日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

携帯スマホを中古でお得に!その手続き方法は?

      2017/12/04

携帯スマホを中古でお得に!その手続き方法は?

携帯の機種変更は2年間契約などでなかなか気軽にはすることが難しいですね。そんな時は中古の携帯でお得に機種変更してみてはいかがでしょうか。今回は中古携帯のメリットとその手続き方法を調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

病院のクラークになるには資格が必要なのか?

病院従事者の中には、医師や看護師、薬剤師などの他にも、手続き...

動物と人間のコミュニケーションの類似点・相違点

人間と人間。人間と動物。動物と動物。コミュニケーションの取り...

フローリングのワックス はがれにくい塗り方・メンテナンス

フローリングがワックスのつやで光沢があると、キレイに見えます...

付き合う時に親への挨拶で心得ておくこと

付き合う2人が親へ挨拶へ行のはどのくらい経ってからが良いの?...

東京~福岡を高速夜行バスで帰りたい時にみるまとめ

東京から福岡、福岡から東京。この長距離を移動する際、あなたは...

飼い犬の介護で仕事を休みたい…こんな時どうしたらいい?

ペットに犬を飼っている人は多いですね。しかし家族同然に暮らし...

スマホの画面にウイルス警告が!その対処法は?

スマホを使っていると急にウィルスの警告が出ることがあります。...

足でも血圧が測定できる?

血圧測定といえば、腕にマンシェットを巻いて測定するイメージは...

熱帯魚の水槽にヒーターを設置する方法

熱帯魚にとって急激な水温の変化はストレスになるようです。その...

関西で国立の中学校を受験!その受験事情とは

国立の中学校は私立に比べて学費が安いので目指している人も多い...

副業中をしたい人は必見!確定申告ってしないといけない?

企業に勤めている人にとって、〝確定申告”という言葉は知っては...

私立の医学部は高い!?学費はどのくらい?

医学部はお金がかかるといったイメージですが、特に私立はものす...

YouTubeで英語のリスニング力をアップ!お勧めのチャンネルは?

YouTubeは世界中で利用されている動画投稿サイトのことで...

家族の一員として犬の散歩のマナーが変化しています

犬は愛情を注げばそれに応えてくれます。今や犬は番犬ではなく、...

市街化調整区域とは?倉庫の建築はできる?

市街化調整区域という言葉を知っていますか?市街化を抑制する区...

顎のニキビがしこりに!その治し方は?

顎にできたニキビがしこりのようになってしまったことはありませ...

Googleへの就職は超難関!?出題される問題とは

Googleへ就職することはとても難しいといわれています。そ...

携帯スマホを中古でお得に!その手続き方法は?

携帯の機種変更は2年間契約などでなかなか気軽にはすることが難...

DVDを再生したら画質が悪い!良くする方法

地上デジタル化で高画質の映像を自宅で見ることが可能になりまし...

管理栄養士になるために大学に入ると予想以上に忙しい!?

将来の夢のために勉強しよう!と大学に入学し、勉学に励もうと思...

スポンサーリンク

中古の携帯のメリットとは

長期契約に縛られない

スマートフォンは価格が高く、新品は6万円から8万円程度が相場になっています。通信会社より購入する場合は、長期契約による割引が適用され、実質価格が2万円から0円になる場合もあります。ただし、途中で解約、または機種変更をしてしまうとこの割引が適用されなくなってしまうため、ユーザーは2年以上は使う必要があります。

スマートフォンは季節毎に新機種が発売され、技術の進歩も早いため、2年間同じ機種を使い続けることは現実的ではありません。そこで中古のスマートフォンを安く購入することで、実質価格に近い金額にて期間に縛られることなく機種変更をすることが可能になります。

長期契約に縛られて窮屈に感じているユーザーに、中古スマートフォンはお勧めです。

2台目として安く運用する

スマートフォンを2台持ちするユーザーも増えています。通信会社の契約のままで2台持ちするのは、月額運用費が倍になってしまい、負担が大きくなります。ドコモユーザーに限定されますが、2台目をドコモの通信網を使った「MVNOサービス」の通信会社を選択することで、月運用費を大幅に節約できます。

MVNOサービスはSIMカードのみを提供する場合がほとんどとなりますので、端末はユーザーが用意する必要があります。その時に便利なのが、中古スマートフォンです。ドコモの中古スマートフォンを入手できれば、MVNOサービスにて、通信のみの運用なら月額1000円以下でも利用可能です。

2台目のスマートフォンの運用を考えているユーザーに、中古スマートフォンはお勧めです。

引用元-AllAbout

機種変更が手軽に!「白ロム」とは?

