日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

アニメの映画化が期待される2014

      2015/12/08

アニメの映画化が期待される2014

アニメファンとして好きな漫画がアニメ化そして映画化されるのはとても嬉しいことです。中には原作に沿って作って欲しかったなぁと思うこともありますが、違うストーリーで楽しめるのも事実。どの様な作品が映画化されるのか2014年度注目の作品と共に調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

住宅の建築期間ってどのくらいかかるのでしょうか?

夢のマイホーム。みんなの憧れですよね。買うからには大きい買い...

奨学金の申請で慌てないために。児童手当も申告対象

大学で奨学金を申請しようとした場合、所得に関する書類を用意す...

好きな人への告白はまず中学で仲良しになってから

同じ中学に好きな人はいますか?好きな人に告白したいと思います...

頬の毛穴が気になる!なくす方法とは?

年を重ねると女性の方は毛穴などが気になってきますね。特に気に...

カブトムシの幼虫が土から出てくる…そのワケとは

本来カブトムシの幼虫は土(=飼育マット)の中で暮らしています...

大学生のカップルで旅行に行きたい!人へ

旅行に出かけると、大学生らしきカップルをよく見かけます。大手...

オリコで車のローンが組める!?審査は厳しいか

クレジット会社であるオリコで自動車のローンを組むことができる...

バカがひくわけじゃない!夏風邪のウイルスと感染する理由

昔から「夏風邪はバカがひく」なんて言われていますが、風邪の大...

憧れのティファニー☆結婚指輪1カラットの値段って?

女性にとってティファニーと聞けば婚約・結婚指輪を連想するため...

一度は考えた…「高校の先生、春休みは暇なの?」の真相

高校の先生って、春休みや夏休みなどの長期休暇は学校にあまり来...

あなたはLINEの既読無視を許せる!?友達や恋人は違うかも?

コミニュケーションツールとして、ここ数年で当たり前の存在とな...

銀行に就職するのは勝ち組!?銀行の実態とは

銀行は就活する学生にとって人気の職業です。銀行に就職すると安...

家の内装はお好みの色でバランスを考えて!

家の内装はどのようなものがお好みでしょうか?モダンな色合いの...

コンビニの商品はどうなる?地震の場合

記憶に新しい熊本地震では生活物資の不足が問題となりました。い...

みりんと砂糖の違いって?代用はできる?意外なカロリー

みりんは砂糖と同じ甘味調味料ですが、何で出来ていて、カロリー...

中小企業診断士の試験は難しい?試験の感想

中小企業診断士という職業を知っていますか?近年注目が集まって...

ブルーレイレコーダーでDVDディスクは見れるのか?

ブルーレイレコーダーが普及した現在、DVDレコーダーの家庭で...

会社を円満に退職するには?どんな理由がいい?

会社を何らかの事情で退職したいと思ったとき、その理由を正直に...

トイレであたふた!ウォシュレットから水漏れが起こったら

水のトラブルは、起こった時に素早く対処しなければ。回りが水浸...

申込まないと損してるかも?NHK受信料の家族割引に注目!

NHKの受信料、ただNHKから言われるがままに契約して支払っ...

スポンサーリンク

●漫画やアニメが映画化される理由

漫画やアニメが実写化される理由は、「作れば儲かるから」です。いくら「実写版は駄作だ!」「こんなものがヒットするのはおかしい!」などと喚いたところで、観に行く人がいる限りこの流れは止めようがなく、「お客さんが入るから会社が儲かり、次々と新しい実写作品が作られてしまう」というサイクルが続いていくのですよ(ヒットしなければ自然に実写化なんて無くなるはずですから)。まあ、「それだけ漫画やアニメの実写版が費用対効果の高いコンテンツとして定着している」ということなのでしょう。

