まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

リンパへの転移はどの様な症状が出るのか

      2015/12/08

 - 美容・健康

がんと診断されただけでショックなのに、手術の後もリンパへの転移が心配です。リンパ節に転移すると再発も免れません。転移した場合は、どの様な症状があるのでしょうか。

スポンサーリンク

  関連記事

MRIとCTの料金などの違いは?

病院で検査をするときにMRIやCTで撮影することがあります。ところでMRIとCTの違いは何なのでしょうか。診断する場所や料金などで違うようです。今回はMRIとCTの違いについて調べましたので紹介します。

一重と二重の片方だけは気になる

片方だけが一重だったり、二重だったりすると気になりますよね。出来れば左右揃えたいのが人情と言うもの。二重にする方法や二重から一重に出来るの?と言った疑問。また、変える必要性などを集めてみました。

眼鏡の度数はどのくらい?度数がきついといけない理由

目が悪くなると眼鏡やコンタクトを眼科などで作らないといけませんが、その眼鏡の度数はどのくらいになっていますか?度数がきついと目にもよくないようです。今回は眼鏡の度数について調べました。

虫歯の治療とその料金

多くの人が虫歯で悩まされていると感じます。虫歯の治療のために歯科に行かれると思いますが、虫歯治療の料金とはいったいどのくらいなのでしょうか。今回は、虫歯治療の料金について調べてみました。

卵巣の検査が必要?生理後のおなかの痛みの原因とは

生理中に下腹部の痛みがある人は多いですね。しかし生理後にも下腹部が痛むという方は子宮や卵巣に関する病気の可能性もあるので検査をした方がいいかもしれません。特に卵巣は自覚症状がなく病気が進むので痛みが出た場合は注意が必要です。

大人になってからADHDの診断を病院でうけること

ADHDは発達障害の事ですが、子どもの頃に問題視されないで大人になってしまう場合も多いようです。なんか人と違うかな?くらいの時に家族や周りがADHDを疑い、病院で適切な診断を受けられれば早くに対策が練られたでしょう。

ステロイドの副作用!? 内服の場合はどんな副作用がある?

ステロイドは皮膚科などでもらう塗り薬などの外用薬の他に、内服薬もあります。ステロイドの内服薬によって、治療に大きな効果がみられる場合もありますが、副作用が起きることもあります。今回はステロイド内服薬の副作用について調べました。

インフルエンザになったら会は休むべき!?連絡の仕方は?

インフルエンザにかかったら、学生の頃は休む期間が決まっていますが、会社の場合はどうなるのでしょうか?また会社に連絡する場合はどのようにすればいいのでしょうか?今回はインフルエンザにかかった場合の会社への対応について調べました。

前歯の虫歯、治療法について

多くの方が虫歯に悩まされていることでしょう。様々な虫歯の治療法がある中、前歯が虫歯になったとき、どのような治療が行われるのでしょうか。今回は前歯の主場の治療について調べてみました。

ビオフェルミンの服用が効果あり?アトピーが改善?!

ビオフェルミンといえば有名な乳酸菌の整腸薬ですね。このビオフェルミンがアトピーの改善に効果があるという話があります。はたして実際の効果はどうなのでしょうか?今回はビオフェルミンとアトピーについて調べました。

血糖値は正常なの?血糖の推移

健康診断の結果で血糖値が高めと出たら以上に気になります。人によれば、正常の範囲内だと言いますが、はたして本当何でしょうか。日頃の血糖値の推移が大事だと言う人もいます。

半月板損傷の手術と麻酔について

主にスポーツをしている時になりやすいとされる、半月板の損傷。プロの野球選手やサッカー選手でも、よく聞く病名ですね。もちろん一般の方でも、部活やサークル活動などでスポーツを楽しむ方がなる可能性はあります。半月板損傷ってよく聞くけど、一体どういう症状が出るのでしょうか。手術をするにしても、全身麻酔? それとも部分麻酔?入院期間や費用は? 日常生活に復帰できるまでどのくらいかかる?ということで、調べてみました。

子宮頸がんの検査は痛いのか

子宮頸がんの検査をひかえている方もいるでしょう。初めての方は子宮頸がんの検査がどんなものか不安だと思います。実際、出血を伴ったり、痛いものなのでしょうか。詳しく調べてみました。

禁煙の方法で効果があるものは何でしょう?

