日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

アルバイトとパートの違いってなに?

      2016/12/28

アルバイトとパートの違いってなに?

アルバイトの仕事を探しているとパートは沢山有るんだけれどなぁ、なんて事があります。アルバイトじゃダメなのかなぁ、そもそもアルバイトとパートの違いって何なんだろうと思って調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

血液型と性格って本当のところ関係あるの?ないの?

あなたは、何型ですか?ん?A型?几帳面な性格ですか?ところで...

コバエの駆除に蚊取り線香は使える?

夏になるとコバエが台所に飛んでいるのを見かけることがあります...

高校を卒業ができないかも?という不安があったら検討しましょう

高校を卒業ができないかも?と懸念するには、いろいろな事情があ...

ホテルのトイレが詰まったら、どうしたら良い?

外国のトイレットペーパーは、水に溶けにくいようです。日本にい...

都市ガスVSプロパンガス・ 風呂派VSシャワー派、料金の違いは?

あなたは夏でも風呂派?ガスは都市ガス?お湯は毎日変える?その...

離婚をした場合子供の親権はどうなる?父親が親権を取るには

近年離婚をする夫婦の割合は増加しています。子供がいる場合はど...

慣れればカンタン☆メダカの卵を孵化させるコツとは

メダカは絶滅危惧種に指定されたこともあり、小さくてか弱そうに...

ベンツやBMWなどの外車の維持費はどのくらいかかる?

ベンツやBMWなどの輸入車は車好きならば一度は所有してみたい...

いつまでOK?父親と娘が一緒にお風呂に入る年齢

子どもが小さいころは父親がお風呂に入れてくれると母親としては...

不登校の原因は学校の先生が怖いから!?そんな時はどうしたらいい?

子供が学校へ行きたくないという理由に先生が怖いという場合もあ...

クロネコヤマトのバイト。女性でも働ける?

クロネコヤマトのバイトと聞くと、重いものをたくさん運んで体力...

統合失調症の症状とは?独り言で病気を判断できる?

統合失調症とは脳がうまく機能できず幻覚や妄想などの症状が出る...

面白い小説を読みたい!ファンタジーならこれを読もう!

今は電子書籍などでも気軽に小説が読める時代ですね!しかし小説...

彼女の浮気が心配…浮気の兆候と対処法は?

付き合っていると彼女のちょっとした行動で浮気をしていないか心...

政令指定都市って人口が多ければなれるの?指定の条件とは

政令指定都市というと漠然と人口が多い大都市というイメージがあ...

親知らずが痛い!生えかけの場合の対処法

親知らずは上下の一番奥に生える歯で変な方向に生えてくることが...

重曹で歯磨きをすると歯石を予防できる?!重曹の効果とは

重曹で歯磨きをすると歯石や着色汚れを除去できると言われていま...

結婚式にぴったりの髪飾りは?バレッタで簡単アレンジ!

結婚式に出席するときは服装だけではなく、髪型もきちんとしてい...

ワインのコルクの開け方は?プラスチック栓の場合

最近のワインのコルクにはプラスチック製の物が使われている場合...

子どもが感情のコントロールができない…原因と対処法

最近は感情のコントロールができない子どもが増えていると言われ...

スポンサーリンク

●パートとアルバイトの違い

パートとアルバイトは、法律上は名称による区別がされておらず、パートタイム労働法では「1週間の所定労働時間が同一の事業所に雇用される通常の労働者の1週間の所定労働時間に比べて短い労働者」と定義されているだけである。
しかし、世間一般では、厳密ではないもののパートとアルバイトを区別して使っていることが多く、それは言葉の成り立ちに近いものとなっている。

パートはパートタイムの略で、フルタイムの対義語。
正社員が一日8時間労働とすれば、パートは6時間など、企業の所定の労働時間よりも短い時間働くことである。

アルバイトは、仕事や勤労を意味するドイツ語「Arbeit」からきた言葉。
戦前の旧制高等学校の学生の間で使われはじめた隠語で、家庭教師など、学業の片手間にする仕事を「アルバイト」と呼んでいたことから広まった。

パートが短時間の労働を意味し、アルバイトが学生が片手間の仕事の意味で使い始めた言葉であるため、一般に、パートは主婦がするもので、アルバイトは学生など本業が別にある人がするもの、といったイメージが持たれているのである。

求人を出す企業側も、パートは正社員より労働時間の少ない人、アルバイトは臨時で雇う人と考えており、パートは正社員より労働時間が短いというだけで、正社員と同じ仕事内容をするものが多く、期間も長期的。
アルバイトは繁忙期だけ、土日だけ、夜だけといったスポット的な扱いで、正社員とは異なる仕事内容が多く、期間も短期的なものが多い。

