まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

中国で物価が安い地域

      2015/10/28

 - 海外

多くの企業が進出している中国。日本よりも多くの人口と土地を持っているが、その中でもどのような地域の物価が安くなっているのかを知りたい方も多いのではないだろうか。そこで今回は中国で物価の安い地域について詳しく調べてみた。

スポンサーリンク

  関連記事

夫婦別姓の選択について海外での現状

結婚すると日本ではどちらかの姓を名のることになります。昨今、夫婦別姓の話が何かとマスコミに取り上げられています。実際、海外ではこの夫婦別姓についてどの様になっているのでしょうか?

朝鮮戦争がもたらした日本への影響について

朝鮮戦争の停戦から、すでに60年が経過しました。当時GHQの支配下だった日本にも、多大な影響を及ぼした戦争です。その日本への影響について、詳しく見ていきましょう。

ディズニーのハワイ・リゾートホテル・アウラニ

ハワイの自然と伝統がある場所にディズニーのハワイ・リゾートホテル・アウラニが誕生ました。アトラクションはありません。アロハを着たキャラクターがお出迎えします。ホテル宿泊者専用の6つのプールがあなたを夢の世界へいざないます。バケーションにいかがでしょうか?

イギリスの旅行はEU離脱でポンド安でお得?

イギリスはEUを離脱しました。主な原因は難民問題でしょうか?イギリス国民の税金が大量に使われています。国民投票で過半数を上回りました。そしてポンドが急落しました。外国人にとってはイギリス旅行に行くチャンスですね。イギリス旅行のネット検索が増えています。

ハワイで日本の充電器は使える?ハワイと日本の電圧の違い

海外に旅行に行くときはスマホなどの充電器はそのままでは使えないことが多いです。日本と海外とでは電圧やコンセントの形が違うためなのですが、ハワイの場合はどうなのでしょうか。

アメリカ経済が崩壊!?日本に与える影響とは

アメリカは世界一の経済大国であり、アメリカ経済の崩壊は世界の経済の崩壊につながります。そんな中、アメリカが利上げをするという動きがあります。利上げが行われると経済にはどのような影響があるのでしょうか。

ジャガイモがドイツで普及した歴史

ジャガイモは最もポピュラーな食材です。中でもドイツでは数多くのジャガイモ料理があり、永い時間を掛けて進化してきた歴史がありそうです。ジャガイモの歴史を作ってきたドイツにスポットを当てて調べました。

台湾が親日の国である理由は

日本の周りにも多くの国が存在します。しかし、新日や反日とそれぞれの国の意見や対応も様々です。その中でもなぜ台湾は新日国なのでしょうか。詳しく調べてみました。

海外で金を購入することについて

金を購入されている方も多いことでしょう。日本でも多くの金を購入することが可能ですが、海外旅行の際など、日本以外で購入される場合もあると思います。日本と比べて海外では金の値段が安くなったりするのでしょうか。詳しく調べてみました。

アメリカ旅行 テロは大丈夫なのか

海外で旅行される方は、最近の世界のニュースなどを気にされるかと思います。最近では、世界各地でテロが起こっています。アメリカの場合、テロなどの危険性はどうなのでしょうか。調べてみました。

世界の子供の将来の夢は何?

日本では毎年、子供たちが将来なりたい職業ランキングが発表されています。それは時代によって変わってきています。また世界の子供たちの将来の夢は何ののでしょうか?日本と世界では将来の夢に違いはあるのでしょうか?

世界での日本人に対する評判

海外旅行に行くと気になるのが、日本人としてどの様に見られているかです。最近、世界の人々が見る日本人に対する評判は高いと聞きますが本当でしょうか。実際のところ、どうなのか調べることにしました。

TPPへの日本の参加理由は何か

TPPが取りざたされていますが、最近大筋で合意したとのニュースがありました。関税が無くなる事くらいしか良く知りませんが、日本の参加理由って何なのでしょうか?

米国の大統領の任期は?日本との違い

米国の大統領選挙が始まるとアメリカ国内にとどまらず日本でも関心が高まっていきますね。ところで米国の大統領と日本の首相では任期に違いはあるのでしょうか?今回は米国の大統領選挙について調べました。

ドバイの空港より街中で両替した方が得

海外旅行に出かける時、何処で両替したら良いのか悩みます。現地に行ってから両替出来ないなんて最悪ですから。でも、出来るだけ良いレートで両替するには日本の空港よりドバイの空港、ドバイの空港より街中の両替所らしいのです。

韓国は今後どうなる?中国経済の失速

韓国と中国は近年その経済関係を強化してきました。しかしここ最近中国のGDPの成長率や伸び率は低下してきています。今後中国と韓国の関係はどうなっていくのでしょうか。今回は中国と韓国の経済について調べてみました。

海外旅行に一人で初めて行く

海外旅行の一人旅には憧れますよね。言葉は通じない、知らない土地への旅は不安もありますが、それ以上に憧れも大きいです。そこで、安全に素敵な旅をする為の情報を集めてみました。

●中国の物価について

中国は2010年の国内総生産(GDP)で日本を抜いて、アメリカに次ぐ世界第2の経済大国となりました。爆発的な経済成長を遂げる中国には環境問題、不動産バブル、貧富の格差、食の安全など様々な問題が内包しているといわれていますが、その中でも物価の上昇は庶民の生活を脅かす問題として特に話題となっています。

