日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

住宅ローンの返済が苦しい人はどうしたらいい?

      2018/01/10

住宅ローンの返済が苦しい人はどうしたらいい?

夢のマイホームはみんな憧れますよね。住宅ローンの審査を通ってやっとマイホームを手にいれても、月々の返済はずっと計画的にいくとは限らないですよね。もし住宅ローンの返済が苦しくなったらどうしたらいいのか、どうなるのか、調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

契約社員ってどんな働き方か知っていますか?退職は期間途中でもできる?

同じ会社の中でも、正社員、契約社員(準社員)、パート・アルバ...

就活の電話を無視したら不利になります

非通知電話に出たくない心理はわかります。しかし、企業から就活...

ATMでお金をおろすには!通帳でおろすことは可能?

ATMでお金をおろそうと思ったらキャッシュカードが必要です。...

マンションのドアノブが壊れた!交換費用は誰がもつ?

マンションのドアノブが壊れてしまった!交換しなければいけない...

電話番号の市外局番はどう決まっている?桁数は何桁?

電話番号は市外局番、市内局番、加入者番号で構成されています。...

シングルマザーの次の恋は年下彼氏がおすすめ

シングルマザーは恋愛してはいけないなんてもう古い!子どものこ...

統合失調症ってどんな病気?症状や悪化の原因について知ろう

統合失調症は怖いというイメージを持ってはいませんか?実は、1...

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

発達障害とは乳幼児期にでる発達の遅れで、小学校に上がる前に見...

ピアノを弾くには指が長い方がいい?指を長くすることはできるのか

ピアニストの指は細くて長いというイメージですね。ピアノを弾く...

引っ越しで郵便物を転送するには?一時的な転送も可能?

引っ越して住所が変わった場合は郵便局に郵便物の転送をする手続...

郵便局の配達の仕組みとは?知って便利な仕組みも!

郵便局では毎日たくさんの郵便物が集められ配達されています。基...

ホテルで食事をするときの服装は?ドレスコードについて

ホテルで食事をすることになり服装で悩んだことはありませんか?...

パート主婦は必見!働き方が変わる?扶養から外れる゛壁”

夫の扶養内で働いているパート主婦の皆さんは「103万円の壁」...

彼女とうまく別れたい!水面下でやるべきことは?

男の人は彼女と別れたいと思ってもなかなか別れを切り出せない場...

庭にはどっちがいい?アスファルトとコンクリート

一軒家の庭などにはコンクリートを使用しているところが多いかと...

子供が親の財布のお金を盗む!?その時の対応とは

子供がもしも自分の財布のお金を盗んだとしたらどう対応したらい...

郵便局の窓口とポストはどっちが早い?最短で届けるには

郵便物を早く配達してもらおうと思ったら郵便局の窓口とポストで...

生徒と教師がメールアドレスの交換?生徒と教師にメールは必要?

最近はメールやラインなどのやり取りを生徒と教師の間でしている...

犬はなぜ人間の気持ちがわかるのか?

犬はもはやペットではなく家族の一員と思っている人もいるくらい...

一人暮らしの電気、ガス、水道はどのくらい?節約方法とは

一人暮らしを始めたら電気、ガス、水道の光熱費を自分で管理しな...

スポンサーリンク

住宅ローンが払えなくなる人はどのくらいいるのか

住宅ローン破綻をする世帯の割合は0.5%〜0.8%程度、経済環境が悪化した時期でも1%を少し超える程度だろうと推定される。住宅ローンの債務者200人のうちで、1人〜2人といった割合だ。「借りたお金は必ず返さなければ……」という責任感が強くて真面目だといわれる日本人の破綻率の低さが、金融機関の超低金利による貸出競争を支えているともいえる。

しかし、100人に1人以下だからといって決して他人事ではない。住宅ローン破綻を避けるために苦しい家計を必死でやり繰りしながら、何とか生活を続けている世帯はその数倍になるだろう。住宅を手放したくないために無理を重ねつつ、ギリギリの生活で「破綻予備軍」となっている世帯も多いのだ。高額所得者の破綻も意外に多いという。借入金額が大きくなりがちなうえ、経済環境が変化したときに以前の所得水準を維持することが難しい側面もあるのだろう。

ちなみに、2009年12月4日から2013年3月31日まで適用された「中小企業金融円滑化法」(いわゆる、モラトリアム法)により、住宅ローン返済条件などの見直しや変更が実行された人は26万7,669人にのぼっている。

引用元-HOME’s PRESS

住宅ローンの返済が苦しくなると、夫婦関係も悪くなる?

