日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

日本の入国審査は厳しい!?その現状とは

      2017/12/13

日本の入国審査は厳しい!?その現状とは

海外の人が日本へ入国しようとしたら事前にビザを申請しないといけません。その時の入国審査が日本は厳しいといわれていますが、実際はどうなのでしょうか。今回は日本の入国審査について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

インフルエンザの予防接種の料金はいくら?

冬になるとインフルエンザの予防接種を受ける人は多いかと思いま...

働く日は週3日必要!?パートで保育園に預ける場合

保育園に子供を預けて働く場合、パートでも預けることはできるの...

子供の習い事の送迎で友達とトラブル

子供が習い事をする場合、欠かせないのが送迎です。中には一人で...

簿記の資格を取りたい!勉強はどんな場所でするのがおすすめ?

簿記の資格を取得するために、独学で勉強している人は多いのでは...

彼氏との記念日のプレゼントに手作りアルバムを作ってみよう!

彼氏との記念日には特別なプレゼントを贈りたいですね!そんな時...

日本は税金をとりすぎ!?外国と比べらどう?

日本に住んでいる人は、国に定められた様々な税金を払っています...

介護の仕事は大変!男性の場合いつまで働ける?

介護の仕事には昔は女性が就くことが多かったようですが、最近は...

大学院の試験に向けてどんな勉強をしたらいい?

大学院の試験はどのようなものかあまり知られていないようです。...

白内障の手術は怖い?どんな手術をする?

白内障は高齢の方に現れやすい現象で、進行すると視力が低下しま...

警察の番号はなぜ110番?かけるときの注意点

事件や事故などに遭遇した場合は、警察に連絡をしますね。警察の...

奨学金の返済が残っているけど結婚出来る?

大学時代に奨学金を借りて通っていた人は多いのではないでしょう...

マイナンバーを職場に出すときはどうする?通知カードのコピーは可?

勤務先で、社会保険や年末調整の手続きをするときはマイナンバー...

手術中に麻酔が切れる!?切れた場合の影響とは?

手術をする場合は、手術によっては局所麻酔か全身麻酔をかけます...

パソコンを廃棄する時は注意!HDDはどうしたらいい?

パソコンを廃棄するときは、パソコンの中のデータを消さないとい...

親が再婚したら子供の苗字はどうなる?変わる場合と変わらない場合

親が離婚した場合、子供の苗字はそのままでは変わることがありま...

ディズニーランドのチケットの種類とは?日にちの変更は可能?

ディズニーランドに入園するには当然チケットが必要になります。...

ドラムの練習はどうやったらいい?初心者におすすめの方法

ドラムの練習は自宅ではなかなか難しいですね。しかし何事も練習...

神社を参拝するのに適した時間は?夕方はどう?

神社を参拝するときの参拝の作法を知っている人は多いと思います...

ディーゼルとガソリンを間違えて入れるとどうなる?

ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの違いを知っていますか?...

甲状腺に異常が起きるとでる症状とは?咳がある場合は?

甲状腺は、身体のホルモンの調整を行う、重要な器官です。もしこ...

スポンサーリンク

入国審査はどう判断している?

(入国者の)国籍によって、厳しいとか、甘いとかはあり得ます。
中国とか、中東地域、南米、東南アジアなどは、日本の入国審査は厳しくなります。それは、嘘をついたり、偽造の文書を提出して上陸許可をもらった後、不法就労する者が多いからです。入国する国によって、厳しいとか甘いとかもあり得ます。東南アジアや韓国などは、日本人にとって甘い国でしょう。最近のヨーロッパなどは日本人にも厳しくなっているとの話もあります。

日本の入国審査官は、審査する事柄が法律(入管法第7条)によって決められていますが、基本的に上陸許可条件に合致しているかどうかは、本人に立証責任を課していますので、それが立証できないと入国審査官が判断すれば上陸を拒否することができるようになっています。入国審査官の気分はあまりありませんが、外国人本人の挙動や、目つきなどは当然観察します。

また、個人の好き嫌いで、拒否したりできない仕組みになっています。なぜなら、口頭審理や法務大臣への異議申出というような(不服申し立て)制度が整備されているからです。

引用元-YAHOO!知恵袋

厳しい!?日本への入国審査

■出入国の公正な管理とは?

