日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

一人暮らしがしたい!適切な部屋の大きさはどのくらい?

      2017/11/11

一人暮らしがしたい!適切な部屋の大きさはどのくらい?

就職や進学で一人暮らしを始める人もいることでしょう。その場合、部屋の大きさはどのくらいがいいのでしょうか?今回は一人暮らしをするのに適切な部屋の大きさについて調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

バスの座席のいろんなマナー総解り


初めて会社で貸し切りのバスの旅行の幹事になった時...

告白の返事がありがとう…それはどんな意味?

女性が「好きです」と告白をして相手の返事が「ありがとう」だっ...

アメリカの大統領の顔が彫ってある岩山とは!?

アメリカ大統領の顔が彫ってある岩山の映像を見たことがある人も...

犬が人間の赤ちゃんに優しくするのはなぜ?

動画サイトには、かわいい犬や赤ちゃんの動画がたくさんUPされ...

京都の修学旅行で団体行動の時のおすすめランチ

京都は修学旅行のメッカです。学習の一環としてグループに分かれ...

LINEバイトのCMに出ている女の子は誰?

LINEバイトというサービスを知っていますか?LINEバイト...

家賃の滞納とブラックリストの関係

家賃の滞納は大家さんにとても迷惑が掛かります。また、不動産会...

100均の観葉植物を植え替えておしゃれなインテリアに!

100均にはいろいろなものが売っていますが、観葉植物も売って...

高校の入学式は何を着る?母親におススメの服装

子供の成長は早いもので、あっという間に高校生になってしまいま...

源泉徴収票を就職先に提出!?アルバイトの源泉徴収票はどうしたらいい?

就職をすると就職前にしていたアルバイトなどの源泉徴収票の提出...

横浜観光を子供連れで楽しもう!

子供と一緒に旅行へ行くのは思い出作りにもとっても楽しみなこと...

正月は旦那の実家へ帰省する?正月の過ごし方

年末や正月には実家へ帰省する人が多いですね。結婚している場合...

住民税の普通徴収って何?納付書はいつ届く?

住民税の支払い方法は二種類あり、特別徴収と普通徴収があります...

ユーキャンの資格を取得するおすすめの講座は?

ユーキャンでは趣味の分野の資格から本格的な就職に有利なものま...

寄せ鍋がおいしくなる!野菜を入れる順番とは!?

冬の寒い時期には暖かい鍋が食べたくなりますね。その中でも寄せ...

公務員の病気による休職は急激に増えています

公務員は病気で休職している期間は身分が守られています。給料や...

ドラムがうまくなりたい!練習を自宅でするには?

バンドのメンバーで最も自宅練習が難しいのはドラムではないでし...

住宅ローンの返済が苦しい人はどうしたらいい?

夢のマイホームはみんな憧れますよね。住宅ローンの審査を通って...

夜行バスで大阪に着いたら!梅田で朝入れるお風呂屋さん

夜行バスを利用すると目的地に早朝到着することがありますね。そ...

スタッドレスタイヤで高速道路を利用するときの速度と注意点

冬になると雪や路面凍結の影響で高速道路では冬用タイヤ規制にな...

スポンサーリンク

一人暮らしの部屋が広い場合のメリット

・一つの部屋に籠ることが無く、ストレスが少ない
・たくさんの家具を自由に置ける
・寝具に食べ物のにおいが付きにくい
・やることや気分によって過ごす部屋を変えられる
・友人などを泊めるときに布団の敷き場所に困らない

1つ目の「一つの部屋に籠ることが無い」というのはもちろん個人差はあると思いますが、個人的には大きなメリットです。
実家で暮らしている際はたくさんの部屋があり、広さもしれなりというのは当たり前ですが、一人暮らしとなると1Kではキッチン兼用の廊下と1部屋のみです。
それがリビングやダイニングがあると1部屋増えるので、それだけで安心感と安心感やストレスが軽減される感じがあります。
これは4つ目の「やることや気分によって過ごす部屋を変えられる」にも言える事ですね。

2つ目の「たくさんの家具を自由に置ける」ということは一人暮らしの楽しみである部屋作りや家具の配置がより自由に行えるということになります。
ソファや書棚なども置けるので、自分の理想の部屋作りができる楽しさがあります。

また、3つ目にある通り、「寝具に食べ物のにおいが付きにくい」のも個人的にはメリットの一つだと考えています。
家で、匂いが特に強いカレーなどを作っても、ベッドルームに持ち込まなければまず寝具ににおいがつくことはありません。

引用元-一人暮らしの費用ファイル

一人暮らしの部屋が狭い場合のメリット・デメリット

「8畳」は部屋としては比較的狭めです。
家具を入れたら、自由に使えるスペースはそれほどありません。

狭い部屋のメリットとしては、
・掃除が楽
・なんでも手を伸ばせば届く範囲内にある
・冷暖房がすぐ効く
・電気代が安くなる
・家賃が安い

狭い部屋のデメリットは、
・食べるのも寝るのも同じ部屋
・必要最低限の家具しか置けない
・洗濯物を干す場所も狭い
・友人が泊まりに来たとき狭い

などがありますね。

引用元-誰かに話したくなる知恵袋

一人暮らしに適切な大きさとは

一人暮らしの部屋は、1K~1DK程度でいいんじゃないか。と思います。
2DKだと、余裕の一人暮らしになるよねぇ~
いくら一人暮らしでも、友達とか呼んで、ワイワイやりたいなら2DKぐらいの部屋は欲しいかも・・・
ワンルームの部屋の場合、ほとんどがユニットバスと思ってたが良いです。
バス・トイレ別の部屋が希望なら、1K以上の部屋を狙うベシ。
収納に余裕を持ちたいなら、1LDK以上の部屋を狙ったが良いねぇ~

