日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

赤ちゃんをお風呂に入れるには!?耳に水は入らない?

      2018/02/04

赤ちゃんをお風呂に入れるには!?耳に水は入らない?

沐浴の期間が終わっていざ赤ちゃんと一緒にお風呂に入る!となると初めての時は緊張しますね。特に水が耳に入らないかハラハラしますが、耳に水が少しくらい入っても大丈夫なようです。今回は赤ちゃんをお風呂に入れる注意点を調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

ピアノを弾くには指が長い方がいい?指を長くすることはできるのか

ピアニストの指は細くて長いというイメージですね。ピアノを弾く...

引っ越しで郵便物を転送するには?一時的な転送も可能?

引っ越して住所が変わった場合は郵便局に郵便物の転送をする手続...

郵便局の配達の仕組みとは?知って便利な仕組みも!

郵便局では毎日たくさんの郵便物が集められ配達されています。基...

ホテルで食事をするときの服装は?ドレスコードについて

ホテルで食事をすることになり服装で悩んだことはありませんか?...

パート主婦は必見!働き方が変わる?扶養から外れる゛壁”

夫の扶養内で働いているパート主婦の皆さんは「103万円の壁」...

彼女とうまく別れたい!水面下でやるべきことは?

男の人は彼女と別れたいと思ってもなかなか別れを切り出せない場...

庭にはどっちがいい?アスファルトとコンクリート

一軒家の庭などにはコンクリートを使用しているところが多いかと...

子供が親の財布のお金を盗む!?その時の対応とは

子供がもしも自分の財布のお金を盗んだとしたらどう対応したらい...

郵便局の窓口とポストはどっちが早い?最短で届けるには

郵便物を早く配達してもらおうと思ったら郵便局の窓口とポストで...

生徒と教師がメールアドレスの交換?生徒と教師にメールは必要?

最近はメールやラインなどのやり取りを生徒と教師の間でしている...

犬はなぜ人間の気持ちがわかるのか?

犬はもはやペットではなく家族の一員と思っている人もいるくらい...

一人暮らしの電気、ガス、水道はどのくらい?節約方法とは

一人暮らしを始めたら電気、ガス、水道の光熱費を自分で管理しな...

コバエを駆除したい!効果的な商品とは

夏場には少し生ごみを放っておくとすぐにコバエが沸いてしまいま...

トイレが詰まった!そんな時はペットボトルがあれば大丈夫?

トイレが詰まった為に水が流れなくなってしまったら大変ですね。...

エアコンの寿命が来た!?賃貸で備え付けの場合はどうする?

単身用の賃貸などにはエアコンが備え付けてある場合があります。...

アリの退治は必要!?庭にたくさんいる場合

アリは基本的には無害な虫です。庭にいる場合は退治の必要はない...

風呂の給湯器はどうする?オール電気の場合

最近はオール電化の家庭が増えてきましたね。その為お湯を沸かす...

初めての一人暮らし!まず 必要なものリストを作ってみよう

一人暮らしをするときに最低限必要なものって意外とわからないも...

気が付くとバイクの自賠責保険が期限切れ!どうする?

自賠責保険は、すべての自動車に加入が義務付けられている保険で...

猫のマーキングのあの臭い!効果的な消しかたとは

猫がマーキングをしたときの臭いって、本当にたまらないですよね...

スポンサーリンク

赤ちゃんをお風呂に入れる手順

1.赤ちゃんを脱衣所に置いたラックやクーファン、座布団の上に寝かせる。
2.ママがお風呂に入り、体を洗う。(たまに扉を開けて赤ちゃんの様子をみてあげると赤ちゃんも安心)
3.赤ちゃんの服を脱がせ、ラックの上に服、おむつ、バスタオルを広げる。
4.赤ちゃんを膝の上にのせる。(縦抱き抱っこでも横抱っこでもOK!)
5.顔をガーゼでやさしく洗う(乳児湿疹の出る子は石鹸をつかって!)
6.頭の下に洗面器を置き、ガーゼを使って髪を濡らしたら石鹸を泡立ててやさしく洗う。(沐浴の時と同じ)
7.頭に泡が残らないようにガーゼを使ってしっかり泡をおとす。
8.首から順に体を洗う。(脇の下、指の間、鼠蹊部などは丁寧に!)
9.ママと一緒に湯船につかる。
10.あたたまったら赤ちゃんをラックの上のバスタオルで拭き、素早く服を着せる。
11.ママが体を拭いたら赤ちゃんと一緒にあたたかい部屋へ。

引用元-mamari

入浴中に赤ちゃんの耳をふさがない

沐浴用のバスタブと違って、大人と同じバスタブに入れると、赤ちゃんは入浴中、浮いたままになります。

「一昔前は、耳にお湯が入らないように、親指と小指でふたをするように耳をふさぐように指導されていましたが、今は違います。

大人の指で耳をぎゅっとおさえると、手を離す時に陰圧で赤ちゃんの鼓膜が破れることがあります。耳にお湯が入ったことが原因で中耳炎にはなりません。もし、耳にお湯が入っても、ガーゼや綿棒を軽く耳に押し当てたり、服を着せたあとで耳を下にして寝かせたりすれば、出ることも。過度な心配はいりませんよ」(田中さん)。

