日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

生徒と教師の信頼関係は人と人の心が大切

      2017/11/29

生徒と教師の信頼関係は人と人の心が大切

教師と生徒は常に上から目線では駄目でしょう。信頼関係とはこころに寄り添うことですね。お互いに相手を思いやることができれば、うまくいきます。そして、時には厳しくが効果がありますね。心を開いて接すれば、お互いのことばが心に響きます。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

前髪はストレートアイロンでセット!まっすぐも流すのも思いのまま!

前髪のセットにストレートアイロンが便利だと知っていますか?ス...

警察官になるには ~女性はどのくらい体力が必要?~

様々な犯罪事例が増えるにつれ、需要が拡大している女性警察官。...

顔の湿疹が治らない!その原因と対策は?

顔に湿疹ができるとなかなか治らないことがあります。顔にできる...

外国人もびっくり?水道水が飲める日本ってすごい?

水道水を安全に飲める国は世界でもそこまで多くないようです。外...

家でも仕事でもストレスが溜まる?ストレスを発散するには

仕事のストレスを家に持ち込むことは良くないので、外でなるべく...

太陽光発電の営業は注意!?モニター商法とは

太陽光発電の導入を検討している人は多いのではないでしょうか?...

着るだけで電気代の節約!着る毛布の魅力とは

着る毛布というもの注目されているのを知っていますか?着る毛布...

頭痛は病院に行くべき?でも何科へ?

頭痛で悩んでいる人は結構多いですよね。薬を飲んでも耐えれない...

土地購入のタイミングはいつ?土地購入のポイント

マイホーム建築の為に土地を購入するのは人生で最大の買い物です...

車のキズはどこまで自分で修理できる

車のちょっとしたキズ、気になるけど修理に出すほどでもない…。...

目の検査で赤と緑でわかることとは

眼鏡やコンタクトを作る際の視力検査で必ず赤と緑の見え方の検査...

地震が起きた時、家の中で安全な場所は?

現在、日本全国どこでどのタイミングで地震が起こるかわからない...

中国で犬を飼うのが流行ってる?中国のペット事情

最近の中国では犬などのペットを飼うことがステータスになってい...

胃がムカムカする原因は?続く場合の病気とは

胃がもたれてムカムカすることがありますね。原因のほとんどは暴...

台湾で命を懸けた日本人 今も尊敬される水利技師

台湾では多くの人が知っている、学校の教科書にも登場する日本人...

アメリカの高校で行われる主な行事

アメリカの学校では、日本では考えられないような行事が行われて...

粉瘤って何?足にできたら手術をする?

粉瘤というものを知っていますか?皮膚の下にできる袋で、中には...

妊娠中の風邪!熱、鼻水、咳どうしたらいい?

妊娠中は実は免疫力が低下しているために風邪を引きやすいのです...

猫が飼い主を噛むのは何故?朝の場合はどういう意味?

飼っている猫に噛まれた経験はありますか?猫が飼い主を噛むのは...

ベッドのマットレスにカビが生えたらどうする?

ベッドのマットレスは敷きっぱなしにしているとカビが生えること...

スポンサーリンク

生徒と教師の信頼関係をつくるには『肯定』が重要

児童生徒の心や気持ちを汲んで接する

児童生徒をほめるにしても叱るにしても,教師本位の気持ちや感情から行ったり,他の児童生徒や周囲の大人たちを優先したりするのではなく,目の前にいる児童生徒を優先する接し方を工夫しなければなりません。児童生徒自身のためにほめたり叱ったりする教師
の接し方が,お互いの信頼関係をつくっていく基本です。

児童生徒を肯定的に見る

他人についての理解を歪める要因の一つに,「光背効果」があります。これは,他者がある側面で望ましい(もしくは望ましくない)特徴を持っていると,その評価を当該人物に対する全体的評価にまで広げてしまう傾向のことです。例えば,学習成績のよい児童生徒は性格や行動面でも肯定的に評価されがちであるのに対して,成績の悪い児童生徒はすべての面で問題があるかのように見られがちになるということです。

児童生徒には,長所も短所もあります。両方をありのままに的確に理解することが大切です。教師が肯定的な見方をすればするほど,そのような姿勢や態度は自然に児童生徒に伝わります。教師が児童生徒をありのままに,また肯定的に見ようとする態度で接することが,人間関係をつくる上での重要な条件の一つです。

引用元-教師と児童生徒との人間関係づくり

そもそも生徒と教師の信頼関係とは何でしょう

仮にわたくし平塚が先生、生徒が田中さんだとすると、、、

田中さん「平塚先生なら私の期待に応えてくれる!」
平塚先生「田中さんならできる!」

このようにお互いが信じ合っている状態を信頼関係が築けている状態とします。
わかりやすくするために少し具体的にするとこんな感じです。

平塚先生に相談すればきっとわかってくれる!
平塚先生に聞けばきっとこの問題は解決する!
平塚先生についていけば大丈夫だ!

