日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

ランニングで足に痛みが生じないために

      2017/12/31

ランニングで足に痛みが生じないために

健康維持のため、ダイエットのため、ランニングをしている方はたくさんいますよね。
気持ちよくランニングできたら、ランニングもしんどいものではなく楽しい気分転換にもなりますよね。しかし、ランニングで足が痛くなってしまったら困りますよね。ランニングによる足の痛みについて症状や対処法、予防法について調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

タバコを禁煙すると肌はどうなる?

最近はタバコの禁煙をする人が増えてきていますね。タバコは体に...

社会人から学生へ!税金はどのくらい払う?

社会人から学生になると税金を払わないといけません。また学生で...

郵便局以外では切手は買える?切手の買い方について

切手は郵便局の窓口で買うことができますが、郵便局の窓口以外で...

就活で内定もらった!返事はどうする?

就活が実を結び、内定をもらったら嬉しいですよね。でも実は第一...

女性の一人居酒屋って、あり?なし?

「おひとりさま」という言葉が世に浸透して大分経ちますが、皆さ...

理学療法士になるには!?大学と専門学校の違いについて

理学療法士はリハビリなどのプログラムを作成し、治療のサポート...

彼氏が仕事を辞めると言い出したら?彼女としての対処法

もしも彼氏が突然仕事を辞めると言い出したらどうしますか?彼女...

浴室のタイルをきれいにしたい!浴室掃除におすすめの洗剤は?

浴室のタイルの黒ずみは悩みの種ですね。どうすれば浴室のタイル...

予防接種は影響ない?病院を途中で変える場合

子供が小さいころはたくさんの予防接種をしなけなければいけませ...

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主...

車にキズが!修理するにはどうしたらいい?

車にキズができた場合は気になりますよね。しかし小さなキズなど...

財布の中のカードが割れる!対策は?

男性の方はよく、上着の内ポケットやズボンのポケットに財布を入...

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさ...

日本は安全な国!海外からの視点

テレビやラジオでは、毎日のように事故や事件のニュースが流れて...

プリクラで不自然じゃなく目を大きくするには?

最近のプリ機は大体デカ目補正できるようになってますよね。でも...

夜行バスでディズニーランドへ行ってみよう!化粧をするタイミングは?

夜行バスを利用すると、遠くへ安くいくことができます。例えばデ...

パソコンの個人向けと法人向けの違い

パソコンの通販サイト等見ていると、一般個人向けと法人向けがあ...

日本のパスポートはすごい!?入国審査もラクラク!?

日本のパスポートにはすごい威力があるようです。日本のパスポー...

郵便局でいらない切手を交換して有効に使おう!

切手の値段が値上がりして、50円や80円の切手を持て余してい...

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります...

スポンサーリンク

ランニング障害とは?

ランニング障害とは

ランニング障害とは過度のランニングによる使いすぎ症候群であり,疲労から過労になり,さらに病気(病的疲労)になった状態を指します.障害部位は下半身,腰や股関節,特に膝関節周辺や足などの部位が多くを占めます.スポーツ活動の後だけに痛みがある場合は初期(1度).放置しているとスポーツ活動中にも痛みがでるようになり(2度),さらに悪化すると日常生活にも支障をきたします(3度).

ランニング障害になりやすい人

ランニング障害は比較的経験の浅いマラソン愛好家に多く見られます.ゆっくりペースのジョギングを卒業して時速8km程度のランニングといえる速さに達して,月間走行距離が増えてくると,気付かぬうちにランニング障害をおこしているというケースが増えています.関節や筋肉への負荷のかけ過ぎが原因で,自己流の練習メニューや音楽を聴きながら走ることによる注意力の低下で引き起こされることもあります.体と会話しながら無理のない練習をすることが必要です.

