日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

飼い犬の介護で仕事を休みたい…こんな時どうしたらいい?

      2017/12/10

飼い犬の介護で仕事を休みたい…こんな時どうしたらいい?

ペットに犬を飼っている人は多いですね。しかし家族同然に暮らしている愛犬に介護が必要になったらどうしたらいいのでしょうか。場合によっては仕事を辞めたり休んだりしないといけないこともあるようです。今回は飼い犬の介護について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

日本の言葉の歴史とは?日本語はどうできた?

我々が普段使っている言葉は日本語ですが、この言葉はどうやって...

日本で一番大きいクモって?家の中にいた場合どうする?

日本で一番大きいクモを知っていますか?なんと大きなクモは意外...

彼女が好きって言わないのはなぜ?好きと言わない彼女の心理とは

付き合いだしたのになかなか好きと言ってくれない彼女の心理とは...

中途採用は狭き門!?大学の職員に転職するには

大学職員は大学の運営を広くサポートする仕事です。年収もよく、...

ANAとJALはどっちがお得?目的別の比較

日本の航空会社の大手といえばANAとJALですね。この二つの...

PS3とPS4を買うならどっち?

PS3とPS4のどちらを買うか悩んでいませんか?PS3とPS...

大学を中退したけれど再入学はできますか?

2014年に文部科学省が大学中退者の実態を公表しました。年間...

リンパの流れに合わせて効果的な顔マッサージを

顔のリンパ腺の余分な水分、老廃物の滞りはむくみやたるみの原因...

髪を切り過ぎた…!切った後悔から一刻も早く立ち直る方法

心機一転髪を切ったのは良いけど、イメージと違う…。隠しようが...

洗濯洗剤・柔軟剤の正しい入れ方と使い方

皆さんが使っている洗濯洗剤は、粉タイプですか? 液体タイプで...

左利きでAB型の性格ってどんなですか?

血液型は性格に反映されのでしょうか?とても気になるところです...

自転車に子供を乗せられるのは何歳から?

子供が赤ちゃんのうちはベビーカーか便利です。だんだんと子供が...

精神障害2級ってどんな人が対象?精神障害者手帳を貰うには

精神障害の対象になる人は何らかの精神疾患で日常生活において長...

2016年は台風の年!?台風の進路がおかしいワケ

2016年は台風の当たり年と言われるくらい次々に台風が発生し...

犬のトイレトレーニングには「囲い」を使おう!

犬を飼う上で避けて通れないのが、トイレのしつけ。外飼い予定の...

大学の准教授ってどんな職業?年齢や年収はどのくらい?

大学の役職には准教授というものがあります。この准教授とはどの...

顔パック、安いものでも効果はある?!

数多くの顔パックがドラッグストアや化粧品売り場に並んでいます...

男性が思う結婚の条件とは?どんな女性が理想?

結婚の条件は男女ではそれぞれ少し違うところがあるようです。女...

告白の返事がかわいいと抱きしめられちゃうかも

あなたには大好きな人がいますか?告白されたい方ですか?したい...

車でデートはまだ早い!?上手な断り方とは?

車デートに誘われたとき、女性は何とも思っていない人とはあまり...

スポンサーリンク

飼い犬の介護とは

犬の老後の世話ってどうしたらいいんだろう??

犬を飼っている人は、一度は考える話題だと思います。犬と人間の年齢を比較することはよくありますが、生後1年までは平均20日で1歳。つまり、1年では人間の18歳と考えられ、その後1年ごとに4歳年ずつ歳をとるということらしいです。犬の平均寿命は、大型犬で10歳くらい、小型犬で12~14歳くらいと言われてます。私が以前飼っていた犬も12歳くらいから散歩の時間も短くなり、体力の衰え、足腰の弱りが出てきて、間もなく歩くことが困難になり介護生活が始まりました。

犬の介護ってとても大変です。。

>>いったいいつからどういう備えをしたらいいのか?
>>動けなくなったら?
>>トイレはどうしたらいい?
>>食事を食べてくれなくなったら?

なってからでは遅く、元気なうちにもっと躾をしておけば。。
今でもそう悔やまれます。そんな犬の介護について書いていこうと思います。

引用元-役立つむっくむくの日常

飼い犬の介護で仕事はどうしたらいい?

