日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

イオンでペットの葬儀ができる!その内容とは

      2017/12/19

イオンでペットの葬儀ができる!その内容とは

飼っていたペットが亡くなったときはどうしたらいいのでしょうか。ペットも亡くなった場合は火葬して埋葬する必要があります。そんな中イオンがペット葬祭事業を始めました。今回はイオンのペットの葬儀について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

小学校の先生が異動!異動はどう決まる?

小学校でお世話になった先生が急に異動になってしまうことはよく...

ゆうちょ銀行のATM引き出し限度額はいくら?

ゆうちょ銀行は国内の都道府県に必ずあり、今はコンビのATMで...

日本で行方不明になっている子供について

日本では行方不明になっている子供が5000人以上いるといわれ...

一生住みたい気になるマンションの建て替えと築年数

気軽に暮らせそうなマンションですが、安全性を考えると考慮すべ...

天橋立の観光を子供と楽しむためにお勧めのところ

天橋立は魅力の宝庫です。子供と一緒に観光したり、遊んだり、体...

フェイスブックのアカウントが凍結するのはなぜ?

フェイスブックを利用している方はとてもたくさんいますよね。利...

生理前にイライラ!育児を上手に乗り切るには

生理前は気分が落ち込んでイライラしたりするものです。しかし育...

バスの座席のいろんなマナー総解り


初めて会社で貸し切りのバスの旅行の幹事になった時...

告白の返事がありがとう…それはどんな意味?

女性が「好きです」と告白をして相手の返事が「ありがとう」だっ...

アメリカの大統領の顔が彫ってある岩山とは!?

アメリカ大統領の顔が彫ってある岩山の映像を見たことがある人も...

犬が人間の赤ちゃんに優しくするのはなぜ?

動画サイトには、かわいい犬や赤ちゃんの動画がたくさんUPされ...

京都の修学旅行で団体行動の時のおすすめランチ

京都は修学旅行のメッカです。学習の一環としてグループに分かれ...

LINEバイトのCMに出ている女の子は誰?

LINEバイトというサービスを知っていますか?LINEバイト...

家賃の滞納とブラックリストの関係

家賃の滞納は大家さんにとても迷惑が掛かります。また、不動産会...

100均の観葉植物を植え替えておしゃれなインテリアに!

100均にはいろいろなものが売っていますが、観葉植物も売って...

高校の入学式は何を着る?母親におススメの服装

子供の成長は早いもので、あっという間に高校生になってしまいま...

源泉徴収票を就職先に提出!?アルバイトの源泉徴収票はどうしたらいい?

就職をすると就職前にしていたアルバイトなどの源泉徴収票の提出...

横浜観光を子供連れで楽しもう!

子供と一緒に旅行へ行くのは思い出作りにもとっても楽しみなこと...

正月は旦那の実家へ帰省する?正月の過ごし方

年末や正月には実家へ帰省する人が多いですね。結婚している場合...

住民税の普通徴収って何?納付書はいつ届く?

住民税の支払い方法は二種類あり、特別徴収と普通徴収があります...

スポンサーリンク

ペットが亡くなったらどうする?

9月に施行される改正動物愛護管理法では、ペットの飼い主の責務として、最後まで適切に飼育すること(終生飼養)が明記された。一方、ペットが死亡した後の亡きがらは、衛生面などを考慮して適切に処理される必要がある。公園や河川など公共の場や、他人の土地などに勝手に埋めたり、捨てたりすれば、不法投棄に該当する可能性もある。

 飼い主が適切に処理できない場合、イヌやネコといった一般的なペットであれば、多くの自治体が、清掃事務所などを通じて有料で引き取り、合同で火葬、埋葬してくれる。例えば、東京都中央区の場合、体重25キロ・グラムの動物まで受け付け、手数料は1頭2600円だ。

 最近は「ペットは家族の一員」という認識の高まりから、専門業者による手厚い葬儀を希望する飼い主も増えている。ペットを弔うと同時に、飼い主がその死を受け入れ、気持ちの区切りをつけることは、悲しみから立ち直るためにも重要とされる。

引用元-yomiDr.

イオンが始めたペットの葬儀

イオンは31日、ペット葬祭事業「イオンのペット葬」を9月1日に始めると発表した。2009年に参入した葬儀事業で強みとする「明瞭価格」をペット葬儀でも導入。ペットの飼育頭数が子供の数を上回る水準で推移するなか、ペット葬祭の潜在ニーズを掘り起こす。

 イオンの専用コールセンターで葬祭の申し込みを24時間態勢で受け付け、提携先の霊園を紹介する。9月1日から対応可能なのは首都圏と近畿圏で、来春をめどに中部と北海道に拡大、順次全国へ広げていく。

 葬式プランは各地域の風習によって異なる。首都圏で小~中型犬を個別葬する場合の価格は、死骸の引き取り、僧侶による読経、火葬、納骨のセットで3万~3万2000円。猫やウサギは3万円で、追加料金は発生しない。

 これまでペットの死骸は自治体による引き取り処分などが主で、同社によると、年間約135万件のうち供養が行われているのは半数にも満たないという。個人で直接霊園などに依頼すると価格が不明瞭な場合もあるなど、敷居が高い側面もあった。

