日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

奥歯の虫歯が悪化して抜歯することになった時のために

      2018/02/19

奥歯の虫歯が悪化して抜歯することになった時のために

永久歯は大切です。
一生自分の歯で食事をしたいですね。
一番大事なことは、普段から虫歯予防をすることでしょう。
それでも、虫歯になることがあります。
また、親知らずが奥歯の予想外の所に生えてくるケースもあります。
こんな時は抜歯しか手がないこともあります。
抜歯後の対処の仕方はどんなでしょうか?

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

不登校の原因は学校の先生が怖いから!?そんな時はどうしたらいい?

子供が学校へ行きたくないという理由に先生が怖いという場合もあ...

クロネコヤマトのバイト。女性でも働ける?

クロネコヤマトのバイトと聞くと、重いものをたくさん運んで体力...

統合失調症の症状とは?独り言で病気を判断できる?

統合失調症とは脳がうまく機能できず幻覚や妄想などの症状が出る...

面白い小説を読みたい!ファンタジーならこれを読もう!

今は電子書籍などでも気軽に小説が読める時代ですね!しかし小説...

彼女の浮気が心配…浮気の兆候と対処法は?

付き合っていると彼女のちょっとした行動で浮気をしていないか心...

政令指定都市って人口が多ければなれるの?指定の条件とは

政令指定都市というと漠然と人口が多い大都市というイメージがあ...

親知らずが痛い!生えかけの場合の対処法

親知らずは上下の一番奥に生える歯で変な方向に生えてくることが...

重曹で歯磨きをすると歯石を予防できる?!重曹の効果とは

重曹で歯磨きをすると歯石や着色汚れを除去できると言われていま...

結婚式にぴったりの髪飾りは?バレッタで簡単アレンジ!

結婚式に出席するときは服装だけではなく、髪型もきちんとしてい...

ワインのコルクの開け方は?プラスチック栓の場合

最近のワインのコルクにはプラスチック製の物が使われている場合...

子どもが感情のコントロールができない…原因と対処法

最近は感情のコントロールができない子どもが増えていると言われ...

いつでもきれいに!携帯電動歯ブラシのおすすめは?

電動歯ブラシは歯にあてるだけで歯をピカピカに磨いてくれます。...

タオルの嫌な臭いはこれで解消!ワイドハイターの効果

タオルは長く使っていると嫌な臭いが洗濯しても取れなくなってし...

ダイエットするなら朝食はパンとご飯どっちがいい?

ダイエット中でも朝食はきちんととらないといけません。手軽にと...

ゴルフのシャフトを交換してナイスショット!交換のポイント

ゴルフのシャフトは交換をすることができます。自分に合ったシャ...

仕事を紹介してくださるメールの書き方や礼儀

電子メールで即座に連絡がしあえる時代になりました。そこで大切...

ししとうはピーマンの仲間?ししとうとピーマンの栄養

ししとうとピーマンはよく似ていますが、ししとうは辛く、ピーマ...

インコの卵の孵化~飼い主に求められることは?

鳥好きな人にとって、人気のあるインコ。飼っていたら、家族の一...

派遣の更新を断る・断られる

派遣を紹介する人、派遣される人、派遣を受け入れる人、それぞれ...

韓国はなぜ美容整形大国?芸能人は整形しているの?理想の顔はどんな顔?

韓国はなぜ美容整形大国になったのかとても不思議です。韓国の芸...

スポンサーリンク

奥歯の虫歯を抜歯した後、放って置くとどうなるの?

噛み合う歯が伸びてくる

歯は上下、前後の歯があることによってそこに留まっています。
奥歯の噛み合う歯がなくなると、今までかみ合っていた歯が伸びるように動いてきます。歯だけが伸びて埋まっている骨から徐々に出てきてしまうこともあれば、骨ごと動いてしまうこともあります。

前後の歯が倒れてくる

1奥歯を抜歯すると無くなった部分を補おうとして前後の歯が倒れてきます。
斜めになってしまった歯は汚れが溜まり、虫歯や歯周病になりやすくなります。
また、その後治療をしようとした時に戻すのに時間がかかります。

奥歯がなくなると出っ歯になる

奥歯は顎やかみ合わせを支える重要な柱になっています。
奥歯が無くなると噛み合わせが深くなり、前歯が強くぶつかるようになって、徐々に出っ歯になってしまいます。

発音がしにくくなる

奥歯がないと話す時にそこから息が漏れてしまい、ラ行が聞き取りにくい発音になります。
発音はご自身ではわかりにくいのもですが、奥歯がなくなると舌の位置や頬の筋肉の位置が変わり、話が聞き取りにくくなることがあります。

噛み砕くことが出来ず胃腸に負担がかかる

奥歯が1本失うことによって噛む力は30%~40%も低下してしまいます。
歯によって食べ物をしっかり噛み砕くことができないため、胃腸に負担がかかってしまいます。
年齢が若いうちはそれほど負担にはなりませんが、年齢とともに胃腸への負担は大きくなります。

引用元-歯医者が教える歯のブログ

奥歯を抜歯した後は、インプラントが最適です

噛むと痛い、固い物が食べられない、違和感が強い、取り外しが面倒など、部分入れ歯では美味しく食事をすることが困難です。
結果、入れ歯を使わなくなって、反対側の天然歯の部分で食事を続けていると、歯への負担が増えて、歯を痛める原因となったり、あごに負担をかけて食事の時にあごが疲れるようになったり、あごが変形するといった方もまれにいらっしゃいます。
結局、部分入れ歯を入れることにより、他の部分を痛める結果にしかなりません。
→しかし、インプラントならこれらの問題をすべてクリアし、もう一度美味しく噛むことが可能となります。
部分入れ歯を支える金属のバネがありませんので、笑った時に目立つことがありません。また、天然歯にバネをかけるこにより、過度な負担をかけて天然歯を痛める心配がありません。
→見た目も美しく仕上がり、自信を持って人前で笑うことができます。
また、他の天然歯を痛めることがありません。

