日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

最後まで楽しみたい!フランスの空港にはどんなお土産が売っているの?

      2017/12/20

最後まで楽しみたい!フランスの空港にはどんなお土産が売っているの?

女性に人気の高い観光地にフランスがありますが、観光地も多く買い物も楽しめるロマンティックでおしゃれな街が魅力です。楽しい旅の後、いざ帰国と空港に着いてお土産を買い忘れている人を思い出したときに空港のお土産店は助かりますね。どんなお土産が売っているのか調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

インフルエンザの予防接種の料金はいくら?

冬になるとインフルエンザの予防接種を受ける人は多いかと思いま...

働く日は週3日必要!?パートで保育園に預ける場合

保育園に子供を預けて働く場合、パートでも預けることはできるの...

子供の習い事の送迎で友達とトラブル

子供が習い事をする場合、欠かせないのが送迎です。中には一人で...

簿記の資格を取りたい!勉強はどんな場所でするのがおすすめ?

簿記の資格を取得するために、独学で勉強している人は多いのでは...

彼氏との記念日のプレゼントに手作りアルバムを作ってみよう!

彼氏との記念日には特別なプレゼントを贈りたいですね!そんな時...

日本は税金をとりすぎ!?外国と比べらどう?

日本に住んでいる人は、国に定められた様々な税金を払っています...

介護の仕事は大変!男性の場合いつまで働ける?

介護の仕事には昔は女性が就くことが多かったようですが、最近は...

大学院の試験に向けてどんな勉強をしたらいい?

大学院の試験はどのようなものかあまり知られていないようです。...

白内障の手術は怖い?どんな手術をする?

白内障は高齢の方に現れやすい現象で、進行すると視力が低下しま...

警察の番号はなぜ110番?かけるときの注意点

事件や事故などに遭遇した場合は、警察に連絡をしますね。警察の...

奨学金の返済が残っているけど結婚出来る?

大学時代に奨学金を借りて通っていた人は多いのではないでしょう...

マイナンバーを職場に出すときはどうする?通知カードのコピーは可?

勤務先で、社会保険や年末調整の手続きをするときはマイナンバー...

手術中に麻酔が切れる!?切れた場合の影響とは?

手術をする場合は、手術によっては局所麻酔か全身麻酔をかけます...

パソコンを廃棄する時は注意!HDDはどうしたらいい?

パソコンを廃棄するときは、パソコンの中のデータを消さないとい...

親が再婚したら子供の苗字はどうなる?変わる場合と変わらない場合

親が離婚した場合、子供の苗字はそのままでは変わることがありま...

ディズニーランドのチケットの種類とは?日にちの変更は可能?

ディズニーランドに入園するには当然チケットが必要になります。...

ドラムの練習はどうやったらいい?初心者におすすめの方法

ドラムの練習は自宅ではなかなか難しいですね。しかし何事も練習...

神社を参拝するのに適した時間は?夕方はどう?

神社を参拝するときの参拝の作法を知っている人は多いと思います...

ディーゼルとガソリンを間違えて入れるとどうなる?

ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの違いを知っていますか?...

甲状腺に異常が起きるとでる症状とは?咳がある場合は?

甲状腺は、身体のホルモンの調整を行う、重要な器官です。もしこ...

スポンサーリンク

フランスの玄関口シャルルドゴール空港

日本からの航路のフランスの玄関口となるのは、パリ近郊にあるシャルルドゴール空港(以下CDG)。ヨーロッパではロンドンのヒースロー空港に次ぐ第2の国際空港で、所在地からRoissyロワシーとも呼ばれています。

CDGはターミナルが1~3まであり、北西に位置する円形のターミナル1、その東隣に一番新しいターミナル3、そして南東にAからFまで分かれているターミナル2という構造で、空港内にはそれぞれのターミナルを行き来できるシャトル電車CDGValが通っています。ターミナル1に到着してそこから鉄道で移動する場合は、CDGValでターミナル3まで移動して駅から乗車します。

引用元-AllAbout 旅行

フランスの通貨について

フランスでは、2002年1月1日から通貨が「フラン」から「ユーロ」になりました。ご存知の通り、ユーロは、EU(欧州連合)における経済通貨同盟で用 いられている通貨です。ドイツ、イタリア、スペイン、オランダ、ベルギーなどヨーロッパ19カ国(EU非加盟のユーロ使用国も含む。2016年2月時点) で使用されています。注意したいのは、英国の通貨はポンド、スイスの通貨はスイス・フラン、デンマークの通貨はデンマーク・クローネなど、ユーロを導入し ていないヨーロッパの国も結構あること。

ユーロ紙幣は、5ユーロ、10ユーロ、20ユーロ、50ユーロ、100ユーロ、200ユーロ、 500ユーロの7種類。ただし、200ユーロ札と500ユーロ札は、ほとんど見かけません。銀行のATMでまとまった金額を引き落としても、200ユーロ札 や500ユーロ札が出てくることはなく、だいたい10ユーロ札、20ユーロ札、50ユーロ札で出てくることが多いです。(パリの人は、あまり大きい金額を 持ち歩きません。高額の物を購入するときは、カードか小切手を使用します)

ユーロ硬貨は、1ユーロセント、2ユーロセント、5ユーロセント、10ユーロセント、20ユーロセント、50ユーロセント、1ユーロ、2ユーロの8種類 (正確には「ユーロセント」ですが、フランスではフラン紙幣時代の名残で「サンチーム」と呼ばれています)。ちなみに1ユーロセントは、1?100ユーロ に相当。

