どちらかといえば透明感のあるような薄い黄色)は、胆汁といわれています。

我が家の猫が、以前飼っていた猫に比べて吐きっぽかったので、ある時、いろんなサイトをまわって、猫の嘔吐について調べました。
その時、獣医さんが答える掲示板にたどり着いて、上記のようなことを見かけました。URLがなく、直接、御紹介できなくて申し訳ないのですが…

吐いた後も普段と変わらず元気で、たまにのことなら心配ないそうです。「たまに」というのは1~2ヶ月に1回程度です。やはり1週間に1回とかが続くようなら「頻繁」の部類に入るそうで、元気があっても、一度、獣医さんに相談してみることも必要だとのことでした。

健康な範囲としてのそれが、果たして毛玉吐きの一種なのか、何故そのようなことが起こるのかについての言及はありませんでした。

吐瀉物についてはよく観察して、変化を見のがさないことが大事かと思います。見た目だけでなく、匂いも大事と思います。異様な匂いがあれば、やはり、獣医への相談対象ではないかと思います。

引用元-OKWAVE

茶色の嘔吐は胃腸炎の場合も

胃腸炎の代表のひとつに「炎症性腸疾患(IBD)」がある。これは「自己免疫疾患」のひとつとも言え、免疫に関わるリンパ球や形質細胞、好酸球 (白血球の一種)などの炎症性細胞が腸管の粘膜固有層にまで浸潤。腸粘膜を侵し、腸管が肥厚したり、潰瘍を起こしたりして、嘔吐や下痢が慢性化 し、衰弱していく。末期的には腸粘膜からのタンパク喪失が激しくなり、重度の低タンパク血症をおこして腹水がたまってくることもある。

その要因は、食物アレルギー、細菌感染、自己免疫などの複合的なものと考えられている。IBDは、腸管型のリンパ腫と鑑別が付かないことも多く、 消化管の組織を採取して病理検査(バイオプシー)し、確定診断するのが通常である。

猫の消化器に病気がある場合に起こる、下痢や嘔吐には、度合いがあり、病気の種類や重さ、場所によって症状が変化します。

胃や腸といった猫の消化器の病気は、死亡の可能性が高い病気もありますので、嘔吐や下痢の度合いを良く観察し、的確に獣医師さんに伝えることが、早期回復に、繋がります。

引用元-またたび 回覧板   にゃんにゃんフォスターズ~猫の会

まとめ
猫が嘔吐した場合は状況を見極めて、症状が悪化しないように注意してあげましょう。

twitterの反応


https://twitter.com/bmd_jp/status/714238100826787840

 - 動物・ペット

ページ
上部へ