日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

生徒と教師の信頼関係は人と人の心が大切

      2017/11/29

生徒と教師の信頼関係は人と人の心が大切

教師と生徒は常に上から目線では駄目でしょう。信頼関係とはこころに寄り添うことですね。お互いに相手を思いやることができれば、うまくいきます。そして、時には厳しくが効果がありますね。心を開いて接すれば、お互いのことばが心に響きます。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

ポケモンの キャラの年齢が気になります

幼児から小学生まで人気のポケモン。原作者によると年齢を設定し...

車のブレーキの踏み方は何が正しい?

車のアクセルとブレーキの踏み方はすべて統一ではないのです。両...

火の色は温度によってどう違う?

火の色は身の回りで利用しているものを見てもいろいろと違います...

Wordで挿入した図形の微調整を行う方法

Microsoftのソフトウェアの中にはWordという文書な...

シャンプーはいつから?縮毛矯正後の注意点

くせ毛の人にとって、綺麗なストレートヘアは憧れの的。やっとの...

『長い。。』更新プログラムのインストールが終わらない!

『さて、大学の宿題でもしようかな』とPCを立ち上げると「更新...

デスクトップのアイコンの画像を変更する方法

デスクトップにはショートカットアイコンが並んでいますね。この...

車の故障!?ブレーキでハンドルがガクガクする原因は?

車に乗っていてブレーキをかけるとハンドルなどがガクガクと揺れ...

テレビが映らない!?新築一戸建てを購入した場合のアンテナ設置

新築の一戸建てを購入した場合はテレビはそのままでは見ることは...

うつは仕事が怖い病気?

うつは仕事が怖いとよく聞きます。でもそれ以前に何かサインがあ...

地球の内部は未知。中心には何があるのか

科学が進歩した今、様々な情報を知る事が出来ますが、実は地球の...

病院にお見舞いに行くマナーは?夜の場合

病院にお見舞いに行くときは病院で定められている面会時間内でい...

バスケットのルールのタイムアウトをもっと知ろう

バスケットをプレーする人はどのくらいいるのでしょう?自分でプ...

メガネとコンタクトはどっちが疲れにくい?

視力が下がるとメガネかコンタクトをする必要があります。メガネ...

生活保護の受給の金額の平均はいくらぐらい?

病気持ちや障害者、幼い子を抱えた母子など本当に働けない人は生...

水槽の水草は買って来てすぐに枯れる事が多い

水草の種は陸で育ち、日光にもよく当たっています。お店で売られ...

マンションでの猫の飼い方

猫を飼いたい・・・。でも、マンションだし・・・と思っているあ...

着床してからの妊娠超初期症状!お腹の張りってどんな感じ?

妊娠超初期症状でお腹の張りを感じる人がいます。お腹の張りとよ...

機内に持ち込み出来るバッグってどんなバッグ?

旅行や仕事で飛行機を利用する際、注意したいのが機内に持ち込む...

スマホがフリーズ!電池パックがないXperia等はどうしたらいい!?

スマホ本体が熱を持ってフリーズ!ゲームなどに熱中するあまり動...

スポンサーリンク

生徒と教師の信頼関係をつくるには『肯定』が重要

児童生徒の心や気持ちを汲んで接する

児童生徒をほめるにしても叱るにしても,教師本位の気持ちや感情から行ったり,他の児童生徒や周囲の大人たちを優先したりするのではなく,目の前にいる児童生徒を優先する接し方を工夫しなければなりません。児童生徒自身のためにほめたり叱ったりする教師
の接し方が,お互いの信頼関係をつくっていく基本です。

児童生徒を肯定的に見る

他人についての理解を歪める要因の一つに,「光背効果」があります。これは,他者がある側面で望ましい(もしくは望ましくない)特徴を持っていると,その評価を当該人物に対する全体的評価にまで広げてしまう傾向のことです。例えば,学習成績のよい児童生徒は性格や行動面でも肯定的に評価されがちであるのに対して,成績の悪い児童生徒はすべての面で問題があるかのように見られがちになるということです。

児童生徒には,長所も短所もあります。両方をありのままに的確に理解することが大切です。教師が肯定的な見方をすればするほど,そのような姿勢や態度は自然に児童生徒に伝わります。教師が児童生徒をありのままに,また肯定的に見ようとする態度で接することが,人間関係をつくる上での重要な条件の一つです。

引用元-教師と児童生徒との人間関係づくり

そもそも生徒と教師の信頼関係とは何でしょう

仮にわたくし平塚が先生、生徒が田中さんだとすると、、、

田中さん「平塚先生なら私の期待に応えてくれる!」
平塚先生「田中さんならできる!」

このようにお互いが信じ合っている状態を信頼関係が築けている状態とします。
わかりやすくするために少し具体的にするとこんな感じです。

平塚先生に相談すればきっとわかってくれる!
平塚先生に聞けばきっとこの問題は解決する!
平塚先生についていけば大丈夫だ!

