日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

赤ちゃんのお風呂の入れ方は何が大切?

      2018/02/17

赤ちゃんのお風呂の入れ方は何が大切?

生後1か月を過ぎると、赤ちゃんはいよいよお風呂デビューです。
沐浴と違って、お風呂の前の準備もいろいろあります。
赤ちゃんをお風呂嫌いにさせないための工夫や、安全・安心な入れ方の工夫とはどのようなことでしょうか?
それぞれの家族構成や生活パターンは千差万別。
あなたに合った赤ちゃんとの楽しいお風呂の入り方を実践してみてください。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

自転車に子供を乗せられるのは何歳から?

子供が赤ちゃんのうちはベビーカーか便利です。だんだんと子供が...

精神障害2級ってどんな人が対象?精神障害者手帳を貰うには

精神障害の対象になる人は何らかの精神疾患で日常生活において長...

2016年は台風の年!?台風の進路がおかしいワケ

2016年は台風の当たり年と言われるくらい次々に台風が発生し...

犬のトイレトレーニングには「囲い」を使おう!

犬を飼う上で避けて通れないのが、トイレのしつけ。外飼い予定の...

大学の准教授ってどんな職業?年齢や年収はどのくらい?

大学の役職には准教授というものがあります。この准教授とはどの...

顔パック、安いものでも効果はある?!

数多くの顔パックがドラッグストアや化粧品売り場に並んでいます...

男性が思う結婚の条件とは?どんな女性が理想?

結婚の条件は男女ではそれぞれ少し違うところがあるようです。女...

告白の返事がかわいいと抱きしめられちゃうかも

あなたには大好きな人がいますか?告白されたい方ですか?したい...

車でデートはまだ早い!?上手な断り方とは?

車デートに誘われたとき、女性は何とも思っていない人とはあまり...

車のナンバーで所有者が分かる!?現在は難しいプライバシーの問題とは

昔は車のナンバーで所有者を知ることが簡単にできたって知ってい...

元カノが気になる?!彼氏の元カノに嫉妬しないために

彼氏の元カノは彼女としては気になってしまいますね。ついつい元...

職場で人間関係を円滑にするには?少人数の職場の場合

就職したら職場では人間関係を円滑にしたいですね。特に少人数の...

子持ち主婦には深夜の仕事がおすすめ!?パートに出る場合

子供を持つ主婦は仕事をしようとしても保育園に預けるなどしない...

子供の勉強を教えるには!?上手な教え方について

親としては子供には勉強ができてほしいと思うのは当たり前です。...

犬の散歩、雨の日はどうしてますか?

愛犬の雨の日のお散歩、みなさんはどうしていますか?日本にはど...

自転車の子供へのヘルメット着用が義務化!?ヘルメットの選び方とは

自転車に子供が乗るときはヘルメットを着用することに努めないと...

高校では成績のつけ方違うって知ってた?

成績のつけ方にはいろいろあります。相対評価、絶対評価。試験の...

蛍光灯とLED電球を比較!どっちがお得?

蛍光灯とLED電球はどちらがより電気などを節約できるのでしょ...

淡水魚を水槽で飼育するにはどうする?淡水魚の育て方

川などに生息する魚を淡水魚と言います。主な淡水魚にはコイやフ...

蚊のメスとオスの違いとは?血を吸うのはメスだけ?

夏の野外は蚊に刺されないように気を付けないといけませんね。と...

スポンサーリンク

お母さんと赤ちゃんが一緒にお風呂に入る時の入れ方

(1)入浴の準備

入浴後のお母さん、赤ちゃんの着替えやバスタオル、入浴に使うガーゼハンカチなどを準備します。
お母さんの入浴中に赤ちゃんを待たせておく場所(脱衣所の一角など)を片付けて。

(2)入浴

以下のような手順で手早く行いましょう。

・赤ちゃんはおむつ一枚の状態でバスタオルか肌がけにくるんで脱衣所で待たせておく
・お母さんが自分を手早く洗ってしまう
・赤ちゃんのおむつを脱がせて膝の上にあおむけに抱える
・顔、頭、体の順に洗っていく
・表が洗い終わったら赤ちゃんをうつ伏せにし、背中やおしりなど裏側を洗う
・湯船につかる場合は、赤ちゃんがのぼせないようぬるめのお湯で2~3分程度に留め

(3)入浴後

・赤ちゃんはおむつ一枚の状態でバスタオルか肌がけにくるんで脱衣所で待たせておく
・お母さんは手早く体を拭いて服を着る
・赤ちゃんの体を優しく拭く
・拭き終わったら保湿を中心としたスキンケアをする
・耳や鼻の穴、おへその掃除などをする
・お白湯や母乳などを飲ませ、水分補給

引用元-ヘルスケア大学

沐浴が終了した赤ちゃんのお風呂の入れ方に気配りを!

・赤ちゃんがまだ怖がるようなら沐浴布をお腹の上にのせて安心させてあげて。
・膝の上が石鹸でつるつる滑って安定しないなら、膝の上にタオルを敷いて赤ちゃんをのせても!
・赤ちゃんの頭を支えるのは利き手ではない方の手で!利き手で体を洗うと洗いやすいですよ!
・シャワーで石鹸を流したい場合は、指先が常にシャワーの吹き出し口にあたるように持ち、温度に注意!
・慣れてきたら顔も頭もガーゼを使わず手で洗ったり、湯桶でザバッと流しちゃってもOK!水に慣れますよ!
・長時間の入浴は赤ちゃんの肌から水分が多く失われてしまうのでNG!

