日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

JALのビジネスクラスで旅行!エコノミーとの値段の違い

      2018/01/08

JALのビジネスクラスで旅行!エコノミーとの値段の違い

ハワイなどの海外旅行に行くときは飛行機を利用しますがビジネスクラスを利用したことはありますか?エコノミーに比べて値段は高いですがサービスは段違いにいいようです。今回はJALのビジネスクラスについて調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

発達障害とは乳幼児期にでる発達の遅れで、小学校に上がる前に見...

ピアノを弾くには指が長い方がいい?指を長くすることはできるのか

ピアニストの指は細くて長いというイメージですね。ピアノを弾く...

引っ越しで郵便物を転送するには?一時的な転送も可能?

引っ越して住所が変わった場合は郵便局に郵便物の転送をする手続...

郵便局の配達の仕組みとは?知って便利な仕組みも!

郵便局では毎日たくさんの郵便物が集められ配達されています。基...

ホテルで食事をするときの服装は?ドレスコードについて

ホテルで食事をすることになり服装で悩んだことはありませんか?...

パート主婦は必見!働き方が変わる?扶養から外れる゛壁”

夫の扶養内で働いているパート主婦の皆さんは「103万円の壁」...

彼女とうまく別れたい!水面下でやるべきことは?

男の人は彼女と別れたいと思ってもなかなか別れを切り出せない場...

庭にはどっちがいい?アスファルトとコンクリート

一軒家の庭などにはコンクリートを使用しているところが多いかと...

子供が親の財布のお金を盗む!?その時の対応とは

子供がもしも自分の財布のお金を盗んだとしたらどう対応したらい...

郵便局の窓口とポストはどっちが早い?最短で届けるには

郵便物を早く配達してもらおうと思ったら郵便局の窓口とポストで...

生徒と教師がメールアドレスの交換?生徒と教師にメールは必要?

最近はメールやラインなどのやり取りを生徒と教師の間でしている...

犬はなぜ人間の気持ちがわかるのか?

犬はもはやペットではなく家族の一員と思っている人もいるくらい...

一人暮らしの電気、ガス、水道はどのくらい?節約方法とは

一人暮らしを始めたら電気、ガス、水道の光熱費を自分で管理しな...

コバエを駆除したい!効果的な商品とは

夏場には少し生ごみを放っておくとすぐにコバエが沸いてしまいま...

トイレが詰まった!そんな時はペットボトルがあれば大丈夫?

トイレが詰まった為に水が流れなくなってしまったら大変ですね。...

エアコンの寿命が来た!?賃貸で備え付けの場合はどうする?

単身用の賃貸などにはエアコンが備え付けてある場合があります。...

アリの退治は必要!?庭にたくさんいる場合

アリは基本的には無害な虫です。庭にいる場合は退治の必要はない...

風呂の給湯器はどうする?オール電気の場合

最近はオール電化の家庭が増えてきましたね。その為お湯を沸かす...

初めての一人暮らし!まず 必要なものリストを作ってみよう

一人暮らしをするときに最低限必要なものって意外とわからないも...

気が付くとバイクの自賠責保険が期限切れ!どうする?

自賠責保険は、すべての自動車に加入が義務付けられている保険で...

スポンサーリンク

JALのビジネスクラスの値段は?

はじめてのハワイ旅行で航空券を探している時に、「ビジネスクラスってどんな感じなんだろう?」と思ったことはありませんか?
パッケージツアーであっても、個人手配であっても、飛行機をビジネスクラスにすると、とても費用が高くなりますよね。その費用の違いですが、JALの公式ホームページにて成田空港とホノルル空港間の2014年11月中旬のチケット代を見てみると、エコノミークラスが7万円に対し、ビジネスクラスの最も安いシートで26万円となっていました。

引用元-はじめてのハワイ旅行

JALのビジネスクラスの快適シート

まずは日本の翼、JAL!ハワイ路線に快適シート導入でポイント高し。

まず、ハワイ行きを決めた時に皆さんが使いたいと思うのが、日本の翼、JALではないでしょうか?日系ならではのきめ細かなサービスに加え言葉の心配も不要ということで、一番安心して使えるエアラインでしょう。

唯一の難点だったシートの問題も、ここ1年ほどで以前の悪名高い「スカイラックシート」からフルフラットベッドになる「SKY SUITE II」をホノルル路線にも導入!サービスだけでなくシートの快適さにおいても満足のいくものとなってきました。

ただし、旧シートの便もあり!フライト時間帯選択の際にはご注意を。

上記のように、ようやくホノルル路線に最新シートを導入したJALですが・・・落とし穴があるので要注意。

例えば、成田・羽田発のホノルル便のうち、「SKY SUITEII」が導入されているのは出発便の内の半分。残りは一昔前の「シェルフラットシート」のままなのですから。

