日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

熱帯魚の水槽にヒーターを設置する方法

      2017/12/08

熱帯魚の水槽にヒーターを設置する方法

熱帯魚にとって急激な水温の変化はストレスになるようです。そのため冬は水槽にヒーターを設置して水の保温をしないといけません。ヒーターの設置方法と注意点を調べましたので紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

病院のクラークになるには資格が必要なのか?

病院従事者の中には、医師や看護師、薬剤師などの他にも、手続き...

動物と人間のコミュニケーションの類似点・相違点

人間と人間。人間と動物。動物と動物。コミュニケーションの取り...

フローリングのワックス はがれにくい塗り方・メンテナンス

フローリングがワックスのつやで光沢があると、キレイに見えます...

付き合う時に親への挨拶で心得ておくこと

付き合う2人が親へ挨拶へ行のはどのくらい経ってからが良いの?...

東京~福岡を高速夜行バスで帰りたい時にみるまとめ

東京から福岡、福岡から東京。この長距離を移動する際、あなたは...

飼い犬の介護で仕事を休みたい…こんな時どうしたらいい?

ペットに犬を飼っている人は多いですね。しかし家族同然に暮らし...

スマホの画面にウイルス警告が!その対処法は?

スマホを使っていると急にウィルスの警告が出ることがあります。...

足でも血圧が測定できる?

血圧測定といえば、腕にマンシェットを巻いて測定するイメージは...

熱帯魚の水槽にヒーターを設置する方法

熱帯魚にとって急激な水温の変化はストレスになるようです。その...

関西で国立の中学校を受験!その受験事情とは

国立の中学校は私立に比べて学費が安いので目指している人も多い...

副業中をしたい人は必見!確定申告ってしないといけない?

企業に勤めている人にとって、〝確定申告”という言葉は知っては...

私立の医学部は高い!?学費はどのくらい?

医学部はお金がかかるといったイメージですが、特に私立はものす...

YouTubeで英語のリスニング力をアップ!お勧めのチャンネルは?

YouTubeは世界中で利用されている動画投稿サイトのことで...

家族の一員として犬の散歩のマナーが変化しています

犬は愛情を注げばそれに応えてくれます。今や犬は番犬ではなく、...

市街化調整区域とは?倉庫の建築はできる?

市街化調整区域という言葉を知っていますか?市街化を抑制する区...

顎のニキビがしこりに!その治し方は?

顎にできたニキビがしこりのようになってしまったことはありませ...

Googleへの就職は超難関!?出題される問題とは

Googleへ就職することはとても難しいといわれています。そ...

携帯スマホを中古でお得に!その手続き方法は?

携帯の機種変更は2年間契約などでなかなか気軽にはすることが難...

DVDを再生したら画質が悪い!良くする方法

地上デジタル化で高画質の映像を自宅で見ることが可能になりまし...

管理栄養士になるために大学に入ると予想以上に忙しい!?

将来の夢のために勉強しよう!と大学に入学し、勉学に励もうと思...

スポンサーリンク

水槽に設置するヒーターの種類

ヒーターを選択するにあたっての注意点としては
①目的に応じた使用しやすいヒーターを選択する
②水槽の大きさに合った正しいワット数のヒーターを使用する
③突然壊れるヒーターには予備を持って備える(ヒーター部分の寿命は半年から3年)
が最も重要です。

①の目的に応じたヒーターの選択として
ヒーターには
・温度固定オートヒーター
・温度可変式オートヒーター
・セパレート式サーモスタット&ヒーター
と言う大まかな種類があります。

引用元-AQUA RISE

設置するヒーターの役割

ヒーターでできること

ヒーターでできることはまさに水を加熱して水温を上げることです。ヒーターに電気を流すと、ヒーター内部の電熱線が発熱し、周囲の水を加熱するというのが一般的な仕組みですね。

注意すべきはヒーターには加熱しすぎた水を冷やす機能はありませんし、そもそもどれくらい加熱したかを検知する機能もありません。ヒーターを制御して水温を管理するのは、次に紹介するサーモスタットの役割です。

