日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

健康診断で再検査に!再検査は行かないといけない?

      2018/02/09

健康診断で再検査に!再検査は行かないといけない?

会社などで健康診断をして、もしも再検査になったらどうしますか?再検査になった場合は自分で病院へ行かないといけません。今回は健康診断で再検査になって場合を調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

不登校の原因は学校の先生が怖いから!?そんな時はどうしたらいい?

子供が学校へ行きたくないという理由に先生が怖いという場合もあ...

クロネコヤマトのバイト。女性でも働ける?

クロネコヤマトのバイトと聞くと、重いものをたくさん運んで体力...

統合失調症の症状とは?独り言で病気を判断できる?

統合失調症とは脳がうまく機能できず幻覚や妄想などの症状が出る...

面白い小説を読みたい!ファンタジーならこれを読もう!

今は電子書籍などでも気軽に小説が読める時代ですね!しかし小説...

彼女の浮気が心配…浮気の兆候と対処法は?

付き合っていると彼女のちょっとした行動で浮気をしていないか心...

政令指定都市って人口が多ければなれるの?指定の条件とは

政令指定都市というと漠然と人口が多い大都市というイメージがあ...

親知らずが痛い!生えかけの場合の対処法

親知らずは上下の一番奥に生える歯で変な方向に生えてくることが...

重曹で歯磨きをすると歯石を予防できる?!重曹の効果とは

重曹で歯磨きをすると歯石や着色汚れを除去できると言われていま...

結婚式にぴったりの髪飾りは?バレッタで簡単アレンジ!

結婚式に出席するときは服装だけではなく、髪型もきちんとしてい...

ワインのコルクの開け方は?プラスチック栓の場合

最近のワインのコルクにはプラスチック製の物が使われている場合...

子どもが感情のコントロールができない…原因と対処法

最近は感情のコントロールができない子どもが増えていると言われ...

いつでもきれいに!携帯電動歯ブラシのおすすめは?

電動歯ブラシは歯にあてるだけで歯をピカピカに磨いてくれます。...

タオルの嫌な臭いはこれで解消!ワイドハイターの効果

タオルは長く使っていると嫌な臭いが洗濯しても取れなくなってし...

ダイエットするなら朝食はパンとご飯どっちがいい?

ダイエット中でも朝食はきちんととらないといけません。手軽にと...

ゴルフのシャフトを交換してナイスショット!交換のポイント

ゴルフのシャフトは交換をすることができます。自分に合ったシャ...

仕事を紹介してくださるメールの書き方や礼儀

電子メールで即座に連絡がしあえる時代になりました。そこで大切...

ししとうはピーマンの仲間?ししとうとピーマンの栄養

ししとうとピーマンはよく似ていますが、ししとうは辛く、ピーマ...

インコの卵の孵化~飼い主に求められることは?

鳥好きな人にとって、人気のあるインコ。飼っていたら、家族の一...

派遣の更新を断る・断られる

派遣を紹介する人、派遣される人、派遣を受け入れる人、それぞれ...

韓国はなぜ美容整形大国?芸能人は整形しているの?理想の顔はどんな顔?

韓国はなぜ美容整形大国になったのかとても不思議です。韓国の芸...

スポンサーリンク

健康診断の再検査とは

再検査を恐れない

検査結果は大きく分けて「正常」「正常範囲」「要再検査」「要経過観察」「要精密検査」の5つに分類されます。

「正常」の場合は、今回の健診の範囲内では異常ないということ、「正常範囲」の場合はわずかに所見を認めますが、多くの場合は心配する必要はありません。

 「要再検査」の場合は、「疑わしいところがあるので、もう少し経過を追って検査したほうがいいでしょう」ということです。必ずしも病気があると診断されたわけではありません。

「要経過観察」の場合は、所見を認めますが、今すぐに治療や精密検査を受けるほどではなく、現在の経過をみながら日常生活に注意してください。

「要精密検査」の場合は、病気の有無をさらにくわしく検査で確かめる必要があります。

 検査結果は、検査日の体調にも左右されるので、少し疑わしければ「再検査」と診断が下されることがあります。あまり悩まず再検査を受けに行くのがいいでしょう。たいていの人は再検査で異常のないことがはっきりします。また、再検査で病気が見つかっても早期に発見することができれば、治療によって治すことも可能です。

引用元-健診結果でわかるあなたの健康

再検査に行く、行かないは社員の任意

さて、再検査は必ず受けなければならないのでしょうか? 会社側は「労働安全衛生法」という法律により、社員に健康診断を受けさせる義務があるのです。法律で定められている法定項目を受診させ、その旨を国に報告しなければなりません。 ただし、この法律では、再検査までは義務化されていません。再検査は、基本的に社員の任意によるものです。ですが、健康のことを考えるなら、再検査は必ず受けましょう。健康診断と再検査によって、病気が発見されることはよくあります。

引用元-キャリアパーク!

健康診断の再検査には行かないといけない!