お風呂からあがったら…
お風呂からあがり、赤ちゃんと一緒に暖かい部屋に移動したら、その後のケアをしてあげましょう。
・お尻が肌荒れしている場合は、馬油などを塗ってあげる。
・ベビーローションやベビーオイルなど、時期に応じた保湿をする。
・鼻の穴や耳を綿棒で優しくお掃除する。
・母乳などを飲ませ水分補給をする。
・ミルクの赤ちゃんは、ミルクの量が多くなりすぎるようならお白湯やベビー麦茶を飲ませる。

引用元-mamari

お風呂でママが洗い終わるまでの赤ちゃんのご機嫌待機方法

首すわりから、ねんね時代【1】ママが洗う間の待機方法にワザあり! ごきげんを保つテクニックにも注目して

新生児期を過ぎて、大人と同じお風呂に入れるようになるころから、ママと赤ちゃんのお風呂タイム開始。慣れないうちは、ママもあわててしまうことが多いでしょうが、コツをつかめばだいじょうぶ。
寝返り前の赤ちゃんなら、あたたかくして部屋でベビーベッドやラックに寝かせて待たせて、その間にママが先に体を洗う作戦でもOK。
でも寝返りするようになると、要注意! 脱衣所にラックを置いて待たせるときも、必ずシートベルトをしめるなどの、安全対策を忘れないで。

【1】ママが先に入ってささっと洗っちゃおう!赤ちゃんはお風呂場の近くで、あったかくして安全に待機!

ママが体を洗っている間、赤ちゃんを一人っきりで待たせるのって心配なもの。
だったら、脱衣所やお風呂場の近くに赤ちゃんを寝かせて待たせましょう。
待たせる場所はママの声が聞こえるくらいの近さで、さらにドアをあければすぐに顔が見える場所がベスト。
このとき、赤ちゃんの周りに危険なものがないかなどの安全対策は忘れずに。
特に寝返り前赤ちゃんの場合は、いすのシートベルトはキチンとしめること。

引用元-gooベビー

お風呂で赤ちゃんをベビーチェアで待機させるのも安心

兄弟がいる場合、ベビーバスチェアで赤ちゃんの待機場所を作ってあげると一緒にお風呂タイムを楽しむことができますよ。
また、赤ちゃんが座った状態で待っていられるので安心ですし、両手が空くのでしっかりと赤ちゃんを洗うことができますね。

ベビーバスチェアの選び方

ベビーバスチェアには大きく分けて「首がすわる時期から」と「腰がすわる時期から」の2種類があります。いつからいつまで、どのように使いたいのかをイメージしながら自分のライフスタイルに合ったバスチェアを選んでくださいね。

生後1ヶ月頃(首がすわる時期)から使えるバスチェア

リクライニング機能でバスチェアをフラットにすると、赤ちゃんを寝かせたまま洗うことができます。
赤ちゃんがおすわりできるようになったら、リクライニングを起こしたまま使うことができるので、使用期間が長いことが特徴です。
沐浴を卒業したての赤ちゃんや、おすわり前の赤ちゃんにおすすめです。

生後6ヶ月頃(腰がすわる時期)から使えるバスチェア

おすわりができるようになってから使えるバスチェアです。
リクライニング機能はなく、椅子としてのみ利用します。「体を洗っている間、赤ちゃんがおすわりをして待つ場所を作りたい!」と考える方におすすめです。
親が脱衣所で着替えている間も、赤ちゃんが座ったまま安心して待っていられますよ。

引用元-こそだてハック

赤ちゃんのお風呂の入れ方で大切なことはバスルームや浴槽の除菌

お風呂に潜む菌を増やさないために

お風呂で菌が繁殖する条件となるのは、温度と湿度です。
細菌が最も増える温度は36℃前後ですが、60℃でも生きることができ、湿度が50%以上あると繁殖できます。
一方、カビの最も繁殖しやすい条件としては、温度は25~28℃、湿度は80%以上です。
お湯が40℃としても、冷めてくれば細菌もカビも繁殖しやすい環境になってしまいます。逆に言えば、細菌やカビを増やさない環境として、10℃以下もしくは湿度50%以下にすること、そして、すでに存在してしまっている細菌やカビを除去することが重要になります。

これらの菌を増やさないために
・温度を下げること…10℃以下が望ましいので、冬なら換気をしておきたい
・湿度を下げること…湿度50%以下にするために、浴室乾燥機があれば使用する

定期的な除菌を心がけましょう

細菌とカビの除去には、定期的に以下のことを行いたいものです。
・床や浴槽を洗剤を使って洗うことお風呂の後もしっかりと洗い流して、乾燥させること
・浴槽の蓋をしっかりと洗うこと
・窓際など、目立たない所に気をつけること
・追いだき用の配管も掃除すること
床や浴槽などはもちろん、特に追いだき用の配管などは目に見えないので、普段から配管用の洗剤を使い、掃除をしておきましょう。

引用元-AllAbout健康・医療

まとめ
生後1か月を過ぎた赤ちゃんのお風呂指導は病院でしてくれません。それぞれの家庭に合った方法を探してみましょう。

twitterの反応

https://twitter.com/ritoru2132/status/733104294929387520
https://twitter.com/MickeyErika/status/729959552448266241
https://twitter.com/ayucham0628/status/723141670670192641
https://twitter.com/snoopy_0918s/status/712170990302732288


https://twitter.com/9sson9/status/701370368892674048
https://twitter.com/00riwo00/status/696945933314080768


https://twitter.com/xdsgj/status/694475653672861696

 - 日常・生活

ページ
上部へ