まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

過労とストレスが病気を引き起こす

      2015/12/10

 - 美容・健康

現代社会は過労とストレスの連続です。何でもまじめに取り組む完璧主義だと、やり過ぎによる過労とストレスで体調もおかしくなってきます。過労やストレスが原因で引き起こされる病気を調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

眼鏡の度数はどのくらい?度数がきついといけない理由

目が悪くなると眼鏡やコンタクトを眼科などで作らないといけませんが、その眼鏡の度数はどのくらいになっていますか?度数がきついと目にもよくないようです。今回は眼鏡の度数について調べました。

胃ガンで胃を全摘出しないといけない?リンパ節への転移が起こる胃がん

胃ガンは早期発見であれば手術で取り除くことができ、再発もあまりありません。しかし発見が遅れると胃を全摘出しないといけない場合があります。また腹膜やリンパ節などへの転移が起こる悪性の胃ガンもあるようです。

腹痛に下痢!微熱まであるのはどんな病気?

腹痛から下痢になるととてもつらいですね。そのうえ微熱まで出てしまった場合、どのような病気が考えられるのでしょうか。今回は腹痛、下痢、微熱を伴う症状の病気について調べました。

イソジンの消毒はとびひに効くってほんとう!?

とびひは子供がかかりやすい皮膚の疾患で、伝染するので注意が必要です。このとびひの治療に市販薬のイソジンでの消毒がいいと聞きますが実際はどうなのでしょうか?今回はとびひの治し方について調べました。

頭皮が凝ると肩も凝る?効果的なマッサージとは

肩が凝ることはよくありますが、頭皮も凝るって知ってましたか?頭皮が凝ると肩の凝りだけでなく頭痛がしたりといろいろ影響が出るようです。今回はそんな頭皮の凝りに効くマッサージを紹介します。

コレステロールを下げる効果がお茶にある

最近、コレステロールが気になり出した方は多いのではないでしょうか。コレステロールを下げるために手っ取り早く、直ぐ始められるのがお茶だと聞きました。お茶にはどの様な効果があるのでしょうか?

血圧を測るとき右手と左手どっちで測る?

血圧は血圧測定器があれば自宅でも測ることができますが、右手と左手ではどちらで測るのがいいのでしょうか?また右と左で、血圧の数値に違いがある場合はどうしたらいいのでしょうか?今回は血圧の測り方について調べました。

安い!シミを消す化粧品

シミに悩まされている方も多いのではないでしょうか。シミには種類がありますが、なかなか消すことは難しいと感じていませんか?今回は、安い化粧品でもシミを消すことは可能なのかについて詳しく調べてみました。

卵巣の検査が必要?生理後のおなかの痛みの原因とは

生理中に下腹部の痛みがある人は多いですね。しかし生理後にも下腹部が痛むという方は子宮や卵巣に関する病気の可能性もあるので検査をした方がいいかもしれません。特に卵巣は自覚症状がなく病気が進むので痛みが出た場合は注意が必要です。

後頭部に痛みが一瞬走る…。これって何!?

あなたは、日常生活のふとした瞬間に後頭部に一瞬ズキンと痛みが走ったことはありませんか?自分だけかと思いきや、多くの人が同じようにこの痛みを感じ、これは何だろうか?と疑問に思っているようです。この謎の痛みについてまとめました。

虫歯治療後、麻酔が切れる時間や痛みについて

虫歯を治療する際は麻酔をかけると思います。しかし、麻酔は時間が経てば切れてしまいますし、切れた後、痛かったりしますよね。そこで今回は、虫歯治療後麻酔が切れる時間などについて調べてみました。

ADHDの診断は年齢で変わるのか

子どもが、集団生活の始まる年齢になると何かしら気になるものです。他の子たちとの協調が上手くいかないので、病院へ行くとADHDと診断されることが有ります。ADHDの症状は年齢で変わるのでしょうか?

