日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

大学進学で一人暮らし!女性が気を付けることは?

      2017/11/10

大学進学で一人暮らし!女性が気を付けることは?

大学に合格して、四月からは一人暮らしを始める!という人も多いでしょう。家を出て一人暮らしを始めることはとても楽しみなことですが、女性の場合はいろいろと気を付けないといけません。今回は女性の一人暮らしについて調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

慣れればカンタン☆メダカの卵を孵化させるコツとは

メダカは絶滅危惧種に指定されたこともあり、小さくてか弱そうに...

ベンツやBMWなどの外車の維持費はどのくらいかかる?

ベンツやBMWなどの輸入車は車好きならば一度は所有してみたい...

いつまでOK?父親と娘が一緒にお風呂に入る年齢

子どもが小さいころは父親がお風呂に入れてくれると母親としては...

不登校の原因は学校の先生が怖いから!?そんな時はどうしたらいい?

子供が学校へ行きたくないという理由に先生が怖いという場合もあ...

クロネコヤマトのバイト。女性でも働ける?

クロネコヤマトのバイトと聞くと、重いものをたくさん運んで体力...

統合失調症の症状とは?独り言で病気を判断できる?

統合失調症とは脳がうまく機能できず幻覚や妄想などの症状が出る...

面白い小説を読みたい!ファンタジーならこれを読もう!

今は電子書籍などでも気軽に小説が読める時代ですね!しかし小説...

彼女の浮気が心配…浮気の兆候と対処法は?

付き合っていると彼女のちょっとした行動で浮気をしていないか心...

政令指定都市って人口が多ければなれるの?指定の条件とは

政令指定都市というと漠然と人口が多い大都市というイメージがあ...

親知らずが痛い!生えかけの場合の対処法

親知らずは上下の一番奥に生える歯で変な方向に生えてくることが...

重曹で歯磨きをすると歯石を予防できる?!重曹の効果とは

重曹で歯磨きをすると歯石や着色汚れを除去できると言われていま...

結婚式にぴったりの髪飾りは?バレッタで簡単アレンジ!

結婚式に出席するときは服装だけではなく、髪型もきちんとしてい...

ワインのコルクの開け方は?プラスチック栓の場合

最近のワインのコルクにはプラスチック製の物が使われている場合...

子どもが感情のコントロールができない…原因と対処法

最近は感情のコントロールができない子どもが増えていると言われ...

いつでもきれいに!携帯電動歯ブラシのおすすめは?

電動歯ブラシは歯にあてるだけで歯をピカピカに磨いてくれます。...

タオルの嫌な臭いはこれで解消!ワイドハイターの効果

タオルは長く使っていると嫌な臭いが洗濯しても取れなくなってし...

ダイエットするなら朝食はパンとご飯どっちがいい?

ダイエット中でも朝食はきちんととらないといけません。手軽にと...

ゴルフのシャフトを交換してナイスショット!交換のポイント

ゴルフのシャフトは交換をすることができます。自分に合ったシャ...

仕事を紹介してくださるメールの書き方や礼儀

電子メールで即座に連絡がしあえる時代になりました。そこで大切...

ししとうはピーマンの仲間?ししとうとピーマンの栄養

ししとうとピーマンはよく似ていますが、ししとうは辛く、ピーマ...

スポンサーリンク

注意!女性の一人暮らしで気を付けること

1。部屋への侵入。

アパートやマンションの高層階に住んでる女性は、特に窓の施錠に対して無警戒になりがちですが、窓から侵入してくる犯人も多く、油断は禁物です。
窓ガラスに防犯フィルムを取り付けるなどの防犯対策は犯罪者の侵入を防ぐのに有効です。

2。戸締まり。

(ドア・窓のかぎ)家に入ったらすぐに鍵をかけましょう。
暑い季節には窓を開けたくなりますが、高層階でもベランダに誰かが潜んでいる場合もあります。
よく外を確認してから開けると同時に寝るときは窓を開け放して寝るのは止めましょう。
鍵は強固なものをつけ、1ドア2ロックを基本としましょう。2つ目は補助錠でも十分。
出かけるときはドアだけでなく、すべての窓に鍵をかけるようにしましょう。

3.部屋の出入り。

女性を狙うものは、マンションの入り口などで待ち伏せてあなたと一緒にエレベーターに乗り、あえてあなたが押した階の下の階で降り、階段を駆け足で登ってあなたがドアを開けた瞬間に後ろから襲い掛かります。
怖いですね!これは映像で見たことがあります。
特にマンションなど集合住宅の一人暮らし女性が狙われやすいといえます。
外出から帰ってきて家の鍵を自分で開けるのは、家の中には誰もいないと周りに宣言しているようなものです。
この危険を回避するため次のようなことに注意しましょう。

