日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

飼い犬の介護で仕事を休みたい…こんな時どうしたらいい?

      2017/12/10

飼い犬の介護で仕事を休みたい…こんな時どうしたらいい?

ペットに犬を飼っている人は多いですね。しかし家族同然に暮らしている愛犬に介護が必要になったらどうしたらいいのでしょうか。場合によっては仕事を辞めたり休んだりしないといけないこともあるようです。今回は飼い犬の介護について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

前髪はストレートアイロンでセット!まっすぐも流すのも思いのまま!

前髪のセットにストレートアイロンが便利だと知っていますか?ス...

警察官になるには ~女性はどのくらい体力が必要?~

様々な犯罪事例が増えるにつれ、需要が拡大している女性警察官。...

顔の湿疹が治らない!その原因と対策は?

顔に湿疹ができるとなかなか治らないことがあります。顔にできる...

外国人もびっくり?水道水が飲める日本ってすごい?

水道水を安全に飲める国は世界でもそこまで多くないようです。外...

家でも仕事でもストレスが溜まる?ストレスを発散するには

仕事のストレスを家に持ち込むことは良くないので、外でなるべく...

太陽光発電の営業は注意!?モニター商法とは

太陽光発電の導入を検討している人は多いのではないでしょうか?...

着るだけで電気代の節約!着る毛布の魅力とは

着る毛布というもの注目されているのを知っていますか?着る毛布...

頭痛は病院に行くべき?でも何科へ?

頭痛で悩んでいる人は結構多いですよね。薬を飲んでも耐えれない...

土地購入のタイミングはいつ?土地購入のポイント

マイホーム建築の為に土地を購入するのは人生で最大の買い物です...

車のキズはどこまで自分で修理できる

車のちょっとしたキズ、気になるけど修理に出すほどでもない…。...

目の検査で赤と緑でわかることとは

眼鏡やコンタクトを作る際の視力検査で必ず赤と緑の見え方の検査...

地震が起きた時、家の中で安全な場所は?

現在、日本全国どこでどのタイミングで地震が起こるかわからない...

中国で犬を飼うのが流行ってる?中国のペット事情

最近の中国では犬などのペットを飼うことがステータスになってい...

胃がムカムカする原因は?続く場合の病気とは

胃がもたれてムカムカすることがありますね。原因のほとんどは暴...

台湾で命を懸けた日本人 今も尊敬される水利技師

台湾では多くの人が知っている、学校の教科書にも登場する日本人...

アメリカの高校で行われる主な行事

アメリカの学校では、日本では考えられないような行事が行われて...

粉瘤って何?足にできたら手術をする?

粉瘤というものを知っていますか?皮膚の下にできる袋で、中には...

妊娠中の風邪!熱、鼻水、咳どうしたらいい?

妊娠中は実は免疫力が低下しているために風邪を引きやすいのです...

猫が飼い主を噛むのは何故?朝の場合はどういう意味?

飼っている猫に噛まれた経験はありますか?猫が飼い主を噛むのは...

ベッドのマットレスにカビが生えたらどうする?

ベッドのマットレスは敷きっぱなしにしているとカビが生えること...

スポンサーリンク

飼い犬の介護とは

犬の老後の世話ってどうしたらいいんだろう??

犬を飼っている人は、一度は考える話題だと思います。犬と人間の年齢を比較することはよくありますが、生後1年までは平均20日で1歳。つまり、1年では人間の18歳と考えられ、その後1年ごとに4歳年ずつ歳をとるということらしいです。犬の平均寿命は、大型犬で10歳くらい、小型犬で12~14歳くらいと言われてます。私が以前飼っていた犬も12歳くらいから散歩の時間も短くなり、体力の衰え、足腰の弱りが出てきて、間もなく歩くことが困難になり介護生活が始まりました。

犬の介護ってとても大変です。。

>>いったいいつからどういう備えをしたらいいのか?
>>動けなくなったら?
>>トイレはどうしたらいい?
>>食事を食べてくれなくなったら?

なってからでは遅く、元気なうちにもっと躾をしておけば。。
今でもそう悔やまれます。そんな犬の介護について書いていこうと思います。

引用元-役立つむっくむくの日常

飼い犬の介護で仕事はどうしたらいい?