市販ブリーチのカラーを混ぜるやり方

髪を自分で染める方も多い事でしょう。しかし、多くのヘアカラー剤が販売されていますが、ブリーチ、カラーを混ぜるのはどうなのでしょうか。今回はブリーチ、カラーの混ぜるやり方について調べてみました。

うつ病の症状を訴える30代が増えてきた

働き盛りの30代は、責任感の強さから様々なストレスに悩まされます。自分だけは大丈夫と思っていても、知らない内にうつ病の症状を発症しているかも知れません。うつ病は誰にでも起こり得る病気です。うつ病に付いて調べました。

卵巣の腫れが3センチと言われた…!卵巣腫瘍にご注意を

卵巣は通常ソラマメくらいの大きさですが、3センチくらいに腫れてしまうと要注意。それ、卵巣腫瘍の可能性があります。卵巣腫瘍とはなんなのでしょうか?そして、診断を受けたらどうなるのでしょうか?

薬の副作用で蕁麻疹?薬疹について

抗生剤などの薬の副作用で蕁麻疹が出ることがあります。これは薬疹と呼ばれ、アレルギー性の薬疹は注意が必要です。しかし薬疹の蕁麻疹は皮膚疾患との見分けが難しい場合があるようです。今回は薬の副作用について調べました。

赤ちゃんの頭が大きい?考えられる病気とは?

赤ちゃんの頭は遺伝で大きい場合もあります。しかし不自然に大きな場合は病気である可能性があります。赤ちゃんの頭が大きい場合はどのような病気の可能性があるのでしょうか?

卵子の薬の服用による影響

子供を作りたいと考えている方も多いことでしょう。体調によっては、なかなか思い通りにならないこともあるかと思います。卵子の質は風邪を引いたときに飲む薬などにも影響するものなのでしょうか。詳しく調べてみました。

体脂肪率を10%減らす為の食事

最近気になりだしたお腹を何とかしたいと思うと、体脂肪率はとても気になるもの。せめて、10%減らすことが出来たら…。かといって、食事を急激に減らしたダイエットは、辛い上にリバウンドが怖い。日頃の食事を続けながら、無理なく減らす方法は無い物か調べてみました。

奥歯の根元が虫歯に?治療はどうする?

奥歯は虫歯になりやすい歯です。歯の根元も気を付けないと段差ができたり虫歯になりやすくなります。歯の根元が虫歯になったときは早めに治療に行く必要があります。今回は虫歯になりやすい歯の症状について調べました。

●ストレスや過労で病気になることもある

病気になった時に、健康のありがたみを実感すると思います。体調のケアを十分にしていても、病気になる事だってあります。
病気になる原因は、ウィルスや腫瘍などが原因というわけではありません。他にも原因はあります。
心が不安定の場合でも、病気になる事があります。生活をしていると、色々な事で悩むと思います。
人間関係や、生活環境など様々な事でストレスを感じて思い悩む場合があります。自分では平気だと思っていても、ストレスを感じているという事は多々あります。
体は正直なのでストレスを抱えた体は色々な症状をが出てきて病にかかるという事があります。また、最近は仕事での悩みを抱えている社会人が多くいます。
仕事での人間関係ももちろんですが、働きすぎな人が多くいます。そういう会社のシステムだし頑張って結果を出そうとして、就業時間を過ぎてまで仕事をしている人がたくさんいます。
そういう仕事のやり方の度が過ぎてしまうと、体に不調が出てきます。最近は過労で心と体のバランスを崩してしまって仕事を辞めざるおえないという人もたくさん出てきています。
病気の種類には体だけではなく心な場合もあります。一度かかってしまうと、時間をかけてケアをして調子を戻していくしかありません。
体は休んで治療をいしていけば良くなりますが、心の病の場合はそうはいきません。一度心のバランスが崩れてしまうと、少しの事でフラッシュバックをしてしまって再発をしてしまうし、社会復帰をする事が難しくなります。
ウィルスや腫瘍などのように簡単に取り除く事ができない分、しっかりと時間をかけてケアをしていく事がとても大切になります。それ以前にストレスや過労になる前に、自分の心と体のバランスをしっかりとコントロールして自分で予防をしていく事が大切です。
必死になっていると気がつきにくいですが、悩みや不満を吐く事ができる人がいると心を保つ事ができると同時にケアを自然としてもらう事ができるのです。

