日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

会社ってなぜ合併するの?メリット・デメリットって?

      2018/01/01

会社ってなぜ合併するの?メリット・デメリットって?

「○○保険会社と▲▲保険会社が合併して▲▲○○保険会社が誕生しました!」テレビなどを見ていると、合併のニュースを目にすることがあります。中には、合併した会社名が長すぎてなぜその名前にしたのだろうかという時もありますが、合併するメリット・デメリットは何なのでしょうか?まとめました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

ATMでお金をおろすには!通帳でおろすことは可能?

ATMでお金をおろそうと思ったらキャッシュカードが必要です。...

マンションのドアノブが壊れた!交換費用は誰がもつ?

マンションのドアノブが壊れてしまった!交換しなければいけない...

電話番号の市外局番はどう決まっている?桁数は何桁?

電話番号は市外局番、市内局番、加入者番号で構成されています。...

シングルマザーの次の恋は年下彼氏がおすすめ

シングルマザーは恋愛してはいけないなんてもう古い!子どものこ...

統合失調症ってどんな病気?症状や悪化の原因について知ろう

統合失調症は怖いというイメージを持ってはいませんか?実は、1...

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

発達障害とは乳幼児期にでる発達の遅れで、小学校に上がる前に見...

ピアノを弾くには指が長い方がいい?指を長くすることはできるのか

ピアニストの指は細くて長いというイメージですね。ピアノを弾く...

引っ越しで郵便物を転送するには?一時的な転送も可能?

引っ越して住所が変わった場合は郵便局に郵便物の転送をする手続...

郵便局の配達の仕組みとは?知って便利な仕組みも!

郵便局では毎日たくさんの郵便物が集められ配達されています。基...

ホテルで食事をするときの服装は?ドレスコードについて

ホテルで食事をすることになり服装で悩んだことはありませんか?...

パート主婦は必見!働き方が変わる?扶養から外れる゛壁”

夫の扶養内で働いているパート主婦の皆さんは「103万円の壁」...

彼女とうまく別れたい!水面下でやるべきことは?

男の人は彼女と別れたいと思ってもなかなか別れを切り出せない場...

庭にはどっちがいい?アスファルトとコンクリート

一軒家の庭などにはコンクリートを使用しているところが多いかと...

子供が親の財布のお金を盗む!?その時の対応とは

子供がもしも自分の財布のお金を盗んだとしたらどう対応したらい...

郵便局の窓口とポストはどっちが早い?最短で届けるには

郵便物を早く配達してもらおうと思ったら郵便局の窓口とポストで...

生徒と教師がメールアドレスの交換?生徒と教師にメールは必要?

最近はメールやラインなどのやり取りを生徒と教師の間でしている...

犬はなぜ人間の気持ちがわかるのか?

犬はもはやペットではなく家族の一員と思っている人もいるくらい...

一人暮らしの電気、ガス、水道はどのくらい?節約方法とは

一人暮らしを始めたら電気、ガス、水道の光熱費を自分で管理しな...

コバエを駆除したい!効果的な商品とは

夏場には少し生ごみを放っておくとすぐにコバエが沸いてしまいま...

トイレが詰まった!そんな時はペットボトルがあれば大丈夫?

トイレが詰まった為に水が流れなくなってしまったら大変ですね。...

スポンサーリンク

会社の合併には2つの種類がある

合併の概要

組織再編の1つの形態である合併とは、2つ以上の会社が1つの会社になることをいい、「吸収合併」と「新設合併」とに分かれます。
 それぞれの定義について会社法の条文を引用しますと以下のように表現されます。

【吸収合併】

会社が他の会社とする合併であって、合併により消滅する会社の権利義務の全部を合併後存続する会社に承継させるもの

【新設合併】

2以上の会社がする合併であって、合併により消滅する会社の権利義務の全部を合併により設立する会社に承継させるもの

引用元-J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

買う&売る会社のメリット

買い手企業のメリット

まずは、買い手企業のメリットから見ていきたいと思います。

●事業規模拡大

 M&Aを行うことによって、売手企業の既存経営資源を活用することが可能になるので、買手企業は事業規模拡大を図ることができます。

●新規事業への参入

 新規事業には基本的にリスクがついてまわるものですが、既にその事業領域で実績を上げている企業を買収すれば、新規事業へのリスクを軽減できます。一気に多岐にわたる事業展開を行えるのです。

●スキルギャップの解消

 買い手企業はM&Aで売手企業の持つ技術を優れた取り込むことで、自社の資本力、営業力などを活用しながら更なる収益を上げることが可能になります。

 買い手企業は、コストをかけずに事業規模を拡大していけたり、今まで参入できていなかった市場に参入することができたりと会社を大きくしていく上では非常に多くのメリットがあります。