サーモスタットでできること

サーモスタットは上にも書いたように、水温を適切な範囲に管理するためにヒーターの制御を行います。温度センサーと電子回路から構成されており、センサーで指定された水温を基準にヒーターの電源のオン/オフをコントロールします。指定された温度を下回るとヒーターの電源を入れ、上回るとヒーターの電源を切るという感じです。

つまり水槽の水はヒーターで加温され、ヒーターのオンオフはサーモスタットが管理しているのです。水温を下げる機能は基本的にはなく、ヒーターがオフになっていれば自然に水温が下がってきて、またサーモスタットがヒーターの電源を入れるというようなことが繰り返されているわけです。

引用元-AquaTurtlium

水槽にヒーターを設置する方法

外部式ヒーター縦と横、どちらが正しい?

メーカーによっては横置きを奨励しています。これは水替えの際にヒーター空焚きによるトラブルが起きるのを防ぐ為と思われます。実際にヒーターを設置してみると分かるのですが、60cm水草水槽でヒータを横置きすると結構邪魔に感じます。そんな時は縦置きするか、外部式に接続して使うタイプのヒーター(右写真)を使うのも良いでしょう。ただし、水替えの際には必ず日イーターコンセントを抜いてから作業を行うように十分ご注意を・・・

ヒーターカバーの必要性

石が焼きついたヒーター使われてない方も多いですが白いヒーターを少しでも目立たなくしますし、魚の種類によっては必要不可欠な器具です。その種類とはプレコ、コリドラスなど底面を主に動き回る魚達で、気をつけないと火傷を負ってしまいます。よってこれらの魚達を飼育する際には必ずヒーターカバーを使用しましょう。また、ヒーターカバーにはキスゴムがついていますが、すぐに硬くなります。交換用のキスゴムも50円程度~発売されていますので定期的な交換をオススメします(熱湯でグツグツ煮ると良いらしいですが未確認)。

引用元-魚のきもち

ヒーターの選び方

水槽の大きさとヒーター選びの目安

水槽サイズに対するヒーターの必要なW数の目安は水槽の水量、30リットル~40リットル に対し100W です。よって30cm水槽ですと水量12リットル程度ですので一番小さなワット数のヒーターで問題ありません。60cm水槽になると水量が56リットルから68リットル程度になりますので150Wか200Wのヒーターは用意したいところです。

ただここで言うところの30cm水槽や60cm水槽とはあくまでも規格水槽での水量の話であり近年では様々なスタイルの水槽が販売されているため同じ60cm水槽と言っても形状で水量が変わってくることもありますのであくまでも水量を意識した計算をしてくだい。

引用元-熱帯魚水槽.com

設置する場合の注意点

またヒーターは、設置場所次第で効率が変わったり、まったく水が温められなかったりします。

ヒーターは基本的に、底庄の近く、水槽のできるだけ深い場所に設置しなくてはなりません。
というもの、水槽の中ほどなどに設置すると、そのヒーターの位置より上の水しか温められず、ヒーターより下には冷たいままの水が存在するという水槽内の水の水温が二分される現象が起こったりするのです。

「そんなまさか」と思うかもしれませんが、これは実際に有りうる現象です。
水というものは温めると比重が軽くなり上昇する性質があり、温められた水は上昇していきます。
すると温められた水は水面側に上って溜まっていきその温められた水がヒーター付近まで到達すると、比重の差で温められた水と冷たい水が分離する現象が発生します。

特にこれは水流が緩やかな水槽ほど発生しやすく、逆にエアポンプでのエアレーションを行うような下層から上層への水の流れを発生されるような環境では発生し辛い現象です。
これを避ける為に、ヒーターは出来るだけ水槽内の下の位置に設置する方がよいと言えます。加えて言えば、ある程度の水流は有った方がよい。これはヒーターだけでなくサーモスタットにも言える事です。

引用元-ワサワサブログ

まとめ
熱帯魚を飼うときは水温の急激な変化が起こらないようにきちんと水温管理をしましょう。

twitterの反応


https://twitter.com/kanamayugechan/status/696555488964546560
https://twitter.com/kpby__8/status/696290122610769921


https://twitter.com/otankotanko11/status/687173887558193152

 - 動物・ペット

ページ
上部へ