日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

寄せ鍋がおいしくなる!野菜を入れる順番とは!?

      2018/01/11

寄せ鍋がおいしくなる!野菜を入れる順番とは!?

冬の寒い時期には暖かい鍋が食べたくなりますね。その中でも寄せ鍋はいろいろな材料を入れるので栄養も満点です。ところで寄せ鍋は野菜の入れる順番でおいしくなることを知っていますか?今回は寄せ鍋の野菜を入れる順番を調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

自転車に子供を乗せられるのは何歳から?

子供が赤ちゃんのうちはベビーカーか便利です。だんだんと子供が...

精神障害2級ってどんな人が対象?精神障害者手帳を貰うには

精神障害の対象になる人は何らかの精神疾患で日常生活において長...

2016年は台風の年!?台風の進路がおかしいワケ

2016年は台風の当たり年と言われるくらい次々に台風が発生し...

犬のトイレトレーニングには「囲い」を使おう!

犬を飼う上で避けて通れないのが、トイレのしつけ。外飼い予定の...

大学の准教授ってどんな職業?年齢や年収はどのくらい?

大学の役職には准教授というものがあります。この准教授とはどの...

顔パック、安いものでも効果はある?!

数多くの顔パックがドラッグストアや化粧品売り場に並んでいます...

男性が思う結婚の条件とは?どんな女性が理想?

結婚の条件は男女ではそれぞれ少し違うところがあるようです。女...

告白の返事がかわいいと抱きしめられちゃうかも

あなたには大好きな人がいますか?告白されたい方ですか?したい...

車でデートはまだ早い!?上手な断り方とは?

車デートに誘われたとき、女性は何とも思っていない人とはあまり...

車のナンバーで所有者が分かる!?現在は難しいプライバシーの問題とは

昔は車のナンバーで所有者を知ることが簡単にできたって知ってい...

元カノが気になる?!彼氏の元カノに嫉妬しないために

彼氏の元カノは彼女としては気になってしまいますね。ついつい元...

職場で人間関係を円滑にするには?少人数の職場の場合

就職したら職場では人間関係を円滑にしたいですね。特に少人数の...

子持ち主婦には深夜の仕事がおすすめ!?パートに出る場合

子供を持つ主婦は仕事をしようとしても保育園に預けるなどしない...

子供の勉強を教えるには!?上手な教え方について

親としては子供には勉強ができてほしいと思うのは当たり前です。...

犬の散歩、雨の日はどうしてますか?

愛犬の雨の日のお散歩、みなさんはどうしていますか?日本にはど...

自転車の子供へのヘルメット着用が義務化!?ヘルメットの選び方とは

自転車に子供が乗るときはヘルメットを着用することに努めないと...

高校では成績のつけ方違うって知ってた?

成績のつけ方にはいろいろあります。相対評価、絶対評価。試験の...

蛍光灯とLED電球を比較!どっちがお得?

蛍光灯とLED電球はどちらがより電気などを節約できるのでしょ...

淡水魚を水槽で飼育するにはどうする?淡水魚の育て方

川などに生息する魚を淡水魚と言います。主な淡水魚にはコイやフ...

蚊のメスとオスの違いとは?血を吸うのはメスだけ?

夏の野外は蚊に刺されないように気を付けないといけませんね。と...

スポンサーリンク

寄せ鍋に入れる野菜は何種類ぐらいがいい?

寄せ鍋といえば、冷蔵庫内を整理するために作られる鍋料理の1つですが、食べたいものを鍋に入れれば良いというわけではありません。

寄せ鍋を作る際は、最大で5種類までの具材を入れるというルールがあり、それ以上を越えてしまうと、寄せ鍋の味が定まらず、不思議な味のスープが誕生してしまいます。

B級グルメのような鍋料理を作りたいという方は5種類以上入れるようにし、それ以外の方は使用する具材は2種類から5種類の間に留めておきましょう。

引用元-料理のギモン!?-たべものニュース-

寄せ鍋の野菜を入れる順番

1.白菜の芯部分、大根、にんじん、しらたき、ごぼうを鍋に入れて、火をつけます。まず、火が通るのに時間がかかる固い野菜や、だしの味をしっかりしみ込ませたいものを、入れてから火を付けます。

2.だしが温まってきたら、しいたけを入れます。だしがフツフツとして温まってきたところで、次に、適度に火を通して食べたいものを入れます。しいたけなどの、きのこ類は、火が通りすぎるとドロドロになってしまうので、このタイミングがベスト!ちなみに、しめじやえのきを入れる場合もココですよ。

