日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

ドラムがうまくなりたい!練習を自宅でするには?

      2018/01/10

ドラムがうまくなりたい!練習を自宅でするには?

バンドのメンバーで最も自宅練習が難しいのはドラムではないでしょうか。ドラムがうまくなりたいなら練習が不可欠ですが自宅でするにはどうしたらいいのでしょうか。今回はドラムの練習を自宅でする方法を調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

就活の電話を無視したら不利になります

非通知電話に出たくない心理はわかります。しかし、企業から就活...

ATMでお金をおろすには!通帳でおろすことは可能?

ATMでお金をおろそうと思ったらキャッシュカードが必要です。...

マンションのドアノブが壊れた!交換費用は誰がもつ?

マンションのドアノブが壊れてしまった!交換しなければいけない...

電話番号の市外局番はどう決まっている?桁数は何桁?

電話番号は市外局番、市内局番、加入者番号で構成されています。...

シングルマザーの次の恋は年下彼氏がおすすめ

シングルマザーは恋愛してはいけないなんてもう古い!子どものこ...

統合失調症ってどんな病気?症状や悪化の原因について知ろう

統合失調症は怖いというイメージを持ってはいませんか?実は、1...

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

発達障害とは乳幼児期にでる発達の遅れで、小学校に上がる前に見...

ピアノを弾くには指が長い方がいい?指を長くすることはできるのか

ピアニストの指は細くて長いというイメージですね。ピアノを弾く...

引っ越しで郵便物を転送するには?一時的な転送も可能?

引っ越して住所が変わった場合は郵便局に郵便物の転送をする手続...

郵便局の配達の仕組みとは?知って便利な仕組みも!

郵便局では毎日たくさんの郵便物が集められ配達されています。基...

ホテルで食事をするときの服装は?ドレスコードについて

ホテルで食事をすることになり服装で悩んだことはありませんか?...

パート主婦は必見!働き方が変わる?扶養から外れる゛壁”

夫の扶養内で働いているパート主婦の皆さんは「103万円の壁」...

彼女とうまく別れたい!水面下でやるべきことは?

男の人は彼女と別れたいと思ってもなかなか別れを切り出せない場...

庭にはどっちがいい?アスファルトとコンクリート

一軒家の庭などにはコンクリートを使用しているところが多いかと...

子供が親の財布のお金を盗む!?その時の対応とは

子供がもしも自分の財布のお金を盗んだとしたらどう対応したらい...

郵便局の窓口とポストはどっちが早い?最短で届けるには

郵便物を早く配達してもらおうと思ったら郵便局の窓口とポストで...

生徒と教師がメールアドレスの交換?生徒と教師にメールは必要?

最近はメールやラインなどのやり取りを生徒と教師の間でしている...

犬はなぜ人間の気持ちがわかるのか?

犬はもはやペットではなく家族の一員と思っている人もいるくらい...

一人暮らしの電気、ガス、水道はどのくらい?節約方法とは

一人暮らしを始めたら電気、ガス、水道の光熱費を自分で管理しな...

コバエを駆除したい!効果的な商品とは

夏場には少し生ごみを放っておくとすぐにコバエが沸いてしまいま...

スポンサーリンク

ドラムを自宅で練習するなら

秘伝の道具集たち

道具を準備しよう!ってことですが、秘伝道具集は~~~

・メトロノーム(絶対必要)
・スティック(普段練習で使うもので!)
・自分の身体(当たり前か(笑)^^;)

この3つは最低欲しいと思います。実際二つですが・・・
メトロノームが必要な訳は、正しいテンポの把握をするためです。
よくこれを言うと、テクノ音楽をやるわけではないと言う人がいますが、正しいテンポ感を掴むのは非常に重要になります。

引用元-マッチョメロン

自宅でする練習方法

ドラム初心者が自宅で練習をするときは、まずスティックの持ち方から始めます。スクールで習っている場合はその通りに、独学の場合は教則本で確認しながら自宅での練習をしましょう。

そして、同じようにして、ドラムを叩く時のストロークをマスターしたら、リズムコントロールの練習に入ります。簡単なリズムから始めて、間隔がずれてこないように均等なリズムで叩けるように練習します。最初はメトロノームに合わせて、慣れてきたら、自分の感覚で叩けるように何度も練習しましょう。徐々に加速したり、逆に減速したりして、スピードに変化をつけて叩けるようにします。単純なリズムができるようになったら、次は基本リズムをつなげたシンコペーションを使って、リズムに動きをつける練習をします。

自宅で電子ドラムを使っている場合は、内蔵されたメトロノーム機能やトレーニング機能などで基礎練習をします。録音機能があれば、自分の演奏した音を録って、リズムトレーニングをしたり、フレーズの確認をしたりするとよいでしょう。

