日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

子供2人で生活費はどのくらい?

      2017/12/29

子供2人で生活費はどのくらい?

子供は2人以上生めとよく言われますが、子供ができると、出費はかさみますよね。収入は家庭それぞれで違うのに、子供の数は同じだったりしますよね。そこで気になる、もし子供が2人いららどれくらい生活費がかかるのか?調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

カブトムシの幼虫が土から出てくる…そのワケとは

本来カブトムシの幼虫は土(=飼育マット)の中で暮らしています...

大学生のカップルで旅行に行きたい!人へ

旅行に出かけると、大学生らしきカップルをよく見かけます。大手...

オリコで車のローンが組める!?審査は厳しいか

クレジット会社であるオリコで自動車のローンを組むことができる...

バカがひくわけじゃない!夏風邪のウイルスと感染する理由

昔から「夏風邪はバカがひく」なんて言われていますが、風邪の大...

憧れのティファニー☆結婚指輪1カラットの値段って?

女性にとってティファニーと聞けば婚約・結婚指輪を連想するため...

一度は考えた…「高校の先生、春休みは暇なの?」の真相

高校の先生って、春休みや夏休みなどの長期休暇は学校にあまり来...

あなたはLINEの既読無視を許せる!?友達や恋人は違うかも?

コミニュケーションツールとして、ここ数年で当たり前の存在とな...

銀行に就職するのは勝ち組!?銀行の実態とは

銀行は就活する学生にとって人気の職業です。銀行に就職すると安...

家の内装はお好みの色でバランスを考えて!

家の内装はどのようなものがお好みでしょうか?モダンな色合いの...

コンビニの商品はどうなる?地震の場合

記憶に新しい熊本地震では生活物資の不足が問題となりました。い...

みりんと砂糖の違いって?代用はできる?意外なカロリー

みりんは砂糖と同じ甘味調味料ですが、何で出来ていて、カロリー...

中小企業診断士の試験は難しい?試験の感想

中小企業診断士という職業を知っていますか?近年注目が集まって...

ブルーレイレコーダーでDVDディスクは見れるのか?

ブルーレイレコーダーが普及した現在、DVDレコーダーの家庭で...

会社を円満に退職するには?どんな理由がいい?

会社を何らかの事情で退職したいと思ったとき、その理由を正直に...

トイレであたふた!ウォシュレットから水漏れが起こったら

水のトラブルは、起こった時に素早く対処しなければ。回りが水浸...

申込まないと損してるかも?NHK受信料の家族割引に注目!

NHKの受信料、ただNHKから言われるがままに契約して支払っ...

病院に入院するには保証人が必要!代行業者も登場

部屋を借りる時、入学時、就職時、お金を借りる時etc、様々な...

Windows10へのアップデートが進まない問題

Windows7やVistaからWindows10への無償ア...

地球の磁場が減少しているって本当?

地球には磁場があります。方位磁石を使うと磁石が北を向くのはそ...

単位が千円、百万円の場合の読み方

会社の書類などで千円、百万円などの単位が書いてあることがあり...

スポンサーリンク

子供が増えるとお金がかかる!

子どもが1人増えるごとに、 生活費は月3万円アップ!

理想の子どもの数をもうけることができない要因としては、経済的な要因が60%以上と圧倒的です。それに次いで約30%の人が、「年齢」を理由としています。高齢出産のリスクもありますので、希望する子どもの数をもうける上でも、出産スケジュールを夫婦で相談することは大切です。

多くの人が、理想の子どもの数をもうけることができない要因としてあげている経済的な理由ですが、子どもの数が増えると、具体的にどれくらい生活費10+ 件は増えるのでしょうか。

「世帯の構成人数別に見た平均な生活費10+ 件」をまとめました。※生活費10+ 件=食費+住居費+それ以外
・2人(子どもなし):16.9万円
・3人(子ども1人) :19.7万円
・4人(子ども2人) :22.3万円
・5人(子ども3人) :25.2万円
※出典:労務安全情報センター

引用元-ダイアモンド社書籍オンライン

子供が2人いる家庭の消費の傾向と対策

子供が2人いる消費の傾向として

地域によっては定員オーバーなどを理由に認可保育園には預けられず、無認可保育園か私立保育園に通わせることになる場合もあり、その場合はさらに高い教育費がかかることになります。

子供が生まれる以前にも教育費は考えていても、これは本人の習い事などでしたが、子供が生まれると自分への投資はあまりできなくなり子供へ使うお金が増えることを頭に入れておいてください。

現実問題として、小さい子供を育てている家庭は保育料が家計を圧迫していることも少なくありません。妻がパートで家計を助けるにしても小さい子供がいれば、働ける時間も限られていますし、子供が風邪を引いた、熱を出した時には休まなければならなくなりますよね。

