日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

公務員の病気による休職は急激に増えています

      2018/01/11

公務員の病気による休職は急激に増えています

公務員は病気で休職している期間は身分が守られています。給料やボーナスは支払われる期間と支払われない期間があります。無給になったときには傷病手当を頂けます。手厚く守られています。奉仕の仕事というのはそれだけの価値があるということでしょうか。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

就活の電話を無視したら不利になります

非通知電話に出たくない心理はわかります。しかし、企業から就活...

ATMでお金をおろすには!通帳でおろすことは可能?

ATMでお金をおろそうと思ったらキャッシュカードが必要です。...

マンションのドアノブが壊れた!交換費用は誰がもつ?

マンションのドアノブが壊れてしまった!交換しなければいけない...

電話番号の市外局番はどう決まっている?桁数は何桁?

電話番号は市外局番、市内局番、加入者番号で構成されています。...

シングルマザーの次の恋は年下彼氏がおすすめ

シングルマザーは恋愛してはいけないなんてもう古い!子どものこ...

統合失調症ってどんな病気?症状や悪化の原因について知ろう

統合失調症は怖いというイメージを持ってはいませんか?実は、1...

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

発達障害とは乳幼児期にでる発達の遅れで、小学校に上がる前に見...

ピアノを弾くには指が長い方がいい?指を長くすることはできるのか

ピアニストの指は細くて長いというイメージですね。ピアノを弾く...

引っ越しで郵便物を転送するには?一時的な転送も可能?

引っ越して住所が変わった場合は郵便局に郵便物の転送をする手続...

郵便局の配達の仕組みとは?知って便利な仕組みも!

郵便局では毎日たくさんの郵便物が集められ配達されています。基...

ホテルで食事をするときの服装は?ドレスコードについて

ホテルで食事をすることになり服装で悩んだことはありませんか?...

パート主婦は必見!働き方が変わる?扶養から外れる゛壁”

夫の扶養内で働いているパート主婦の皆さんは「103万円の壁」...

彼女とうまく別れたい!水面下でやるべきことは?

男の人は彼女と別れたいと思ってもなかなか別れを切り出せない場...

庭にはどっちがいい?アスファルトとコンクリート

一軒家の庭などにはコンクリートを使用しているところが多いかと...

子供が親の財布のお金を盗む!?その時の対応とは

子供がもしも自分の財布のお金を盗んだとしたらどう対応したらい...

郵便局の窓口とポストはどっちが早い?最短で届けるには

郵便物を早く配達してもらおうと思ったら郵便局の窓口とポストで...

生徒と教師がメールアドレスの交換?生徒と教師にメールは必要?

最近はメールやラインなどのやり取りを生徒と教師の間でしている...

犬はなぜ人間の気持ちがわかるのか?

犬はもはやペットではなく家族の一員と思っている人もいるくらい...

一人暮らしの電気、ガス、水道はどのくらい?節約方法とは

一人暮らしを始めたら電気、ガス、水道の光熱費を自分で管理しな...

コバエを駆除したい!効果的な商品とは

夏場には少し生ごみを放っておくとすぐにコバエが沸いてしまいま...

スポンサーリンク

公務員の病気の休職は3年間も所得可能

まず初めは、病気休暇取得という形での休みになるそうです。この期間が、1週間以上連続した場合は、医師の診断書提出が求められます。そして、この病気休暇は90日まで取得が可能です。この病気休暇は、年次休暇(一般の民間企業で言う有給休暇))をとっていることと同じ扱いをされ、100%の給与が支給されます。つまり、90日ですから、3ヶ月間病気で休んでも、3ヶ月間はまるまる給与が入ってくるというわけです。ただし、就労していないわけですから、通院手当てや管理職手当は不支給となりますが。

90日以上休む場合も病気休暇を取得可能。しかし、多くは休職扱いに変更?

90日病気休暇を使って休んでも良くならない場合、更に、病気休暇を取得できますが、給与は、基本給の半額のみの支給となります。そこで、給与が半額では経済的に苦しくなるため、実質的には、90日病気休暇を取得した後、引き続き休む必要がある際は、「休職」に切り替えるのが一般的だそうです。休職は3年間、取得可能です。なぜ、ここで、病気休暇から休職扱いに変更するかというと、病気休暇を引き続き取得すると、支給される給与は半減しますが、休職の1年目の場合は給与の80%が支給されるからです。

引用元-うつトモ

公務員が病気で休職をした時に給料は支払われるの?

