日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

入院時のパジャマはどんなものがいい?女性の場合

      2018/02/21

入院時のパジャマはどんなものがいい?女性の場合

手術などで入院となった場合は何を用意すればいいのでしょうか。入院中の病院ではバジャマで過ごすことが多いようです。女性の場合はどのようなパジャマがいいのでしょうか。今回は入院時に準備するものについて調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

車のブレーキの踏み方は何が正しい?

車のアクセルとブレーキの踏み方はすべて統一ではないのです。両...

火の色は温度によってどう違う?

火の色は身の回りで利用しているものを見てもいろいろと違います...

Wordで挿入した図形の微調整を行う方法

Microsoftのソフトウェアの中にはWordという文書な...

シャンプーはいつから?縮毛矯正後の注意点

くせ毛の人にとって、綺麗なストレートヘアは憧れの的。やっとの...

『長い。。』更新プログラムのインストールが終わらない!

『さて、大学の宿題でもしようかな』とPCを立ち上げると「更新...

デスクトップのアイコンの画像を変更する方法

デスクトップにはショートカットアイコンが並んでいますね。この...

車の故障!?ブレーキでハンドルがガクガクする原因は?

車に乗っていてブレーキをかけるとハンドルなどがガクガクと揺れ...

テレビが映らない!?新築一戸建てを購入した場合のアンテナ設置

新築の一戸建てを購入した場合はテレビはそのままでは見ることは...

うつは仕事が怖い病気?

うつは仕事が怖いとよく聞きます。でもそれ以前に何かサインがあ...

地球の内部は未知。中心には何があるのか

科学が進歩した今、様々な情報を知る事が出来ますが、実は地球の...

病院にお見舞いに行くマナーは?夜の場合

病院にお見舞いに行くときは病院で定められている面会時間内でい...

バスケットのルールのタイムアウトをもっと知ろう

バスケットをプレーする人はどのくらいいるのでしょう?自分でプ...

メガネとコンタクトはどっちが疲れにくい?

視力が下がるとメガネかコンタクトをする必要があります。メガネ...

生活保護の受給の金額の平均はいくらぐらい?

病気持ちや障害者、幼い子を抱えた母子など本当に働けない人は生...

水槽の水草は買って来てすぐに枯れる事が多い

水草の種は陸で育ち、日光にもよく当たっています。お店で売られ...

マンションでの猫の飼い方

猫を飼いたい・・・。でも、マンションだし・・・と思っているあ...

着床してからの妊娠超初期症状!お腹の張りってどんな感じ?

妊娠超初期症状でお腹の張りを感じる人がいます。お腹の張りとよ...

機内に持ち込み出来るバッグってどんなバッグ?

旅行や仕事で飛行機を利用する際、注意したいのが機内に持ち込む...

スマホがフリーズ!電池パックがないXperia等はどうしたらいい!?

スマホ本体が熱を持ってフリーズ!ゲームなどに熱中するあまり動...

ウイルス性胃腸炎の原因と対策は?夏にかかりやすい胃腸炎

胃腸炎にはウイルス性と細菌性があります。ウイルス性の胃腸炎の...

スポンサーリンク

入院することになったら

必ず持っていきたい持ち物

・保険証
・診察券
・印鑑
・筆記用具
・財布
・パジャマ3〜4着(夏なら七分袖ぐらい。半袖だと病院は寒いかも。前開きの方が診察時とか色々便利)
・靴下3〜4着(病院は特に足元が冷えるので)
・バスタオル2枚+フェイスタオル4〜5枚
・手ぬぐい3〜4枚(ハンカチでもいいですが、面の大きい手ぬぐいの方が何かと便利)
・スリッパ(底がゴム製のくつの方が滑りにくくてよいらしい)
・お箸(手術とかする場合や身体が弱っている場合は歩けないので、その都度捨てられる割り箸の方が便利な場合も)
・ティッシュボックス
・魔法瓶水筒(たいていデイルームに給茶機がありますが、毎回行くのは不便なので)
・割れないコップ
・歯磨きセット(歯ブラシ、歯磨き粉、うがい用コップ)
・下着3〜4着
・洗顔料
・シャンプー&リンス&ボディシャンプー
・からだ用スポンジ
・男性の場合はひげそり用カミソリなど
・女性の場合は、くしや化粧水、乳液など
・ガウンやパーカーなど寒い時や売店に行く時にさっとはおれるもの
・ふきん
・ビニール袋4〜5枚
・普段着1〜2着
・携帯電話
・携帯の充電器

引用元-sorarium

入院中はパジャマや着替えは何枚必要?

・着替え、何着必要?

ズバリ、3セット程度と下着3〜4枚。
治療内容にもよりますが、手術を含む1週間〜1ヶ月くらいの入院であれば、これくらいが多すぎず、少なすぎずでいいと思います。病院のコインランドリーは通常、乾燥機も付いていて、洗った1.5時間後には着れる状態になります。何かしらのアクシデントで汚れてしまう場合もありますが、短時間で洗えるので不自由に感じたことはありません。

病院ではパジャマが普段着。
「パジャマ」として売られているものでももちろん構わないのですが、できれば楽しい方がいいですよね。ちょっとコーディネートができるくらいのものだと飽きもこなくてオススメです。以下、わたしがよく持参した服です。これらプラス、そのときの気分でもう何枚か持っていきました。

ちなみに、「手術後の処置もあるだろうし、前開きの方がいいかな」と悩んだものですが、被り物でも困ったことはありませんでした。そういえば、前開きを着ていても結局めくって見せてました。お医者さんや看護師さんも忙しいですし、その方がササッとできるんですよね。

ただし、ソデ口だけは締まり過ぎていないものをオススメします。長袖でも、ひじより上までそんなに困難なくあげられるもの。締まり過ぎだと点滴や採血がたいへんです。

引用元-ハッピーな療養生活のススメ

女性の場合はどのようなパジャマがいい?