ひとりで、赤ちゃんをお風呂に入れるとなると、緊張しがちですが、赤ちゃんがしっかりお風呂に入って、リラックスすると、副交感神経が優位になり、夜もゆっくり寝てくれるのだそう。実践しない手はないですね。

引用元-マイカシ

お風呂で耳に水を入れにくくするには

お風呂で水が耳に入りにくくする方法

耳に水が入るのを過度に恐れ、あまりに強く耳を抑えていると、かえって圧がかかり鼓膜へ影響を及ぼすことがあります。耳の後ろ側から耳を押さえる際には、あまり力をいれずに耳を軽くふたをするつもりの程度で充分です。

あまり怖がらないでも大丈夫

耳に水が入ったら、中耳炎になってしまうかもと過度に恐れて力いっぱい耳を押さえているパパやママ。逆に鼓膜に圧をかけて悪影響になったり、耳の裏がしっかり洗えず臭いの原因となってしまってはいませんか?

数ヶ月前まで赤ちゃんは羊水の中にいました。それでも、耳は大丈夫でしたよね?耳の構造的にそう簡単に水は入りませんし、もし水が入ってしまっても軽く拭き取る程度で充分なのです。まずは、パパやママの気持ちの中の耳に水が入ることへの恐怖心をなくしましょう。

耳に水が入る状況

例えばシャワーなどで流している場合でも、基本的には耳の構造的に水は入りにくくなっています。さらに、赤ちゃんの入浴中には耳の裏側から押さえていることが多いので、ますます入りにくいはず。もし、入浴中のお風呂に赤ちゃんもぐってしまったとしても、大人がプールでもぐった時と同じ状況。必ず耳に水が入るものでもありませんし、たいていの場合すぐに出てきますよね。空気の入ったコップをお風呂のなかに下向きに入れてあげても空気が少しずつ漏れる程度で一気に水がコップの中に流れ込むなんてことはないはず。耳についても同じことが考えられます。

引用元-BABY NOTE

お風呂上がりの赤ちゃんの耳のケアは?

お風呂上り

お風呂に入ったあとに赤ちゃんの耳の中が濡れているようだと気になってしまいますよね。でもお腹の中にいた時にはずっと羊水の中にいたんですからそれほど気にすることはありません。

耳の穴ではなく外側の濡れた部分をタオルでふき取るだけ で大丈夫。もし中が濡れていても体温で自然に乾いていきます。

耳垢の取り方

耳の中を見てすでに耳垢でびっしりふさがってしまっている場合には自分で取らないようにしましょう。無理に取ろうとすると周りの皮膚を傷つけてしまいます。

そうでない場合には赤ちゃん用の細い綿棒か、やわらかいシリコンの耳かきなどで耳の穴の入り口から5mm位の部分をそっと掃除しましょう。

中の方に見えている耳垢まで取りたくなりますが、顎を動かすことで耳垢がだんだん外に押し出されるんです。見えている耳垢もそのうち外側へ出てくるのでそれまで我慢。

この掃除は週に1度もすれば十分。くれぐれも1cm以上奥に突っ込んでしまわないように気を付けてくださいね。

引用元-MARCH

お風呂は危険がいっぱい!入れるときは注意

安全チェック!

お風呂場での赤ちゃんの事故って実はとっても多いんです。お風呂場で滑って転んで頭を打ったり、おぼれそうになったり。また浴槽に落っこちる事故や、熱湯でやけどなど、ママやパパの安全対策って重要ですね。特に、おすわりや立っちの時期になると、つい安心して目を離しがちですが、それは禁物。赤ちゃんが大きくなるにつれて危険度もアップするので、ママが体や髪を洗うときも、ちらちらチェックするなど、さらなる注意が必要です。

[危ない!! お風呂のフタに、のせて待たせるのはダメ!]

まだ、寝返りしないからいいかななんて、ねんねの赤ちゃんを湯ぶねのフタに寝かせて待たせるのは絶対にダメ!  湯ぶねのフタは不安定なので、赤ちゃんが動いた拍子に内側に折れて赤ちゃんが湯ぶねに落ちる可能性大です。

[お湯の蛇口は熱くなるから、渇いたタオルで巻いて]

お湯が出る水道の蛇口や付け根部分は、お湯が出ていないときでも熱くなっています。ここに赤ちゃんがさわったらやけどするので、タオルでおおうなどして、ガードを。特に立っち以降はいたずらするので要注意。

[ママも赤ちゃんも、滑らないよう、要注意!]

お風呂の洗い場や湯ぶねの床は思った以上に滑ります。立っちの赤ちゃんをつかまり立ちさせるときには、滑り止めシートやお風呂マットの上に立たせて。ねんね赤ちゃんを抱いて湯ぶねに入るときなど、ママも不安定な体勢になって滑りやすいので注意を。

引用元-gooベビー

まとめ
赤ちゃんの耳をふさぐのは今はよくないと言われているのですね。入浴させるときは怖がらずに入れてあげましょう。

twitterの反応


https://twitter.com/kuma_chonn/status/698842760577622016
https://twitter.com/nagomi1111/status/695886984988856320


https://twitter.com/kinochandesuyo/status/684038837790638081


https://twitter.com/fellasfilm/status/665845085183959041

 - 日常・生活

ページ
上部へ