日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

アニメの映画化が期待される2014

      2015/12/08

アニメの映画化が期待される2014

アニメファンとして好きな漫画がアニメ化そして映画化されるのはとても嬉しいことです。中には原作に沿って作って欲しかったなぁと思うこともありますが、違うストーリーで楽しめるのも事実。どの様な作品が映画化されるのか2014年度注目の作品と共に調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

金魚が病気になった!?底に沈む場合はどんな病気?

金魚を飼っていると底に沈んで元気がない場合があります。この症...

インフルエンザの予防にいい!?効くアロマと効果とは?

インフルエンザの予防には冬になると神経質になってしまいますね...

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

スポンサーリンク

●漫画やアニメが映画化される理由

漫画やアニメが実写化される理由は、「作れば儲かるから」です。いくら「実写版は駄作だ!」「こんなものがヒットするのはおかしい!」などと喚いたところで、観に行く人がいる限りこの流れは止めようがなく、「お客さんが入るから会社が儲かり、次々と新しい実写作品が作られてしまう」というサイクルが続いていくのですよ(ヒットしなければ自然に実写化なんて無くなるはずですから)。まあ、「それだけ漫画やアニメの実写版が費用対効果の高いコンテンツとして定着している」ということなのでしょう。

ただ、「じゃあどんな実写版でもヒットするのか?」と言われれば、もちろんそんなことはないわけで。例えば、皆さん良くご存じの『デビルマン』(笑)。”ダメな実写化”の筆頭に挙げられるほどの伝説を残した迷作ですが、当然の如く興行成績も最悪で、わずか5億円という大惨敗を喫しました。これなどはまさに”評価”と”結果”が正しく一致した納得できるパターンと言えるでしょう。

こういうパターンが多ければ、さすがに作り手側も「実写化って儲からないな~」と見切りをつけて実写化をやめるか、あるいは「どうすれば原作ファンを満足させられるんだろう?」と真剣に考え、キャスティング・脚本・予算等を見直し、よりクオリティの高い実写化を目指そうとするはずです。

しかし現実は、人気アイドルを起用し、適当な脚本を書き、そこそこの予算で制作した映画に「あの名作漫画がついに実写化!」というコピーを被せれば、それなりにお客が入ってしまうのですよ。てことは、観る方にも責任があるんじゃないのかなと。
いや、もちろん良く出来た実写化作品もありますよ。最近では『るろうに剣心』のように、しっかりした意欲を持って実写版の制作に取り組む志の高いクリエイターが増えてきて嬉しく思っています。こういう映画がヒットして儲かれば、さらにレベルの高い実写映画が作られ…という好循環が生まれると思うんですけどねえ。

引用元-漫画やアニメはなぜ次々と実写化されるの?儲かるからだよ! – 1年で365本ひたすら映画を観まくる日記

●アニメ化より映画化が多い理由は

アニメだと、スポンサーがつく関係だと思います。
すぐに、アニメ化と聞いて、しゃしゃり出てくる業界スポンサーがいると聞いています。
つまり、独占。している関係で、制作段階で、色々と注文してくるらしいから、原作者や原案者が嫌がるらしいです。

その点、実写。つまり、映画だと監督さんがすべてを仕切るやり方だから、その監督さんと原作者や原案者が意気投合して、割といい作品が作れる環境が出来上がると言われているからではないでしょうか。

割と、視野が狭い世界なのが、アニメで、色々な人達や小さな制作会社さんが絡んできますからね。
何年か前に、ヒットしたあるアニメの製作費をめぐって、小さな制作会社が親会社を訴えた。
なんて言うことも発生しているぐらいですから、実写化の方が制作しやすいと言うのが本音じゃないでしょうか。

引用元-アニメ化より実写化が多い理由は?- その他(映画) | 教えて!goo

●アニメ化にする判断基準

講談社の映像化で目立つのは、ドラマやテレビアニメだ。今クールでは『探偵学園Q』『ホタルノヒカリ』『山おんな壁おんな』『ライフ』と、4つのマンガ作品がドラマになっており、年間で14作品がドラマ化されるという。アニメも年間20作品が放映される。この映像化を担当するのが、取締役ライツ事業局長の入江祥雄氏だ。
 「4年前は、テレビアニメが年に2本だけでした。積極的に働きかけるようになってから、今のように増えたんです。映像化の目的は、やはり出版物への波及効果。昨年の『のだめカンタービレ』は、ドラマ化とアニメ化で3倍以上に増刷しました。売り上げでは60億円強の増加です。アニメでは『働きマン』の伸び率が『のだめ』以上ですし、今クールのドラマでも『ホタルノヒカリ』がとても伸びています。女性向け作品がよく売れる傾向がありますね」
 映像化はしっかりと年間スケジュールを組んで、計画的に進めているという。ドラマ向きの作品とアニメ向きの作品を分けることに始まり、放映されたとき自社の作品が各局で同じ時間帯にぶつからないような調整までするという。
 「映像化の判断基準は、1つには既刊本の巻数です。アニメの場合、定価410円の単行本で7冊以上が目安。巻数が多い作品ほど映像化による部数増が見込めます。ドラマはキャスティングの問題もあり必ずしも計画通りにはいきませんが、『ホタルノヒカリ』は1年以上前から積極的に仕掛けて、うまく実現した例です。一方、『探偵学園Q』はテレビ局から思いがけずオファーを受けたものです。すでに連載は終了し、過去に他局でアニメ化されています。こういうケースもあります」