住宅ローンを借りている旦那さんは、まずは奥様との仲を確認してみましょう。最近ごはんが脂っぽいものが増えたな。しょっぱいおかずばかりになったな。何か殺気を感じる気配があったら、要注意です。住宅ローンを借りて幸せになれる家を買ったなら、お金の返済だけではなく夫婦仲も幸せに保っていきたいですね。

家計管理は人生の幸せ管理。家の中が楽しくなかったら、せっかく高いおうちを買った意味がありません。楽しく夫婦仲を保ちながら、一緒に住宅ローン完済に向けて頑張りましょう!もし本気で住宅ローンの支払いがキツくなったなと感じてきたら、借り換えという方法もあります。

引用元-ももねいろ

住宅ローンを2ヶ月滞納するとどうなる?

住宅ローンの滞納を2ヶ月続けてしまうと、まず住宅金融支援機構や銀行から、「代位弁済手続き開始の予告」という通知が届きます。

「貴殿の滞納は現在2回になっています。・・・・・・催告書の期日までに延滞の解消が無い場合は、期限の利益が喪失され・・・・・・」
という風に、少々難しい言葉で書かれたこの文書ですが、簡単に要約すると

「あなたは現在住宅ローンの支払を2ヶ月滞納しています。このまま支払いを滞納して3ヶ月になると、銀行は保証会社から一括返済を受けるための手続きに入ります。保証会社はあなたのマイホームを競売に掛けて銀行に返済したお金を回収します。競売に掛けられるのがイヤなら全額一括返済してください。」
ということになります。

つまり、このまま滞納し続けたら、住宅ローンの残金を一括で返済してもらいますよ。一括返済がムリなら競売にかけますよ。と言ってきているわけです。

引用元-住宅ローンが返済不能になった方必見!任意売却で解決できます

住宅ローンの返済が苦しい・できないときの対処

→住宅ローンの返済期間の延長を申請する

月々の返済額負担が収入減少や費用負担の増加などにより厳しくなってきた場合。月々の返済額が多少でも減れば、今後も返済が可能という方。返済期間を延長することで金利負担は増加しますが、月々の返済額が小さくなります。

→一定期間住宅ローン返済額を軽減してもらう

家族の入院などで一時的な費用がかさみ住宅ローンの返済が厳しい。ただ、厳しいのは一定期間だけでその後はまた収入(費用)が元に戻るので、一定期間だけでも負担を軽くしたいという方。銀行側にとってはマイナスとなる相談ですが、交渉次第ではOKがでることがあります。

→個人再生手続きで自宅を守る

仕事はあり、安定した収入はあるが、多少の住宅ローンの減額などでは対応できないほど厳しい状態。抜本的な借入の見直しが必要になるが、有効な対策が無い方。ただし、返済の意思はあり、住宅自体を手放したくない方向けの対策が「個人再生手続き」です。

→任意売却を検討する

将来の見通しが立たず、無職または収入が不安定。多少の住宅ローン額の減額などでは対応できない。住宅ローン計画自体がすでに破綻状態にある方向け。返済が滞り銀行から競売にかけられてしまう前に、任意売却することで少しでも有利な価格で住宅を売って、再生することができます。

→自己破産をする

対応としては最終的なものになります。借金の返済が困難であり、任意売却等を行っても状況が改善しない場合は自己破産という方法が最良となるケースがあります。返済能力にもよりますので、弁護士などの専門家にご相談いただくというのが一番です。

引用元-住宅ローン比較マニュアル

住宅ローンの破綻を避けるためには?

収入が減少するなどして住宅ローンの支払いが苦しくなってきたら、少しでも早く対策を考えることが欠かせない。家計を見直して支出を抑えることや、収入を増やすための手段も考えなければならない。ここで絶対にやってはいけないのが、消費者金融などから高利のお金を借りて住宅ローンの支払いに充てることだ。翌月には間違いなく収入が回復するという確証がある場合ならともかく、たいていは破綻を早め、その後の生活再建をより困難にするだけである。

住宅ローンの借換えで毎月の負担を減らす、金融機関との間で返済条件の変更を交渉するなどの対策は、できるかぎり住宅ローンの延滞が始まる前に実行しておきたい。とくに、借換えのときは延滞があると思いどおりにいかないことも多いだろう。

住宅ローン以外の借金(カードローン、信販ローン、消費者金融など)があるときは、個人民事再生も選択肢になる。住宅ローンはそのまま残るものの、他の借金は5分の4程度(債務額により異なる)が免除され、残りの5分の1程度を3年ぐらいで返済することになるだろう。それによって住宅ローンの返済をこれまでどおりに続けられるのであれば、家を失わずに済むのだ。「住宅ローン特則」が適用されれば、月々の支払い額を減らすこともできる。ただし、個人民事再生のための弁護士費用もそれなりにかかるため、手持ち資金が枯渇してからでは難しい面もある。この場合でも、早めに決断をすることが欠かせないのだ。

引用元-HOME’s PRESS

まとめ
住宅ローンの支払いが苦しくなる人はたくさんいるみたいですね。そうなってしまった場合は対処法もあり、早めに対応することが大切のようですね。

twitterの反応


https://twitter.com/dekigoto/status/334297753477869568


https://twitter.com/okusen145/status/717158582316195841

 - 日常・生活

ページ
上部へ