どちらを選ぶことが正しいかは、誰にも決められないとは存じますが、私でしたら、金銭的な無理がないのでしたら、ワンちゃんの介護を選択します。悲しいことですが、ワンちゃんとの残された時間は、僅かしかないでしょうし、また、後から取り戻せるものでもないと存じます。お仕事がやっと決まって、新たな第一歩を踏み出されたばかりの質問者様が、今、お仕事を辞めるのに躊躇されることは、良く解ります。けれど、大変かもしれませんが、再度また、一歩を踏み出せる可能性はきっとあります。もしかしたら、そのお仕事を見つけることがすごく困難かもしれません。その時、あの時仕事を辞めなければと後悔することもあるかもしれません。けれど、その後悔と、ワンちゃんが亡くなられたとき「もっと、面倒見てあげれば良かった」と思う後悔とを比較したとしたら、2度と戻らず、やり直しも効かない、ワンちゃんとの時を大切にした方が、ご自身も救われるように思います。

私なら、こうするとの私見でしかありません。

引用元-OKWAVE

介護と仕事の両立は大変

 老犬の認知症が原因で、「仕事から帰宅すると、室内を徘徊していた犬が、家具などにぶつかってケガをしていた」「夜鳴きがひどく、集合住宅の近隣住民にも迷惑がかかっているかもしれない」などと、悩む飼い主も少なくないという。

「自分の限界ギリギリまで介護をがんばっている飼い主が多いですね。けれども、入所した犬たちが、介護のノウハウを心得たスタッフと打ち解けて元気に過ごしているのを面会時に見ると、ほっと肩の荷が下りたような表情をされています」

 実際に、群馬県の水上温泉にある施設では、温泉浴をしたり、屋外や室内の広いドッグランで遊んだりするうち、元気を取り戻す犬もいるそうだ。

引用元-dot.

困ったらペット介護士を頼ろう

ペット介護士の資格と仕事

人間の生活が豊かになるにつれペットも大切にされ、医療の進歩とともに長寿になってきました。そんなペットの高齢化で、ペットにも介護が必要になり「ペット介護士」のニーズも高まってきています。実際に老犬の介護ペットシッターや、老犬デイサービスなど人間の介護と同様のペット向けサービスも始められています。そのような介護の場では、ペットに対する正しい知識や健康面のケア、食餌や排泄の介助など幅広い技能が求められます。

また、ペットの高齢化にともない、自分のペットの最期を看取るために、飼い主自身がペットの介護の知識を学習したいという気持ちから講座を受講されるケースも少なくありません。動物病院ではもちろん、近年必要性が高まってきた老犬ホーム、ペットショップ、ペットシッター、ペットホテルなどのペット関連施設での活躍が期待されています。また、施設系だけではなく自宅に介護士が訪問する「訪問介護」など、人間並みの介護サービスが受けられるようになって来ています。愛するペットの最期を看取りたいという飼い主の意識の高まりは今後も続いていくでしょう。

引用元-ペット介護士の資格と仕事

ペット介護士になるには

老犬介護士(日本キャリア教育技能検定協会)

老犬介護士は、日本キャリア教育技能検定協会(JCSA)による資格制度で、「老犬介護士養成専門講座」修了者で、認定課題にて一定水準の知識、技能を満たした者に与えられます。資格取得には認定校での学習・試験・実技が一般的です。

日本ケンネルカレッジ

ペット資格通信専門学校「日本ケンネルカレッジ」による養成講座は、認定校のひとつです。
通信講座と自宅試験でマスターライセンスの取得が可能、実技スクリーニングと認定試験に合格すればインストラクターライセンスの取得が可能です。就職や開業支援も積極的に行われています。

老犬介護士(JAPeT)

こちらは、開業までを視野に入れている方向けの資格制度。自宅学習や実習、開業まで、そして開業後の顧客対応までを含めた内容を「講座」として設けています。いきなり「独立開業」となるとハードルは高く感じますが、実際に開業されている方も多くいらっしゃったり、また、既存サービスに+αされて活動されている方も多くいらっしゃるようです。

小動物介護士・小動物看護士・ペットシッター(日本ペット技能検定協会)

トリマーや販売士等、ペットに密接な様々な資格制度を設けている検定団体。中でも、老犬介護に役立つ、小動物介護士・小動物看護士・ペットシッターの3つの資格を取得できるのが、ヒューマン・アカデミーによる動物介護士講座です。

希望者は、現役シッターと共に実際にお客様のご自宅を訪問する実技研修を受ける制度や就職・転職サポートが受けられます。老犬の介護だけではなく、動物病院での獣医のアシスタントとしても生かせる資格となります。

引用元-わんちゃんホンポ

高齢者が高齢のペットを介護する現状

専門職の手を借りる事で、老衰していく状態を少しでも過ごしやすく生活させるというのが目的になります。最近はペット介護の実態というようなメディアでの特集を見かけるようになりました。そして人間の高齢者が同じように高齢になったペットを介護するという状態にあります。ペットと言っても大切な家族の一員という考え方が強くなっています。特に犬はペットの種類でも一番多いのが分かります。最後まで責任を持ってお世話する事が、ペットを飼う最低限のマナーだと思います。

引用元-ペット(犬・猫)について学ぼう

まとめ
家族同然に生活していたペットを最後まできちんと看取るのは飼い主の義務ですが、一人で悩まずに介護士に頼るのも必要ですね。

twitterの反応

https://twitter.com/hyouhyoh/status/718387489271115776
https://twitter.com/wildboarpig/status/713283652998705153


https://twitter.com/guruguruguru365/status/707845282029899776

 - 動物・ペット

ページ
上部へ