日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

携帯スマホがウイルスに感染!?その対処法

      2018/01/30

携帯スマホがウイルスに感染!?その対処法

携帯スマホは今や一人に一台が当たり前ですが、ウイルス対策はしていますか?ウイルスに感染すると個人情報をぬきとられたりしますが、感染しているかどうかはわかりにくい場合があります。今回はウイルス感染の対策法を調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

ATMでお金をおろすには!通帳でおろすことは可能?

ATMでお金をおろそうと思ったらキャッシュカードが必要です。...

マンションのドアノブが壊れた!交換費用は誰がもつ?

マンションのドアノブが壊れてしまった!交換しなければいけない...

電話番号の市外局番はどう決まっている?桁数は何桁?

電話番号は市外局番、市内局番、加入者番号で構成されています。...

シングルマザーの次の恋は年下彼氏がおすすめ

シングルマザーは恋愛してはいけないなんてもう古い!子どものこ...

統合失調症ってどんな病気?症状や悪化の原因について知ろう

統合失調症は怖いというイメージを持ってはいませんか?実は、1...

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

発達障害とは乳幼児期にでる発達の遅れで、小学校に上がる前に見...

ピアノを弾くには指が長い方がいい?指を長くすることはできるのか

ピアニストの指は細くて長いというイメージですね。ピアノを弾く...

引っ越しで郵便物を転送するには?一時的な転送も可能?

引っ越して住所が変わった場合は郵便局に郵便物の転送をする手続...

郵便局の配達の仕組みとは?知って便利な仕組みも!

郵便局では毎日たくさんの郵便物が集められ配達されています。基...

ホテルで食事をするときの服装は?ドレスコードについて

ホテルで食事をすることになり服装で悩んだことはありませんか?...

パート主婦は必見!働き方が変わる?扶養から外れる゛壁”

夫の扶養内で働いているパート主婦の皆さんは「103万円の壁」...

彼女とうまく別れたい!水面下でやるべきことは?

男の人は彼女と別れたいと思ってもなかなか別れを切り出せない場...

庭にはどっちがいい?アスファルトとコンクリート

一軒家の庭などにはコンクリートを使用しているところが多いかと...

子供が親の財布のお金を盗む!?その時の対応とは

子供がもしも自分の財布のお金を盗んだとしたらどう対応したらい...

郵便局の窓口とポストはどっちが早い?最短で届けるには

郵便物を早く配達してもらおうと思ったら郵便局の窓口とポストで...

生徒と教師がメールアドレスの交換?生徒と教師にメールは必要?

最近はメールやラインなどのやり取りを生徒と教師の間でしている...

犬はなぜ人間の気持ちがわかるのか?

犬はもはやペットではなく家族の一員と思っている人もいるくらい...

一人暮らしの電気、ガス、水道はどのくらい?節約方法とは

一人暮らしを始めたら電気、ガス、水道の光熱費を自分で管理しな...

コバエを駆除したい!効果的な商品とは

夏場には少し生ごみを放っておくとすぐにコバエが沸いてしまいま...

トイレが詰まった!そんな時はペットボトルがあれば大丈夫?

トイレが詰まった為に水が流れなくなってしまったら大変ですね。...

スポンサーリンク

携帯スマホがウイルスに感染したら

ではウイルスに感染した場合、どんな症状が出るのでしょうか。

そもそもスマホに仕掛けられるウイルスの目的は個人情報を抜きとることです。

スマホを故障させる目的のウイルスはあったとしても数少ないでしょう。他人のスマホを壊したところで何も利益はないですからね。私のスマホを使えない状態にしたところで誰も特しません。ただ私がイライラするだけです(笑)。

他にもスマホの不具合でよくあるのが再起動を繰り返したり、フリーズしたりすることなどが挙げられますが、これも基盤の故障などが原因でしょう。

スマホがウイルスに感染した場合、おそらく見た目で判断するのは難しいと思います。というのも、裏で個人情報を抜き取るアプリを起動させている可能性が高いからです。画面に症状を出すメリットはありませんからね。

抜き取られる可能性があるものとしては、電話帳のデータ、位置情報、自分の電話番号やメールアドレスなどが考えられます。自分だけならまだしも、他人のデータを危険にさらしてしまうのは食い止めなければなりません。

引用元-あさブロ!