本気で禁煙を考えている人は必ずやめられるのでしょうか?禁煙グッズはいろいろあります。端から試してみるものいいけれど本気さに欠けるように思います。なんでタバコを吸ったのでしょう?なんでタバコを売っているのでしょう?不思議な世の中ですね。

頭を強打した時は頭痛や様々な症状の変化を観察しましょう

頭を強打した場合、「たんこぶができれば大丈夫」とよく聞きませか?その言葉を鵜呑みにしてはいけません。今は医療の進歩によりきちんと検査ができます。症状をよく観察してください。頭痛やめまい、言語障害などの症状があったら、早めに受診しましょう。強打して意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう。

扁桃炎の手術で入院!医療保険は適応される?

扁桃炎になると手術をしないといけない場合があります。手術後はしばらく入院が必要なので、医療保険に加入していないと痛い出費となってしまいます。しかし扁桃炎の場合は手術には保険が適応されない場合があるようなので気を付けましょう。

過労とストレスが病気を引き起こす

現代社会は過労とストレスの連続です。何でもまじめに取り組む完璧主義だと、やり過ぎによる過労とストレスで体調もおかしくなってきます。過労やストレスが原因で引き起こされる病気を調べました。

脳腫瘍の症状、末期の場合はどうなのか

恐ろしい病の中に脳腫瘍というものがありますよね。日本では意外と身近な病気の一つかもしれません。では脳腫瘍の末期症状とはどのような物なのでしょうか、調べてみました。

まぶたが痙攣するのはなぜ?1週間続く場合はどうしたらいい?

目が疲れたりすると、まぶたがピクピクと痙攣することはありませんか?多くの痙攣はしばらくすると収まりますが、中には1週間以上続くこともあるようです。もし痙攣が長引く場合はどうしたらいいのでしょうか?

新生児の鼻が低いのは何故?気になる場合はどうすればいい?

生まれたばかりの新生児は鼻が低い場合があります。新生児の鼻が低い原因はいくつかあるようですが、場合によっては病気が原因の時もあるようです。今回は新生児の鼻が低い原因について調べました。

●リンパの流れに乗って転移する事

正常な細胞は、体や周囲の状態に応じてふえるのをやめたり、成熟(分化)していろいろな機能を担うようになったり、脱落してほかの細胞と入れ替わるような仕組みが働いています。がん細胞は、こうした仕組みに異常があり、時間をかけて数をふやしたり、ほかの場所に移動しやすくなるなどの性質を持っています。

がんのある場所や大きさのほか、患者さんの状態、これまでに受けた治療の内容や効き方、検査でわかるがんの特徴など、さまざまな要因が、がんの進行に影響してきます。

「再発」とは、治療がうまくいったようにみえても、手術で取りきれていなかった目に見えない小さながんが残っていて再び現れたり、薬物療法(抗がん剤治療)や放射線治療でいったん縮小したがんが再び大きくなったり、別の場所に同じがんが出現することをいいます。治療した場所の近くで再発を指摘されるだけでなく、別の場所に「転移」としてがんが見つかることも含めて再発といいます。「転移」とは、がん細胞が最初に発生した場所から、血管やリンパに入り込み、血液やリンパの流れに乗って別の臓器や器官に移動し、そこでふえることをいいます。リンパの流れが集まる場所であるリンパ節に転移したり、肺や肝臓、脳、骨など血液の流れが豊富な場所に転移することが多いです。「播種」とは、がんのできた臓器からがん細胞がはがれ落ち、近接する体内の空間(胸腔や腹腔)に散らばるように広がることをいいます。

引用元-がんの再発や転移のことを知る|がんになったら手にとるガイド [がん情報サービス]