売り手企業のメリット

●資金調達力の向上

 買い手企業の信用力が高い場合M&Aをし、買い手企業の子会社になることで金融機関または買い手企業からの資金調達がしやすくなります。

●創業者利潤の確保

 M&Aにより会社を売却することで売り手企業の創業者は事業の現金化を行うことができ、それが投資資本額を上回る場合には創業者利潤を得ることができます。

 売り手企業側は、買い手企業の信用力を基に資金繰りがやりやすくなったり、また創業者は潤沢な資金を手に入れることができたりと「資金」という面においては大きなメリットがあります。

引用元-U-NOTE

会社合併のデメリット

1)親会社の、子会社を吸収した決算期の固定資産や負債の絶対金額が大きくなったようにみえてしまう。
2)子会社が行っていた事業に関して、もともと子会社独自の判断がひろく許されていた場合、意志決定がかえって遅くなる可能性がなくもない。
3)一般的には、子会社の給与体系は、親会社の給与体系より低い(子会社の社員全員が、親会社からの出向社員だとかそういう場合には例外もあろうが)ので、吸収することにより、もともと子会社の社員だった人の処遇(給与その他)を引き上げることで人件費がアップする。あるいは、すぐにそうしないのであれば、ひとつの会社に2つの人事大系を抱え込むことになる。この場合、子会社出身社員のモチベーションが低下するリスクがある。
4)子会社とはいえ、多少企業文化が違うということはあり得る。この場合も、おそらく社内で少数派になるであろう子会社出身社員に疎外感が生まれる可能性がある。いずれにしても、子会社出身社員ともともとからの親会社社員との融和をどうするかという課題を抱え込むことになる。
5)社員のみならず、子会社の役員だった人(親会社の役員を兼任していた人は除く)の処遇にもそれなりの配慮が必要。
6)子会社の業績が格別よかった場合は別だが、可もなし不可もなし程度だった場合には、結果として親会社の事業多角化となるので、「選択と集中」をよしとする昨今の風潮からいうと、時代に逆行することになる。
7)事業が移管されたことに伴う取引先その他への各種通知に、コストと手間がかかる。
8)子会社と親会社とで違うシステム(コンピュータその他)を使っていた場合、統合にコストと手間がかかる。

引用元-YAHOO!JAPAN 知恵袋

合併した会社の企業文化の問題も

文化は実体のない概念です。人々に対して暗黙的に影響を与える要素の集合体であり、完全かつ正確に説明することが困難といえます。一方、合併前のデューデリジェンスにおいては、多くのケースにおいて財務的な観点に焦点が絞られ、測定可能な事柄についてのみ調査が行われがちです。

企業風土調査や測定ツールの活用によって企業文化を調査することはできますが、これらの取り組みには長い時間が必要であるとともに、そもそもディールを成立させるということに重点が置かれることから、あえて企業文化の調査に踏み込むケースは多くありません。また、もしデューデリジェンスにおいて企業文化の調査が行われ、双方の企業の文化は相容れないという結果が出たとしても、提案されているディールが中止に追い込まれてしまうことはほとんどないように思われます。

企業文化の問題があるか否かに関わらずディール自体は実行されてしまう以上、企業文化を原因として統合の成果が損なわれしまうことのないように必要な対策を講じることが、統合を推進する担当者にとって重要な責務であるといえます。企業文化への対応策のうち最も一般的なアプローチのひとつとして、当該案件において望ましい文化(顧客志向、創造的・革新的、企業家精神、決断力があること、チームワーク、他人の尊重)を明確化し、従業員に対して日々の実践を促すという方法が考えられます。

引用元-Deloitte.

新社名の決め方

合併後の新社名から見える2つのパターン

さて、合併・買収が盛んとなった日本ですが、その際に問題の1つとなるのが、合併・買収後の社名です。社名の付け方には大きく分けて2つの方法があるようです。(1)旧社名をつなぎ合わせるパターン、(2)旧社名を残さず、全く新しい社名を付けるパターンの2つです。

(1)は、愛着のある社名を残したいとするお互いの考えを尊重した結果といえるでしょう。消費者にとっても、継続性があるのでわかりやすいかもしれません。しかし、つなぎあわせるために長々とした社名になることもしばしば。言いにくかったり、新鮮味がなかったりすることもあるかもしれません。

(2)は、合併を機会に心機一転、新しく一歩を踏み出すイメージを重視した戦略といえます。しかし、全く違うイメージを打ち出すことはそれなりのリスクも伴います。こうしてみると(1)にも(2)にもそれぞれ一長一短があるようです。

引用元-TRIBECK

まとめ
業務の効率化であったり、さらなるサービスの向上を目的として合併がなされると思いますが、デメリットや懸念点も多いので、逆に衰退してしまわないように会社は慎重に進める必要がありそうです。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