引用元-自宅で練習ドラムナビ

ドラムの自宅練習は環境に合わせて

まず、近隣に住民が居れば普通にドラムは叩けません。。。(;_;)
その環境もいろいろとあるのですが、まず、どれくらいの音が出せるかですよね。

少しくらいならドラムが鳴っても良い環境であれば、生ドラムにミュートのラバーマットを置いて練習するのがいいですね。もちろん、一番安いドラムセットで結構です。

ほとんど音は出せないけど、振動くらいはOKであれば、電子ドラムでの練習でもいいですね!電子ドラム(通称:エレドラ)は、コンピューター内蔵のサウンドシステムなので結構値が張ります。振動がNGの方(マンション2階以上にお住まいの方など)には下階に影響があるので、おすすめできません。でも、ヘッドフォンを使用すれば音は全く聞こえないし(パッドを叩く音は聞こえます)、オーディオスピーカーに繋げば、迫力の演奏もできます♪(ライブでも使えます!)

上記2つの条件もNGの方は、練習用パッドをおすすめします!(上写真参考)

種類やメーカーもいろいろありますが、楽器屋さんに行って一番自分に合ったものを選んでみてください。手首や関節への負担も少なくて、跳ね返りも良いので細かいスティックコントロールの練習も沢山できます。軽量なので、持ち歩いて、いつでもどこでもスティックワークの練習ができるのも魅力の一つですね。私もよく使っています。音の大きさとしては、机を指でトントントンと叩いた程度の音量です。

しかし、練習用パッドでも迷惑だという住宅環境もあります。

その場合は、、、イメージトレーニングという方法があります!!(^^♪
イメージトレーニングにもいろいろな方法がありますね。曲の覚え方や拍の数え方、ドラミングの歌い方など。。。

引用元-斎藤マキ ドラム教室

練習素材を利用して練習しよう

私が上京してからは当然家ではドラムが叩ける環境では無かったので、暇があればスタジオに行って練習をしていました。しかし、スタジオで練習するから家では何もしない、となるとスティックに触れる時間が短くなりますし、多くスタジオに行けばそれほどスタジオの練習代もかさみます。都内なら安いスタジオもありますが、地方では決して安くないです。それに個人練習で使うとなると、当日予約しか出来なかったり…。なので深夜に叩きに行ったり、朝方叩きに行ったりしていました。この時間帯ならバンド練習で埋まっていることは少なく、だいたい予約なしでも空いています。

話はそれましたが、家での練習は、だいたい練習パッドを使ってパコパコ叩きます。ルーディメンツだったり、自分の好きなパターンを叩きます。ライブ前にする手首のウォームアップのようなものです。練習素材は、YouTubeからだったり教則本だったりDVD から見つけます。

練習パッドでの練習は本当に地味ですし飽きがきやすいです。しかしひとつパターンを覚えても満足せず、そこから複雑なパターンにシフトしていき、手慣れたパターンを入れ替えたり組み合わせて応用したりして、複雑なパラディドルパターン、フラムも簡単なフラムタップから応用したフラムパターンまで、それが完全に手癖になるまで練習します。そして手癖になってしまえばどんなに練習を怠っても忘れることがなくなります。(※慣れれば練習しなくていいということではないです、速さのトレーニングなんかは怠ったらすぐに訛りますよ!)

引用元-DrummersLife

自宅のものを叩きまくって対応力をつけよう

発想を変えて、どんなセッティングに対しても、また、どんな張力の打面に対しても、柔軟に対応できるようになるための練習をしてみたら、どうでしょう?要するに、なんでもかんでも、目に付いたものをスティックで叩きまくれば良いのです。…いや、冗談抜きで。バディ・リッチみたいに、バスドラムやドラムイスを叩いたり、シンバルを上からでも下からでも同じように叩ける、本当の意味で「自由自在」なスティックワークを身に付けるためには、そういう練習をするしかないと思います。

そうは言っても、室内で目に付くものを叩きまくったら、大事なものがいっぱい壊れちゃうでしょうし、かといって外でやったら、「危ない人」と思われて警察を呼ばれかねません(笑)。

そこでオススメなのが、「ティッシュの箱」や「雑誌」「枕」「クッション」など、叩いても大丈夫な物を、家の中の色々な場所に置いて叩いてみる方法です。しかも、置き場所も、あらかじめ決めてしまうのではなく、テキトーに放り投げて、どんなに変な位置になったとしても、そこを移動する練習をするのです。普段から、そういう事をやっていれば、実際のセットに座った時は、多少セッティングが悪くても、余裕で対応できるでしょう。

引用元-Studio Lite

まとめ
いかがでしたか?自宅でやるときは近所迷惑にならないようにしないといけませんが自宅でもできることはたくさんありますね。

twitterの反応

https://twitter.com/violet_121209/status/727819064714780672


https://twitter.com/telkiti/status/722023717128290304


https://twitter.com/real_imataku/status/716616877003268096

 - 雑学

ページ
上部へ