スポンサーリンク

  人気記事

●リンパ節への転移と症状

>一体ステージどれぐらいなのですか?
転移がリンパ節のみということであれば、II期以上です。

>初期なんですか末期なんですか?
これはこの情報だけでは分かりません。リンパ節転移がある以上、初期ではないですが、リンパ節転移以外になければ、末期とも言えないでしょう。進行がんではありますが、末期がんではない状況としか推定できません。

>どれぐらい難しいガンなんですか?
放射線治療や抗がん剤治療は効きにくいです。手術がもっともよい治療法ですが、以前に胃癌を手術していること(癒着が想定される)や肝臓や十二指腸、膵臓など多くの臓器が密集している部分であり、手術は容易ではない部位であることから、手術自体は難しい手術となるでしょうし、合併症も起こりやすいと思います。ただし、外科医が手術可能と言っている以上は、それを信じるほかないでしょう。
手術がうまくいかなければ、長期生存が難しいと言わざるを得ないがんだと思います。

引用元-ガンとリンパ節への転移について- 病気 | 教えて!goo

●症状はリンパ節が腫れる

リンパ節転移がある場合、その他の場所に転移しやすくなることは共通です。

ただし、場所によってリンパ節が腫れて行った場合の症状は異なります。
頚部リンパ節など体の表面に近いリンパ節の場合、リンパ節がどんどん大きくなると、皮膚を突き破り外に露出した状態になります。その状態だとかなり大きくなっていますから、表面に近い部分は血流が乏しく、壊死した状態になり、もろくなります。そうするとちょっとしたことで出血したりします(普通の出血と異なり止血に苦労します)
また神経を圧迫したりするので痛みもかなり強くなり、痛みを抑えるために医療用の麻薬を必要としたりします。

また、周囲の組織に影響を及ぼします。例えば、腎臓の近くのリンパ節だと腎臓を栄養する血管を圧迫して血流が悪くなり、腎不全になったりします。肺の近くだと呼吸困難になったりします。

引用元-がんのリンパ節転移についてリンパ節が腫れると、最終的には… – Yahoo!知恵袋

●腋窩リンパ節への転移にはほとんど症状が出ない

乳癌患者さんを沢山診療してきているので、断言できますが、「腋窩リンパ節に関しては、以下のような順番となります」

①超音波をすると「腫大が判明」するレベル(我々が触診しても不明、勿論症状は無し)
 ↓
②(我々医師が触診すると「)腫大が判明」するレベル(自覚症状はなし)
 ↓
③(患者さん本人が)「腋窩リンパ節腫大を自覚」するレベル(痛みもない、腕の浮腫もなし)
 ↓
④腕が浮腫むレベル…この状態になると「乳腺にある腫瘍」はガチガチとなり、「腋窩リンパ節」もゴロゴロとなり、「肩~脇~腕回りの違和感」が出現します。
 

 ○腋窩リンパ節転移は「殆ど症状をおこしません」上記③で「ご本人自身がリンパ節を容易に触れる」ようになっても「無症状」なのです。
 間違いなく『ボコボコとした大きなリンパ節』とならない限り、「痛みやだるさのような症状を引き起こす」事はありません

引用元-腋窩リンパ節転移による症状 | 乳がんプラザ

●肺がんの転移しやすいリンパ節と症状

■肺がんでよくみられるリンパ節転移の場所

肺がんの場合、縦隔や肺門、首や鎖骨上のリンパ節に転移することが多くあります。手術の際、急きょリンパ節を切除することがよくありますが、これは手術によってリンパ節への転移が確認されたり、リンパ節への転移を早期に確認・予防するためです。
がんは病変部位の近くのリンパ節には転移しやすいため、手術時にリンパ節を切除して、転移を確認することがしばしばあります。

■肺がんリンパ節転移でみられる症状

肺がんが縦隔や肺門のリンパ節に転移すると、咳や上半身のむくみ、声のかれ、呼吸困難、などがあらわれます。また、首や鎖骨上のリンパ節に転移すると、顔や腕のむくみやしびれや痛みが生じます。

引用元-肺がんリンパ節転移の症状と余命 | がん治療の相談・サポート 本村ユウジ公式サイト

まとめ
症状の出るものもあれば、全くないものまで。日頃からの検診が大事ですね。

twitterの反応

 - 美容・健康