引用元-ストレスや過労による病気もある|現代人が抱えるストレス社会

スポンサーリンク

  人気記事

●過労が原因でなる病気が過労病

過労病ですが読んで字のごとく原因は過労です。それも何ヶ月とか何年とか場合によっては何十年という間の疲れが限界にきて起こる病気です。人間は疲れが限界を超えると身体や心に異常が出てきます。つまり病気になるわけです。この疲れから来る過労病は一人一人の患者さんの弱い部分に現れてきます。従って原因は過労なのですが症状は一人一人違ってきます。そこで症状から医学的な病名をつけると実に様々な病名になります。例えば、胃の弱い人だと慢性胃炎とか難治性胃潰瘍とか再発性胃潰瘍などの病名になりますし、腸が弱い人だと慢性腸炎とか過敏性腸症候群というような病名になりますし、心臓に症状が現れやすい人だと不整脈とか高血圧症とか心臓神経症だとかパニック障害というような病名になりますし、手足などの痛みとして症状が現れる場合は多発神経炎とか神経痛とか慢性疼痛症候群というような病名になりますし、鼻や耳の弱い人はメニエル症候群と呼ばれる病気になりやすいですしその他全身的な症状から病名を付けて自立神経失調症とか婦人科的には更年期障害とかあるいは精神科的に反応性うつ病という病名を付けることもあります。
 読んでるうちに頭が痛くなりませんか?書いてる私も頭が痛くなってきました。要するに、過労からいろんな病気が起こって来るわけです。そういう意味で過労病と付ければわかりやすくていいのですが残念ながら医学用語で過労病というのはありません。その為、先ほどお話しました要にややこしい病名になるわけです。専門家以外の方は過労病という病名で考えていただいてかまわないと思います。
 人によって様々な症状が出てきますが過労病の特徴をあげますと以下の様になります。まず原因は長期間にわたる疲れです。これに大きな身体や心のストレスが重なって症状が一気にひどくなる事があります。次に長期にわたる疲れが原因ですから症状をとるためだけの治療をしてもすぐに再発をします。また、通常の内科的な大まかな検査では異常の見つからないことが多いのも特徴です。
 以上の三点が主なものですが、こういう特徴を持つために患者さんはとても苦しい思いをしているのに専門外のお医者さんから、気の持ち方だとか云われてよけい不安になって症状がひどくなったりするといういうような可哀想なことがよく起こります。
 過労病は誰でもかかる可能性がある病気です。心当たりはありませんか?

引用元-過労病

●過労とストレスが引き起こす病気(その1)

(心身症群)

胃潰瘍・十二指腸潰瘍 胃潰瘍・十二指腸潰瘍の症状は吐血・胃痛・吐き気・胸焼けなどで、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因として多いのはストレスや不規則な生活習慣です。

(潰瘍性大腸炎)

潰瘍性大腸炎は、激しい腹痛とともに粘液や血液の混じったひどい下痢が起きる原因不明の病気です。免疫学的反応に起因する他、脂肪代謝(エイコサノイドの代謝)、ストレスの影響も重要と考えられています。

(過敏性腸症候群)

下痢、便秘、交替性便通異常(下痢と便秘が交互に起こる)と腹痛がおもなものです。腹痛は必ずしも痛む場所が一定しません。近年、社会生活の複雑化に伴い、日常的に種々のストレスが加わるようになり、この病気が増加してきました。

(神経性嘔吐)

嘔吐の症状は、人それぞれで吐き気はするが嘔吐はしない、激しく嘔吐する症状が続き、点滴治療が必要、吐き気(嘔吐)がある時期と、まったく症状がない時期を繰り返、 摂食障害へと移行していくなど。胃に病変があるのではなく、精神的なストレスによって引き起します。 本態性高血圧症 本態性高血圧症の原因ははっきりしませんが、引き金になる要因としては、加齢やストレス、塩分、高カロリーの食事、性別、家族歴、運動不足、酒、タバコなどが考えられます。

(狭心症 )

