日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

子供2人で生活費はどのくらい?

      2017/12/29

子供2人で生活費はどのくらい?

子供は2人以上生めとよく言われますが、子供ができると、出費はかさみますよね。収入は家庭それぞれで違うのに、子供の数は同じだったりしますよね。そこで気になる、もし子供が2人いららどれくらい生活費がかかるのか?調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

ATMでお金をおろすには!通帳でおろすことは可能?

ATMでお金をおろそうと思ったらキャッシュカードが必要です。...

マンションのドアノブが壊れた!交換費用は誰がもつ?

マンションのドアノブが壊れてしまった!交換しなければいけない...

電話番号の市外局番はどう決まっている?桁数は何桁?

電話番号は市外局番、市内局番、加入者番号で構成されています。...

シングルマザーの次の恋は年下彼氏がおすすめ

シングルマザーは恋愛してはいけないなんてもう古い!子どものこ...

統合失調症ってどんな病気?症状や悪化の原因について知ろう

統合失調症は怖いというイメージを持ってはいませんか?実は、1...

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

発達障害とは乳幼児期にでる発達の遅れで、小学校に上がる前に見...

ピアノを弾くには指が長い方がいい?指を長くすることはできるのか

ピアニストの指は細くて長いというイメージですね。ピアノを弾く...

引っ越しで郵便物を転送するには?一時的な転送も可能?

引っ越して住所が変わった場合は郵便局に郵便物の転送をする手続...

郵便局の配達の仕組みとは?知って便利な仕組みも!

郵便局では毎日たくさんの郵便物が集められ配達されています。基...

ホテルで食事をするときの服装は?ドレスコードについて

ホテルで食事をすることになり服装で悩んだことはありませんか?...

パート主婦は必見!働き方が変わる?扶養から外れる゛壁”

夫の扶養内で働いているパート主婦の皆さんは「103万円の壁」...

彼女とうまく別れたい!水面下でやるべきことは?

男の人は彼女と別れたいと思ってもなかなか別れを切り出せない場...

庭にはどっちがいい?アスファルトとコンクリート

一軒家の庭などにはコンクリートを使用しているところが多いかと...

子供が親の財布のお金を盗む!?その時の対応とは

子供がもしも自分の財布のお金を盗んだとしたらどう対応したらい...

郵便局の窓口とポストはどっちが早い?最短で届けるには

郵便物を早く配達してもらおうと思ったら郵便局の窓口とポストで...

生徒と教師がメールアドレスの交換?生徒と教師にメールは必要?

最近はメールやラインなどのやり取りを生徒と教師の間でしている...

犬はなぜ人間の気持ちがわかるのか?

犬はもはやペットではなく家族の一員と思っている人もいるくらい...

一人暮らしの電気、ガス、水道はどのくらい?節約方法とは

一人暮らしを始めたら電気、ガス、水道の光熱費を自分で管理しな...

コバエを駆除したい!効果的な商品とは

夏場には少し生ごみを放っておくとすぐにコバエが沸いてしまいま...

トイレが詰まった!そんな時はペットボトルがあれば大丈夫?

トイレが詰まった為に水が流れなくなってしまったら大変ですね。...

スポンサーリンク

子供が増えるとお金がかかる!

子どもが1人増えるごとに、 生活費は月3万円アップ!

理想の子どもの数をもうけることができない要因としては、経済的な要因が60%以上と圧倒的です。それに次いで約30%の人が、「年齢」を理由としています。高齢出産のリスクもありますので、希望する子どもの数をもうける上でも、出産スケジュールを夫婦で相談することは大切です。

多くの人が、理想の子どもの数をもうけることができない要因としてあげている経済的な理由ですが、子どもの数が増えると、具体的にどれくらい生活費10+ 件は増えるのでしょうか。

「世帯の構成人数別に見た平均な生活費10+ 件」をまとめました。※生活費10+ 件=食費+住居費+それ以外
・2人(子どもなし):16.9万円
・3人(子ども1人) :19.7万円
・4人(子ども2人) :22.3万円
・5人(子ども3人) :25.2万円
※出典:労務安全情報センター

引用元-ダイアモンド社書籍オンライン

子供が2人いる家庭の消費の傾向と対策

子供が2人いる消費の傾向として

地域によっては定員オーバーなどを理由に認可保育園には預けられず、無認可保育園か私立保育園に通わせることになる場合もあり、その場合はさらに高い教育費がかかることになります。

子供が生まれる以前にも教育費は考えていても、これは本人の習い事などでしたが、子供が生まれると自分への投資はあまりできなくなり子供へ使うお金が増えることを頭に入れておいてください。

現実問題として、小さい子供を育てている家庭は保育料が家計を圧迫していることも少なくありません。妻がパートで家計を助けるにしても小さい子供がいれば、働ける時間も限られていますし、子供が風邪を引いた、熱を出した時には休まなければならなくなりますよね。