引用元-msn産経ニュース

ペット葬儀のブランド化とは

独自のブランドは既に存在

当サイトでも「ペット葬儀マップの信頼価格」という独自のブランドを提供していますが、加盟をアピールする事で、信頼性を高めるブランドを提供しているところはいくつかあります。「アストロペットメモリアルのトリプルAセーフ」や「ペット葬儀・霊園ネットの安心マーク」などはペット葬儀業界ではよく見かけます。

これらのブランドは一部ではとても有名ですが、どちらも一般的には知られている会社ではありませんので、ペット葬儀に普段触れない方は、知る事はないでしょう。これらのブランドはイオンと同じように独自の基準を設けており、その基準を満たせる葬儀社であれば申請でき、加盟が認められればホームページなどでロゴを張ったりしてアピールできます。

ブランドの威力

元々不明瞭なイメージのあるこの業界にとって、ブランドによる好感度アップは大きいです。特に、イオンでは除外されていたりする、火葬車を利用している葬儀社はなかなか安心・安全をアピールできませんので、何らかのグループやブランドに入っている事が大切です。

イオンでは50の基準を設けているそうですが、HPからは9つほどしか確認できません。普通なら項目は全て出すのですが、おおよそたまに存在する本当に50の基準をチェックするお客様に突っ込まれないように書いていないのかもしれません。先に紹介した「トリプルAセーフ」「安心マーク」は50もの基準はありませんが、内容は全て書かれています。

葬儀というのはあまり広告が打てない業種だったものですから、第三者がブランドを立ち上げ、紹介という形で宣伝を行うのが、自然なのかもしれません。

引用元-ペット葬儀マップ

イオンのペット葬儀はどんな葬儀?

イオンライフは2012年にペット葬の紹介事業をスタートし、現在は全国25都道府県の35施設と提携して、ペットを亡くし、しっかりと弔ってあげたいと考えている飼い主を対象に24時間体制で葬儀を執り行う施設を紹介している。

 その一つ、東京近郊のペット葬儀・供養の総合施設、慈恵院(東京都府中市)をみてみよう。

 東京郊外、JR中央線「武蔵小金井」駅からバスで10分ほどのところにある。開園は大正9年。約1万3000平方メートルの敷地には、小動物専用から超大型動物専用まで13基の火葬炉を備えている。火葬までの間に遺体を預かる霊安室、火葬後の遺体を安置する納骨堂などもあり、ペット供養施設としては国内最大級の規模を誇る。

 慈恵院では、3つの方法で葬儀を執り行うしくみをとっている。一つは人と同じように家族が立ち会い、法要や火葬、収骨ができる「立会葬儀」と、葬儀に立ち会わず、火葬や供養を寺院の職員に任せる「個別一任葬儀」と「合同葬儀」。「個別一任葬儀」は火葬後の遺骨を受け取ることができ、「合同葬儀」は遺骨をそのまま施設内の合同墓に合葬する。

 費用は供養の方法、ペットの種類によってまちまちで、ネコやイヌの場合、慈恵院では「立会葬」は5万円(ネコ・小型犬)~7万3000円以上(土佐犬、セントバーナードなどの特大犬)、合同葬は1万4000円~4万7000円となっている。

 長年飼っていたペットへの思いは飼い主によってまちまち。「人と同じようにしっかりと供養をしたい」「いや、そこまでしなくてもそれなりの供養をしたい」…。それぞれの飼い主の思いや予算に合わせて供養の方法を選ぶことができるようになっている。

引用元-ソナエ

ペットが亡くなったらする手続き

ペットと一緒に火葬できるもの

愛用品など一緒に火葬してあげるものも準備しておきましょう。花などを手向けて、小さな祭壇をつくってお別れのときを待つといいでしょう。
・お花
・好きだった食べ物
・小さな愛用品(金物やプラスチック類などは火葬できません。)
※霊園やプランにより愛用品などを一緒に火葬することができない場合があります。詳しくはお問い合わせください。

届出・手続き

犬が亡くなった場合、保健所に鑑札と狂犬病注射票を添えて、飼い犬登録の抹消手続きをする必要があります。狂犬病にかかった場合、あるいはかかった疑いのある場合、またはこれらの犬にかまれた場合は、保健所に引き渡さなければなりません。また、血統書のある犬の場合は、登録団体にも連絡し所定の手続きを取ります。

火葬できる動物の種類

代表的な動物は、犬や猫。その他には、ウサギやフェレット、モルモットや鳥など、様々な種類の動物が飼い主の判断で葬儀(火葬)を行っていますが、残念ながら、どんなペットでも火葬を行えるわけではありません。豚、馬、牛、ヤギ、羊は、都道府県知事の許可が下りた「死亡獣畜取扱場」でしか、火葬や埋葬はできません。許可が下りたペット霊園を探される場合は、都道府県庁にお問い合わせください。

引用元-AEON

まとめ
ペットはいまや家族同然と考える人が多いので手厚い葬儀を求める人の利用が増えそうですね。

twitterの反応

https://twitter.com/_blessedbitch_/status/649105785188823040
https://twitter.com/aoirhooo/status/611748855873302528
https://twitter.com/ratenkeidesu/status/587607475135754242

 - 動物・ペット

ページ
上部へ