現代人は、ストレスのかたまりといわれていますが、ストレスが高じるとホルモンのバランスが崩れ、血圧が上昇したり、冠状動脈が収縮し、血栓ができ易くなり狭心症や心筋梗塞を起こしやすくなります。

(過呼吸症候群 )

過呼吸症候群とは、ストレスなどの原因で呼吸過多になり、頭痛やめまい、手の指先や口のまわりのしびれ、呼吸困難、失神など、さまざまな症状を起こすものです。

(気管支ぜんそく)

不安にかられていると、緊張から呼吸数が増えてますます呼吸し喘いでしまいます。もともと「気管支ぜんそく」を持病にもっている人がストレスを受けると、それがきっかけになってぜんそく発作が起きることも多いものです。それがいわゆる『ストレス性ぜんそく』です。 甲状腺機能亢進症 心理的なストレスが、バセドウ病の発症だけでなく経過にも影響を及ぼすことを示唆する報告がされています。

(偏頭痛 )

睡眠不足が続いたり、疲れがたまる過労状態、仕事・人間関係などのさまざまな精神的ストレスは脳に影響を与えます。過労やストレスなどで脳が緊張状態になると、脳内の血管が収縮し、その後反動で血管が拡張するため、偏頭痛が起きやすくなります。 筋緊張性頭痛 筋緊張性頭痛とは、頭部(頭蓋骨)の周囲を取り巻く筋群の持続的な緊張によって引き起こされる頭痛で心理的なストレス、身体的過労、上肢の過度の使用などで生じてきます。

(書痙)

書痙とは、字を書こうとすると、疼痛(とうつう)あるいはけいれんや不随意運動(ふずいいうんどう)などにより、字を書くことができなくなる病気(書字困難)です。心理的ストレスなどの要因が影響しており、心身症と考えられます。

(痙性斜頸 )

主な症状は「首が曲がって前を向けない」ということです。ストレスで頸や肩の筋肉が緊張しすぎるとバランスがくずれて一方へ曲がるという結果になります。

(関節リウマチ )

リウマチ患者さんの約3分の1がストレス(出産、過労、体の冷えなど)が原因となって発病したといわれています。最近の研究では、ストレスが過多になると免疫能力の異常をきたすという報告もあります。

(腰痛症)

心因性腰痛は、痛み的にはただの腰痛にそっくりで、気がつかない人がほとんどです。ストレスがなくなって、すぐに腰痛がなくなるといったケースがみられます。

(頚肩腕症候群 )

頸、肩、腕から手指に及ぶ疼痛、麻痺、冷えなど神経や血管の症状を訴えるものを頸肩腕症候群と呼びます。一定の姿勢で長時間作業するような職業の人に見られるような筋緊張、またストレスなどが影響として考えられます。

(緑内障 )

目が疲れると涙の循環が悪くなり、網膜に流れる血液の量も少なくなります。さらに、ストレスが加わると気のめぐりも悪くなって、緑内障が発症しやすい環境をつくってしまいます。

引用元-ストレスから来る病|冬の稲妻季

●過労とストレスが引き起こす病気(その2)

(緑内障 )

目が疲れると涙の循環が悪くなり、網膜に流れる血液の量も少なくなります。さらに、ストレスが加わると気のめぐりも悪くなって、緑内障が発症しやすい環境をつくってしまいます。

(メニエール症候群 )

典型的なメニエール病は回転性めまい、難聴、耳鳴りが連動して起こります。めまい発作は不定期に繰り返し、往々にして精神的ストレスや過労時が発作の誘因となります。

(円形脱毛症 )

円形脱毛症の原因の1つに、ストレスも考えられています。度を越してストレスを抱えることで頭皮が縮んでしまい、抜け毛や薄毛になるのではないかと考えられています。

(インポテンツ)

日常のちょっとしたことがストレスとなり、それが原因でEDを起こす場合です。

(更年期障害 )

のぼせ・ほてり・多汗、めまい・耳鳴り、頭痛・頭重、肩こり・関節痛・腰痛、身体的要因と精神的ストレスとが作用し合うため、更年期障害とストレスの問題は、切り離して考えない訳にはいきません。

