日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

身内にご不幸があった方やご遺族にへかける言葉

      2018/02/20

身内にご不幸があった方やご遺族にへかける言葉

親しい方のご不幸や親しい方の身内のご不幸があった場合、どのような言葉をかけたら良いのでしょうか。その方との間柄によって、挨拶の言葉は変わりますね。そして、タブーの言葉もあります。また、参列出来なかった場合のメールの打ち方にも配慮が必要です。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

女性におすすめのマッサージ!オイルマッサージの効果とは

女性におすすめのマッサージにオイルマッサージがあります。オイ...

契約社員ってどんな働き方か知っていますか?退職は期間途中でもできる?

同じ会社の中でも、正社員、契約社員(準社員)、パート・アルバ...

就活の電話を無視したら不利になります

非通知電話に出たくない心理はわかります。しかし、企業から就活...

ATMでお金をおろすには!通帳でおろすことは可能?

ATMでお金をおろそうと思ったらキャッシュカードが必要です。...

マンションのドアノブが壊れた!交換費用は誰がもつ?

マンションのドアノブが壊れてしまった!交換しなければいけない...

電話番号の市外局番はどう決まっている?桁数は何桁?

電話番号は市外局番、市内局番、加入者番号で構成されています。...

シングルマザーの次の恋は年下彼氏がおすすめ

シングルマザーは恋愛してはいけないなんてもう古い!子どものこ...

統合失調症ってどんな病気?症状や悪化の原因について知ろう

統合失調症は怖いというイメージを持ってはいませんか?実は、1...

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

発達障害とは乳幼児期にでる発達の遅れで、小学校に上がる前に見...

ピアノを弾くには指が長い方がいい?指を長くすることはできるのか

ピアニストの指は細くて長いというイメージですね。ピアノを弾く...

引っ越しで郵便物を転送するには?一時的な転送も可能?

引っ越して住所が変わった場合は郵便局に郵便物の転送をする手続...

郵便局の配達の仕組みとは?知って便利な仕組みも!

郵便局では毎日たくさんの郵便物が集められ配達されています。基...

ホテルで食事をするときの服装は?ドレスコードについて

ホテルで食事をすることになり服装で悩んだことはありませんか?...

パート主婦は必見!働き方が変わる?扶養から外れる゛壁”

夫の扶養内で働いているパート主婦の皆さんは「103万円の壁」...

彼女とうまく別れたい!水面下でやるべきことは?

男の人は彼女と別れたいと思ってもなかなか別れを切り出せない場...

庭にはどっちがいい?アスファルトとコンクリート

一軒家の庭などにはコンクリートを使用しているところが多いかと...

子供が親の財布のお金を盗む!?その時の対応とは

子供がもしも自分の財布のお金を盗んだとしたらどう対応したらい...

郵便局の窓口とポストはどっちが早い?最短で届けるには

郵便物を早く配達してもらおうと思ったら郵便局の窓口とポストで...

生徒と教師がメールアドレスの交換?生徒と教師にメールは必要?

最近はメールやラインなどのやり取りを生徒と教師の間でしている...

犬はなぜ人間の気持ちがわかるのか?

犬はもはやペットではなく家族の一員と思っている人もいるくらい...

スポンサーリンク

ご不幸があった時にお悔みの言葉をご遺族の身内の方にかける言葉

・故人が長命だったとき
「ご長寿とはいえ残念です」
「天寿をまっとうされて」「大往生されて」という言い方は、聞く人によっては不快に思うので言わないほうがいいでしょう。

・遺族にかける励ましの言葉
「本当に、お体を大事にしてください」
たとえば、長年連れ添った夫婦の一方が亡くなると、残された者は気落ちして、生きる気力をなくしてしまうこともあります。そんなときは、心を込めて励ましたいものです。

・遺族にかける気遣いの言葉
「私でお役に立てることがあれば、遠慮なくおっしゃってください」
遺族を思いやる、よく使われる言い回しです。葬儀や通夜はたくさんの人が訪れ、親族は悲しむ暇もなくとても忙しい時間を過ごします。こう一声かければ、とてもありがたいはずです。

