まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

LDLコレステロール値とは何?高いとどうなるの?

      2015/12/11

 - 美容・健康

健康診断などに行かれると思います。そこで、LDLコレステロールについて注意されたことはありませんか。しかし、LDLコレステロールとはどのようなもので、高い原因や値の数値でどのような影響が出てくるものなのでしょうか。

スポンサーリンク

  関連記事

毎日ランニングを30分続けて健康な体を作る

ジョギングを毎日続けることは難しいし、しかも30分となるとなおさらです。三日坊主の私にはハードルの高い問題ですので、楽しく続づける方法と効果を理解すれば、三日坊主にならないかもと思い調べました。

DHCのサプリメントはどう飲む?おすすめの組み合わせ

サプリメントを食事の栄養補給のサポートとして飲んでいる人は多いでしょう。サプリメントといえばDHCが有名ですね。サプリメントは組み合わせを気を付けないとちゃんと吸収されないようです。今回はサプリメントについて調べました。

市販ブリーチのカラーを混ぜるやり方

髪を自分で染める方も多い事でしょう。しかし、多くのヘアカラー剤が販売されていますが、ブリーチ、カラーを混ぜるのはどうなのでしょうか。今回はブリーチ、カラーの混ぜるやり方について調べてみました。

ヨーグルトは効果あり?アレルギーに効くヨーグルトとは

現在は3人に1人が何かしらのアレルギーを持っていると言われています。花粉症やアトピー…つらいですね。そんなアレルギーにヨーグルトが効果があるという話があります。どのようなヨーグルトを摂取すれば効果があるのでしょうか。

30分のウォーキングはダイエットにいい?どんな効果があるの?

ウォーキングは運動が苦手な人にもおすすめのダイエット方法ですね。ウォーキングで効果を期待するならば30分以上歩くといいと言われていますが実際はどうなのでしょうか?今回はウォーキングの効果について調べました。

胃ガンで胃を全摘出しないといけない?リンパ節への転移が起こる胃がん

胃ガンは早期発見であれば手術で取り除くことができ、再発もあまりありません。しかし発見が遅れると胃を全摘出しないといけない場合があります。また腹膜やリンパ節などへの転移が起こる悪性の胃ガンもあるようです。

扁桃腺が腫れて片方だけ痛い

風邪を引くと扁桃腺が腫れることは良くあります。酷くなると唾を飲み込むことさえ容易ではありません。たまに、片方だけ腫れることがあります。何が原因なのか調べることにしました。

癌が再発した場合の余命はどのくらいか

癌の宣告を受けることは大変ショックなことです。苦しい治療や手術をしても再発の可能性がある恐ろしい病気です。もしも癌になった場合に余命宣告を受けたら、どう解釈すればいいのでしょうか。

吐き気に効くツボはここ!手で押してみよう!

二日酔いや、車酔いなどで吐き気があるときに効くツボがあるのを知っていますか?覚えておけば手ですぐに押して少しは気分がよくなるかもしれません。今回は吐き気に効くツボを調べました。

手の神経麻痺と原因

様々な疾患が存在します。軽い症状のものから、重たい症状があります。その中でも、手の神経の麻痺に悩まされている方もいることでしょう。原因や症状などはどのようなものなのでしょうか。調べてみました。

蕁麻疹の原因は肝臓から?

蕁麻疹に悩まされてはいないでしょうか。痒くて夜もまともに寝られないということがあると思います。蕁麻疹の原因は何なのでしょうか。また、肝臓が関係しているのでしょうか。調べてみました。

夜ごはんが遅いとどんな影響がある?

みなさんは、夜ごはんは何時に食べていますか?子育てをしているお母さんなどは、子供と一緒に食べられれば規則正しくご飯が食べれるかもしれません。しかし、夜遅くまで働くまだ独身の方や、残業の多い仕事をしているお父さんなど、夜ごはんの時間が遅い方もたくさんいるのではないでしょうか?そこで、夜ごはんが遅いとどういう影響があるのか、調べてみました。

イソジンの消毒はとびひに効くってほんとう!?

