日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

中国で物価が安い地域

      2015/10/28

中国で物価が安い地域

多くの企業が進出している中国。日本よりも多くの人口と土地を持っているが、その中でもどのような地域の物価が安くなっているのかを知りたい方も多いのではないだろうか。そこで今回は中国で物価の安い地域について詳しく調べてみた。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

前髪はストレートアイロンでセット!まっすぐも流すのも思いのまま!

前髪のセットにストレートアイロンが便利だと知っていますか?ス...

警察官になるには ~女性はどのくらい体力が必要?~

様々な犯罪事例が増えるにつれ、需要が拡大している女性警察官。...

顔の湿疹が治らない!その原因と対策は?

顔に湿疹ができるとなかなか治らないことがあります。顔にできる...

外国人もびっくり?水道水が飲める日本ってすごい?

水道水を安全に飲める国は世界でもそこまで多くないようです。外...

家でも仕事でもストレスが溜まる?ストレスを発散するには

仕事のストレスを家に持ち込むことは良くないので、外でなるべく...

太陽光発電の営業は注意!?モニター商法とは

太陽光発電の導入を検討している人は多いのではないでしょうか?...

着るだけで電気代の節約!着る毛布の魅力とは

着る毛布というもの注目されているのを知っていますか?着る毛布...

頭痛は病院に行くべき?でも何科へ?

頭痛で悩んでいる人は結構多いですよね。薬を飲んでも耐えれない...

土地購入のタイミングはいつ?土地購入のポイント

マイホーム建築の為に土地を購入するのは人生で最大の買い物です...

車のキズはどこまで自分で修理できる

車のちょっとしたキズ、気になるけど修理に出すほどでもない…。...

目の検査で赤と緑でわかることとは

眼鏡やコンタクトを作る際の視力検査で必ず赤と緑の見え方の検査...

地震が起きた時、家の中で安全な場所は?

現在、日本全国どこでどのタイミングで地震が起こるかわからない...

中国で犬を飼うのが流行ってる?中国のペット事情

最近の中国では犬などのペットを飼うことがステータスになってい...

胃がムカムカする原因は?続く場合の病気とは

胃がもたれてムカムカすることがありますね。原因のほとんどは暴...

台湾で命を懸けた日本人 今も尊敬される水利技師

台湾では多くの人が知っている、学校の教科書にも登場する日本人...

アメリカの高校で行われる主な行事

アメリカの学校では、日本では考えられないような行事が行われて...

粉瘤って何?足にできたら手術をする?

粉瘤というものを知っていますか?皮膚の下にできる袋で、中には...

妊娠中の風邪!熱、鼻水、咳どうしたらいい?

妊娠中は実は免疫力が低下しているために風邪を引きやすいのです...

猫が飼い主を噛むのは何故?朝の場合はどういう意味?

飼っている猫に噛まれた経験はありますか?猫が飼い主を噛むのは...

ベッドのマットレスにカビが生えたらどうする?

ベッドのマットレスは敷きっぱなしにしているとカビが生えること...

スポンサーリンク

●中国の物価について

中国は2010年の国内総生産(GDP)で日本を抜いて、アメリカに次ぐ世界第2の経済大国となりました。爆発的な経済成長を遂げる中国には環境問題、不動産バブル、貧富の格差、食の安全など様々な問題が内包しているといわれていますが、その中でも物価の上昇は庶民の生活を脅かす問題として特に話題となっています。

国家統計局の2015年8月の発表によると、2015年8月の消費者物価指数(CPI)は前年比1.6%の上昇、年間抑制目標3.0%を余裕で達成しました。豚肉、野菜、タバコ、ホームヘルパーや内装・リフォームなどが値上がりする一方、卵、果物、通信機器、自動車燃料・部品、光熱費などが値下がりしました。

2011年7月に上昇率6.5%を記録後、うなぎのぼりだった物価上昇が、ここ最近、落ち着きを取り戻した感じです。とはいえ、依然として物価はじわじわと上昇しています。特に食品の値上がりは低所得層の生活を脅かしています。

引用元-AllAbout

●中国の物価の現状

華南では、2008年に2万社が倒産、封鎖、移転で消えた。

主には、玩具産業と衣服製造業が多いが、最近は自動車関連も仕事が激減している。特に2009年に入って毎回注文の度に注文数量が予測から削られてゆく。
5月に入り少しは良くなっているが、未だ去年の水準には戻っていない。

