日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

正月は旦那の実家へ帰省する?正月の過ごし方

      2018/01/13

正月は旦那の実家へ帰省する?正月の過ごし方

年末や正月には実家へ帰省する人が多いですね。結婚している場合は旦那さんの実家へ行くことが一般的ではないでしょうか。旦那さんの実家へ行くのが憂鬱だ…と思っている人のために旦那さんの実家での過ごし方を調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

不登校の原因は学校の先生が怖いから!?そんな時はどうしたらいい?

子供が学校へ行きたくないという理由に先生が怖いという場合もあ...

クロネコヤマトのバイト。女性でも働ける?

クロネコヤマトのバイトと聞くと、重いものをたくさん運んで体力...

統合失調症の症状とは?独り言で病気を判断できる?

統合失調症とは脳がうまく機能できず幻覚や妄想などの症状が出る...

面白い小説を読みたい!ファンタジーならこれを読もう!

今は電子書籍などでも気軽に小説が読める時代ですね!しかし小説...

彼女の浮気が心配…浮気の兆候と対処法は?

付き合っていると彼女のちょっとした行動で浮気をしていないか心...

政令指定都市って人口が多ければなれるの?指定の条件とは

政令指定都市というと漠然と人口が多い大都市というイメージがあ...

親知らずが痛い!生えかけの場合の対処法

親知らずは上下の一番奥に生える歯で変な方向に生えてくることが...

重曹で歯磨きをすると歯石を予防できる?!重曹の効果とは

重曹で歯磨きをすると歯石や着色汚れを除去できると言われていま...

結婚式にぴったりの髪飾りは?バレッタで簡単アレンジ!

結婚式に出席するときは服装だけではなく、髪型もきちんとしてい...

ワインのコルクの開け方は?プラスチック栓の場合

最近のワインのコルクにはプラスチック製の物が使われている場合...

子どもが感情のコントロールができない…原因と対処法

最近は感情のコントロールができない子どもが増えていると言われ...

いつでもきれいに!携帯電動歯ブラシのおすすめは?

電動歯ブラシは歯にあてるだけで歯をピカピカに磨いてくれます。...

タオルの嫌な臭いはこれで解消!ワイドハイターの効果

タオルは長く使っていると嫌な臭いが洗濯しても取れなくなってし...

ダイエットするなら朝食はパンとご飯どっちがいい?

ダイエット中でも朝食はきちんととらないといけません。手軽にと...

ゴルフのシャフトを交換してナイスショット!交換のポイント

ゴルフのシャフトは交換をすることができます。自分に合ったシャ...

仕事を紹介してくださるメールの書き方や礼儀

電子メールで即座に連絡がしあえる時代になりました。そこで大切...

ししとうはピーマンの仲間?ししとうとピーマンの栄養

ししとうとピーマンはよく似ていますが、ししとうは辛く、ピーマ...

インコの卵の孵化~飼い主に求められることは?

鳥好きな人にとって、人気のあるインコ。飼っていたら、家族の一...

派遣の更新を断る・断られる

派遣を紹介する人、派遣される人、派遣を受け入れる人、それぞれ...

韓国はなぜ美容整形大国?芸能人は整形しているの?理想の顔はどんな顔?

韓国はなぜ美容整形大国になったのかとても不思議です。韓国の芸...

スポンサーリンク

正月は実家へ帰省する?

約半数の家庭では、実家に帰省する!

【質問】
定番の年末年始の過ごし方を教えてください!(複数回答可)

【回答数】
実家に帰省:51%
何もしない:31%
国内旅行:8%
海外旅行:0%
その他:19%

アンケートの結果、「実家に帰省する」と答えたかたがもっとも多いことがわかりました。
・祖父母が孫の顔を見るのを楽しみにしているし、おいしいおせち料理を用意してもらってのんびりできるので。(40代/女性/専業主婦)
・私の実家に帰省し、近くの小さな神社に初詣でに行き、みかんと甘酒をもらい、おみくじを引くのが定番になっています。(30代/女性/専業主婦)
・夫の実家から呼ばれるので断れなく毎年、帰省してます。(30代/女性/パートアルバイト)
・年末は主人の実家・年始は私の実家と定番になっています。年越しは家でゆっくり過ごします。(30代/女性/専業主婦)

約5割の人は、年末年始を実家で過ごすのが定番のようです。実家への帰省は祖父母と孫が出会える貴重な機会といえますね。また、おいしいおせち料理を用意してもらえるとの意見もありました。これも、実家で過ごす大きなメリットかもしれません。神社への初詣でに行くこともお正月ならではの風物詩ですよね。なかには、夫の実家への帰省を断れない人や、主人の実家と自分の実家の両方を訪れる人もいるようですが、どちらの実家で年末年始を過ごすかも大きな課題になるのかもしれませんね。

引用元-ベネッセ 教育情報サイト

正月に実家へ帰るのは憂鬱?

