日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

小学生で習い事をしていない割合はどのくらい?

      2018/01/27

小学生で習い事をしていない割合はどのくらい?

今の小学生は習い事を2、3個しているのが当たり前でとても忙しそうですね。ところで習い事をしていない割合はどのくらいなのでしょうか。今回は小学生の習い事について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

ATMでお金をおろすには!通帳でおろすことは可能?

ATMでお金をおろそうと思ったらキャッシュカードが必要です。...

マンションのドアノブが壊れた!交換費用は誰がもつ?

マンションのドアノブが壊れてしまった!交換しなければいけない...

電話番号の市外局番はどう決まっている?桁数は何桁?

電話番号は市外局番、市内局番、加入者番号で構成されています。...

シングルマザーの次の恋は年下彼氏がおすすめ

シングルマザーは恋愛してはいけないなんてもう古い!子どものこ...

統合失調症ってどんな病気?症状や悪化の原因について知ろう

統合失調症は怖いというイメージを持ってはいませんか?実は、1...

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

発達障害とは乳幼児期にでる発達の遅れで、小学校に上がる前に見...

ピアノを弾くには指が長い方がいい?指を長くすることはできるのか

ピアニストの指は細くて長いというイメージですね。ピアノを弾く...

引っ越しで郵便物を転送するには?一時的な転送も可能?

引っ越して住所が変わった場合は郵便局に郵便物の転送をする手続...

郵便局の配達の仕組みとは?知って便利な仕組みも!

郵便局では毎日たくさんの郵便物が集められ配達されています。基...

ホテルで食事をするときの服装は?ドレスコードについて

ホテルで食事をすることになり服装で悩んだことはありませんか?...

パート主婦は必見!働き方が変わる?扶養から外れる゛壁”

夫の扶養内で働いているパート主婦の皆さんは「103万円の壁」...

彼女とうまく別れたい!水面下でやるべきことは?

男の人は彼女と別れたいと思ってもなかなか別れを切り出せない場...

庭にはどっちがいい?アスファルトとコンクリート

一軒家の庭などにはコンクリートを使用しているところが多いかと...

子供が親の財布のお金を盗む!?その時の対応とは

子供がもしも自分の財布のお金を盗んだとしたらどう対応したらい...

郵便局の窓口とポストはどっちが早い?最短で届けるには

郵便物を早く配達してもらおうと思ったら郵便局の窓口とポストで...

生徒と教師がメールアドレスの交換?生徒と教師にメールは必要?

最近はメールやラインなどのやり取りを生徒と教師の間でしている...

犬はなぜ人間の気持ちがわかるのか?

犬はもはやペットではなく家族の一員と思っている人もいるくらい...

一人暮らしの電気、ガス、水道はどのくらい?節約方法とは

一人暮らしを始めたら電気、ガス、水道の光熱費を自分で管理しな...

コバエを駆除したい!効果的な商品とは

夏場には少し生ごみを放っておくとすぐにコバエが沸いてしまいま...

トイレが詰まった!そんな時はペットボトルがあれば大丈夫?

トイレが詰まった為に水が流れなくなってしまったら大変ですね。...

スポンサーリンク

習い事をしていない理由は

習い事をする割合は、小学校に入るとそれまでの39%から85%へと倍増します。そして、小学生の間はほぼ85%から90%で推移し、中学校に入ると60%程度に減っていきます。習い事をしていないかたの理由を見ていくと、学齢ごとの特徴が感じられます(カッコ内はお子さまの学齢)。

まだ小さいことと、いつごろ何を習えばいいかもわからない。(小学校入学前)
けっこう費用がかかるので、慎重に検討中です。(小学校入学前)
本人にやりたいものがないから。(小1)
3年生までは友達と遊ぶことを優先させてあげたかったから。(小3)
塾に行くので習い事をやめました。(小5)
中学生になると、部活が忙しくなり、やめてしまいました。下の小学生の子はピアノと習字を習っています。(中学生)