それにより保育料を払うと妻の収入はなくなってしまうという場合も多々あるようです。子供の幼児期にはかさんでしまう保育料ですが、子供が小学校にあがれば教育費は減ることが多いため、それまでの我慢だと思っておく事が大事です。

また特徴的なのは、夫婦2人のときよりも子供が生まれてからのほうが食費の割合が減っていきます。

乳幼児を連れての外食は大変なので、自炊が多くなるであろうと仮定されているためです。
一方生活日用品費は子供のおむつやおしりふきなどといったものが必要にあるため増えます。同じように生命保険料も死亡保障のあるタイプに加入するほうがよいため増加します。

学資保険の場合は予算をしっかりと決めてその予算内で保険商品および保障を選ぶようにする事が大事ですね。
そうすれば毎月教育費を積み立てていくことが可能です。

小さい子供がいれば荷物も増えるため、たとえ交通の便のよい都市部に住んでいたとしても車を購入して移動を楽にしたいと思うこともあるかもしれません。

ただ、新たに車を購入すれば購入代金のみならず維持費もかかり、家計を圧迫してしまいます。そのためここはぐっと我慢して、便利なカーシェアリングや場合によってはタクシーを利用するようにしたほうがは安上がりになっていくので選択肢の一つとして考えておくのも良いと思います。

引用元-節約術のまとめ!byマネトラの節約

子供が2人いるある家庭の生活費内訳

主人:37歳、私32歳、2歳と0歳の4人家族

住宅ローン:13万
食費:5万
電気:2万
水道:0.5万
生命保険・個人年金(主人+自分):5万
修繕積み立て:1万
教育資金積み立て:4万(2万×2)
自動車維持費積み立て(2台分の車検、任意保険等):3万
定額積み立て:5万(教育費不足分や繰上げ返済用積み立て)
自宅タンス預金積み立て:2万(主に交際費と固定資産税の積み立て)
ガソリン代:2万(2台分)
新聞:0.3万
携帯電話・固定電話:0.8万
子供のミルク・オムツ:1万
インターネットなどのクレジット引き落とし:2万
NHKや年金、国保など:8万
ペット用品、嗜好品など:1万
主人の指圧マッサージ:1万

引用元-教えて!goo

子供がいる家庭の節約方法

現状を把握する

食費を節約するにあたって、まず今どれだけ使っていて、週に何回買い物に行くか把握しましょう。1ヶ月の食費が目で見て分かるように、ノートや家計簿に書いておくことをお勧めします。

家計簿といっても難しくありません。ノートにレシートごとに「食費」と書いて横に金額を書き、それを1ヶ月分合計します。商品の項目も書く必要はありません。合計が出たら1週間分の食費を出します。

家族4人の平均額の6万円を例にすると、1週間分の食費は「1.5万円ほど」となります。もしこの金額を1万円にできたら、月の食費は4万円弱になります。ではそれが可能な数字か考えます。

普段の食事で料理が余って捨てることが多いとか、金額の高い食材を使うことがある場合は、節約する可能性は十分あります。反対に安い食材を買うように気を付けていたり、割引券を駆使している場合は、料理の仕方で節約になることが十分考えられます。

引用元-MARCHマーチ

各項目の生活費について考えてみる

■食費(調味料・米・お菓子などすべて含む)
家族人数 2人 35,000円
家族人数 4人 80,000円~90,000円(子どもが中学生くらいの場合)

■生活用品費(洗剤や洋服などを含む)
家族人数 2人 10,000~20,000円
家族人数 4人 20,000~30,000円

■通信費
・携帯代金 5,000~10,000円前後に抑えよう(2台で)
通話がメインの人は柄ケーに切り替えが節約のポイント
ネット閲覧やメールがメインの人は、データ通信量が安いタイプのSIMカードがオススメ

■水道光熱費(水道・電気・ガス)
家族人数 2人 20,000円~ 夏は電気代が上がり、冬はガスが上がるが2万以内に収まればOK
家族人数 4人 30,000~40,000円 部屋数が多いとエアコンの台数も増えるため、子ども部屋を個室にせず広めの一部屋を仕切るほうがお得!

■保険
入院保険や終身保険等々はかけすぎに注意!掛け捨ての場合は、保険内容をよくチェックして必要なものかを数年に一度確認すること。

引用元-はまるニュース&エンタメメディア

まとめ
2人の子供を抱えると、家庭によって大分差があると思いますが、だいたいの出費額がわかりますね。1人子供が増えると大きく生活費が増え、は家計を圧迫してしまいますが、節約術を参考に各家庭で見直しができれば、少し将来のために貯蓄にも回して行けそうですね。

twitterの反応


https://twitter.com/utuyoutusemi/status/709382287222136832


https://twitter.com/actnsouba/status/690233188073996290

 - 日常・生活

ページ
上部へ