つまり、生徒から頼られる存在になります。尊敬されるようになります。指導が入りやすくなります。

逆に信頼関係が築けていないとこんなふうになります。

平塚先生に相談しても無駄だ。
平塚先生に聞いても、ろくな答えは返ってこない。
平塚の話はもう聞かない

つまり、生徒から頼られません。生徒は話を聞いてくれません。生徒から無視されます。どうですか?信頼関係の定義には納得して頂けましたか?

引用元-恩師への道

生徒と教師の信頼関係を築くにはなめられないことが大事

子どもが教師をなめる理由には二種類ある。一つは、子どもが教師に実力がないと判断する場合だ。もう一つは、何をしても教師に叱られないと子どもが思った場合だ。
 あまり叱らないのがよい教師だと思っている人が多い。子どもを理解し、子どもを管理せず、穏やかにやさしく言い聞かせるだけの教師だ。だが、私は間違いだと思っている。
 それは単に、子どもを管理できず、指導するのが怖くて、見て見ぬふりをしているだけだと私は思う。教師が子どもを叱らずにいると、必ず子どもは教師をなめてしまう。
 教える目的は、子どもに好かれることではない。子どもが傷つくことも言わなければならない。教えるとはそんなものだ。
 私は、叱るときには「三回目の原則」を自分に課している。最初から叱ると子どもに、必要以上に怖い教師だと思われてしまって、気軽な関係を築けない。そこで、二度目まで大目に見て、三度目に子どもが目にあまる態度をとったときには、「これまでは、きっとそのうちきちんとやってくれるだろうと思って大目に見ていたが、ちょっとひどすぎる」と言って、かなりきつく叱るわけだ。
 そうすれば、子どもは「この教師を相手になめた態度をとると、大変なことになる」と肝に銘じることになる。そうすれば、その後も気楽に叱れるようになる。

引用元-教育問題の解決方法を考える

生徒と教師の信頼関係を築くには約束を守る

◆信頼を得る方法1: 約束してそれを守る

信頼を得るための一般的な方法として、「約束してそれを守る」というものがあります。教師の場合には、それは、「こうすればこうなります」と説明して「ほら、確かにこうなるでしょう」と結果を見せるということが基本になります。少し例を挙げましょう。

・教師が生徒に「このようにすれば簡単に問題が解けます」と説明して、実際に「ほら、確かに簡単に解けたでしょう?」と見せる。
・上司が部下に「こういうオファーをしたほうが顧客の反応はいい」と説明して、実際に「ほら、確かにいい反応が返ってきただろう」と見せる。

このように、教師が生徒に対して何かを説明した後で、確かにその説明の通りになるのを見せるということです。「説明どおりの結果」を見せるのは、信頼を得るよい方法です。それは小さなことであってもかまいません。自分が生徒の身になって考えれば理解できますね。
 
「確かにあの先生が説明した通りだなあ」
 確かに!上司が言った通りになったな」

生徒がこのように感じてくれれば、教師は生徒の信頼を得ていくでしょう。

引用元-note

生徒と教師の信頼関係は魅力ある教師になること

1 生徒の名前を早く覚えよう

相手の名前を覚えることは,人間関係を築き上げるための第一歩であると言ってよいでしょう。新学期が始まって生徒の名簿を手に入れたら,一刻も早く「顔と名前を一致させる」努力をしましょう。授業だけでなく,学校生活全般のあらゆる機会を利用して生徒の名前を覚えるように心掛けましょう。

2 最初の授業を大切にしよう

「授業が成功するかどうかは,新学期の最初の授業で決まる」と言っても過言ではありません。教育は,教師と生徒という人と人との出会いによって始まるものです。生徒が我々教師に抱く第一印象がその後の授業の成否に大きくかかわってくることを忘れてはなりません。新学期の最初の授業では,「この先生についていけば英語の力を付けることができる」と生徒が感じられる授業を心掛け,生徒の心を引き付けたいものです。

引用元-1 魅力ある教師になるために

まとめ
何においても基本は信頼関係です。信頼できる相手に対しては心を開くことができます。心を開けば、お互いに相手を思いやることができますね。

twitterの反応


https://twitter.com/___K_I_R_I_N___/status/713028306220625920

 - 恋愛・人間関係

ページ
上部へ