3.沸騰してきたら、豚肉を入れます。だしが沸騰してきたら、いよいよお肉の出番!お鍋の中で、一番火力が強そうな場所にあるお野菜を、菜箸で少し寄せてお肉を入れます。

4.アクを取ります。お肉からアクが出てくるので、丁寧に取り除いてくださいね。

5.白菜の葉部分、長ネギ、春菊、もやし、豆腐を入れて、火を弱めます。火を通しすぎるとドロドロになりやすいものや崩れやすいもの、シャキシャキ感など、食感を楽しみたい野菜を、最後に入れていきます。最初に入れた野菜も、この頃にはやわらかくなって、かさが減ってくるので、たっぷり入れられますよ。

6.完成♪最後に入れたお野菜が、しんなりしてきたら完成です☆どの具材も、一番の食べ頃に仕上がっているので、何から食べても美味しい!

引用元-Allabout family!

肉や魚も入れる順番を工夫してさらにおいしく

鍋に入れる順番【肉・魚編】

お鍋の主役といえば、なんといっても、お肉や魚介類♪勿論、出汁の良く浸みたお野菜やシラタキなんかもとっても美味ですが、それも、美味しい主役あってこそ!ですが、この要ともいえる、主役をお鍋に入れるタイミング結構、勘違いしている方が多いのも事実なんです。

というのも、基本的に、美味しいお鍋の不可欠要素、良い出汁を取るためにも、鶏や魚介類はまず最初に投入する、という鉄則が広く浸透しています。勿論、これは間違いではないのですが、厳密にいうと100%正しいという訳でもありません。火が通りにくく、出汁を取る食材でもある肉・魚類は基本的には、一番、最初に投入してOK。ですが、牛や豚肉など、すぐに硬くなってしまう肉を一番最初から入れておくのは、実はNG!!いくら、出汁のきいたおいしい脇役が光る鍋でも、肝心の肉類がいまいちだと、テンションもガタ落ち!

という訳で、お鍋の主役は、鶏肉、つみれ、魚介類など、出汁を取るため最初に入れる先発の主役と、短時間で調理して、肉のうまみを最大限に引き出すのがポイントの、途中リリーフの主役。というダブルキャストの主役が存在するという事、ぜひ、覚えておいて頂ければと思います。

引用元-日常の「?」をちゃちゃっと解決!

寄せ鍋ができるまでの火加減

寄せ鍋ができるまでの火加減
せっかく入れる順番が正しくても火加減が適切でなければ、クタクタな具になってしまっておいしくありませんよね。次は火加減について紹介していきます。

材料を入れて沸騰するまでは強火で
出汁の出る具を入れて沸騰するまでは強火でOKです。その他の具は沸騰してから入れるようにしましょう。

フツフツと沸騰してきたら中火に
フツフツと沸騰したら中火に火を弱めます。ここで弱めないと最初に入れた具から出汁が出すぎてしまいます。ここからは具を全部入れきるまで中火をキープします。また、具を入れると鍋の温度は下がるので、その都度同じ沸騰具合をキープできるようこまめに強火~中火~弱火の調整をしましょう。

具を全部入れたら弱火
最後まで具を入れていざ食べよう!となったら弱火で鍋の温度をキープしましょう。このように細かく火加減を調整することによっておいしい寄せ鍋ができます。細かく調整するのは面倒かもしれませんが、おいしい寄せ鍋のために頑張りましょう!

引用元-Food Box

覚えておこう!鍋の常識

知っていて得!一目おかれるコツ

・シラタキや春菊のアクには、カルシウムやカリウムなどのミネラルが多く含まれ、肉のたんぱく質を固くしてしまう作用があるので、離した場所に入れること。
・肉や魚は、あらかじめ湯通ししておくと、うま味がにげない。
・アクは取り過ぎないこと!うま味も取り過ぎてしまうので、ほどほどに。
・鍋の中央は対流ができているので、野菜を鍋の端から入れると煮崩れせず、又、少しづつ入れることで鍋の温度が下がらずアクが出にくい。(野菜を一度に入れると、鍋の温度が下がる。)
・貝類は、煮込み過ぎると固くなるので、気をつけよう

引用元-ハウコレ

まとめ
いかがでしたか?寄せ鍋を作るときは参考にしてみてください!

twitterの反応


https://twitter.com/fu0co/status/657843935990050816


https://twitter.com/ChavBishop/status/565937242028646401

 - 雑学

ページ
上部へ