日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

ハムスターの病院代はいくら?

      2017/11/28

ハムスターの病院代はいくら?

生き物ですから、ハムスターも病気になったり、怪我をしたりします。ハムスターは身体が小さいので、手術が難しいしです。手術代はいくらまで出せますか?病気になってからあたふたしないためにも、普段から病院で健康診断を受けて、正しい飼育の仕方を教わっておきましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

ポケモンの キャラの年齢が気になります

幼児から小学生まで人気のポケモン。原作者によると年齢を設定し...

車のブレーキの踏み方は何が正しい?

車のアクセルとブレーキの踏み方はすべて統一ではないのです。両...

火の色は温度によってどう違う?

火の色は身の回りで利用しているものを見てもいろいろと違います...

Wordで挿入した図形の微調整を行う方法

Microsoftのソフトウェアの中にはWordという文書な...

シャンプーはいつから?縮毛矯正後の注意点

くせ毛の人にとって、綺麗なストレートヘアは憧れの的。やっとの...

『長い。。』更新プログラムのインストールが終わらない!

『さて、大学の宿題でもしようかな』とPCを立ち上げると「更新...

デスクトップのアイコンの画像を変更する方法

デスクトップにはショートカットアイコンが並んでいますね。この...

車の故障!?ブレーキでハンドルがガクガクする原因は?

車に乗っていてブレーキをかけるとハンドルなどがガクガクと揺れ...

テレビが映らない!?新築一戸建てを購入した場合のアンテナ設置

新築の一戸建てを購入した場合はテレビはそのままでは見ることは...

うつは仕事が怖い病気?

うつは仕事が怖いとよく聞きます。でもそれ以前に何かサインがあ...

地球の内部は未知。中心には何があるのか

科学が進歩した今、様々な情報を知る事が出来ますが、実は地球の...

病院にお見舞いに行くマナーは?夜の場合

病院にお見舞いに行くときは病院で定められている面会時間内でい...

バスケットのルールのタイムアウトをもっと知ろう

バスケットをプレーする人はどのくらいいるのでしょう?自分でプ...

メガネとコンタクトはどっちが疲れにくい?

視力が下がるとメガネかコンタクトをする必要があります。メガネ...

生活保護の受給の金額の平均はいくらぐらい?

病気持ちや障害者、幼い子を抱えた母子など本当に働けない人は生...

水槽の水草は買って来てすぐに枯れる事が多い

水草の種は陸で育ち、日光にもよく当たっています。お店で売られ...

マンションでの猫の飼い方

猫を飼いたい・・・。でも、マンションだし・・・と思っているあ...

着床してからの妊娠超初期症状!お腹の張りってどんな感じ?

妊娠超初期症状でお腹の張りを感じる人がいます。お腹の張りとよ...

機内に持ち込み出来るバッグってどんなバッグ?

旅行や仕事で飛行機を利用する際、注意したいのが機内に持ち込む...

スマホがフリーズ!電池パックがないXperia等はどうしたらいい!?

スマホ本体が熱を持ってフリーズ!ゲームなどに熱中するあまり動...

スポンサーリンク

ハムスターの病院代はいくらなのか受診するのに心配ですね

病院によって変わってきます。
通院費は簡単な治療で済めば1回の通院に1000~5000円。
レントゲン・手術などを行えば数千円~2,3万円も必要になります。

初めての通院には初診料、2度目以降には再診料がかかります。
初診料で1000~2000円
再診料は500~1000円
が相場です。

夜間救急では初診料・再診料ともかなり高額なります。
(8000円以上かかった例あり)
初診料(もしくは再診料)にプラスして、治療費・お薬代などが加算されていきます。

動物病院は保険診療ではないのでとても費用が高くなります。
それでも犬・猫やうさぎフェレットに比べれば安いのです。
「お金がかかりすぎるから」といって通院をあきらめることだけは避けてください。

あなたの家族が病気になって苦しんでいる時に
「お金かかるから病院へいくのはやめましょう」とは言わないはずです。
ハムスターも小さな家族の一員ですよ。

引用元-ハムスターQ&A

ハムスターを病院へ連れて行く前に注意すること

■ストレスをかけない

ただでさえ体調が弱っているのに
・温度のストレス(屋外に出る)
・音のストレス(交通機関や病院の患畜の鳴き声など)
・臭いのストレス(病院の患畜など)
などの色々なストレスがハムスターに襲い掛かってきます。
下手すると通院のストレスだけで死んでしまう事もあります。