携帯スマホをウイルスに感染させる目的

個人情報を盗む

電話番号やメールアドレス、現在地情報、写真や動画などのプライバシー情報は業者に売ればお金にすることができるので、攻撃者がターゲットにしています。クレジットカードや暗証番号などのデータを盗まれると、お金の絡む被害を受けることもあります。

盗聴、盗撮

カメラやマイクを勝手に起動させ、通話内容を盗聴されるなどのプライベートを侵害されることもあります。

遠隔操作

有料サービスへ勝手に登録されたり、特定の電話番号へ勝手につながれ、高額の料金を請求されたりすることもあります。また、脅迫メール送信など犯罪の踏み台にされたりすることもあります。踏み台にされたせいで誤認逮捕された事件もあります。

スマホを起動不能に(ランサムウェア)

本体を操作できないようにさせるウイルスもあります。ロック解除と引き換えに、お金を要求されることもあります。

引用元-SecurityNavi

ウイルスに感染した時の対処法

スマホがウイルスに感染したら?

もしスマホがウイルスに感染してしまったら、まずは感染源であるアプリをアンインストールしてください。ですが、すでに個人情報を抜き取られている可能性があります。その後、収集された情報を基に出会い系サイトの勧誘メールが送られてきたり、課金サービスに悪用されるという事例が過去に起こっています。念のため携帯キャリアに連絡してその旨を伝えておくのが賢明でしょう。

また、遠隔操作ウイルスに感染するとバッテリーの減りが通常よりも早くなります。もしそう感じたらウイルスアプリを入れてスキャンしてみてください。

感染したときの対処法

スマホがウイルスの感染したらウイルス対策アプリをインストールして駆除することをオススメします。ただし、ウイルスに感染してしまった後だと駆除することができない場合もあります。その場合はスマホを初期化するしかありません。SDカードもフォーマットしてください。

スマホとSDカードを初期化すればウイルスは消えてなくなります。ですがウイルスと一緒に電話帳などのデータも全て消えてしまうので、「それは困る」という方は携帯ショップへ持ち込んでデータを残してもらいましょう。

引用元-スマホのウイルス感染をチェックする確認方法

ウイルス感染の警告画面には要注意

ウイルスに感染しました?

 最近、「ウイルスに感染している恐れがあります」といった類の「警告画面」が表示されて焦る人が急増しているようです。例えば以下のようなものがあります。

 一番遭遇する確立が高いのは、一番目の画像の「警告画面」です。こちらはiPhoneユーザーをターゲットにしたものです。この他にもAndroidユーザーをターゲットにしたものや、あとはWindowsやMacといったパソコンをターゲットにしたものもあります。特にスマホでの遭遇確率が高いですが、ほとんど全ての端末でこうした事例が報告されています。

本当にウイルスに感染しているの?

 こうした「警告」が表示されると、多くの人が慌ててしまうでしょう。機種名などの端末情報が表示されたり、音声やヴァイブレーションが振動する手の込んだタイプもあります。

 ですが、サイトにアクセスしただけで一瞬の内にウイルススキャンをする、というのは技術的に不可能です。なので、こうした警告は全てウソです。ウイルス感染の有無に関係なく、アクセスした人すべてに対して同じ警告を表示しています。

不安な人は・・

 それでも不安なら、今使っているセキュリティアプリでスキャンしてみてください。もし対策アプリを使っていない場合は、今すぐ信頼できる対策アプリをインストールして、ちゃんと対策してください。無料で使えるアプリもたくさんありますよ。

 こうした「ニセ警告」の中には、「セキュリティアプリ」をインストールすることを促すものも多いですが、指示されたアプリをインストールするのは非常に危険なので、絶対にやめてください。

引用元-セキュリティソフト比較サイト

ニセ警告文の見分け方

けっこう多くある「ニセ警告文」のパターン

・「怪しい日本語で警告」「アプリのインストールを促す」パターンに注意
さて上のケースでの「警告文」はバッテリーに関するものでした。が、調べてみると、けっこう様々なタイプの「警告文」があるようです。これらはいずれも「怪しい日本語」で「アプリのインストールを促して」いるのが特徴。なお、これのみならず、最近はLINE上でもよく見かける「怪しい日本語で勧誘もしくは警告」をしているケースの場合、ほとんどが何らしかの悪徳商法・詐欺の類なので注意が必要です。

引用元-SOCIUS 101

まとめ
携帯スマホには個人情報がたくさん入っているのでウィルス対策はきちんとしましょう!

twitterの反応


https://twitter.com/hiyoko1234abcd/status/726002207741485056

 - 自然・科学・IT

ページ
上部へ