ただ、「じゃあどんな実写版でもヒットするのか?」と言われれば、もちろんそんなことはないわけで。例えば、皆さん良くご存じの『デビルマン』(笑)。”ダメな実写化”の筆頭に挙げられるほどの伝説を残した迷作ですが、当然の如く興行成績も最悪で、わずか5億円という大惨敗を喫しました。これなどはまさに”評価”と”結果”が正しく一致した納得できるパターンと言えるでしょう。

こういうパターンが多ければ、さすがに作り手側も「実写化って儲からないな~」と見切りをつけて実写化をやめるか、あるいは「どうすれば原作ファンを満足させられるんだろう?」と真剣に考え、キャスティング・脚本・予算等を見直し、よりクオリティの高い実写化を目指そうとするはずです。

しかし現実は、人気アイドルを起用し、適当な脚本を書き、そこそこの予算で制作した映画に「あの名作漫画がついに実写化!」というコピーを被せれば、それなりにお客が入ってしまうのですよ。てことは、観る方にも責任があるんじゃないのかなと。
いや、もちろん良く出来た実写化作品もありますよ。最近では『るろうに剣心』のように、しっかりした意欲を持って実写版の制作に取り組む志の高いクリエイターが増えてきて嬉しく思っています。こういう映画がヒットして儲かれば、さらにレベルの高い実写映画が作られ…という好循環が生まれると思うんですけどねえ。

引用元-漫画やアニメはなぜ次々と実写化されるの?儲かるからだよ! – 1年で365本ひたすら映画を観まくる日記

●アニメ化より映画化が多い理由は

アニメだと、スポンサーがつく関係だと思います。
すぐに、アニメ化と聞いて、しゃしゃり出てくる業界スポンサーがいると聞いています。
つまり、独占。している関係で、制作段階で、色々と注文してくるらしいから、原作者や原案者が嫌がるらしいです。

その点、実写。つまり、映画だと監督さんがすべてを仕切るやり方だから、その監督さんと原作者や原案者が意気投合して、割といい作品が作れる環境が出来上がると言われているからではないでしょうか。

割と、視野が狭い世界なのが、アニメで、色々な人達や小さな制作会社さんが絡んできますからね。
何年か前に、ヒットしたあるアニメの製作費をめぐって、小さな制作会社が親会社を訴えた。
なんて言うことも発生しているぐらいですから、実写化の方が制作しやすいと言うのが本音じゃないでしょうか。

引用元-アニメ化より実写化が多い理由は?- その他(映画) | 教えて!goo

●アニメ化にする判断基準

講談社の映像化で目立つのは、ドラマやテレビアニメだ。今クールでは『探偵学園Q』『ホタルノヒカリ』『山おんな壁おんな』『ライフ』と、4つのマンガ作品がドラマになっており、年間で14作品がドラマ化されるという。アニメも年間20作品が放映される。この映像化を担当するのが、取締役ライツ事業局長の入江祥雄氏だ。
 「4年前は、テレビアニメが年に2本だけでした。積極的に働きかけるようになってから、今のように増えたんです。映像化の目的は、やはり出版物への波及効果。昨年の『のだめカンタービレ』は、ドラマ化とアニメ化で3倍以上に増刷しました。売り上げでは60億円強の増加です。アニメでは『働きマン』の伸び率が『のだめ』以上ですし、今クールのドラマでも『ホタルノヒカリ』がとても伸びています。女性向け作品がよく売れる傾向がありますね」
 映像化はしっかりと年間スケジュールを組んで、計画的に進めているという。ドラマ向きの作品とアニメ向きの作品を分けることに始まり、放映されたとき自社の作品が各局で同じ時間帯にぶつからないような調整までするという。
 「映像化の判断基準は、1つには既刊本の巻数です。アニメの場合、定価410円の単行本で7冊以上が目安。巻数が多い作品ほど映像化による部数増が見込めます。ドラマはキャスティングの問題もあり必ずしも計画通りにはいきませんが、『ホタルノヒカリ』は1年以上前から積極的に仕掛けて、うまく実現した例です。一方、『探偵学園Q』はテレビ局から思いがけずオファーを受けたものです。すでに連載は終了し、過去に他局でアニメ化されています。こういうケースもあります」