(神経症群 心臓神経症)

心臓そのものには異常がないにもかかわらず、心臓に関連した症状を訴えるこのような症状を、心臓神経症といいます。性格が、身体への不安ストレスを増幅します。

(胃腸神経症 )

胃腸の病気はストレスによっても起こります。人の心と体の機能は密接に関連しているため、精神的・身体的ストレスがさまざまな身体疾患を引き起こします。 膀胱神経症 膀胱炎とは、膀胱内に細菌(大腸菌やブドウ球菌など)が侵入・繁殖することで炎症が起こる病気です。 身体の抵抗力や免疫力が弱まると細菌 が侵入、繁殖しやすく、ストレス、過労にも注意しましょう。

(神経症 心臓神経症に限らず)

神経性○○病といわれるものは同じような原因で起きていると考えられます。性格が、身体への不安ストレスを増幅しがちになるのですから、このような症状に悩む人は、
その不安が新たなストレスになって悪循環が深まってしまわないようにしましょう。

(不眠症 )

睡眠・覚醒リズムをつかさどる生体時計は、脳の中の視床下部の近くにある視交叉上核というところにあります。そのため、視床下部を経由して全身に伝達されるストレスなどの心理的な影響を受けやすいのです。

(自律神経失調症 )

私たちのからだには、自分の意思とは関係なく自動的に働いて体の環境を調節する自律神経があります。自律神経には交感神経と副交感神経というたがいに正反対の働きをする二つの神経がバランスをとりながら機能しています。そして、この二つの神経の働きのバランスがストレスなどにより崩されと、「だるくて辛い」「動悸が激しい」「頭痛がする」「眠れない」などといったからだの変調を示すことになります。

(うつ状態 神経症的抑うつ状態 )

いわゆるノイローゼのことですが、その主たる症状である不眠や不安感、抑うつ感、いらつき、疲労脱力感といった自覚症状はだれでも多少なりとも感じるものです。原因はストレスにあります。 反応性うつ病 心理的負担とともにうつ病が起こることを「反応性うつ病」と言います。国際的には認められていませんが、反応性うつ病もストレスが原因と言えます。

(線維筋痛症)

人によって痛み方・感じかたはそれぞれです。ガラスが刺さるような痛み・身体のこわばりなど・・。ストレスで一度発症しますと、原因不明とされ、更に専門医療機関が殆んどありませんが。。。。。。実はあるんですけどねぇ~。。。。

耳鳴り・耳の詰まり感・突発性難聴

そして、病は皮膚に至るまでまだまだ沢山ありますね。
書ききれません。。

引用元-ストレスから来る病|冬の稲妻季

●病気にならない為の対策

過労、ストレスの原因は各年齢層でさまざまです。具体的には30~40歳台では、休み無く働く過酷な労働環境、それに伴う対人関係、50~60歳台では中間管理職としてのストレス、介護、意外なこととしては小さいお孫さんのお守り、それ以上の年代では老老介護、不眠症、意外なことでは、自由な時間ができそれまでできなかった趣味への没頭による睡眠不足、などなどです。女性に多い理由としては、まじめで責任感が強く、また完璧主義的な性格の方が多いからかもしれません。

治療に関してよく患者さんにお話しすることは、「お薬を飲んでも疲れは取れないですよ」という当然のことです。仕事量をコントロールし、睡眠を確保し、リラックスする時間を作るなどの対策を計画的に実行し、自分の体のことを考えてあげる意識改革をしていただくことが治療の本質と考えています。実は、長引くカゼ症状などに対しても同じことが言えます。過労やストレスが体の抵抗力(免疫力)を低下させることがわかっているからです。多くの病気の治療の主役は医療ではなく本人であるという理解が大切です。

引用元-過労、ストレスが原因の「めまい」や「耳鳴り」「難聴」 | 福島市 村上耳鼻咽喉科医院

まとめ
体の変調に気が付いたら無理をせず気分転換をする事も大事ですね。自分の体を気遣ってあげよう。

twitterの反応

 - 美容・健康