日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

マウスピースで歯並びの矯正は失敗が多い

      2018/02/18

マウスピースで歯並びの矯正は失敗が多い

歯並びの矯正は目立つので嫌な人も多いです。半面、美しい歯並びに憧れて矯正に踏み切る人も多いです。従来の方法の他にマウスピースによる矯正の方法があります。しかし、経験が豊富なドクターが少ないことと、決まり通りにはめない人がいるなど、失敗が多いようです。料金が高く、時間がかかりますので、失敗しない対策を立てましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

自転車に子供を乗せられるのは何歳から?

子供が赤ちゃんのうちはベビーカーか便利です。だんだんと子供が...

精神障害2級ってどんな人が対象?精神障害者手帳を貰うには

精神障害の対象になる人は何らかの精神疾患で日常生活において長...

2016年は台風の年!?台風の進路がおかしいワケ

2016年は台風の当たり年と言われるくらい次々に台風が発生し...

犬のトイレトレーニングには「囲い」を使おう!

犬を飼う上で避けて通れないのが、トイレのしつけ。外飼い予定の...

大学の准教授ってどんな職業?年齢や年収はどのくらい?

大学の役職には准教授というものがあります。この准教授とはどの...

顔パック、安いものでも効果はある?!

数多くの顔パックがドラッグストアや化粧品売り場に並んでいます...

男性が思う結婚の条件とは?どんな女性が理想?

結婚の条件は男女ではそれぞれ少し違うところがあるようです。女...

告白の返事がかわいいと抱きしめられちゃうかも

あなたには大好きな人がいますか?告白されたい方ですか?したい...

車でデートはまだ早い!?上手な断り方とは?

車デートに誘われたとき、女性は何とも思っていない人とはあまり...

車のナンバーで所有者が分かる!?現在は難しいプライバシーの問題とは

昔は車のナンバーで所有者を知ることが簡単にできたって知ってい...

元カノが気になる?!彼氏の元カノに嫉妬しないために

彼氏の元カノは彼女としては気になってしまいますね。ついつい元...

職場で人間関係を円滑にするには?少人数の職場の場合

就職したら職場では人間関係を円滑にしたいですね。特に少人数の...

子持ち主婦には深夜の仕事がおすすめ!?パートに出る場合

子供を持つ主婦は仕事をしようとしても保育園に預けるなどしない...

子供の勉強を教えるには!?上手な教え方について

親としては子供には勉強ができてほしいと思うのは当たり前です。...

犬の散歩、雨の日はどうしてますか?

愛犬の雨の日のお散歩、みなさんはどうしていますか?日本にはど...

自転車の子供へのヘルメット着用が義務化!?ヘルメットの選び方とは

自転車に子供が乗るときはヘルメットを着用することに努めないと...

高校では成績のつけ方違うって知ってた?

成績のつけ方にはいろいろあります。相対評価、絶対評価。試験の...

蛍光灯とLED電球を比較!どっちがお得?

蛍光灯とLED電球はどちらがより電気などを節約できるのでしょ...

淡水魚を水槽で飼育するにはどうする?淡水魚の育て方

川などに生息する魚を淡水魚と言います。主な淡水魚にはコイやフ...

蚊のメスとオスの違いとは?血を吸うのはメスだけ?

夏の野外は蚊に刺されないように気を付けないといけませんね。と...

スポンサーリンク

マウスピースの矯正はこんな方におすすめです

1−1.周りに矯正治療をしていることを知られたくない方

マウスピース矯正は透明なマウスピースを使い治療をするため、矯正治療を行っていることを周りの人に知られず、歯並びを治すことができます。特に30代から60代の女性で歯並びにコンプレックスがあるけど、周りの目もあり矯正治療に踏み切れない方が多いようです。マウスピース矯正は装置が目立つことがないため、安心して歯並びを治すことができます。

1−2.仕事上ブラケット装置を使えない方

人前で話したり、接客業の方は前歯にブラッケットをつけて矯正治療を行うことは難しいようです。マウスピース矯正は透明なため、目立たず、装置をつけたまま話すこともできます。また、自分で取り外しもできるため、必要な時はマウスピースを外して仕事をすることができます。

1−3.激しいスポーツをしている方

激しいスポーツをする方は歯にブラケット装置が付いていると、装置が出っ張っているため口の中を切ってしまうことがあります。マウスピース矯正はマウスピースで歯を保護することもでき、必要であれば自分で外してスポーツマウスピースを装着することもできます。

引用元-歯医者が教える歯のブログ

マウスピースの矯正に失敗するケース

インビザラインを代表とするマウスピース矯正装置は目立たず、衛生的に歯並びの矯正治療ができる優れた装置です。このため、あたかも魔法の装置のように表現されていることもありますが、まだ歴史の浅い装置であるのも確かで、実際はそこまで完全な装置ではありません。