ただし、これらは一般的な例であり、長期アルバイトもあれば、正社員と同じ仕事内容のアルバイトもある。
学生やフリーターの場合は、フルタイムでもパートタイムでも「アルバイト」と呼び、主婦の場合は、フルタイムでも「パート」と呼ぶことがあるというように、厳密な定義がないため例外も多い。

パートやアルバイトは、所定の労働時間より短いというだけで、労働者には変わりないため、有給休暇の取得や社会保険の加入も可能である。
社会保険の加入条件は、労働時間、労働日数が正社員の3/4以上の場合となっており、条件を満たせばパートやアルバイトも加入しなければいけない。
また、条件に満たない者でも、会社に申し出ることで加入は可能となるが、期間が短期的なアルバイトは手続きが面倒になるため、加入しないのが一般的である。

引用元-「パート」と「アルバイト」の違い | 違いがわかる事典

●パート・アルバイトのメリット・デメリット

「アルバイト」・「パート」という雇用形態において、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

<メリット>
・勤務時間を自由に選べる
・転勤が無い
・残業に応じるか否かは自由

<デメリット>
・有給休暇が現実的に取りにくい
(※法律上は認められています)
・社会保険は労働時間・期間により異なる
・交通費支給の有無が企業により異なる
・ボーナスは無い場合が多い

雇用の安定性に関しては、有期雇用という形態であっても雇用期間が5年を超えた場合に無期雇用への転換が可能

引用元-働き方いろいろ。「アルバイト」と「パート」の違いは?社会保険や有給など正社員との比較 | 7dwm

●パート・アルバイトに対する企業側の認識の違い

これは意外にも求人をだす人事担当者が、よく意味を分かっていないというケースです。
単純に正社員より労働時間の少ない人=パート(業務はほぼ同じ)
臨時の仕事(例えば引越しの手伝い)などでその時だけ雇う人=アルバイト

みたいな感じで思っている方も中にはいらっしゃるようですね。
まあ、雇用契約書の条件をキチンを明記しておけば、その辺は個人差になってきますので問題ないのかもしれません。

例えば、正社員として採用する前に仕事を早く覚えてもらう為、1ヶ月前倒しで来てもらう。
その期間はアルバイトとして雇う。
といった採用の形をとっている会社もあります。

引用元-パートとアルバイトの違いは!?有休や扶養はどうなる? | ためになる雑学が5分で学べるブログ

●学生=アルバイト、パート=主婦というイメージ

バイトで働いている人の中には「アルバイトは若い人や学生、フリーターが多く、パートは主婦で長く働いていて、責任のある仕事や立場を任されることが多い」と感じている人もたくさんいるでしょう。

これは現状、上で説明したような、企業が募集している独自の定義づけの「アルバイト」「パート」の求人にはどんなものが多いのか、というところに関係しています。

というのは、企業の募集時に「アルバイト」はフリーターや学生を対象としている求人が多く、スタッフは一定期間で辞めてしまうことを前提としている場合が多いことに対して、「パート」はクリーニング店やスーパーなど、その地域の地元に住んでいて長期で働く主婦を対象としている求人が多いからです。

その意味で「パート」で働く主婦の中には10年以上の間、継続して勤務している人も存在しており、多くの正社員よりも業務に精通していて、現場のアルバイト・パートを束ねるリーダー職を任されている人もたくさんいます。

こういった背景があるので、アルバイトは学生、パートは主婦というイメージが広く定着しているのです。

引用元-パートとアルバイトの違い【簡単解説】主婦と学生の違い? | マイベストジョブの種

●言い方の違いではなく内容と条件を確認しよう

これまで説明したように、法律的には違いのないアルバイトとパート。あとは企業がどういう定義で求人を募集しているかということなので、名前の違いだけにとらわれることなく、実際の業務内容や勤務期間、雇用条件などの具体的な中身で応募先を選ぶことがより重要になってきます。

特に、アルバイトとパートの両方の名称を記載して求人募集している企業の場合、勤務時間帯や給与、業務内容が細かいところで異なっている場合も多いので、自分はどちらを希望するのかということをよく確認してから応募しましょう。

引用元-パートとアルバイトの違い【簡単解説】主婦と学生の違い? | マイベストジョブの種

まとめ
アルバイトもパートも同じなんですね。言い方よりも仕事の内容が大事だと分かりました。

twitterの反応

 - 進学・就職

ページ
上部へ