とびひは子供がかかりやすい皮膚の疾患で、伝染するので注意が必要です。このとびひの治療に市販薬のイソジンでの消毒がいいと聞きますが実際はどうなのでしょうか?今回はとびひの治し方について調べました。

過労とストレスが病気を引き起こす

現代社会は過労とストレスの連続です。何でもまじめに取り組む完璧主義だと、やり過ぎによる過労とストレスで体調もおかしくなってきます。過労やストレスが原因で引き起こされる病気を調べました。

熱が出たら病院で点滴してもらえばすぐ治る?

熱があってだるい、ご飯食べられない…そんな時、病院で点滴してもらって、すぅっと楽になった経験、ありませんか?点滴ってすごい、一発で治る!と、次回から具合が悪くなったら病院で点滴してもらおう、と思っていたら断られた…なんてこともありませんか?点滴ってどういう時にするの?熱があっても本当にすぐに治るの?ということで、調べてみました。

前歯の虫歯、治療法について

多くの方が虫歯に悩まされていることでしょう。様々な虫歯の治療法がある中、前歯が虫歯になったとき、どのような治療が行われるのでしょうか。今回は前歯の主場の治療について調べてみました。

筋肉量の平均以上を男なら目指そう

体脂肪率も気になりますが、男なら筋肉量も気になります。筋肉量の平均値はいくらか、筋肉量にこだわらなければならない理由。マッチョな体ではなくても良いが、せめて平均に近づけたい。

子供の頭痛はこんな病気から

子供が頭痛を訴えて苦しんでいたら、見ているだけでも辛いですよね。重い病気じゃないか、と心配になる保護者の方も多いでしょう。子供の頭痛には、どんな原因があるのでしょうか。調べてみました。

薬の副作用で蕁麻疹?薬疹について

抗生剤などの薬の副作用で蕁麻疹が出ることがあります。これは薬疹と呼ばれ、アレルギー性の薬疹は注意が必要です。しかし薬疹の蕁麻疹は皮膚疾患との見分けが難しい場合があるようです。今回は薬の副作用について調べました。

キラキラしたものが見えるのはなぜ?目の病気について

暗い所なのにキラキラしたものが見えることがあるという人いませんか?それは目の異常だけではなく他の病気の可能性もあるようです。今回はキラキラしたものが見える場合の原因を調べました。

●LDLコレステロールとは何?

LDLコレステロールは、通称悪玉コレステロールとも言われています。悪玉と聞くと、体に不必要なもの、悪いものといったイメージがありますが、案外そうとは言い切れないようです。LDLコレステロールは、本来私たちの体にとって必要不可欠なホルモンや細胞膜を作るのにとても大切な成分なのです。なくてはならないものですが、あり過ぎると困りもので、一定の基準値が設けられているのはそのためです。

コレステロールの総量が220mg/dl以上、LDLコレステロールが140mg/dl以上。
この基準値を超えると、高コレステロールということになります。

高コレステロールと診断されると、一番に心配される病気が動脈硬化や心筋梗塞。また、動脈硬化以外にも、高脂血症や糖尿病などの生活習慣病も引き起こしやすく、メタボリックシンドロームにも大きく関わっていると言われています。

LDLコレステロール値が高くなる原因として、一番大きなものは、ズバリ生活習慣です。バランスの取れていない食事や揚げ物や肉を良く食べる。飲酒やたばこなどの嗜好品。運動不足など、日々の生活の中にLDLコレステロール値を上げてしまう原因が隠れているのです。

引用元-LDLコレステロールとは

スポンサーリンク

  人気記事

●LDLコレステロールが高い原因

コレステロールは、食べ物からしか摂取できないと思っている方も多いようですが、実は、コレステロールは体内(主に肝臓)で作られるほうが多いのです。

1日に必要な量の約80%ものコレステロールが、肝臓をはじめ体内で作られており、食物から摂取するコレステロールは約20%なのです。

実は、日本人で食べ物から摂取するコレステロールで病気になる方はほとんどいないそうです。

「高コレステロール血症」などの方を除く健康な人であれば、体内で血中コレステロール値を調節してくれるため、食品から摂取するコレステロール量を過度に気にする必要はありません。