病気のための長期に職務を休む場合は、人事院規則に定めがあり(国家公務員は全て適用されます。地方公務員の場合は、その地方の条例によって若干の違いはあるかもしれません)①病気休暇取得 ②休職⇒1年経過後は給与が支給されないため、傷病手当金を所属する役所の共済組合に請求する という流れになります。

具体的に言いますと、まず①の病気休暇についてですが、この休暇は病気の治療に必要だと認められる限り取得できます。ただし、1週間以上連続して病気休暇を取得する場合は、医師の診断書を提出しなければならないことになっているため、その診断書をもとに病気休暇の申請をするということになります。次に病気休暇を取得した場合の給与についてですが、病気休暇の取得が90日に達するまで(土日を含んだ暦日数です)は、年次休暇をとっている場合と同じく100%給与が支給されます(就労実績がないため、通勤手当、管理職手当ては支給されませんが)。病気休暇を90日取得後、それでも病気が治らないという場合には、引き続き病気休暇を取得できますが、その場合には基本給(俸給)が半分に減額されて給与が支給されることになります。

次に②の休職についてです。
上記のとおり病気休暇90日取得後は俸給が減額されて支給される話をしましたが、本人にとって見れば、俸給が半額になるのは生活していけないほどの痛手です。そのため、病気休暇の取得が90日を超える場合には、休職に切り替えるのが一般的です。休職は3年間の範囲ですることができます。その際の給与ですが、うつ病の場合では、1年間80%の給与を支給してもらうことができます。

最後に傷病手当金についてです。病気休暇を90日取得し、その後1年間の休職を経てそれでも病気がよくならない場合は、給与が支給されないということになります。そのため、所属する役所の共済組合に傷病手当金の請求を行うことになります。傷病手当金は、1年6ヶ月間を限度として、標準報酬日額の3分の2が支給されます。

引用元-現在、公務員をしております。うつ病のため、長期の休みを取りたく考えています… – Yahoo!知恵袋

公務員が病気で休職中は手厚く優遇

公務員の休職は3年間の範囲で所得することが可能

公務員の休職は3年間の範囲で所得することが可能です。その休職期間中の給与(給料)は、精神疾患の場合は最初の1年間が給料の8割、賞与も大方それに連動して8割ですが、自治体によって算出法に違いがあります。つまり、この1年間はボーナスも支給されるというわけです。残りの2年間は給料の支給はありませんが、身分の保証はあります。休職期間の限度の3年を超えて復職できない場合は、免職されるのが一般的です。

公務員の休業制度は民間企業よりかなり手厚い

公務員の休職期間中の給与(給料)は民間企業に比べると、かなり手厚いと言わざるをえません。公務員の休職中の原資はもちろん、私たちの税金となっています。そのため、その支給額については各方面から「多過ぎるのでは?」との声が聞かれるようになりました。特にボーナスに関しては民間企業であれば業績給であるため、公務員でましてや求職者についての支給には疑問視されています。「安定したサービスの提供のため」の給料やボーナスですが、一般企業よりもかなり優遇されていると言わざるをえません。

引用元-キャリアパーク!

公務員の病気による休職や復職は本人が申請をする

・地方公務員法第28条第2項によると「心身の故障のため長期の休養を要する場合」には、その意に反して休職させることができるとされている(いわゆる「分限休職」)。本県における病気による休職も、条例・規則上この分限休職として位置づけられている。

・人事関係事務手続要領(昭和49年3月28日総務部長通知)には、休職、休職期間の更新及び復職に必要な書類として医師の診断書の他に本人が記載する「休職願」「休職期間更新願」「復職願」が定められているが、本人からの申請によらない休職・更新・復職の手続に関する規定は存在しない。

・また、職員課によると、これまで本人の申請によらない休職をした事例はなく、本人申請以外の分限休職についての具体的手順は想定していないとのことであった。

・本来、分限休職は、職員がその職責を十分に遂行することが期待できない場合に、公務能率の維持と公務の適正な運営の確保を図る目的で行うものであり、必要な場合には同意の有無にかかわらず行うべきものである。更新・復職についても同様であり、これらについて本人の申請による場合しか想定していないことは、問題である。

引用元-とりネット

病気の休職には従来型のうつ病と新型うつ病がある

従来型のうつ病は、「真面目で几帳面、完璧主義」な人が、一生懸命働く中で頑張り過ぎて発症します。「眠れない」「気分が優れない」や「体がだるい」などの症状がひどくても、「周囲に迷惑はかけられない」と打ち明けられず、自分の体にむち打って働いてしまいます。そして、疲弊しきってからやっと周囲が気づき、家族に勧められて病院を受診するケースが多くみられます。標準的な療養は、治療を主治医に任せてしっかり休養すること。これにより回復し、復職もできます。

しかし、最近ではうつ病が多様化し、典型的なタイプとは異なるうつ病が増加しています。自己中心的で何かとトラブルを起こす人が仕事のストレスをきっかけに発症し、自分から進んで診断書を提出し休職を希望します。休職中にもかかわらず趣味の活動は熱心に続け、休職期限が近づくと復職を希望するものの、すっきりとは回復せずに復職後もズルズルと欠勤を繰り返すことも多くみられます。一筋縄では対応できず苦慮することが少なくありません。

引用元-ヒューマンキャピタルOnline

まとめ
公務員は人事院の法律で手厚く守られています。法律の縛りから病気になり休職するケースが増えているようです。

twitterの反応

https://twitter.com/minidoler/status/722080026426867713


https://twitter.com/ginko0330/status/699998727683989505

 - 進学・就職

ページ
上部へ