「要再検査」「要精密検査」という結果が出たということは、なんらかの異常が発見され、病気の疑いがあることがほとんどです。病気の早期発見のために、できるだけ早く検査を受けることがとても大切です。病気によっては、放置した期間の分だけ、症状が悪化するものもあります。判定を受けたら、すみやかに再検査を受けましょう。

また、会社から受けた健康診断で「要再検査」「要精密検査」の判定が出た場合は、指定の医療機関で受けると費用の一部または全額を負担してくれる制度がある場合もあります。検査の前に、社内の担当者に確認をしてみましょう。

特に再検査先などの指定がない場合は、保険証と健診結果、紹介状(健診結果に同封されている場合のみ)を持って、専門の病院で受診してください。

引用元-ヘルスケア大学

再検査に行く場合は

費用は自己負担だが治療する場合は健康保険が適用される

健康診断と違い、再検査の場合は自分で検査費用を負担します。ただし、再検査で治療が必要と判断された場合は、健康保険が適用されます。再検査に行くときは、保険証を忘れずに持って行きましょう。

健康診断の再検査は同じ病院で受けるのがベストであり診断結果を忘れずに持って行く

健康診断で要再検査と判定された際の注意点と病院選びのポイントをご紹介しました。
健康診断を受けて、再検査の判定が出た場合は、億劫でも再検査を受けるべきです。病院選びは健康診断をしたのと同じ病院か、近所の通院可能な病院がいいでしょう。
そして保険が適用される可能性があるため、健康診断の結果が記された書類と共に保険証を忘れないようにしましょう。

引用元-キャリアパーク!

健康診断より自覚症状を優先

健診は「検査項目の多くに医学的根拠が薄く、病気の発見にほとんど役立たない」と話しましたが、日本人間ドック学会によると、2012年に人間ドックを受けた316万人のうち、全項目の検査値に異常のなかった人は、過去最低の7.2%にすぎません。それは90%を超える人に異常が見つかるということです。この食い違いはなぜ生じるのでしょう。

一つ例を挙げましょう。私の医学生時代に学んだコレステロールの診断基準は「総コレステロール250mg/dl」でした。今は「220mg/dl」です。ところが日本人間ドック学会の判定区分では「異常なし」は「140-199mg/dl」。基準値を下げれば「異常なし」が減って「異常あり」が増えるのは当たり前です。米国では基準値が年齢別に設定されていて、しかも日本の基準値とはかなり異なります。例えば40歳から49歳までは「245mg/dl未満」が正常値ですが、日本の人間ドックでは「要経過観察・生活改善」と指摘されるでしょう。

そこで結論は健診の数値に一喜一憂するより、もっと自分の体が発するシグナルを信じなさいということ。体の調子が悪い状態が2週間続いたら早めに医師の診察を受ける。1カ月続いたら、今すぐに病院へ行く。

「自覚症状」というシグナルは、健診の数値よりもずっと病気の発見に役立つ重要な情報なのです。

引用元-PRESIDENT Online

健康診断の再検査は将来の健康のため

私たち企業の産業保健師は、健診結果に異常値が見られた方へ再検査・精密検査の手紙を書いたり、面談を実施する。

その際、社員の方から
「今は元気なんで大丈夫です。」
「毎回こうやって呼ばれるんですか。」
「自分でわかってるんで、もういいです。」
というお言葉を頂くことがあるのだ。
また、目を合わせて頂けなかったり、明らかに『忙しいんだから早く終えてくれ!!』という態度で面接に来られる方も少なからずいる。

なぜ血圧が、血糖値が、脂質が高いといけないのか。なぜ肥満がいけないのか。今元気で働くことが出来ている方には、ただでさえ忙しい仕事の合間を縫って、病院の受診や食事・運動について指導される必要なんてない!という気持ちを持ってしまうことは、仕方のないことかもしれない。ただ、私たち保健師が見ているのは、『今、健康で働いているあなた』ではなく、『年を取り、退職した後のあなた』であったりもするのだ。

企業で働いている若いうちは、多少数値に問題があっても、なんとか元気に毎日を送ることができるかもしれないだろう。

けれど、退職して70歳、80歳になったとき、どんな老後を送るのだろうか。
「退職したら旅行に行ってみたい。」
「退職したら趣味に没頭したい。」
「働いている時は忙しくてできなかったけど、家族サービスをもっとしたい。」
という願いは、きちんと叶うのだろうか。
そのためには、退職して具合が悪くなってから病院へ通いだしたのでは間に合わない。
体に異常が現れていない今のうちから、血糖値や脂質(コレステロール)、血圧や体重などをなるべく正常な数値へ保っておくことや、運動習慣や健康的な食事を摂る習慣をつけておくことが何より大切なのである。

健康を考えることは、貯金や勉強と同じく、未来の自分への投資だ。

引用元-産業保健新聞

まとめ
健康診断の再検査はきちんと行きましょう。将来のことを考えて健康には気を付けておきたいですね。

twitterの反応


https://twitter.com/kiyoshi_hhh/status/730715238371233792


https://twitter.com/lily_cian/status/728278296396374021


https://twitter.com/gochi2_1217/status/717738323729453056

 - 美容・健康

ページ
上部へ