■大晦日→元旦はどこで過ごす?

「年末年始は夫の実家と私の実家の両方に泊まりがけで帰りますが、大晦日から元旦にかけてをどちらの実家で過ごすかが問題。どちらの実家も『好きに決めていいよ』と言ってくれるけれど、内心は……。双方の兄弟姉妹と連絡を取って、様子を探り合うのが面倒といえば面倒」(30歳)

年末年始の中でも大晦日から元旦にかけてはやはり特別。昔は有無を言わせず嫁ぎ先に行くものだったのかもしれませんが、最近では慣習が薄れてきただけに迷うところなのかも。とはいえ、次のような意見も。

■スケジュールがなかなか見えない

「お正月は旦那の実家のスケジュールが優先。なのはいいけれど、そのスケジュールがなかなか出ないので直前まで予定が立てられないのがちょっとツラい」(29歳)

親世代とスケジュールを決めるタイミングのズレに戸惑うことも。さらに、自分の実家との距離感で悩むというのは次のような意見。

■実家でいい娘プレイ

「結婚前は自分の両親とそれほど連絡を取らなかったし、年末年始だからといって実家に帰ることもなかった。結婚後やりとりをせざるを得ないシチュエーションが増えたのが煩わしいです。結婚前はさくっとスルーできたことが、夫の立場を考えるとできなくなったり。今年の正月は『母親の味を覚えるいい娘プレイ』をしに実家に帰ります」(28歳)

引用元-THE HUFFINGTON POST

旦那の実家へ帰省するときの主な心構え

【1】「これは仕事」と思ってビジネスライクに割り切る

「『イヤミな姑はお局様、舅は頭の固い部長』と思えばいい。家に帰るまでのガマンなのは会社と同じ」(30代女性)というように、夫の実家を職場に見立てれば、何があっても「ここだけのこと」と気持ちを切り替えることができそうです。「小姑はワガママなAさんにソックリ」などと想像するのも息抜きになるかもしれません。

【2】「終わったら友達と遊びに行こう」など、自分へのご褒美を胸に秘める

「大好きなアーティストのライブチケットを用意。イラッときたら取り出して、自分をなだめます」(20代女性)というように、お正月を乗り越えたあとの「お楽しみ」を準備しておくのもよさそうです。ただし「家に買ってあるDVDを見る」などでは、余計に早く帰りたくなってしまうので気を付けましょう。

【3】「同居するよりマシ」と自分に言い聞かせる

「365日一緒に暮らすことを思えば、ほんの数日のガマンなんて何てことない」(40代女性)というように、年末年始の帰省だけですむことを「恵まれている」と考えて、気持ちを落ち着かせる人もいます。出かける前に、同居で毎日大変な友人のグチを聞いておくと、いっそう強く思い込むことができそうです。

【4】夫の家族に気に入られることを期待しない

「夫と子どもに好かれていればいい。『イイ嫁』でいたい、という気持ちをスッパリ捨てました」(30代女性)など、義父母に好かれることを第一にせず「自分の幸せ」を主体に考えると、肩の力が抜けてラクになれるようです。自然体で過ごすうちに、姑との付き合い方もいいほうへ変わるかもしれません。

引用元-オトメスゴレン

旦那の実家へ帰る前の注意点

年末年始は行事も多く、「家」によっては親戚への挨拶など、決まった予定が入っていることもあるでしょう。

結婚したならば、年末年始の行事に嫁として当然加わるべき!という考えの義実家の場合は、「帰省して当たり前」。

特に新婚の年は、「帰省が礼儀」ともとらえる義実家も多いかもしれません。そのようなパターンの場合は、「チケットは取れたの?」などと、催促されてしまう前に、交通機関を確保できたかなり早めの段階で連絡するのがよいかもしれません。

一方、それほど「家」に縛られない義実家もあるでしょう。家族行事のない義実家の場合は、あまり早くに帰省の連絡をすると、二人を受け入れる準備のために両親を悩ませてしまうかもしれません。