引用元-住まい相談社

大学進学で一人暮らし…物件探しの失敗談

間取りと予算の兼ね合いなどで物件を選んでしまいました。合格発表から、入学手続きまで、何度も大学近くまで物件を見に行けないという金銭的、時間的な制約もあり、賃貸のお部屋を探すうえで一番重要な、実際に物件を見るという手間を省略してしまいました。部屋はもちろん、周辺環境を下見をしていなかったからこその失敗談です。 確かに不動産会社の方には、物件を実際見た方が良いですよと提案されましたが、親も私も大丈夫だろうと油断していましたね…。

自分の気分の問題でおさまっているうちはいいですが、実際に、のぞきや侵入窃盗犯などからの防犯の点からみても、1階の女性の一人暮らしは心配がつきものです。
出来れば、2階以上の部屋を選べばよかったと思います。
今は、当たり前のようにわかっていますが、都会は人口密度が高く、生活のプライバシーは自分で守らなくてはいけません。そのために、賃貸物件を探すのも、賃貸のポータルサイトで、いろいろな選択項目があるので、そこで絞り込むことで、希望に近い物件が見つかります。「2階以上」という項目もありますし、「バス・トイレ別」、「オートロック」、「宅配ボックス」などなど、の項目です。

引用元-apple-apaman.jp

大学進学で女性が一人暮らしをするなオートロック

オートロックなら必ず安心だというわけでもないですが、防犯で果たす役割は大きいでしょう。こうした物件は訪問者の顔がみれるカメラ付きインターホンがついてるので、わざわざドアを開ける必要もなくしつこい勧誘を断れるので安心です。

たまに住民が入ったタイミングで建物にはいるなんて話も聞きますが、その場合はいきなり玄関のベルがなるなど怪しい点がでてくるので開けなければいいだけの話。 それにドアチェーンをつけたまま開ければ安心です。

それと大学生が多いエリアでは、かなり悪質な新聞勧誘があったりします。オートロックに住んでなかった僕はふつうにドアを開けてしまい、そのご1時間以上にわたりドアを足で閉められように塞がれたばかりか、あげくには自分は有名人だと嘘をついてサインまでしてきました。

上京したてだと巧みな嘘をつかれると信じやすいしコロッと契約してしまうこともありそうなので気をつけてください。 こうしたときにはもう警察の名前をだすと、案外すんなりと帰ったりしますよ。

それでもしつこい場合にはその場で警察に電話してしまってもいいでしょう。 ほんとウザいぐらいに強引だったので僕は両親に電話して父親にこの人と話してもらい、しぶしぶこの勧誘業者も帰っていきました。 オートロックであれば、こうした事態もラクに防げるはずです。

引用元-mooove

引っ越しの際は女性の一人暮らしと分からないように

できるだけ、「女性の一人暮らし」という事をわかりにくくした方が良いですね。お引越しの時には、引越しトラックが停めてあるだけで、かなり人目をひきます。
良からぬ事を考える人の目にも、留まりやすくなるので、警戒を怠らないようにしましょう。
引越し当日には、できれば男性の家族に立ち会ってもらい、なるべく本人が部屋の周りをウロウロしないこと。
できれば本人は、部屋の中で荷物整理などに専念した方が良いですね。

引用元-ハピマミ

安全!?女性専用物件のメリット

セキュリティ万全な物件が多い

防犯設備はもちろん、大家さんや管理人さんが常駐している物件が多く安心!

女性好みのデザイン、設備の物件が多い

シャンプー用ドレッサーやシステムキッチンがついていることも。
外観もお洒落で、女心を掴む物件がたくさん!

トラブルがなく、静かなことが多い

女性だけが住むマンションだと、男性をたくさん集めて夜遅くまで騒いだりとかはあまりないです。(そもそも男性立ち入り禁止の物件もあるからね)
この点から考えると割と平和な生活ができるんじゃないかな。

引用元-イエマミレ

常に防犯対策を意識しよう

さも男性がいるかのように振る舞う

定番ですね。ですが、非常に効果的です。
低層階に住んでいる場合は、基本的に女性の方は洗濯物を外に干すべきではないと思います。ですが、どうしても外に干すときは、男物衣類を一緒に干すのが良いでしょう。適当にトランクスやら靴下やらですかね。

それから玄関に男性用の靴を置くのも良いかもです。玄関まで誰かが来た場合にも、男物が置いてあるだけでプレッシャーを与えられます。特に男性は縄張り意識強いですからね。笑
っていうか、いくら宅配やら水道の検針やらでもアポ無しなら絶対に開けてはいけません。絶対にです。最近本当に多いんです。押し込み強盗。それにですね、強姦事件の多くは住宅で起こっているんです。
もしどうしてもの場合は、開ける前に大家さんや管理会社さんに連絡して立ち会ってもらいましょう。

引用元-Casa Alberta

まとめ
女性の一人暮らしは危険がいっぱいです。しっかりと防犯対策をしましょう。

twitterの反応

https://twitter.com/naozo0908/status/686480629907599360


https://twitter.com/TenChow3/status/646670858598027264


https://twitter.com/Cmugi_mrst/status/650837609762041856
https://twitter.com/n_lzs/status/640959055658246144

 - 日常・生活

ページ
上部へ