どちらを選ぶことが正しいかは、誰にも決められないとは存じますが、私でしたら、金銭的な無理がないのでしたら、ワンちゃんの介護を選択します。悲しいことですが、ワンちゃんとの残された時間は、僅かしかないでしょうし、また、後から取り戻せるものでもないと存じます。お仕事がやっと決まって、新たな第一歩を踏み出されたばかりの質問者様が、今、お仕事を辞めるのに躊躇されることは、良く解ります。けれど、大変かもしれませんが、再度また、一歩を踏み出せる可能性はきっとあります。もしかしたら、そのお仕事を見つけることがすごく困難かもしれません。その時、あの時仕事を辞めなければと後悔することもあるかもしれません。けれど、その後悔と、ワンちゃんが亡くなられたとき「もっと、面倒見てあげれば良かった」と思う後悔とを比較したとしたら、2度と戻らず、やり直しも効かない、ワンちゃんとの時を大切にした方が、ご自身も救われるように思います。

私なら、こうするとの私見でしかありません。

引用元-OKWAVE

介護と仕事の両立は大変

 老犬の認知症が原因で、「仕事から帰宅すると、室内を徘徊していた犬が、家具などにぶつかってケガをしていた」「夜鳴きがひどく、集合住宅の近隣住民にも迷惑がかかっているかもしれない」などと、悩む飼い主も少なくないという。

「自分の限界ギリギリまで介護をがんばっている飼い主が多いですね。けれども、入所した犬たちが、介護のノウハウを心得たスタッフと打ち解けて元気に過ごしているのを面会時に見ると、ほっと肩の荷が下りたような表情をされています」

 実際に、群馬県の水上温泉にある施設では、温泉浴をしたり、屋外や室内の広いドッグランで遊んだりするうち、元気を取り戻す犬もいるそうだ。

引用元-dot.

困ったらペット介護士を頼ろう

ペット介護士の資格と仕事

人間の生活が豊かになるにつれペットも大切にされ、医療の進歩とともに長寿になってきました。そんなペットの高齢化で、ペットにも介護が必要になり「ペット介護士」のニーズも高まってきています。実際に老犬の介護ペットシッターや、老犬デイサービスなど人間の介護と同様のペット向けサービスも始められています。そのような介護の場では、ペットに対する正しい知識や健康面のケア、食餌や排泄の介助など幅広い技能が求められます。

また、ペットの高齢化にともない、自分のペットの最期を看取るために、飼い主自身がペットの介護の知識を学習したいという気持ちから講座を受講されるケースも少なくありません。動物病院ではもちろん、近年必要性が高まってきた老犬ホーム、ペットショップ、ペットシッター、ペットホテルなどのペット関連施設での活躍が期待されています。また、施設系だけではなく自宅に介護士が訪問する「訪問介護」など、人間並みの介護サービスが受けられるようになって来ています。愛するペットの最期を看取りたいという飼い主の意識の高まりは今後も続いていくでしょう。

引用元-ペット介護士の資格と仕事

ペット介護士になるには

老犬介護士(日本キャリア教育技能検定協会)

老犬介護士は、日本キャリア教育技能検定協会(JCSA)による資格制度で、「老犬介護士養成専門講座」修了者で、認定課題にて一定水準の知識、技能を満たした者に与えられます。資格取得には認定校での学習・試験・実技が一般的です。

日本ケンネルカレッジ

ペット資格通信専門学校「日本ケンネルカレッジ」による養成講座は、認定校のひとつです。
通信講座と自宅試験でマスターライセンスの取得が可能、実技スクリーニングと認定試験に合格すればインストラクターライセンスの取得が可能です。就職や開業支援も積極的に行われています。

老犬介護士(JAPeT)

こちらは、開業までを視野に入れている方向けの資格制度。自宅学習や実習、開業まで、そして開業後の顧客対応までを含めた内容を「講座」として設けています。いきなり「独立開業」となるとハードルは高く感じますが、実際に開業されている方も多くいらっしゃったり、また、既存サービスに+αされて活動されている方も多くいらっしゃるようです。

小動物介護士・小動物看護士・ペットシッター(日本ペット技能検定協会)

トリマーや販売士等、ペットに密接な様々な資格制度を設けている検定団体。中でも、老犬介護に役立つ、小動物介護士・小動物看護士・ペットシッターの3つの資格を取得できるのが、ヒューマン・アカデミーによる動物介護士講座です。

希望者は、現役シッターと共に実際にお客様のご自宅を訪問する実技研修を受ける制度や就職・転職サポートが受けられます。老犬の介護だけではなく、動物病院での獣医のアシスタントとしても生かせる資格となります。

引用元-わんちゃんホンポ

高齢者が高齢のペットを介護する現状

専門職の手を借りる事で、老衰していく状態を少しでも過ごしやすく生活させるというのが目的になります。最近はペット介護の実態というようなメディアでの特集を見かけるようになりました。そして人間の高齢者が同じように高齢になったペットを介護するという状態にあります。ペットと言っても大切な家族の一員という考え方が強くなっています。特に犬はペットの種類でも一番多いのが分かります。最後まで責任を持ってお世話する事が、ペットを飼う最低限のマナーだと思います。

引用元-ペット(犬・猫)について学ぼう

まとめ
家族同然に生活していたペットを最後まできちんと看取るのは飼い主の義務ですが、一人で悩まずに介護士に頼るのも必要ですね。

twitterの反応

https://twitter.com/hyouhyoh/status/718387489271115776
https://twitter.com/wildboarpig/status/713283652998705153


https://twitter.com/guruguruguru365/status/707845282029899776

 - 動物・ペット

ページ
上部へ