あるいは、義実家に寝泊まりすることが歓迎されないようならば、近くの宿泊施設に泊り、挨拶だけに義実家を訪れるということも考えられます。

そのような状況が想定される場合は、「帰省してもよいか」と確認してから帰省の段取りを組むようにしましょう。

いずれにしても、帰省をするかどうか、すべきかどうか、の連絡は、なるべく早めに入れておきましょう。

実際に帰省する日程については、仕事の休暇とチケット確保の状況をもとに、夫とよく相談して日程の調整をすることをおすすめします。

また、交通費の関係から毎年帰省することが難しいと予想される場合は、どの年が帰省するべきポイントの年なのか、夫を通して義実家と連絡を取り合ってもらうようにしましょう。

引用元-みんなのウェディング

相手のことを考えて手土産を持参しよう

食べ物や飲み物が無難ですが、何が必要なのか、どんな好みなのか、相手のことを考えてじっくり選んだということが伝わるようなものを贈ることが一番大切です。また渡す時にも「お義父これお好きでしたよね」「美味しいのでぜひ召し上がっていただきたくて」などと、思いが伝わるような言葉を添えて渡すことを心がけましょう。

自分の住んでいる土地の名産品や、評判のお取り寄せ品なども喜ばれます。食べ物の場合は、賞味期限に余裕があるものや、個包装のものを選びましょう。
金額は5000円くらいが手頃です。また到着後、勝手に仏壇にお供えすることは控えましょう。仏壇にお供えするかどうかは、自分ではなく相手が決めるものです。

引用元-マーミー

旦那の実家ではしっかりお手伝いを

正月となると、親戚の集まりがあったりしますよね?正月だけに限ったことではありませんが、お客さんじゃないので、妊婦さんとか、産後じゃない限り、手伝うことは、当たり前。

まずは、お義母さんに何を手伝えばいいのか、聞いてみましょう。集まりがあれば、女性は忙しくなるので、先に、手伝うことや、だいたいの流れを聞いておいた方がいいかもしれません。「何もしなくていい」と言われても、これも建前。他の女性が動いていたら、あなただけ座るわけにはいけません。

歳の近い女性がいれば、何をすればいいのか聞いてみたり、お酒やお茶など、コップが空いていたら、注いだり、ツマミは足りてるか?何か欲しがってないか?と、テーブルを回ってみたり、歳上の女性が皿洗いなどしていたら、代わったりして、とにかく、うまく出来なくても、周りの人のために動いていたり、何か手伝おうという意思が見られると、働き者でいい嫁、とアピールできます。

さらに、エプロン持参で行くと、ヤル気が見られて、好印象です。また、泊りだったら、毎回の食事もお世話になるわけなので、食事の後片付け、の他に、なるべく洗濯や掃除も手伝いたいですね。親だから甘えて当然ではなく、「正月ぐらいは、お義母さんもゆっくりしてね」と、親孝行するつもりで行きましょう。

引用元-大人の歩き方

これはしてはいけない!旦那の実家でのタブー

●無闇に台所へ立ち入る

主婦歴が長い姑だけに、台所には特別な思い入れを抱いている可能性もあります。「ここはいいから休んでいてね」といった姑の言葉は気遣いであると同時に、「嫁であれ、自らの持ち場を侵してほしくない」という意思表示かもしれません。いずれにせよ、台所に立ち入る際は「主」である姑にひと言ことわりを入れるのがマナーといえるでしょう。

●何も手伝わない、手伝うそぶりを見せない

「お客さんなんだから、ゆっくり休んでいてね」という姑の言葉。果たして本音なのか建前なのか、判断は難しいところです。しかし、たとえ本音だったとしても、少なくともサポートするそぶりを見せておいて損はありません。台所仕事に備えエプロンを持参しておくなど、姑が気軽に手伝いを頼める雰囲気にもっていくのも手です。

●姑の料理に口をつけない

はりきって作った料理に手を付けない。これは実際、「嫁を嫌いになった」そもそもの原因として、多くの姑が挙げるタブー行為です。好みの味付けでなくても、たとえまずくても「おいしい」といただくのが嫁、というより大人の良識。正直な感想を述べることは、お互いにとって何のプラスにもなりません。とはいえ、苦手な食材がある場合は正直に「これだけは苦手で…」と告白した方がいいでしょう。さもなくば、今後、帰省の度に我慢して食べる羽目になりかねません。

引用元-R25

まとめ
旦那さんの実家へ行くのが憂鬱な人もいるようですね。しかし義両親とは長い付き合いになるので仲良く過ごせるようにしたいですね。

twitterの反応


https://twitter.com/nomingway/status/696533629455855620
https://twitter.com/ohana_la_mahina/status/691617299644559360

 - 恋愛・人間関係

ページ
上部へ