引用元-ベネッセ教育情報サイト

小学生の習い事はやりたいことをさせてあげよう

私は小学4年生の時に、地元のサッカースポーツ少年団に入団したい気持ちがあったにも関わらず引っ込み思案で内向的だった為、そのスポ少に入る機会を逃してしまいました。サッカーが劇的に上達するかもしれない大きなチャンスを自ら逃してしまったという苦い経験があるのです。あの時、入団していれば・・・という後悔は今でも忘れません。

だから、私の娘たちにはできれば後悔してほしくない。色んなことに挑戦してみて、自分に合った「これだ!」というものを見つけて、どんどん積極的に前に進んで欲しいのです。

引用元-珍ギフト.jp

習い事をするにはお金がかかる

習い事をする事で経験値はあがるものです。しかし、幼児の時期に多少のお金の余裕があっても、本当に子供がやりたいというものに出会えるまでは、お金は蓄えるくらいの方がいいようです。習い事を始めてしまえば、否応なしに月謝が6000円~1万円前後かかり、年間では数万から10万円以上の支払となります。また、習い事も遠征、発表会などの付随する支払もありますから、出費は少なくはありません。そして、中学、高校を進学していけば、より一層のお金がかかってきますから、その時になって習い事にかけた費用を悔いる・・・と言う事があってはならないとおもいます。悔いてしまう様な状況があるとしたら、ドブに捨てた・・・ような気持ちになっているのではないでしょうか。

引用元-My mind home

習い事をたくさんしていないと節約になる

節約の基本はこれ!

まず節約の基本としては「習い事をあまりさせない」というのが前提です。つまり数を減らすことです。

中には「あれがしたい」「これがしたい」と言うタイプもいるでしょう。そういう子に対しては、出来るだけ体験レッスンのようなことをさせてみて、その中から1つ選ぶという方法を選択させてあげると良いでしょう。

ただし全てやらせて「全部やりたい」なんて言われると大変ですから、「この中から1つという決まりだからちゃんと選ぼうね」と事前に話しておくことは必須です。

月謝お安いものをチョイス

元々の値段がそう高くないものを選ぶ、というのも大切です。
例えばバレエやピアノなどは年に何回かの発表会がありますから、普通にお稽古に使う月謝とあわせて発表会に使うお金がかかると思っていましょう。

引用元-MARCH

小学生になるまでは習い事をしていない方がいいことも

親の考え方は、様々です。中には、小さい頃こそ、習い事などで時間を取られることなく、外で元気にのびのびと育ってほしい、という方針の保護者も多くいるはずです。

確かに、習い事に行く時間と同じくらい、親と触れ合う時間は貴重なものですし、公園で日が暮れるまで時の経つのも忘れて泥んこになるという体験は、幼いころならではの、大切な思い出です。早期教育をとるか、生活経験をとるかは、親にとっても難しい選択ですが、何よりも、子供の気持ちを一番に、結論を出していかなければなりません。

通常、大人であれば、「習い事をしない」の逆は、「習い事をする」になりますが、子供のケースでは、「習い事をしない」の反対には「習い事をさせる」というニュアンスがある程度見え隠れします。

無理やりに習い事をさせたり、担当者のセールストークに負けて、惰性で習い事をさせ続けるよりも、スパッと「習い事はしない」と決めてしまう方が、親子の関係も良くなるかもしれません。

本当の意味で、子供自身のやりたいことが見つかるまで、習い事をしないという選択も、決して間違ったことではないといえるのではないでしょうか。

引用元-習い事選びの手引き

まとめ
小学校に上がると習い事を始める人が多いようですね。お金もかかるので習い事選びは慎重にしましょう。

twitterの反応


https://twitter.com/ikumilovelove4k/status/79114936600629248
https://twitter.com/moonlight_sdg/status/606690612222423040
https://twitter.com/Let_it_be_39/status/729650160985198592


https://twitter.com/kazu_kaikei/status/728188772689436673
https://twitter.com/nao_mc70/status/728188146966372353

 - 日常・生活

ページ
上部へ