引用元-活字中毒R。

●実写映画化で2014大ヒット『るろうに剣心』※続編

明治初期を舞台に、かつて最強の人斬りと恐れられた剣客・緋村剣心が“不殺(ころさず)”の誓いを胸に戦うアクション&ドラマ。和月伸宏氏による原作コミックは5000万部を超える人気で、2012年公開の実写版も興行収入30億円というヒットを飛ばした。
2014年は新たに2部作として「京都大火編」と「伝説の最期編」を公開予定。あわせて100億円超という強気の興行収入を目標に掲げている。
1作目を見たかぎり、佐藤健さんの演じる剣心は驚くほど原作イメージに近く、実写では不可能だろうと思われていた超人的アクションシーンを見事にこなしていた。
剣心の特徴的な「おろろ?」「~でござる」といった喋り方も違和感がない。よくこれほどイメージに合う役者を起用できたなと感心する。ストーリーに改変点は多かったが、それを踏まえても1作目は日本製の痛快チャンバラアクション映画として最高のレベルにあったと絶賛したい。
 
2014年公開の続編は、原作でも人気の高かった京都編以降がベースということで、キャスティングにも気合が入りまくっている。重要な役どころを果たす四乃森蒼紫に伊勢谷友介さん、美形の天才剣士・瀬田宗次郎に神木隆之介さんという見事な布陣。
さらに原作ファンからも絶大な人気を誇る最凶ライバル・志々雄真実を藤原竜也さんが演じるなど、話題性には事欠かない。
1作目の演出と脚本クオリティを保ちつつ、この豪華キャストがスクリーンの中で暴れまわるとしたら100億円突破も十分リアリティがあると思われる。2014年の映画業界でもっとも注目される作品のひとつであることは間違いないだろう。

引用元-実写化で期待以上?期待はずれ!? 2014年「人気原作の映画化」まとめ(1/3) – ウレぴあ総研

●2014年に実写映画化が期待される『進撃の巨人』

こちらは2014年クランクイン、2015年公開予定ということで番外編。まだまだスクリーンで見ることができるのは先の話だが、現時点でも最高に注目度の高い“原作付きタイトル”なのは間違いないだろう。

公式サイトによると、監督は『日本沈没』『のぼうの城』などを手がけた樋口真嗣氏、脚本には町山智浩氏と渡辺雄介氏が名を連ねる。とりわけ作品イメージが似通った『GANTZ』実写版に関わった渡辺氏の手腕には注目だ。

非オタク層にまでブームを巻き起こしたビッグタイトルだけあって、すでにネットではキャスティング予測が大盛り上がり。主人公のエレン役には香取慎吾さんや生田斗真さん、ヒロインのミカサ役には剛力彩芽さんや橋本愛さん、人気キャラのリヴァイ兵長には有吉弘行さんなど多彩な予想が飛び交っている。

作品の成否を分けるのは、やはり中核にある“巨人との凄絶なバトルシーン”をどこまで日本の特撮技術で表現できるかどうかだろう。『進撃の巨人』は膨大な伏線を読み解くという要素も魅力だが、尺に限りがある劇場映画ですべての伏線をまとめることは難しい。ならばやはりアクションシーンが最大のセールスポイントになってくると思うのだ。

ことファンタジー的な世界観でのアクション描写はアニメ分野が圧倒的に有利なはずだが、あえて『進撃の巨人』を実写でやるとなったからには、必ず勝算があったはず。

公式サイト上で“特撮、VFXのみならず、日本映画の最高峰のスタッフが結集”と書かれているだけに、どれほどの作品になるかワクワクしながら続報を待ちたい。

引用元-実写化で期待以上?期待はずれ!? 2014年「人気原作の映画化」まとめ – ライブドアニュース

まとめ
儲からないと映画化は無理ですよね。でも、いちファンとしては、沢山の作品の映画化を望みます。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