人生はじめての入院で、まずそろえないといけなかったのが、入院着。いわゆるパジャマです。

洒落んでいいから家にあるものを、と思ったが、まぁ、いわゆるパジャマなんてもっていない。

以前、笑っていいともの増刊号で、パジャマ着る派と着ない派に分かれて議論してた回があった。着る方が少ないと思っていたら、意外にも、タモさんや草なぎさんなどその場の半分くらいは着る派だった。

わたしは、実家ぐらしの時はパジャマしか知らなかったが、一人暮らしになってから着なくなった。今でも普段は、過ごしやすい部屋着とかTシャツの類を適当に着てねている。
着なくなった明確な理由はおぼえてないけど、たぶん、買うのが面倒だったからじゃないかな。

そして急に必要になった 入院着。
「安もんでいいから」と母に一着頼んだ。
「洗い替えが必要だから」ともう一着。「いざ出産てときも使えるやつも買っとこか」と授乳口付きをさらに一着。
選ぶ基準は、まず以下の「入院パジャマの必須条件」を満たしていること!

1 前開き
2 ツーピース
3 最低七分袖

1 前開き
これは、点滴のため。点滴が外せず、看護師さんに手伝ってもらって着替えるときも、プルオーバータイプよりこの方が脱ぎ着しやすい。

2 ツーピース
ワンピースでも問題ないんだけど、寝てると意外と足(股)の間に汗をかく。下半身はズボン型の方が快適に過ごせる。

3 最低七分袖
これも点滴のため。もちろん長袖を片腕だけまくればいいんだけど、時間が経つと下がってきて点滴を刺してるところに当たって邪魔になったりするので。
暑い季節はもちろん半袖などもっと短いものでオッケーです。

ちなみに、冬でも比較的薄手のパジャマをオススメします!それと別に、トイレに立つときや院内移動用に羽織を用意しましょう!

薄手をすすめるのは、病院内は一定の温度に保たれているうえ、ウテメリンというお腹のハリを抑える点滴の副作用で体温が上がるからです(私は常に37度はありました)。真冬でも汗をかいてたという方もいらっしゃる様子。病室の位置や地方によっても差があると思いますがご参考まで。

引用元-30代りりとチビくんの子育てダイアリー

病院でパジャマを貸し出してくれることも

病気で入院する際のパジャマは基本的には、病院のレンタルの利用を勧められます。しかし入院生活の不安などがあって、どうしても自分のパジャマであるほうが眠りやすいとか、院内のレンタルパジャマでは落ち着かないなどで、病院が許可を出された場合は自前で持って行っても構いません。

ただ病院内は感染するような菌もありますから、表にでるパジャマなどは感染などを予防するという観点から、レンタルをお勧めされてるようです。また市販のパジャマで患者さんがそれぞれ違うパジャマを着ていると、緊急時の処置をする場合に脱ぎ着が困難になりやすいこともあります。

院内のレンタルを使用しない場合は、緊急時にパジャマを裂いたりしても構わないというパジャマで入られた方が良いでしょう。院内のレンタルパジャマは各医療施設で日額が決まっていますので、入院時の案内書や担当の方にお聞きください。

病院内のレンタルパジャマの利点は、なんといっても洗濯をしなくてもいいことです。薬品や血液などさまざまなものがパジャマに付着する可能性があります。でもレンタルパジャマだと、個人で消毒したりする手間も省けますから看病されてる方も助かります。

最近ではレンタルパジャマも甚平タイプ、浴衣タイプ、介護寝巻タイプなどさまざまなタイプやサイズまでも選べるようになり、昔に比べるとかなり着心地も良さそうですね。

引用元-welq

出産時の女性用パジャマ

妊娠出産の際に多くの方がマタニティパジャマを買われます。どんなタイプが主流かというと一般的には前開きで、産後のおっぱいのケアや授乳がスムーズにしやすいおっぱいが出せるタイプのものがでています。産院でも前開きのパジャマを用意するように言われることが多いと思います。

妊婦の時のお腹の状態がわからなくて、妊娠初期に買った大きくてぶかぶかのパジャマは、横幅がおおきいのは構いませんが、丈が極端に長いタイプは、陣痛が始まってお産が始まると医師や助産婦さんが子宮口の開きを何度もチェックしにこられるときに逆に邪魔になりますので、ほどほどの丈の長さがよいでしょう。

でも産院では慣れておられますので、あまりにも邪魔になる場合はズボンを脱いで、上のパジャマだけでお産をしたりしますので、安心してください。

お産の後も傷や悪露の状態を確認する検診がありますから、汚れても大丈夫なように洗い替えできる数は用意しておきましょう。

引用元-welq

まとめ
入院時は基本的にリラックスできる格好であればいいようですね。入院の目的によってはパジャマの種類も考えないといけないようです。

twitterの反応


https://twitter.com/khrn0516/status/732217967748866049


https://twitter.com/Yuka_09191105/status/729704475967922176
https://twitter.com/193_ashi/status/724044679654707200

 - 雑学

ページ
上部へ