ハムスターにストレスをかけないようにして下さい。
・カイロや保冷剤などで適正温度(20~25度)を保つ
・かばんやダンボールなどで覆い、暗くする
・普段使っている床材・巣材を入れる
普段の環境をあまりかえない状態で通院することが大切です。

■質問することを前もってメモしておく

・ハムスターの状態
・普段の食事内容
・病気になった原因で自分なりに考えられるもの
をメモしておくと助かります。
治療に際しとてもよい情報になるので、忘れっぽい方はメモしていきましょう。
また、病室では治療を目の当たりにすると緊張して落ち着きがなくなってしまい
「アレを聞いておけばよかった」といったことがよくあります。

引用元-HamstersMovieFile

数千円で購入したハムスターに病院代はいくらかけられますか?

子どもは0円で生まれてきます(うちの場合、出産で出た費用はなんやかんやで戻ってきたので)が、その成長過程で病気にかかったら億単位でも出せるなら出したいと親なら考えるでしょう。

ただ、ハムスター相手だと家族の一員となることを考慮しても、私個人ならともかく私の家族の生活を危うくするほどは出せないと言うのが本音です。

ご質問文の中に挙げられている病院費用については、ハムスターでも人間でも医療現場で携わる人間の数は同じ(言うことを聞かない分ハムスターのほうが上)と考えれば妥当な金額だと感じました。

今の私なら出せるのは100万までですね。

何故きっちり100万かと言えば、これは私が家族に関係ない部分で急に何か起こった時用に作っている銀行のカードの限度額が100万だからであり、10万のご質問者さんより私が命を大切に思っているからというわけではありません。

ちなみにうちの庭に捨てられていた0円の我が家の猫たちでも私が出せる金額は変わりません。

引用元-OKWAVE

ハムスターは普段から病院で健康診断を受けましょう

ハムスターは、病気の症状が出てきたときは病気が進んでいることが多く、知らないところでいつの間にか病気になっていたりします。病院に連れてこられたときは、病気が進行してしまい、治療の範囲が狭くなり寿命が短くなってしまうことも意外に多いです。

そのような経験から、生後3ヶ月(家に来て環境に慣れてから)から老齢まで、ハムスターの現状での病気の発見・早期治療ができるように、ハムスターの全身ドックを行っています。

犬猫でのドックは一般的ですが、ハムスターは治療や検査・扱いが難しいため、ドックなどの検査をすることは日本ではまだまだありません。ということでストレスを最小限に、検査を最大限に行えるように検査(レントゲン検査や糞便・尿検査などが含まれます)を行っています。

所要時間は30分程度で、その日にお帰りできます。日時や料金は、お気軽にお問い合わせ下さい。環境や食事についてのアドバイスも福島院長がおこなっています。移動のストレスを考慮して、ハムスタードックの際は飼っているケ-ジごとお越し下さい。
注)尿と便を持参していただくと検査がスム-ズにできます。

引用元-ふくしま動物病院

病院まで来られない方の為に往診するところも

往診はされてるのですか?

病院に行く交通手段がなかったり、お年寄りの方で飼育動物を運搬するのが大変だったりする場合の往診は可能です。できるだけ予約していただきたいのですが、急な場合もありましょうから一度ご連絡のほどよろしくお願いします。但し往診といってもその場でできることは限られることが多く、病気の場合「送迎」として一旦病院に連れて帰ることもありますのでご了承ください。(「それはいやだ、注射一本でいけないのか?」といわれる方はなぜそれではいけないのかという説明はしますが、かえってトラブルとなりがちで深追いはしませんのでそういう方はご遠慮されたほうが賢明かと思います。往診送迎サービスは適当(アバウト)な治療を受けるものではありません!)範囲は旧徳山市、下松市、旧熊毛町、と幅広く行ってますが、旧徳山市山間部、湯野方面、鹿野町は要相談です。料金は具体的なことはお話できませんが、近隣で¥2000からとなっております。

なお、来院される患者さん優先ですから、急病で、といわれても対応できないことがありますのでご了承ください。

引用元-シラナガ動物病院

まとめ
ペットショップで買う時はハムスターは安いです。でも、病気やけがをしたら大金がかかります。いくらまで治療代が出せますか?大切な命に値段はつけられません。

twitterの反応


https://twitter.com/enmi_48g/status/718832696424706049


https://twitter.com/tama09knockout/status/330122454389366784

 - 動物・ペット

ページ
上部へ