家電業界は、政府の景気刺激策で少しは潤っている様でそれ程暗くなってはいない。

食品の値上げは、殆ど無く生活物価が平生に推移しているのが大きな理由かも知れないが、外食が減っているのは現在でも余り変化していません。

自動車の販売は、1600cc以下の取得に対する税金が低くなった為に、増えているのがニュースで報じられています。

就職は、大学卒業生が3割の就職率とかで、就職難が報じられています。
私のチャット仲間の大学生は日本語を専攻していましたが未だに職が決まったと言う知らせが有りませんので未だ決まってないのでしょう。
後1,2カ月で卒業ですが、就職が決まらないと、無職のまま卒業と言う事になり、大変に困る事になると言っていたので心配です。

引用元-中国で今

●中国の物価、地域ランキング

中国は物価の上昇と元高の原因で、上位10位以内に香港(2位/前年3位)、上海(6位/前年10位)、北京(7位/前年11位)の3都市がランクイン。その他の都市も、深セン(14位/前年17位)、広州(15位/前年24位)、瀋陽(21位/前年54位)、青島(24位/前年48位)、南京(26位/前年47位)、天津(27位/前年50位)、成都(29位/前年50位以下)と、それぞれ順位を大きく上げています。

1位に輝いたのは前年同様アンゴラの首都ルアンダ。中国の各都市が大きく順位を伸ばした一方、日本は円の対米ドル価値が下がった影響で、東京(11位/前年7位)、大阪(32位/前年23位)とランクダウンしました。その他、ロンドン(12位/前年12位)、ソウル(8位/前年14位)、ニューヨーク(16位/前年16位)となっています。ちなみに最も低い都市はキルギスのビシュケク。2015年度の調査結果からは中国各都市の勢いがひしひしと伝わってきました。

引用元-AllAbout

●中国で物価の安い地域(Q&A)

 まず観光地でないこと。観光地価格はぼったくり価格ですので。日本でも観光地で食事をしたら地元食堂より高く感じますよね。北京や上海は全般に高めです。公共の交通機関は中国人民と同じですが、タクシーは気を付けていないと外国人と見てふっかけてくることもあります。宿泊費も、外国人OKの宿はやはりそれなりの値段です。
 次に外国資本でないこと。ユニクロは日本と同じくらいの値段、吉野家も丸亀製麺も日本より少し安いくらい。これは中国の物価から言えばとても高い部類に入ります。スタバやハーゲンダッツなど、とんでもない値段です。
 これだけに気を付ければ、中国価格でしょう。具体的な地名をあげられなくて申し訳ない。私はいつも観光で行くので、観光費用は仕方ないものとして、あとはできるだけ地元の食堂などを選んできました。宿泊の最安値は130元くらいでした。スーパーやコンビニの価格は、どこも似たようなものです。

引用元-OKWave

●中国各地、物価の安い地域は

中国新聞網が伝えた。31地域のうち、18地域で上昇率が1%を割り込んだ。このうち北京市は0.4%で、2010年2月以来、4年11カ月ぶりの低水準だった。陝西省はマイナス0.1%と、近年ではまれにみるマイナスに転じた。上昇率が2%を超えたのは、青海省2.5%、チベット自治区2.2%の2地域にとどまった。

今年1月の全国のCPIは、前年同月比で0.8%上昇。09年11月に0.6%を付けて以来、5年1カ月ぶりに1%を割り込んだ。

交通銀行の首席エコノミストである連平氏によると、内需不足もあって2月のCPI上昇率も1%台にとどまると予想される。

中国の14年のCPI上昇率は2%と、年初に設定したインフレ率目標である3.5%を大きく下回った。物価上昇率の鈍化は今後も続くと予想されており、今月3日から始まった両会(全国政治協商会議と全国人民代表大会)で今年のインフレ率目標が引き下げられるとの見方が強い。英金融大手のバークレーズ銀行は3%への引き下げを予想した。

引用元-NNA.ASIA

まとめ
中国は土地が広く、多くの都市があります。どのような都市なのか詳しく調べてみるのもいいかもしれませんね。

twitterの反応

 - 海外・国際

ページ
上部へ