インプラントは、部分入れ歯のような ”ピンクの歯肉”の部分がありません。
天然歯と同じ形をしていますので、入れ歯を入れているときのような違和感がありません。
→違和感がないため、入れ歯のような不快感に悩まされることがありません。
インプラントの強度は、天然歯とほぼ同様に回復できますので、部分入れ歯のように固い物が噛めないということがなく、固い物をバリバリと思い切り食べることができます。

引用元-Hirauchi

奥歯を抜歯したら、インプラントが自然歯の代役

インプラントなら、健康な残りの歯を傷つけない

奥歯があった場所の補綴は、インプラントのほか延長ブリッジでも行えます。
ただし延長ブリッジは、人工歯を支える支柱歯を設けるために、健康な歯を2本も大規模に削らなければいけません。削られた歯はもろく、寿命もあまり長くありません。延長ブリッジは、歯の健康に良いとは言えない治療法なのです。
インプラントの場合は独立構造の器具を骨に埋め込みますから、支柱歯を必要としません。つまり健康な歯を犠牲にして大きく削減するなどしなくとも、治療が成立するのです。大切な残りの歯を傷つけたくない方は、延長インプラントよりもインプラントでの補綴を選択されたほうが良いでしょう。

天然歯に負けない咀嚼力や審美性が手に入る

インプラントには、他にもたくさんの長所があります。まず、顎骨と密に結合しているので、強い咀嚼力を得ることができます。インプラントの咀嚼力は、天然歯の咀嚼力に負けないと言われています。手術成功や術後の念入りなケア・メンテナンスが前提ですが、少しくらい硬い物をかじっただけでは、安定性を欠いたり脱落したりすることはありません。
また、インプラントは本物の歯に沿った構造のものですから、噛み心地においても、天然歯に限りなく近いです。

引用元-LION IMPLANT CENTER

虫歯ではないのに「親知らず」を抜歯しなくてはならないケース

なぜ親知らずを抜歯するのか?

「親知らず」とは前歯から数えて8番目で最も奥に生えてくる歯です。
親知らずは20歳前後で生えてくる歯でそのままにしても問題ない場合と抜歯した方が良い場合があります。

親知らずを抜歯した方が良い場合

● 歯磨きが上手くできない。
● 横向きに生えている。
● レントゲン写真上問題がある。
● 歯並びを悪くする恐れがある。
親知らずの生え方によってはしっかり歯を磨くことが難しいことがあります。
そのまま放置すると将来的に虫歯や歯周病になる可能性が高いことや手前の健康な歯に悪影響があるなど抜歯をした方が良い場合もあるのです。
それとは逆に親知らずを抜歯せずに活かす場合もあります。
歯磨きをするのに特に問題ない場合や他の歯に悪影響を及ぼすことがないと判断した時にはそのまま親知らずを残します。

また、親知らずから1つ前の7番目の歯が虫歯などで抜歯した場合7番目の歯の位置に少しずつ親知らずが移動して奥歯の役割を果たす場合があります。
ただし、親知らずが十分に生えていない場合は親知らずが空いたスペースを埋めるために前に移動しますが親知らずが十分に成長した後では前の歯が奥へ移動するケースもあります。

引用元-健康メモ張CHECK

虫歯や親知らずは抜歯後のケアが大切です

抜歯は抜いた後が本番

食事の制限

抜歯の後3時間程度は麻酔が続くため、その間は食事を取ることができません。
食べる物も、固いものや刺激物は避けるべきであり、状況次第ではゼリー状の食品しか受け付けないこともあるでしょう。
抜歯した側の反対の歯のみを使って、上手に噛む必要があります。

腫れや痛み

抜歯をする時より、抜歯した後の方が強い腫れと痛みが発生するのが一般的です。
ほとんどの方は三日後がピークとなりますので、処方された痛み止めなどを使用しましょう。

うがいの制限

傷口が塞がるまでは、ブラッシングやうがいは可能な限り控えなければいけません。
頻繁に行うと、傷口が開いたまま、痛みを伴うドライソケットの症状が現れてしまい、治癒が遅れます。

感染症への注意

抜歯後の傷口から細菌感染し、痛みや腫れ、発熱が発生する場合があります。
処方された抗生物質などを服用し、予防に努めましょう。

抜歯後の口臭

抜歯した後は、傷口から口臭が発生する場合があります。治癒を進行させる上で仕方のない口臭であり、心配する必要はありません。

抜歯の際は正しい知識を

生涯を通して使うはずの歯を、あえて抜歯することが、時には有効な治療方法となる場合があります。大切なのは、虫歯や歯周病を進行させることで、無駄な抜歯をしなければいけない状況とならないようにすることです。

引用元-解体抜歯読本

まとめ
もし虫歯になってしまったら、もし親知らずが変な生え方をしてきたら、抜歯をしなくてはならないかもしれません。そのあとのことを考えておきましょう。

twitterの反応


https://twitter.com/getting_led/status/731018144815284226


https://twitter.com/labyrinthu/status/730212481411358720

 - 未分類, 美容・健康

ページ
上部へ