・香典を渡すとき
「心ばかりですが、ご霊前にお供えください」
「どうぞお供えください」
香典や供え物を差し出すときに言う定番フレーズ。受付で挨拶をして、その場で香典を渡すのであれば「この度はまことにご愁傷様でございます。心からお悔やみ申し上げます。心ばかりですが、ご霊前にお供えください」となります。

・故人と対面したとき
「穏やかなお顔ですね」
故人と対面したときに使うお悔やみの言葉です。この言葉とともにお悔やみの気持ちを伝えるのが普通です。「穏やかなお顔ですね。心からお悔やみ申し上げます」「穏やかなお顔ですね。おつらいでしょうが、お気を落とされませんように」などが聞かれます。

引用元-ビジネス会話のきいろわビズ

仏式・神道・キリスト教別、身内にご不幸があった時にかける言葉

【仏式でのお悔やみの言葉】

「心より、ご冥福をお祈り申し上げます。」

「ご冥福」というのは仏式葬儀の用語となるため、神道やキリスト教の葬儀においてはこの言葉は通常使いません。また、仏教の中でも浄土真宗の場合は教義の違いから、この言葉を使うことはありません。

「ご冥福をお祈りします」という言葉は葬儀などでよく耳にする言葉なので、とっさの時などについ言ってしまいがちですが、故人の信仰している宗教によってはマナー違反となってしまうので訃報を聞いてすぐのときなど、故人の宗教や宗派がわからないときにはできるだけこの言葉を使うのは避けたほうがよいでしょう。

また、これ以外にも「往生」、「他界」、「成仏」、「供養」、「極楽」「冥土」なども仏教用語にあたるので注意しましょう。

【神道でのお悔やみの言葉】

「御霊の安らかならんことをお祈り申し上げております。」
「拝礼させていただきます」

神式の葬儀においては故人が亡くなった後にその霊を霊璽(れいじ※仏式葬儀でいうところの位牌にあたるもの)に移すという遷霊祭という儀式が執り行われます。
この遷霊祭が終わると、故人は祖神(神として祀られた祖先のこと)となり、やがてはその家の守護神となると言われています。
そのため、神式葬儀でのお悔やみの言葉は上記のような言葉となります。

【キリスト教でのお悔やみの言葉】

○○様が安らかな眠りにつかれますよう、心よりお祈り申し上げます。」
「○○様の御霊が安らかにとお祈りしますとともに、神様の御許にお導きがあらんことをお祈り申し上げております。」

キリスト教において死は永遠の命のはじまりであるとされているため、故人の死を悲しむような「ご愁傷様でございます」や「お悔やみを申し上げます」といった、お悔やみの言葉は不要とされています。
そのため、「安らかな眠りにつかれますよう、心よりお祈り申し上げます。」のように故人の安寧を祈る言葉や簡潔に「お報せいただきありがとうございました」と述べるのがマナーです。

引用元-みんなのお葬式

親しい間柄の友人の身内へかける言葉

親しい間柄(親族・友人・同僚)当人にむけて

ご自身も辛い状況の中、ご遺族に伝えなくてはいけません。あなたの悲しいと言う気持ちを、そのまま伝えるだけで十分です。友人や同僚の立場ですと、ご遺族と面識がない場合もありますから、その際は、軽く自己紹介してから述べましょう。

「○○(会社・学校)でお世話になっておりました○○と申します。この度は、突然の事で本当に驚いております。残念でありません。心からお悔やみ申し上げます。」

ご遺族と面識がある場合は、伝えたいと言う気持ちだけでも大丈夫です。「何と申し上げてよいか、言葉もありません。心からお悔やみ申し上げます。私で出来る事がありましたら、何でもおっしゃってください。」

伝えたい事は沢山あるでしょうが、きっと言葉になりません。お通夜や葬儀の際は言葉少な目におきましょう。ご遺族への心遣い、そして故人を偲ぶ気持ちを大切に、ご自身が感じている気持ちをお悔やみの言葉として下さい。