出入国の公正な管理の具体的な内容は、日本人の場合と外国人の場合とで異なります。

日本人の場合、出入国の公正な管理は、出国の確認と帰国の確認が主な内容で、まさに出たり入ったりしたことの確認ということになります。その際、パスポートにハンコをもらうわけです。

これに対して外国人の場合、入国の審査、在留の管理、退去強制手続の実施といったものも出入国の公正な管理の内容に含まれることになります。

外国人の入国の審査は、問題のある外国人が日本に上陸しないよう、入国審査官がパスポートやビザを確認し、また上陸のための条件を満たしていない外国人の日本上陸を拒否する手続です。

引用元-シェアしたくなる法律相談所

日本入国のためのビザの申請

査証(ビザ)の申請は、原則として、申請者の居住地を管轄する日本国大使館/総領事館において、申請人本人が行います(中国やフィリピンなどは、日本国大使館/総領事館が承認した代理申請機関において申請する場合があります)。

申請に必要な書類は、渡航目的や国籍などによって異なります。

査証(ビザ)は、原則として1回の入国に限り有効です。ビザの有効期間は、発給の翌日から起算して3ヶ月間です。ただし、ビジネス旅行者等に対して、数次有効の査証(マルチプル・ビザ)を発給することがあります。この有効期間は1~5年間で、有効期間中であれば何回でも使用できます。通過査証(トランジット・ビザ)には、2回有効の査証があります。この有効期間は4ヶ月間です。

引用元-日本のビザについての説明

日本へ長期滞在するための申請

また、日本に90日以上の長期の滞在を希望する場合には2通りの方法があります。1つ目は、外国人が直接在外日本大使館や領事館でビザ申請をする方法です。2つ目は、日本側で事前に在留資格認定証明書をとって、それを外国人に送付してビザの申請をする方法です。

①外国人が直接在外日本大使館や領事館でビザ申請をする方法
外国人が直接在外日本大使館や領事館でビザ申請をする方法はあまり一般的には行われていません。在外の日本大使館等から日本の外務省へ書類を送り、外務省から法務省へ、そして法務省から入国管理局へと協議しながら審査がおこなわれますのでビザ発行までに非常に時間がかかります。

②日本側で事前に在留資格認定証明書を取り外国人に送付してビザの申請をする方法
日本側で事前に在留資格認定証明書を取り外国人に送付してビザの申請をする方法、は婚姻などにより、日本人の配偶者等という在留資格を持つ外国人が日本人配偶者を通してビザの交付申請を行う方法です。在留資格認定証明書の交付申請はこの場合、日本の配偶者の住所地を管轄する地方入国管理局行われることになります。そして、申請から交付までの期間は1ヶ月から3ヶ月程度かかります。

この証明書があれば、在外の日本大使館等での日本の長期滞在用ビザの発行手続きがスムーズに運びます。また、日本での上陸審査も速やかに完了します。上陸審査に合格すると、パスポートに上陸許可の証印が押され、日本人の配偶者等という在留資格と在留期限が記載され、入国手続きが完了します。

引用元-外国人会社設立.com

ヨーロッパの日本!?イギリスの厳しい入国審査

ヨーロッパ内での国の行き来は、特にパスポートチェックなしで可能な国とそうでない国が存在する。それには明確な理由があるのだが、そこは割愛。今回お伝えしたいことは、イギリスの入国審査の難しさだ。イギリス以外のヨーロッパの人たちにとって、イギリスの入国審査を攻略するのはとても難しいという。ヨーロッパの日本と言っていいほど、外国人の不法滞在に対して厳しく取り締まっているのだ。

一部のヨーロッパ人たちはパスポートがなくてもIDカードさえあればイギリスに行けるのだが、それでも「ダメ」と言われればおしまいで、入国を拒否されることが毎日のようにある。一度拒否をされたら同上はなく、断固として入国できない。悲しいのは、イギリス本土に渡ってからOKかNGかを言い渡されるため、入国拒否をされた人たちはまた海を渡って自国に帰らなくてはならない(もちろん運賃は自腹である)。

引用元-ROKET NEWS24

日本がビザを免除している国

●日本がビザを免除している国は67か国

 やはりイロリオによると、日本が条件付きを含めてビザを免除している国は、67か国だそうです。

 欧米などを除くと、日本は中南米へのビザ免除が目立っているようです。アルゼンチンを始め、12か国とのこと。その他は、東アジアで9か国、中東で2か国(イスラエル、トルコ)、アフリカの3か国(チュニジア、モーリシャス、レソト)。アフリカは有名国ではなく、マイナーな国になっているというのが興味深いです。

 イロリオは、政府が”2020年の訪日外国人観光客2000万人を目標”としているため、”ビザの免除国を増やす傾向にある”ことを指摘しています。その上で、アメリカと韓国としか犯罪人引き渡し条約を結んでいないので、「慎重に考えて欲しい」としていました。

引用元-千日ブログ ~雑学とニュース~

まとめ
日本の入国審査は厳しいといわれていますが、何かと物騒な時期なので審査は厳しくならざるを得ない気もします。

twitterの反応


https://twitter.com/iN4BA__SR_/status/710255328655314947


https://twitter.com/Unkowoman801/status/672716524554072065
https://twitter.com/pipipi_sensei/status/671187471095300096

 - 海外・国際

ページ
上部へ