実際は治療がうまくいかないことも多くあるのも確かです(完全な装置であれば、皆が皆、インビザラインを選択しますよね)。

大切なのは、まずマウスピース矯正装置の適応症例であるかどうかの診断、そして治療がうまくいかない場合のフォローです。

失敗の原因

1)開始前に適応症例を歯科医師が見分けられていない
診断の段階で間違っていると失敗します。線引き・診断が一番大事になります。診断のポイントは「顎の位置の安定性」「咬み合わせ」等、さまざまな点が挙げられます。そこを見極めて、マウスピース矯正が適応になるかどうか判断していきます。

2)装置の装着を怠る
患者さんが意識して付けていないと、どうしても思うように歯が動きません。インビザラインでは1日22時間の使用が推奨されています(ワイヤーの矯正治療では、24時間効果が発揮されています)。長時間の会食が多い等、時間が確保できない方には不向きです。

引用元-失敗したら

マウスピースの矯正の失敗はきちんとはめなかったことも原因になります

大人の矯正ではないので参考にできないかもしれませんが、うちの子(4年生)は噛み合わせと、歯並び(歯の1本1本が大きすぎて並びきらずにガチャガチャしている)で矯正しています。

いわゆる反対咬合(下あごが上あごより出ている)の為、幼稚園の年長さんから小学校3年生まで最初にマウスピース(?)で骨格を調節しました。一ヶ月に一度器具の調節をして、段々広げていきました。

マウスピース(?)は同じ歯科に行っていても違うものを使っている子もいたので全部が同じではなかったようです。

第一段階(マウスピース)の最後には通常の噛み合わせになっていました。でも、この段階では3日熱を出して着けられなかったらその後、入らなくなった事がありました。矯正の先生が来るのは月に一度きりなので、その間に完璧に入らなくなって作り直した事があります。

その後、第二段階としてワイヤーによる矯正が始まりましたが、開始後、半年もしていませんが片側の歯は一列に並びました。もう片方は一本だけ取り残されているように見えますが、段階を経ていずれ抜歯しないでも並ぶと言われています。

気になるようでしたら他の歯医者に行ってみるのもひとつの案だと思いますよ。

引用元-YAHOO!知恵袋

マウスピースの矯正は歯科医の知識や経験が失敗しない秘訣

マウスピース矯正方法は新しい方法で、知識や経験が豊富でないと、必ず失敗するという口コミが前提にあると思います。

1.インビザラインプラチナドクターである
症例数が日本でも多い有数の歯科医院であるということだと思います
2014年から3年連続で、インビザラインプラチナドクター(年間51症例以上)

2.診査診断が確実
パノラマだけのレントゲン写真分析ではなく、セファロ、CTを使った、事前のシミュレーションソフトによる解析を行っているためだと思います

3.マウスピース矯正の知識と経験
全てのマウスピース矯正の認定の為に、最善の方法で、どこよりも早く治療が終われるというメリットがあるためだと思います

インビザラインは、世界で最も行われているマウスピース矯正治療方法です。
640,000円
兄弟2人目は、512,000円(1人)
インビザラインのキャンペーン価格です

M先生の失敗例から、多くのことを学びました
矯正歯科医師なら有名な話ですが、全国で問題になりました。その失敗例を通じて成功に導くことができたことが、現在の自信となっています。

引用元-インビザラインとは

マウスピースで歯の矯正が失敗するのはドクターの経験不足

透明なマウスピースを1日20時間装着することで歯を動かし矯正する装置です。マウスピースのため終始着用しなくてはならないワイヤーとは異なり、食事中や歯磨きの間は取り外しが可能など、見た目以上の機能性も兼ね備えている新しい矯正装置です。

そして、金属のワイヤーを使用しないので口の中を痛めることも、金属アレルギーを起こす心配もないため、当院の理念である「身体にやさしい治療」にも合致している治療方法なのです。

「プラチナエリート・プロバイダー」Dr.神谷

「インビザラインドクター」は歯科医師であれば取得できる資格ではありますが、だからこそ失敗が多いことも事実。矯正とインビザラインの正しい知識、そして経験を兼ね備えてこそ、安心してインビザラインによる治療を受けることができるのです。インビザラインの失敗事例として最も多いのは、「クリンチェック」と呼ばれる、患者さまの口腔内情報を提供元のアライン・テクノロジー社に送ると作成される3次元シミュレーションの治療計画を、そのまま実行してしまうパターンです。初期の治療計画をそのまま実行して問題なく成功するケースは稀で、これをいかに修正するかにインビザラインドクターとしての経験の差が大きく出ます。イメージ通りに歯を動かすためには、この「クリンチェック」時に患者さまに合わせ平均3~4回は修正することが必要なのです。

引用元-神谷デンタルクリニック 池袋医院

まとめ
歯並びの矯正はお金と時間がかかります。失敗しないために、情報を集めましょう。

twitterの反応

https://twitter.com/naolovebump/status/675326660112023553


https://twitter.com/nomuwww/status/728853924115943424

 - 美容・健康

ページ
上部へ