つまり、生徒から頼られる存在になります。尊敬されるようになります。指導が入りやすくなります。

逆に信頼関係が築けていないとこんなふうになります。

平塚先生に相談しても無駄だ。
平塚先生に聞いても、ろくな答えは返ってこない。
平塚の話はもう聞かない

つまり、生徒から頼られません。生徒は話を聞いてくれません。生徒から無視されます。どうですか?信頼関係の定義には納得して頂けましたか?

引用元-恩師への道

生徒と教師の信頼関係を築くにはなめられないことが大事

子どもが教師をなめる理由には二種類ある。一つは、子どもが教師に実力がないと判断する場合だ。もう一つは、何をしても教師に叱られないと子どもが思った場合だ。
 あまり叱らないのがよい教師だと思っている人が多い。子どもを理解し、子どもを管理せず、穏やかにやさしく言い聞かせるだけの教師だ。だが、私は間違いだと思っている。
 それは単に、子どもを管理できず、指導するのが怖くて、見て見ぬふりをしているだけだと私は思う。教師が子どもを叱らずにいると、必ず子どもは教師をなめてしまう。
 教える目的は、子どもに好かれることではない。子どもが傷つくことも言わなければならない。教えるとはそんなものだ。
 私は、叱るときには「三回目の原則」を自分に課している。最初から叱ると子どもに、必要以上に怖い教師だと思われてしまって、気軽な関係を築けない。そこで、二度目まで大目に見て、三度目に子どもが目にあまる態度をとったときには、「これまでは、きっとそのうちきちんとやってくれるだろうと思って大目に見ていたが、ちょっとひどすぎる」と言って、かなりきつく叱るわけだ。
 そうすれば、子どもは「この教師を相手になめた態度をとると、大変なことになる」と肝に銘じることになる。そうすれば、その後も気楽に叱れるようになる。

引用元-教育問題の解決方法を考える

生徒と教師の信頼関係を築くには約束を守る

◆信頼を得る方法1: 約束してそれを守る

信頼を得るための一般的な方法として、「約束してそれを守る」というものがあります。教師の場合には、それは、「こうすればこうなります」と説明して「ほら、確かにこうなるでしょう」と結果を見せるということが基本になります。少し例を挙げましょう。

・教師が生徒に「このようにすれば簡単に問題が解けます」と説明して、実際に「ほら、確かに簡単に解けたでしょう?」と見せる。
・上司が部下に「こういうオファーをしたほうが顧客の反応はいい」と説明して、実際に「ほら、確かにいい反応が返ってきただろう」と見せる。

このように、教師が生徒に対して何かを説明した後で、確かにその説明の通りになるのを見せるということです。「説明どおりの結果」を見せるのは、信頼を得るよい方法です。それは小さなことであってもかまいません。自分が生徒の身になって考えれば理解できますね。
 
「確かにあの先生が説明した通りだなあ」
 確かに!上司が言った通りになったな」

生徒がこのように感じてくれれば、教師は生徒の信頼を得ていくでしょう。

引用元-note

生徒と教師の信頼関係は魅力ある教師になること

1 生徒の名前を早く覚えよう

相手の名前を覚えることは,人間関係を築き上げるための第一歩であると言ってよいでしょう。新学期が始まって生徒の名簿を手に入れたら,一刻も早く「顔と名前を一致させる」努力をしましょう。授業だけでなく,学校生活全般のあらゆる機会を利用して生徒の名前を覚えるように心掛けましょう。

2 最初の授業を大切にしよう

「授業が成功するかどうかは,新学期の最初の授業で決まる」と言っても過言ではありません。教育は,教師と生徒という人と人との出会いによって始まるものです。生徒が我々教師に抱く第一印象がその後の授業の成否に大きくかかわってくることを忘れてはなりません。新学期の最初の授業では,「この先生についていけば英語の力を付けることができる」と生徒が感じられる授業を心掛け,生徒の心を引き付けたいものです。

引用元-1 魅力ある教師になるために

まとめ
何においても基本は信頼関係です。信頼できる相手に対しては心を開くことができます。心を開けば、お互いに相手を思いやることができますね。

twitterの反応


https://twitter.com/___K_I_R_I_N___/status/713028306220625920

 - 恋愛・人間関係

ページ
上部へ