引用元-稲毛整形外科

ランニングによる主な足の痛み

最初に起る痛みは、いわゆる筋肉痛です。

ランニング後に起る筋肉痛は、身体への負荷量が多いときや久々の運動後に起ります。運動後、数時間から数日で発生し、「遅発性筋肉痛」と言われています。 原因は、「疲労物質である乳酸がたまる」「筋肉組織の炎症である」など諸説いろいろありますが、実際には詳しくはわかっていません。通常この痛みは2~3日で治まりますので、それまでは無理せず休養することが大切です。筋肉痛がでるのは、運動負荷量が今の自分の体力に合っていないことの裏返しです。今一度、走る距離や時間、スピードを見直しましょう。

次に起るのは、ランニング中の痛みです。

筋肉痛が治まらずに1週間以上続き、普段はそれほどでもないが、ランニングや運動時に痛む状態です。“●●●炎”といわれ、「関節や筋肉の炎症」であると言われています。具体的には腰痛、股の付け根の痛み、膝の前・外・内側の痛み、すねの痛み、アキレス腱や踵の痛み、足の裏の痛みなどです。施術は主に安静です。部位や症状によりますが、2週間~3か月まで運動を中止しますので、一旦痛みは消失します。ところが、ランニングを再開するとまた痛みが再発し、慢性痛に移行することが多く見受けられますので、移行させない様に施術を実施しています。(この場合にも、関節内運動機能障害(IMD)が合併している可能性が今までの症例から可能性が大きいと考えています。)

引用元-スポーツコンディショニングはーとらんど

足裏の痛みに注意!

足裏の痛みは放っておくと「足底筋膜炎」という恐ろしい病気になる

足裏の痛みって、実際になったからわかるのですが、意外と走れるんですよね。多少気になるもののそこまでスポーツに支障が出ないので、放っておく人も多いと思います。

でもそれは非常に危険!何故なら足裏の痛みは放っておくと「足底筋膜炎」になってしまうからです。

これが酷い状態になってしまうと、大きな痛みが伴うのでまともに動ける状態では無くなります。僕の痛みも足底筋膜炎の初期症状のようなものだったので、放っておいたら今頃は走れる状態では無かったかもしれません。

そのような危険な状態にならないように、痛みを感じ始めた人はもちろん、普段からも予防として足裏ストレッチをしていることが望ましいです。

ただ一般的に足裏ストレッチというのはあまり認知されていないので、方法がよくわからんという人も多いと思います。次からはその具体的な方法を紹介していきます。

引用元-リブログネット

ランニング障害について知っておくのが大切

スポーツ障害・ランニング障害

最近の日本では、空前のランニングブームと言われ、札幌でも、雪解けと共に、あちらこちらでランニングを楽しむ人を見受けられます。ランニングは、全てのスポーツの基本であり、また、場所や時間にとらわれず、非常に簡便なスポーツですので、初心者の方でも、比較的すんなりと始めやすいスポーツと言えるでしょう。しかし、ランニングを行う上では、ランナーが患いやすいランニング障害についての知識を知る必要があるでしょう。

ランニング障害とは

主な障害部位は膝・足などの下肢が多くを占めます。ランニング初心者では筋力不足、中高年者では加齢が大きく影響します。また、ある程度経験のある市民ランナーでは、単調な練習の繰り替えしと、疲労が抜けない状態や痛みを我慢した状態で走り続けることによる、いわゆる「使いすぎ症候群」に陥っているランナーを多く見受けます。

引用元-リラ整形外科クリニック

ランニングにて足を痛めたランナーの体験談

走歴3年ランナーです。私も股関節を年末から痛めておりました。痛みが止みそうにないのでまずは整形外科を受診しました。骨には異常がないということで詳しい検査MRIで水が溜まっていることが判明。痛み止めの薬、湿布をもらい2週間の安静にしました。

2月末に東京マラソンが控えており早く治したくてカイロプラクティックにも行きました。すると、体が歪んでいるのが原因でもあるといわれ週1通いました。

カイロで股関節痛は徐々になくなり今に至ります。

引用元-教えて!goo

まとめ
ランニングで足の痛みを訴える人は少なくないようです。楽しくランニングをするには、まずランニングに伴うランニング障害について知り、予防法をとり、しっかり体をメンテナンスすることが大切のようです。もし足に痛みがでてしまったときにはすぐ対処できるようにしておいたほうがよさそうですね。

twitterの反応


https://twitter.com/happy0924_yuna/status/724588697140649984


https://twitter.com/tommy22606234/status/724017139477180417
https://twitter.com/sada10mo/status/723718983103336448


https://twitter.com/shiiichan39/status/717612902937673728

 - スポーツ・アウトドア

ページ
上部へ