硬貨の一面は、共通のデザインで統一されていますが、もう一面にはその国独自のデザインが描かれています。どの国がデザインした 硬貨でも、ユーロ通貨を使用している国ならどこの国でも、もちろん使用可能です。例えば、同じ2ユーロコインでも、クラウドベリーの実と花が描かれている のは、フィンランドのユーロ通貨、木と六角形とフランスのモットー「自由、平等、友愛」が描かれているのは、フランスのユーロ通貨、ドイツの国章である鷲 が描かれているのは、ドイツのユーロ硬貨ということが分かります。

国のユーロ硬貨をコレクションしている人もいます。ちなみにバチカン、モナコ、サンマリノのユーロ硬貨はレア物らしいです。

引用元-PARIS NAVI

空港でのお土産はターミナル2が充実

ターミナル1と2では、かなりお店の構成が違います。日本への便が多く出航する2Eや2Fではカルティエ、エルメス、セリーヌ、ディオール……とブランド物もかなり充実。スイーツ系もラデュレ、メゾンドショコラとマカロン、ショコラの有名店が揃っており、お土産ショッピングも期待できます。特にマカロンは新鮮さが命なので、2Eもしくは2Fを利用でラデュレのマカロンを買う予定の人は、空港で買うことをオススメします。

逆にターミナル1では、ブランド店はエルメスのみでスイーツの有名店はなしという寂しい状況。空港ショッピングは期待できないので、お土産は市内で買っておいた方が良さそうです。

引用元-All About旅行

意外と扱いに困るお土産

お茶類

専門店も多く、品質が高くパッケージデザインもおしゃれなフランスの紅茶。種類が多いので、自分が気に入ったフレーバーティーなどを買ってしまいがちですが、ちょっと待って!フレーバーティーは苦手な人が意外に多いです。そして茶葉で買って行っても、会社などティーポットがない場合手軽に飲むことができません。もしお茶を買うなら、ティーバックで、なおかつダージリンやブレックファストなどプレーンなものを選ぶのが賢明です。

マカロン

ラデュレやピエール・エルメなど、マカロンが美味しいお店がひしめくパリ。お土産に買って行きたいのはやまやまですが、マカロンは非常に繊細なお菓子。手荷物で壊れないように細心の注意を払って持ち帰らなければいけませんし、買ってから2日以内には食べないと、固くパサパサになってかなりマズくなってしまいます。そんな苦労をしてまで持ち帰る意味があるのか……?と疑問。上記2店は日本にも出店していますし、今は円安なので日本で買った方がハッキリ言って得だったりします。

お菓子をお土産にするなら、チョコレートやキャラメル、マドレーヌなど賞味期限が長めの取扱いやすいものがおすすめです。

引用元-All About 旅行

お土産の免税手続き

1. 免税店での買い物

店の入口に「免税Detaxe」とあればそれは免税店なので、パスポートを提示すれば税金を差し引いた金額で売ってくれます。出国時にも、特に手続きの必要はありません。

2. 一般店での買い物

お店で175ユーロ以上の買い物をしたときは「Detaxe s’il vous plait(デタックス・シル・ヴ・プレ)」といってパスポートを提示し、免税手続きをします。

必要書類が渡されます(ピンク色の販売明細書の写し2通と緑色の写し1通、切手を貼った封筒1枚)ので、日本の住所、氏名をしっかり確認してください。

出国時の手続き: 空港の税関に「免税対象の品物」、「上記の免税書類」、「パスポート」、「航空券」を提示し、承認印を受けてください(免税対象品は、税関に見せる前に機内預けにしないこと)。ピンク色の販売明細書のうち1通は税関に保管され、もう1通は自分で上記の封筒に入れ税関そばのポストから販売店へ返送します。緑色の書類は自分の控えになります。以上の手続きをしなかった場合は、免税は受けられません。出発時間の1時間前までには、手続きを済ませておいてください。

帰国後: 免税分の小切手が送られてきます。外国為替のある銀行で手続きをしてください(手数料分が引かれます)。クレジットカードで支払いをしている場合は、免税金額がカードの引落とし口座へ振込まれます。

3. Pablo端末機での免税申請方法

主要空港ではバーコード電子認証による免税通関システム「パブロ」PABLOが導入されています。免税伝票のバーコードを読み取って免税申請手続きが簡略化されます。

シャルル・ド・ゴール、オルリー、ニース・コード・ダジュール、リヨン・サン・テクジュペリ、マルセイユ・プロヴァンス、ジュネーヴ等の国際空港に設置されています。

注意

*また欧州統合により、EU加盟国で手続きをとることが原則になったので、例えばフランスからイタリアを回って帰る場合は、イタリアで手続きをすることになります。
*現金で買い物をした場合は、何ヵ月ぐらいで小切手を送ってもらえるかを聞いておき、それを過ぎたら控えのコピーを送って催促したほうがいいでしょう。
*日本に帰国後は原則的には免税手続きはできません。
*手続きは買い物をした日付から3ヵ月以内に済ませること。3ヵ月過ぎた分に関しては免税されません。

引用元-france.fr

まとめ
旅を満喫して、帰国間際にお土産がたりなのでは?と不安になったときには空港のお土産店は便利で、安心してお買い物が出来ます。

twitterの反応


https://twitter.com/arZgK_43/status/703189924686622720


https://twitter.com/macaroneko/status/674849711862353921

 - 海外・国際

ページ
上部へ