それにより保育料を払うと妻の収入はなくなってしまうという場合も多々あるようです。子供の幼児期にはかさんでしまう保育料ですが、子供が小学校にあがれば教育費は減ることが多いため、それまでの我慢だと思っておく事が大事です。

また特徴的なのは、夫婦2人のときよりも子供が生まれてからのほうが食費の割合が減っていきます。

乳幼児を連れての外食は大変なので、自炊が多くなるであろうと仮定されているためです。
一方生活日用品費は子供のおむつやおしりふきなどといったものが必要にあるため増えます。同じように生命保険料も死亡保障のあるタイプに加入するほうがよいため増加します。

学資保険の場合は予算をしっかりと決めてその予算内で保険商品および保障を選ぶようにする事が大事ですね。
そうすれば毎月教育費を積み立てていくことが可能です。

小さい子供がいれば荷物も増えるため、たとえ交通の便のよい都市部に住んでいたとしても車を購入して移動を楽にしたいと思うこともあるかもしれません。

ただ、新たに車を購入すれば購入代金のみならず維持費もかかり、家計を圧迫してしまいます。そのためここはぐっと我慢して、便利なカーシェアリングや場合によってはタクシーを利用するようにしたほうがは安上がりになっていくので選択肢の一つとして考えておくのも良いと思います。

引用元-節約術のまとめ!byマネトラの節約

子供が2人いるある家庭の生活費内訳

主人:37歳、私32歳、2歳と0歳の4人家族

住宅ローン:13万
食費:5万
電気:2万
水道:0.5万
生命保険・個人年金(主人+自分):5万
修繕積み立て:1万
教育資金積み立て:4万(2万×2)
自動車維持費積み立て(2台分の車検、任意保険等):3万
定額積み立て:5万(教育費不足分や繰上げ返済用積み立て)
自宅タンス預金積み立て:2万(主に交際費と固定資産税の積み立て)
ガソリン代:2万(2台分)
新聞:0.3万
携帯電話・固定電話:0.8万
子供のミルク・オムツ:1万
インターネットなどのクレジット引き落とし:2万
NHKや年金、国保など:8万
ペット用品、嗜好品など:1万
主人の指圧マッサージ:1万

引用元-教えて!goo

子供がいる家庭の節約方法

現状を把握する

食費を節約するにあたって、まず今どれだけ使っていて、週に何回買い物に行くか把握しましょう。1ヶ月の食費が目で見て分かるように、ノートや家計簿に書いておくことをお勧めします。

家計簿といっても難しくありません。ノートにレシートごとに「食費」と書いて横に金額を書き、それを1ヶ月分合計します。商品の項目も書く必要はありません。合計が出たら1週間分の食費を出します。

家族4人の平均額の6万円を例にすると、1週間分の食費は「1.5万円ほど」となります。もしこの金額を1万円にできたら、月の食費は4万円弱になります。ではそれが可能な数字か考えます。

普段の食事で料理が余って捨てることが多いとか、金額の高い食材を使うことがある場合は、節約する可能性は十分あります。反対に安い食材を買うように気を付けていたり、割引券を駆使している場合は、料理の仕方で節約になることが十分考えられます。

引用元-MARCHマーチ

各項目の生活費について考えてみる

■食費(調味料・米・お菓子などすべて含む)
家族人数 2人 35,000円
家族人数 4人 80,000円~90,000円(子どもが中学生くらいの場合)

■生活用品費(洗剤や洋服などを含む)
家族人数 2人 10,000~20,000円
家族人数 4人 20,000~30,000円

■通信費
・携帯代金 5,000~10,000円前後に抑えよう(2台で)
通話がメインの人は柄ケーに切り替えが節約のポイント
ネット閲覧やメールがメインの人は、データ通信量が安いタイプのSIMカードがオススメ

■水道光熱費(水道・電気・ガス)
家族人数 2人 20,000円~ 夏は電気代が上がり、冬はガスが上がるが2万以内に収まればOK
家族人数 4人 30,000~40,000円 部屋数が多いとエアコンの台数も増えるため、子ども部屋を個室にせず広めの一部屋を仕切るほうがお得!

■保険
入院保険や終身保険等々はかけすぎに注意!掛け捨ての場合は、保険内容をよくチェックして必要なものかを数年に一度確認すること。

引用元-はまるニュース&エンタメメディア

まとめ
2人の子供を抱えると、家庭によって大分差があると思いますが、だいたいの出費額がわかりますね。1人子供が増えると大きく生活費が増え、は家計を圧迫してしまいますが、節約術を参考に各家庭で見直しができれば、少し将来のために貯蓄にも回して行けそうですね。

twitterの反応


https://twitter.com/utuyoutusemi/status/709382287222136832


https://twitter.com/actnsouba/status/690233188073996290

 - 日常・生活

ページ
上部へ