「白ロム」という言葉は、元々、電話番号が書き込まれていない携帯電話機を指す“専門用語”でした。反対に、電話番号が書き込まれている携帯電話機は「黒ロム」と呼びます。

フィーチャーフォンの頃は、電話番号を直接携帯電話機に書き込んでいたため、これらの言葉が生まれました。

今では、auのごくごく一部の機種を除き、電話番号はSIMカードに書き込むようになりました。結果、SIMカードを入れ替えるだけで機種変更できる便利な時代になりました。

端末自身は電話番号の情報を持っておらず、電源投入時、あるいは再起動時に都度SIMカードから電話番号情報などを読み込んでいます。

そんな仕組みになったおかげで、最近盛り上がっているのが、中古の「白ロム」端末市場。最初は一部の“詳しい”人向け専門店で行われていたものが、中古PCショップ、リサイクルショップ、古本店など、ごく身近なお店でも行われるようになりました。

PCと同様、誰かが使った中古品だけでなく、未使用品(新古品)が販売されていることもあります。いずれにしても、超人気・稀少機種を除いて新品で買うよりも安価に入手することができます。

引用元-androidonavi

中古の携帯を買うときの注意点

「赤ロム」「遠隔ロック」「ネットワーク利用制限」とは何か

 ネットオークションや中古ケータイ店では、盗難や本人確認書類の偽造、ケータイ補償サービスの悪用、前所有者の割賦代金の未払いなど、不正に取得された端末や代金未払いの端末が出回ることがある。その際、キャリアなどが、こうした“不正端末”の利用をストップする措置を取る。この利用停止のことを「赤ロム」「遠隔ロック」「ネットワーク利用制限」などと呼ぶ。

 「赤ロム」や「ネットワーク利用制限」になると、その中古端末を運悪く買ったユーザーが端末を使えなくなってしまう。そこで中古ケータイを扱う店では、「赤ロム」の場合には返金や同等品への交換を行う補償サービスを実施しているところが多い。

引用元-日経トレンディネット

auの場合は手続きが必要!

白ロムや中古携帯電話を利用する上で注意しなければいけないのがキャリアがauの場合です。
ドコモやソフトバンクの場合には端末を購入してきてSIMカードを差し替えれば何も手続きすることなくそのまま使うことが出来ますが、auの場合はそれでは使用することは出来ません。

auはICカードであるSIMカードの情報と携帯電話の端末が紐付けられています。
そのため白ロムや中古ケータイを入手して、ICカードを差し替えただけでは携帯電話に記憶されているICカードと異なるために使用できないという仕組みとなっています。
余談ですがauの携帯電話はこの仕組みのためにセキュリティが守られているため、一時期多かった携帯電話の大量盗難事件がほとんどありませんでした。

利用するためにはauショップへ端末を持ち込んでICカードの情報を書き換えてもらうことで使用可能となります。
その場合に行う手続きは新規契約(手数料2,700円)か機種変更(手数料2,000円)のいずれかとなります。
どちらの場合にも手数料が必要となるので注意してください。

引用元-中古携帯電話・白ロムでお得に機種変

自分の携帯を売るときにするべき手続き

 中古ケータイを売る前には、端末内のデータをすべて消去することが必要だ。一般的には、端末に備わっている削除機能を使えば、データはすべて消えて復元できないとされている。

 ただしおサイフケータイ系の決済アプリは、端末の操作ではうまく削除できないこともある。この場合は、キャリアショップに持ち込んで消去しなければいけないため、注意が必要だ。

 なお、中古ケータイ店によっては、担当者が再度チェック・消去したり、専用の消去ソフトを使うなど、データ消去に万全を期すところもある。

引用元-日経トレンディネット

まとめ
中古の携帯をネットなどで買うときは注意が必要ですね。お得に機種変更したい人は試してみてはいかがでしょうか。

twitterの反応


https://twitter.com/oudontsurutsuru/status/484153524222038016

 - 雑学

ページ
上部へ