親しい間柄(親戚・友人・同僚)のご両親・ご主人や奥さんにむけて

親しい間柄だからこそ、どう言葉をかけていいのか悩みますね。ましてやご両親や最愛のパートナーとなれば、尚更です。お近くに住んでいる場合は、すぐに駆け付けてあげると良いでしょう。「何かしたい。何か出来ることはないか。」と言う、あなたご自身の気持ちを行動や言葉に表して下さい。その気持ちだけでも、十分伝わります。

「この度は、思いがけないお知らせを頂き、急いで駆け付けてまいりました。こんな悲しい事はありません。私が出来る事がありましたら、何なりとお申し付け下さい。」

「この度は、誠にご愁傷様でございます。先ほどお電話を頂き、とりあえずとんでまいりました。私で出来ますことがありましたら、何なりとおっしゃってください。」

「お悔やみの言葉+お手伝いさせて下さい。」と言った内容を、関係やご自身の年齢に見合う言葉遣いで伝えて下さい。

かしこまった言葉遣いでなくても大丈夫です。近しい間柄だからこそ、お互いの気持ちがよく分かりますから、手短に想いを伝えましょう。

引用元-【相手との関係別】お悔やみの言葉で使える7つの基本例文 – マナーの虎☆

身内にご不幸があった方へメールでのご挨拶でかける言葉は?

葬儀に参加できなかった際の「ご愁傷様です」の使い方

「この度はご愁傷様です(でした)。お悔やみに伺えずすみませんでした。お疲れでしょうが、何かお手伝いできることがありましたら、お声がけください」

といったご愁傷様の使い方も有効です。これは、葬儀に参加できなかった際などで、労をねぎらうと同時に、身の周りのことを助け合う協力の思いやりを表す事ができるので、仲のいい人に声を掛けるにはとても安らぐ一言です。

「ご愁傷様です・御愁傷様です」をメールで使うなら共感の言葉を添える

もし直接、言葉で悲しみを伝えるのではなく、メールで「ご愁傷様です。」と送るのであれば、単に送るだけでは心が伝わりません。その際は、しっかりと相手への共感を含み、思いやりを持ったメールを送る様に意識するのが重要です。

「本当に残念でなりません」
「言葉が見つかりません」
「突然なことで動揺しております」

などといった言葉を、「ご愁傷様です」という言葉と合わせて使うと、気持ちが伝わるメールとなるでしょう。「ご愁傷様です」の意味と正しい使い方を知り社会人として恥ずかしくない対応を!

引用元-キャリアパーク

身内のご不幸にかける言葉のポイント

長々と話すのはあまりよくないので、気持ちを伝えるためにはポイントを押さえておく必要がありますが、初めての人は特に案外どう声をかけたほうが良いのかわからないものです。重要なのは故人の死を悼み、遺族を励ますことです。例文を参考に自分なりに言葉を用意して簡潔に伝えるようにしましょう。

喪家側はお礼の気持ちを込めて挨拶する

弔問客のお悔やみの言葉に対して、喪家側も感謝の気持ちを込めてお礼の挨拶を返すようにしましょう。喪家側もやはり簡潔に返事することが必要です。

お悔やみのタブー

遺族と長々と話す
喪家側は色々な弔問客への応対や、儀式の準備などに追われているので、長々と話すことはNGです。

故人の死因について聞く
故人の死因についてを詳細を聞くことは失礼にあたります。純粋に亡くなったことへのお悔やみのみを伝えるようにしましょう。

重ね言葉・繰り返しを表す言葉
「重ね重ね」「度々」「ますます」などの重ね言葉は不幸が重なることを想起させるので避けるようにしましょう。また、「続き」「これからも」など繰り返しを連想させる表現も避けます。

直接的な表現は避ける
生死に対する直接的な表現も避けたほうが良いと言われています。例えば、「死亡・死去」などは「ご逝去」、「生きていた頃」なども「ご生前」「お元気な頃」などに言い換えます。

不吉な表現は避ける
「浮かばれない」「大変なことになる」など不吉な言葉はNGです。

引用元-サルでもわかる葬儀の新常識

まとめ
ご不幸があった場合に、かける言葉に困ります。亡くなられた方との関係でことがを選びましょう。

twitterの反応


https://twitter.com/10nged/status/649796763843334144

 - 雑学

ページ
上部へ