引用元-活字中毒R。

●実写映画化で2014大ヒット『るろうに剣心』※続編

明治初期を舞台に、かつて最強の人斬りと恐れられた剣客・緋村剣心が“不殺(ころさず)”の誓いを胸に戦うアクション&ドラマ。和月伸宏氏による原作コミックは5000万部を超える人気で、2012年公開の実写版も興行収入30億円というヒットを飛ばした。
2014年は新たに2部作として「京都大火編」と「伝説の最期編」を公開予定。あわせて100億円超という強気の興行収入を目標に掲げている。
1作目を見たかぎり、佐藤健さんの演じる剣心は驚くほど原作イメージに近く、実写では不可能だろうと思われていた超人的アクションシーンを見事にこなしていた。
剣心の特徴的な「おろろ?」「~でござる」といった喋り方も違和感がない。よくこれほどイメージに合う役者を起用できたなと感心する。ストーリーに改変点は多かったが、それを踏まえても1作目は日本製の痛快チャンバラアクション映画として最高のレベルにあったと絶賛したい。
 
2014年公開の続編は、原作でも人気の高かった京都編以降がベースということで、キャスティングにも気合が入りまくっている。重要な役どころを果たす四乃森蒼紫に伊勢谷友介さん、美形の天才剣士・瀬田宗次郎に神木隆之介さんという見事な布陣。
さらに原作ファンからも絶大な人気を誇る最凶ライバル・志々雄真実を藤原竜也さんが演じるなど、話題性には事欠かない。
1作目の演出と脚本クオリティを保ちつつ、この豪華キャストがスクリーンの中で暴れまわるとしたら100億円突破も十分リアリティがあると思われる。2014年の映画業界でもっとも注目される作品のひとつであることは間違いないだろう。

引用元-実写化で期待以上?期待はずれ!? 2014年「人気原作の映画化」まとめ(1/3) – ウレぴあ総研

●2014年に実写映画化が期待される『進撃の巨人』

こちらは2014年クランクイン、2015年公開予定ということで番外編。まだまだスクリーンで見ることができるのは先の話だが、現時点でも最高に注目度の高い“原作付きタイトル”なのは間違いないだろう。

公式サイトによると、監督は『日本沈没』『のぼうの城』などを手がけた樋口真嗣氏、脚本には町山智浩氏と渡辺雄介氏が名を連ねる。とりわけ作品イメージが似通った『GANTZ』実写版に関わった渡辺氏の手腕には注目だ。

非オタク層にまでブームを巻き起こしたビッグタイトルだけあって、すでにネットではキャスティング予測が大盛り上がり。主人公のエレン役には香取慎吾さんや生田斗真さん、ヒロインのミカサ役には剛力彩芽さんや橋本愛さん、人気キャラのリヴァイ兵長には有吉弘行さんなど多彩な予想が飛び交っている。

作品の成否を分けるのは、やはり中核にある“巨人との凄絶なバトルシーン”をどこまで日本の特撮技術で表現できるかどうかだろう。『進撃の巨人』は膨大な伏線を読み解くという要素も魅力だが、尺に限りがある劇場映画ですべての伏線をまとめることは難しい。ならばやはりアクションシーンが最大のセールスポイントになってくると思うのだ。

ことファンタジー的な世界観でのアクション描写はアニメ分野が圧倒的に有利なはずだが、あえて『進撃の巨人』を実写でやるとなったからには、必ず勝算があったはず。

公式サイト上で“特撮、VFXのみならず、日本映画の最高峰のスタッフが結集”と書かれているだけに、どれほどの作品になるかワクワクしながら続報を待ちたい。

引用元-実写化で期待以上?期待はずれ!? 2014年「人気原作の映画化」まとめ – ライブドアニュース

まとめ
儲からないと映画化は無理ですよね。でも、いちファンとしては、沢山の作品の映画化を望みます。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