でもね、一人暮らしでも広い部屋に住んじゃうと、荷物がドンドン増えちゃうから・・・
2DKとか注意してね。
ガラ~ンとした部屋って、落ち着かなかったりするでしょ。一人暮らしの場合、特にね。
だから、「コレも置ける。コレも大丈夫。」 って、部屋に荷物が思った以上に増えていくから・・・
一人暮らしで寂しいから、なんか置きたくなっちゃうんだよね。

引用元-1人暮らし応援隊

一人暮らしの部屋の大きさの平均

「キッチン+7~8畳」の部屋が20代一人暮らしの平均像

家賃を決める要素はたくさんあるが、そのうちのひとつが広さ。そりゃぁ広いにこしたことはないけど、広ければ家賃も当然アップするから、どれくらいの広さがいいのかわからない。一人暮らしの部屋って、どれくらいの広さが普通?
専有面積の平均は、27.4m2。そして間取りは1Kが50%以上を占めるというデータから考えると、20代一人暮らしは下の間取り例のような「キッチン+7~8畳」くらいが平均像だ。これくらいの1Kなら、ベッド、テーブル、テレビ、パソコンなどが十分置ける。ちょっと広めの1Kなら、2人掛けのコンパクトなソファも置けたりなんかして?

引用元-SUUMO

1人暮らしにお勧めの大きさ別の特徴

1K

一人暮らしに一番スタンダードなタイプになります。広さよりも清潔・快適に過ごすにはこの間取り。
水回りが充実している物件もあり、実家の設備に自分の部屋を追加したような、まさに自分の城と呼べる空間に。周辺の情報もしっかりチェックしてください。

1R

会社や学校に行って、遅くに帰って寝るだけ。料理もそこまでしない方であれば、多少の賃料を抑えられますし非常にお勧めです。
居室の広さを強調した物件が多いので、こだわりのレイアウトをするにはもってこい。趣味の多い方にはピッタリの間取りです。

1DK

少し余裕を持った方にオススメ。部屋とダイニングキッチンに十分なスペースがあるため、ゆとりを持った空間に。引き戸を開けて大きく一つの部屋に使うのも良し。

1LDK

リビング・ダイニング・キッチンが8帖を超え、非常に大きなスペース。恋人や友人を招いて楽しく過ごすことが出来ます。ただし、1LDK以上になると、家賃も高額。35平米の1LDKもあれば100平米の1LDKも有ります。自分に合った広さを見抜きましょう。

引用元-ワンルーム・ナビ

部屋を探すときのポイント

■家賃

家賃は、管理費や共益費などを含めて、手取り月収の三分の一が目安となります。例えば、手取りが20万円の人ならば6~7万円程度とするのが妥当です。ただし、手取りが少ない場合は家賃を三分の一とすると、生活費に余裕がなくなってしまう場合もあります。自分が一ヵ月いくらくらいで生活できるかを把握し、家賃の希望額を決めることが必要です。

立地のよさや設備の充実、日当たりなど、よりよい条件を求めれば、当然家賃も高くなります。希望する家賃内に抑えられるように、その他の条件に優先順位をつけていく必要があります。

■立地

どの沿線・駅に住むのか、駅からの距離はどのくらいなのかによって、家賃に違いが出てきます。乗り換え路線の多い線や駅、急行の止まる駅は高く、また駅から徒歩15分以上かかる、バスを利用するといった場合は安くなります。どの駅、地域、沿線に住みたいのか、ある程度目星をつけてから、不動産会社へ行くことをおすすめします。

沿線・駅ごとの家賃の相場はインターネットや不動産情報誌などでも調べることができます。ただし、いくら家賃が安いからといって、学校や職場といった目的地から遠く離れすぎていると、通うのが大変であるのと同時に交通費も高くなって、かえって損をしてしまうこともあるので、注意しましょう。

■間取り・広さ

一人暮らしの部屋として一般的なのは、ワンルーム・1K・1DKといった間取り。占有面積の平均は25m2前後です。ワンルームは廊下か室内にキッチンが、1K・1DKは部屋とは別にキッチンがあり、それが6畳以上の場合は1DKと呼ばれています。部屋が広ければ広いほど、家賃も当然高くなります。

また、ユニットバスではなく、バス・トイレ別の部屋も家賃が高くなる要因のひとつです。

他に、物が多い人は、クローゼット・押入などの収納スペースの広さも重視しましょう。洗濯機を置くスペースがどこにあるかも、間取りに関して考えておきたいポイントです。特に女性の場合、玄関先など誰もが入ってこられる場所は防犯的に不安なので、できれば室内かベランダが望ましいでしょう。

引用元-AllAbout

まとめ
一人暮らしは広すぎても狭すぎてもメリット・デメリットがありますね。実際に物件をちゃんと見て大きさをきめるのがいいようです。

twitterの反応


https://twitter.com/noma_niz/status/707967647984390144


https://twitter.com/atrn345xx/status/697065819621060608
https://twitter.com/8710_imik/status/689733871907172352
https://twitter.com/peipei_121/status/687501760244494336


https://twitter.com/c_062807/status/678743637203660801

 - 日常・生活

ページ
上部へ