国家統計局の2015年8月の発表によると、2015年8月の消費者物価指数(CPI)は前年比1.6%の上昇、年間抑制目標3.0%を余裕で達成しました。豚肉、野菜、タバコ、ホームヘルパーや内装・リフォームなどが値上がりする一方、卵、果物、通信機器、自動車燃料・部品、光熱費などが値下がりしました。

2011年7月に上昇率6.5%を記録後、うなぎのぼりだった物価上昇が、ここ最近、落ち着きを取り戻した感じです。とはいえ、依然として物価はじわじわと上昇しています。特に食品の値上がりは低所得層の生活を脅かしています。

引用元-AllAbout

スポンサーリンク

  人気記事

●中国の物価の現状

華南では、2008年に2万社が倒産、封鎖、移転で消えた。

主には、玩具産業と衣服製造業が多いが、最近は自動車関連も仕事が激減している。特に2009年に入って毎回注文の度に注文数量が予測から削られてゆく。
5月に入り少しは良くなっているが、未だ去年の水準には戻っていない。

家電業界は、政府の景気刺激策で少しは潤っている様でそれ程暗くなってはいない。

食品の値上げは、殆ど無く生活物価が平生に推移しているのが大きな理由かも知れないが、外食が減っているのは現在でも余り変化していません。

自動車の販売は、1600cc以下の取得に対する税金が低くなった為に、増えているのがニュースで報じられています。

就職は、大学卒業生が3割の就職率とかで、就職難が報じられています。
私のチャット仲間の大学生は日本語を専攻していましたが未だに職が決まったと言う知らせが有りませんので未だ決まってないのでしょう。
後1,2カ月で卒業ですが、就職が決まらないと、無職のまま卒業と言う事になり、大変に困る事になると言っていたので心配です。

引用元-中国で今

●中国の物価、地域ランキング

中国は物価の上昇と元高の原因で、上位10位以内に香港(2位/前年3位)、上海(6位/前年10位)、北京(7位/前年11位)の3都市がランクイン。その他の都市も、深セン(14位/前年17位)、広州(15位/前年24位)、瀋陽(21位/前年54位)、青島(24位/前年48位)、南京(26位/前年47位)、天津(27位/前年50位)、成都(29位/前年50位以下)と、それぞれ順位を大きく上げています。

1位に輝いたのは前年同様アンゴラの首都ルアンダ。中国の各都市が大きく順位を伸ばした一方、日本は円の対米ドル価値が下がった影響で、東京(11位/前年7位)、大阪(32位/前年23位)とランクダウンしました。その他、ロンドン(12位/前年12位)、ソウル(8位/前年14位)、ニューヨーク(16位/前年16位)となっています。ちなみに最も低い都市はキルギスのビシュケク。2015年度の調査結果からは中国各都市の勢いがひしひしと伝わってきました。

引用元-AllAbout

●中国で物価の安い地域(Q&A)

 まず観光地でないこと。観光地価格はぼったくり価格ですので。日本でも観光地で食事をしたら地元食堂より高く感じますよね。北京や上海は全般に高めです。公共の交通機関は中国人民と同じですが、タクシーは気を付けていないと外国人と見てふっかけてくることもあります。宿泊費も、外国人OKの宿はやはりそれなりの値段です。
 次に外国資本でないこと。ユニクロは日本と同じくらいの値段、吉野家も丸亀製麺も日本より少し安いくらい。これは中国の物価から言えばとても高い部類に入ります。スタバやハーゲンダッツなど、とんでもない値段です。
 これだけに気を付ければ、中国価格でしょう。具体的な地名をあげられなくて申し訳ない。私はいつも観光で行くので、観光費用は仕方ないものとして、あとはできるだけ地元の食堂などを選んできました。宿泊の最安値は130元くらいでした。スーパーやコンビニの価格は、どこも似たようなものです。

引用元-OKWave

●中国各地、物価の安い地域は

中国新聞網が伝えた。31地域のうち、18地域で上昇率が1%を割り込んだ。このうち北京市は0.4%で、2010年2月以来、4年11カ月ぶりの低水準だった。陝西省はマイナス0.1%と、近年ではまれにみるマイナスに転じた。上昇率が2%を超えたのは、青海省2.5%、チベット自治区2.2%の2地域にとどまった。

今年1月の全国のCPIは、前年同月比で0.8%上昇。09年11月に0.6%を付けて以来、5年1カ月ぶりに1%を割り込んだ。

交通銀行の首席エコノミストである連平氏によると、内需不足もあって2月のCPI上昇率も1%台にとどまると予想される。

中国の14年のCPI上昇率は2%と、年初に設定したインフレ率目標である3.5%を大きく下回った。物価上昇率の鈍化は今後も続くと予想されており、今月3日から始まった両会(全国政治協商会議と全国人民代表大会)で今年のインフレ率目標が引き下げられるとの見方が強い。英金融大手のバークレーズ銀行は3%への引き下げを予想した。

引用元-NNA.ASIA

まとめ
中国は土地が広く、多くの都市があります。どのような都市なのか詳しく調べてみるのもいいかもしれませんね。

twitterの反応

 - 海外