それよりも、肝臓に負担をかけない生活習慣を作ることが大事なのです。


引用元-悪玉コレステロールを下げる食事・食品|LDLコレステロールが高い原因

●コレステロールが高い理由がわかりません(Q&A)

まず、コレステロールも中性脂肪も生命を維持するために欠くことのできない脂質だということを認識しておいて下さい。数値の管理も大事でしょうが、あまり神経質に囚われてしまうことはストレスの上乗せになってしまいます。

われわれの体は自ら生存のため何か不具合があればそれを防御する巧妙な精緻な仕組みを備えています。何も理由がないのに勝手に体が間違いを犯して例えば質問者さんが心配するコレステロールや中性脂肪を増やすことはしません。
体が防衛上増やす理由があるからです。それはあなたも薄々感じていらっしゃるようですが、まさにストレスです。

脂肪酸となってエネルギーとして使われる中性脂肪も細胞膜やホルモンの材料なるコレステロールは高エネルギーで抗酸化力が極めて高い物質です。これらが増えるのは過剰なストレスに対する体の防御反応です。

ストレスを受けると、それが過剰になればなるほど体内で活性酸素が増えていきます。活性酸素は細胞を酸化させ、組織破壊や老化を促進します。それを防御して乗り切るために、体は自ら皮下の脂肪組織や肝臓から中性脂肪やコレステロールを取り出して血中に流し必要な箇所に修復のための材料として送り込むのです。それで血中の値が増えます。

ということはストレスが減れば数値は下がるということになります。ですからストレスがあるときに徒に食事制限すると数値は下がらないどころか必要な栄養が得られなくなり体は破綻しますし、またストレスを抱えてる時に運動すればさらにストレスが加わり、数値は上がります。

体の仕組みを知っておけば、心配することはありません。忙しい時こそリラックスに心掛けておいてください。例えば、30分でも早く仕事を切り上げるとか、30分長く睡眠をとる、10分長く食事時間をとるなど余裕持つことや、心の安定が求められます。

引用元-教えて!goo

●LDLコレステロール値が高いとどうなる?

LDLコレステロール値が高くなるという状態は、増えすぎたLDLコレステロールが血管壁にたまり、血管の内腔が狭くなって血流が悪くなっている可能性が高いです。この状態を動脈硬化といいます。LDLコレステロール値が高いと血管はどのような状態になっているのでしょう?血管壁の内側にコレステロールが沈着すると、プラークという塊ができます。LDLコレステロールが変性し、その変性LDLを求めてマクロファージという細胞が集まり、そのマクロファージが変性LDLを取り込み大きくなると泡沫細胞になります。泡沫細胞やその残骸がプラークをつくるのです。プラークが破れると血小板が集まり血栓をつくり、その血液の塊が血管を狭くし、血管を詰まらせ血液を流れなくするのです。

引用元-LDLコレステロール!高い人低い人別の改善法

●悪玉コレステロールを下げる食事・食品

肝臓機能が強くなければ、LDLコレステロールを処理することはできません。

肝臓の機能が低下すると、コレステロールは処理できなくなり、血液中に溜まってしまい、動脈硬化や高コレステロール血症などを引き起こしてしまうのです。

肝臓機能をアップさせる食品は、タウリンを含む食品です。

タウリンとは、カキ・イカ・ホタテなど魚介類に多く含まれる成分です。肝機能をアップさせ、コレステロール処理能力を高める働きを持っています。

魚介類の食事で肝臓機能をアップさせましょう。

引用元-悪玉コレステロールを下げる食事・食品|LDLコレステロールが高い原因

まとめ
LDLコレステロールの値が下がらなく困っている方は、もう一度生活習慣を見直してみるのもいいかもしれませんね。

twitterの反応

 - 美容・健康