フルフラットだと思い搭乗したら・・・真っすぐに倒れきらないシートで微妙に傾斜していて熟睡できず、なんて笑えません。ちょっとの傾斜でも、お尻がずれ落ちて来て何度も目が覚めてしまう・・・快適さに於いてはフルフラットベッドと比較になりませんよね。予約時にはその便のシートがどちらのものなのか、きちんとチェックしましょうね。

引用元-Spotlight

搭乗前もビジネスクラスなら快適

搭乗まで快適なラウンジで過ごせる

まず、ビジネスクラスを利用した場合、搭乗まではその航空会社の快適なラウンジを利用できることがあります。JALで成田空港の場合は、サクララウンジと言うラウンジが利用できます。

このサクララウンジを利用してみてわかりましたが、搭乗前に過ごす空間として本当に快適です。なぜならラウンジには、快適なソファー、食事や飲み物、シャワー室、ネット・コピー機・Faxが使えるビジネスセンターなどがあり、空港前の時間を快適に過ごすのに必要な環境が揃っているからです。

またサクララウンジではJALの便の搭乗時間について細かくアナウンスの放送があるので、自分が搭乗するぎりぎりまでラウンジにいても安心して滞在できるようになっています。もちろん空港にはラウンジ以外でも過ごすスペースはありますが、やはり混雑せず必要なものが揃っているラウンジで過ごす方が快適です。

引用元-はじめてのハワイ旅行

JALのビジネスクラスのアメニティ

ビジネスクラス・プレミアムエコノミークラスは、同じアメニティ

JALホノルル路線は、プレミアムエコノミーも、ビジネスクラスと同じアメニティでした!
厚手のスリッパとか、
(これは必ず使う)
モイスチャーマスクって書いてあるけど、いわゆる普通の「口用マスク」とか、
(機内は乾燥しがちだから、これも使う)
アイマスクや、
(たまに暗い中、TVモニターや読書灯を付けている方もいらっしゃるので、眩しい時だけ使う)
耳栓(EAR PLUGS)、
(これあるとグッスリ眠れる気がします。100円ショップの耳栓よりも質が高く、周りの騒音が全く気にならない)
アイリフレッシャーなど、
(これは、目覚めた時に目の上に乗せてさっぱりさせるウェットティッシュのようなもの。私は使ったことは無いです)
のラインナップ。
ホノルル線の「行き」は、しっかり睡眠を取ることが大事なので、これらのグッズは活用しないとね。

あと、写真撮り忘れましたが、歯ブラシセットもありました。そして今回、プレミアムエコノミーに乗ってみて、不思議に思ったこと。なぜか、スリッパが2組用意されてる〜〜ビジネス用とエコノミー用の2つ。間のクラスだからって、両方用意する必要はないでしょうに。。。プレエコ導入したばかりのハワイ線だったから、間違えた?(かもね。帰りはビジネス用だけでしたから)

引用元-お金なくてもハワイに行きたい!

ビジネスで世界一周なら値段もかなりお得に

ビジネスクラスのコストパフォーマンスは異常に高い

もし世界一周航空券を使って世界一周したいと目論むのであれば、エコノミークラスの50万円程度からアップグレードして、ビジネスクラスにすることを強くオススメしたい。

私が2013年にJALも加盟しているワンワールド系列のビジネスクラスの世界一周航空券で旅をした際、「4大陸」のビジネスクラスに16回乗り(一部ビジネスが無い区間はエコノミーだったけど)、76万円の航空券代にサーチャージ込みで95万円位だった。

飛行機のチケットだけで100万円弱かかる聞くと「高い!」と反射的に感じるかもしれない。でも、日系の航空会社のロンドン往復のビジネスクラス正規運賃は100万円近くする。マチュピチュとかウユニ塩湖とかを巡る日本から行く南米12日間のツアーパックは1人50万以上かかるのがほとんどだ。

それらと比較すると、ビジネスクラスに16回乗って世界各都市を旅して、空港のビジネスクラスラウンジも利用できる。しかもマイルもかなり貯まる。私の場合、ビジネスクラスで世界一周してヨーロッパ往復と近場のアジア往復ができるくらいのマイルまで貯まった。普通の海外航空券におけるエコノミークラスとビジネスクラスの価格差よりに圧倒的に安い。

3月にニューヨーク往復するとしてANAで調べてみたところ、一番安いエコノミー料金で15万円、ビジネスクラスで75万円だった。すでに60万の価格差がある。世界一周航空券だと40万円プラスすれば、乗る飛行機全てがビジネスクラスになるのだから異常にコストパフォーマンスが高いことがわかるだろう。

ビジネスクラスの座席はフルフラットになるのでぐっすり眠れて飛行機移動の疲れもつゆ知らず、おいしいワインも飲み放題で機内サービスは格段に良い。

引用元-linkトラベラーズ

まとめ
ビジネスクラスの値段はやはり高いですが快適な空の旅を一度はしてみたいですね。

twitterの反応


https://twitter.com/mi_so_shiro/status/525936211777437696

 - 雑学

ページ
上部へ